旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メガソーラーよりもミニソーラー? 

 7月から再生エネルギーの固定価格買取制度が始まり、うちの近所でも屋根に太陽光発電を導入される方をよく見かけます。うちにもちょくちょく太陽光発電の営業マンが来られ、屋根に載せる太陽光発電のセールスのみならず、遊休地への事業用発電設備の設置まで勧めてきます。今まで顔を知らない客というのはたいていが怪しげな宗教の布教かアパート経営のセールスばかりでしたが、最近では太陽光発電のセールスばかりです。

 確かに1kWあたり42円で20年間(事業用の場合)にわたって確実に電力会社が発電した電力を買い取ってくれるのなら、畑で野菜を作っているよりも楽で良い暮らしができるかもしれません。しかしながら私は太陽光発電にはとても興味がありますが、メガソーラーと呼ばれるような大規模な太陽光発電システムにはちょっと疑問を持っています。

 相応の蓄電設備とセットになったメガソーラーで、昼夜とは言わないまでも、例えば朝7時から夜7時までは確実に何ワット発電できる、という大規模太陽光発電なら良いですが、現在乱立されている事業用の太陽光発電はそのようなものではありません。

 あるメガソーラーの紹介では、一般家庭に換算すると何千軒分の発電量、という形で規模の説明がされていましたが、当然のことながら夜は発電しませんので、そのメガソーラーが稼動すれば何千軒分の電力がその発電所だけで賄えるという意味ではありません。

 数年前、自宅を建て替えたときに私は太陽光発電は導入しませんでした。理由は停電時にあまり当てにならない設備だったからです。停電時には1.5kWまで使える自立運転モードというものがあるとはいえ、曇っていたり、また当然ながら夜には使えません。1.5kW程度ならクルマのバッテリーに直結するタイプのインバーターが手頃な価格で売っていますので、ガソリンを消費するとはいえ、クルマのオルタネーターのほうがより確実に電力を供給してくれます。

 個人的には、メガソーラーの乱立は脱原発を進めるどころか、反対に脱原発を困難にする方向へ進んでいるのではないかと考えています。メガソーラーの規模が大きければ大きいほど、天候などの影響で発電できないときの担保の規模も大きくなってしまいますからね。

 ソーラー発電は素晴らしい技術ですから、現在の熱病のごときブームが去って見向きもされなくなってしまうことを危惧しています。

 広大な敷地にメガソーラーを作るのではなく、例えば各家庭で冷蔵庫と最低限の照明分として500ワットぐらいは、ソーラーパネルと蓄電池で賄えるような、電力会社と独立した小規模発電を確保するほうがずっと有用な気がします。

 また公共分野としては、信号機や街灯等をそれぞれソーラーパネルとバッテリーで駆動するようにしておけば大規模停電が起きても混乱を最小限に抑えることができます。

 ブラックアウトが発生したら大変なことになる、というのが原発再稼動の大儀ですので、『ブラックアウトしてもかまいませんよ!』という社会を各企業、各家庭が構築すれば、脱原発の議論もより論理的に進められるように思います。

 原発反対だからメガソーラー、という風潮にちょっと疑問を感じていたのでちょっと思うところを書いてみました。それに、1kWあたり42円で20年間にわたって電力を購入してくれるというこの制度、人と人の約束事ほど当てにならないものはありませんからね。まして現在の政府が作った制度となればなおさらです。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/07/11 17:28 ] その他 | TB(0) | CM(12)
固定価格買取制度、いよいよスタートしましたね・・・

特に「メガソーラー」と呼ばれる、主に大規模発電に関する企業主体の取り組みについては、企業所有の広大な施設を利用して膨大な太陽光発電設備を導入、余剰電力売却で副産物的にも収益を上げ、またその「発電設備」を供給する製造業側も営業的に恩恵を得る・・という、ビジネス的には経済復興の観点からすれば、ある意味「理想的」な構図かもです(某建設業の倉庫でこんな事例があったようです)

しかし、電力を買い取る側が電気料金との差額を埋める「割賦金」が、電気料金値上げに影響する点など、施策を現実的にどこまで反映できるかが、個人的には課題のような気もします。昨年の震災前は「当たり前」のように電力を消費していた国民が、この制度をどこまで理解出来るのか・・・、私自身含め、現実をきちんと受け止めて考えなければですね。

「一家庭」あたりの設備レベルでは、Kwあたり42円は10年間なんですね・・・先日うちの会社の先輩が自宅(一軒家)の屋根にソーラーパネルを載せたそうですが、取り付けにかなり無理があったようで、結果想定外の雨漏りに悩まされているようです。

政策と乖離した部分の、現実はなかなか厳しいのでしょうか・・・



[ 2012/07/15 18:04 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
うちは現在、中電から母屋と作業場の二つの契約を結び、受電しています。10年以内には、作業場の契約を切り、20年以内には母屋の契約も切ろうと画策しています。
固定価格買取制度って、負担するのは電力会社から電力を買っている方々ですが、うちのように田舎の比較的敷地に余裕がある人間は、電力会社と縁を切る方策を皆が検討しています。
技術の進歩はきっとそれを可能にすると思います。そうなったら、キロワットあたり42円の売電価格を負担するのはいったい誰なんでしょう?
そもそも震災後のドサクサ紛れで作られたこの制度、電力会社が10年後、20年後まで存続していることを前提としているのでしょうか?電力を買い取る主体がなければこの制度は成立しませんよね。

個人的には、50Wで実験的に始めたら結構使えるな→100Wにしたらさらに用途が広がったな→1000Wにしたらもう電力会社から電気買わなくてもいいんじゃないの?、という具合で、“脱電力会社”が進むといいなぁと思っています。
[ 2012/07/15 21:20 ] [ 編集 ]
 かなり前(昔って言ってもいいぐらい)インドネシアだったかの国で各家に小型のソーラーパネルを置いた家があり、例えるならテレビアンテナのように屋根にちょこっと乗っかっている具合にして。そこで発電された電気は当然、自家消費。詳細は不明なのですが、ところでなぜ電力会社に売電しなきゃいけないの?例えは乱暴かも知れませんが、米作農家が収穫高の全量をJAに渡し改めて米を買いますか?太陽と言う核融合のエネルギーを小型ソーラーで発電し、効率のよい蓄電システムで夜間に自家消費するこういう考えダメなのですかねー?そういえば三重から栃木に転居する際、なぜか中電の社員の人は東電に契約する際の手続きを懇切に教えてくれました。電力会社が違うのに何でよく知ってるの・・・?(サービス上、当たり前か!)
[ 2012/07/16 22:35 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
インドネシアの件(http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/clipbox.cgi?das_id=D0005401168_00000&keepThis=true&TB_iframe=true&width=920&height=480)、あれこそ太陽光発電の理想的な使い方ですよね。私が考えているのもあれとまったく同じです。
売電収入目的の太陽光発電は電力会社に依存したものなので、それが増えれば増えるほど、電力会社への依存度が高くなってしまいます。
しかしインドネシアのケースは完全にその村が独立しており、電力会社の発電所も送電線も介在していません。
電力消費の多い日本で完全に自給できるシステムを各自が用意するのはちょっと大変ですが、最低限のシステムであればそれほどコストもかかりません。
各々が最低限の電力自給力を備えたうえで首相官邸前や代々木公園に集まれば、現在とまったく異なる意味合いのデモになるような気がするんですよね。
[ 2012/07/17 08:53 ] [ 編集 ]
おっしゃるとおり、人と人の口約束はあてになりませんね。私も行政関係(あくまでも関係でそのものではありません)の仕事をしていますが、トップや担当が替わると以前の約束事など「それは前の担当の事だから」この一言で全て終わります。
話は変わりますが、先日友人がセリカXX(A60)の2000GTを購入し、拝みに行って来ました。エンジンには1G-GEUの表示とYAMAHAの刻印があり、そういえばそうだったなーとしみじみ。このブログにはまだ登場していないようですが、カタログお持ちなら登場を楽しみにしています。
[ 2012/07/17 12:41 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
“約束事”をしっかりと守ってくれるのは悪徳金融業者だけで、一見善良な方々はなかなか守ってくれない時代になってしまったのはちょっとさびしいものですね。
セリカXX、懐かしい名車ですね。確かジーコ監督の愛車だったと思います。カタログも見た記憶はありますので、倉庫のどこかにあると思います。しかしながら、うちの“倉庫”、親父が事業をしていた頃の“工場”なので、かなりだだっ広く、どこに何があるのかは未だに私自身把握していません。
思い出がたくさん詰まっているので解体せずにずっと固定資産税を払い続けていますが、私が生きているうちに何とかしなくては、と思っています。
60型のセリカのカタログは確認していますので、おそらくXXもまだあると思います。基本的にトヨタ車についてはほとんどが倉庫のどこかにあるはずですので(当時のうちの担当営業マンが新車が出るたびに持ってきていましたから)、気長にお待ち願います。もちろん、ご期待にそえない場合もあるかもしれませんが、その時にはご了承願います。

[ 2012/07/17 21:08 ] [ 編集 ]
私が住んでいる関東地方も、昨日から猛暑に見舞われています。
さすがに昨日は、今年初めて自宅の「エアコン」を稼働しました。

あらためて感じたのですが、昨年の今頃、東電の「電気予報」なるものを日々チェックし、自分なりに節電を意識していたあの感覚、正直昨日までここ数ヶ月意識が薄らいでいたような・・・しきり反省です。関東も梅雨明け(?)し、これから真夏に突入していく上で、もう一度意識せねばと再認識させられました。

しかし今日、東電の電気料金値上げに関して、社員の給与と賞与の削減率査定につき、経産省(削減率20%)が打診したプランに対して、消費者庁(同30%)として査定意見が食い違っているとのニュースを確認しました。経産省が根拠とした提示した福島原発の減価償却費と安定稼働費、そして賠償対応費用の原価算入が不透明という消費者庁の意見ですが、震災から1年以上経過した今、未だに政府の中でこんな討議に終始しているのかと思うと、これまでの政府の対応は何を見て判断してきたのかと、かなり疑問を感じてしまいました。東電もある意味「国有化」する前提の上で、ヘンな利害関係が未だに関係しているのでしょうか・・・

ところでまたしても本題「脱線」ですが、うちの近所にセリカXX・A60型を、相当前から所有している方がいます。しかも「2台」!!

1台は屋根つき車庫保管、塗装もピカピカでフルレストア、時々走る姿も目撃。
もう1台は、その隣の雨ざらしの砂利駐車場に鎮座、
どうやら「部品取り車」のようで、塗装もはげていて、駐車場から一歩も動いた形跡が感じられません・・・

近所とは言えオーナーの方と直接の面識がないのですが、こんなふうに、好きな「クルマ」にこだわりを持って現役で走らせている姿勢、最近魅力的なクルマが少ないと感じているので脱帽です(きっとメンテの費用だってバカにならないでしょうし・・・)


[ 2012/07/17 21:32 ] [ 編集 ]
友人の購入したXXはお医者さんが所有していたのですが、急死され車仲間から進められて奥様から引き取ったとの事。そのお医者様、セリカ以外にも約10台の車を所有されていたとか。更にXXのクラッチ版等の消耗部品も新品在庫で有ったそうです。愛着があったのですね。
引き取った私の友人は、これを期にそれまで所有していたレジアスエースを放出し軽自動車を購入して、XXは雨の日には乗らないと言っていました。このXXは本当に幸せ者ですね。
[ 2012/07/18 12:31 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私も今日からエアコンを使い始めました。鉄筋コンクリートの作業場は猛暑の熱をしっかりと蓄積し、朝一での室温が35度、正午までは耐えましたが、その時点で39度、あっさりエアコンのスイッチを入れました。古い鉄筋コンクリートの建物というのは夏は暑く冬は寒いという最悪な建物ですね。
東電に限らずですが、既得権益を守るためのごり押しの議論は、度が過ぎるととてもみっともないですね。あの会社は再生しないかもしれませんね。
60型のXXだと30年ほど前のクルマになりますから、部品の確保も大変なんでしょうね。そのオーナーのお方、かなり気合が入っていそうなので、おそらくご健在の間はずっとお乗りになるつもりなんでしょうね。
[ 2012/07/18 17:04 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
消耗部品を新品で確保されていたというのもすごいですが、10台も所有されておられたというのもすごいですね。ノスタルジックヒーロー等の旧車雑誌にもしかしたら出たことがある方かもしれませんね。
[ 2012/07/18 17:24 ] [ 編集 ]
すみません、脱線ネタはこれで最後です(笑)

うちの家内もそこそこの「クルマ好き」なので、今朝出勤前、思い出したかのようにXX(・・と言って通用します!)の話をして、あのクルマはどこの家が所有しているのだろうか?と、何気なく話したところ、あっさり「あっ、あの歯医者さんのクルマでしょ?」との返答!

その歯医者自体は前から知っているのですが、偶然でしょうか、カルロス様のコメントにございましたように「お医者さん」所有だったのですね・・・

あまりにも偶然が重なったので「報告」させて頂きました(笑)

歯医者さんはまだ現役で営業されていますので、これからもXXの走る姿は拝見できそうですが、カルロス様のご友人様同様、こうして旧車をオーナーが大切に乗ってくれると、クルマも本当に「幸せ者」ですよね!!
[ 2012/07/18 20:00 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
偶然なのか必然なのか?旧車をそれなりに良い状態で維持していくためにはやはりある程度の収入が必要なんでしょうね。うちには保管するスペースはありますが、先立つものがないので、旧車を徹底的に使い込んでいる新興国の方々から旧車との付き合い方を学んでいきたいと思います。
もともとのボディカラーが何色だったのかわからないような状態まで“クルマ”として使われるクルマもまた違った意味で「幸せ者」だと思います。
[ 2012/07/19 12:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。