旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・ダイナ(Y50/60型) 

120627a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1984年にトヨタから発売された5代目ダイナ(Y50/60型)です。発売当初は丸型ヘッドライトでしたが、このカタログが発行された1988年の時点では角型に変更されています。バブル絶頂期に発行されたカタログなのでイメージキャラクターにはいかにもギャラが高そうなマイク・タイソン氏が起用されていますね。ヘビー級のボクサーが写っているととても力強そうなトラックに見えますが、これがもしフライ級のボクサーだと全然力強そうに見えません。イメージキャラクターってやっぱり重要ですね。(とはいえ、タイソン氏の次は確かシブがき隊のふっくんだったような気が・・・)

 さて、今回ダイナを取り上げたのは、このトラックについて何か書くためではなく、ディーゼルエンジン単体の写真で、いちばんカッコよく写っている絵を探していたらこのカタログに行き着いたというだけの理由です。ポーズを決めたタイソン氏と並んで写っているTAFディーゼルエンジン、とても力強そうでトヨタのイメージ戦略は大当たりですね。

 実は今、ディーゼルエンジンにとても興味を持っています。といっても、CX-5等の最新クリーンディーゼルエンジンではなく、“ディーゼルエンジンを天ぷら廃油で動かすこと”についてです。公共の路線バスや市町村のクルマではたまに見かけますが、個人でも天ぷら廃油仕様に改造して実際に乗られている方もおられるようですね。

 まだ勉強を始めたばかりでこの件については知識も技術もまったく持ち合わせていないので詳しいことは何も書けませんが、とりあえずポンコツのディーゼル耕運機でも調達してきていろいろと実験してみようと考えています。そして将来的には農機もクルマも天ぷら廃油、さらに中国製の安価なソーラーパネルと廃バッテリーを組み合わせた独立系太陽光発電システムを構築して、その予備電源としてのディーゼル発電機も天ぷら廃油、農作業をしながらこんな下らない妄想ばかりしています。晩酌しながら家族にこの壮大な計画を語っても「よそから天ぷら廃油貰ってくるなんて恥ずかしいからやめて」と言われていますが、女には男のロマンというものが理解できないんですよね。

 震災から時間が経つにつれ、産業界も以前の大量生産・大量消費モデルへ戻り、政界も政局ゲームの場に戻りつつあるようですが、私はすっかり“クルママニアックス”から“防災マニアックス”に変わってしまいました。高価なリチウムイオン蓄電池や日産リーフから家庭へ電源を供給するシステムも開発されているようですが、私は貧乏人なので、廃品やガラクタで強固な防災システムを構築しようと思っています。人間、生きている限りいつまでも勉強しなくてはいけないものですね。

ダイナ150・スーパーシングルジャストロー・1.25t積(LY50型)
全長×全幅×全高 : 4430×1695×1965mm
ホイールベース : 2255mm
車両重量 : 1450kg
エンジン : 直4ディーゼル 2446cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/06/27 15:58 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(14)
トヨタのトラックは日野自動車の影響を受けて?生産されていますね 今はディーゼルはトラックなどの商用車に残っていますがその残っているエンジンも相次ぐディーゼル規制で開発コストが嵩み絶滅寸前ですね


やはりトラックのディーゼルエンジンこそクリーンで低燃費なハイブリット化を推進した方が私はいいと思いますが…
[ 2012/06/28 22:07 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
現在またディーゼルが徐々に脚光を浴びるようになってきましたが、数年前は目の仇にされていて、ディーゼル車規制の対象となっている私が住んでいる地域ではこのカタログのダイナ(ディーゼル)を見かけることはなくなってしまいました。
折からの不景気とディーゼル車規制が重なってやむなくダンプ等を更新することができずに土建屋を廃業された方が身近にちょくちょくおられますが、なんだかやりきれない気持ちです。
国の政策って、地方を徐々に衰退させて都市部への一極集中という、時代遅れの感覚のまま決められているような気がしてなりません。
おっと、ちょっと話が横道にそれてしまいました。まあ何はともあれ、クリーンで、低燃費で、さらにシンプルで頑丈でいつまでも使えるディーゼルエンジンが主流になってほしいものですね。
[ 2012/06/29 12:13 ] [ 編集 ]
装備の頁を見ると、可倒式シフトレバーや助手席スライドドア、運転席から離れると5秒後に自動ドアロック等、今も残っているものや現在でも便利そうな装備があり、当時の開発者の苦労がうかがわれます。
さて先日、日野のレンタカーマイクロバスを運転して、東北へ行ってきました。6速のATとディーゼルエンジンの組み合わせでしたが、高速でもそれほどストレス無く、坂道でもそれなりに登ってくれました。2日間で約1,000Km走って、給油は2回。燃費は約7Kmでした。ひょっとして私のステージアより高燃費?しかも、タイムリーな事に、米を支援物資として持って行った保育園の仮設プレハブはボッシュが提供してくれたものだそうです。ディーゼル部門では多くのエンジンに部品供給をしていますよね。
こんな繋がりも、kurumamaniacsのブログのおかげかもしれません。これからも「男のロマン、女の我慢」を追及して下さい。
[ 2012/06/29 13:51 ] [ 編集 ]
 久しぶりの「トラック」ですね。
 このダイナも職場にありましたが、他の部署の車だったので一回しか運転していません。感想とかはご容赦願うとして、来るんですよ。時々なんですが「天ぷら廃油燃料トラック」が、社員食堂で出た天ぷら廃油を回収しに来る20年前のタイタンなんですが、ぱっと見は「バキュームカー」でも車体の横には『この車は廃食用油を燃料にしています』と書かれています。
 天ぷら廃油で動く車は、排気ガスが「天ぷらを揚げているときの匂いがする。」と聞いたことがありましたが、あれはウソだということが分かりました。
[ 2012/06/29 18:58 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
助手席スライドドアは私も大いに気に入っています。昨今のように、宅配トラックが一般的になってきた世の中においては、運転席もスライドドアにしたほうがよいのではないかとも思っています。まあこればかりは単純に議論できる話題ではないんでしょうね。
昔、伊勢湾台風という強大な台風が私が住んでいる地域を襲ったそうです。そのときに、私のうちは近所の避難所になっていたということを幼い頃から聞かされていました。
今後、どんな天変地異が起きるのかは私にはまったくわからないことですが、少なくとも、近所の90過ぎの老夫婦の世帯や、80過ぎの未亡人(一人暮らし)の方のお宅には何かあったときにかけつけなくてはなりません。
バール、チェーンソー、ジャッキといった工具はすぐに出動できるように一箇所にスタンバイさせていますが、非常時の生活が長期に続く場合の対処などは、今回の震災で恥ずかしながら反省することばかりです。
地域社会を考えた場合、その役割を考えなくてはなりませんからね。
ボッシュの電動工具は結構いい値が付いていますので、私の電動工具は松下の「広告の品」ばかりです。今のところちゃんと動いてくれていますので、これで「男のロマン」を追いかけたいと思います。
[ 2012/06/29 20:52 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
天ぷら廃油にしてもいろいろとあるようで、濾してそのまま使う方法と、いったん精製してBDFとして使う方法があるみたいです。
もちろん私が考えているのは「濾してそのまま使う方法」です。この使い方の場合、最新型のディーゼルエンジンよりも昔のディーゼルのほうがいいみたいなんですよね。まだまだ勉強不足で確信的なことは何も書けないことはとても申し訳ないですが、なんとか自分自身でそのノウハウを吸収したいと思っています。
「天ぷらの匂いがする」トラクターで畑を耕したいものです。
[ 2012/06/29 21:07 ] [ 編集 ]
天ぷら廃油の再利用は十年以上前にも話題になりました。
ちょうどNoX問題の時です(私もこれでランクルを手放した)。
これをランクルの40系、B型で試したらNoXもかなり軽減され、黒煙も減ったと聞いたことがあります。パワーも問題無かったようです。
噴射ポンプ弄ってる車両は除きますが、
石油会社の軽油生成が雑(関係者失礼・コストもあるけど)だったため、ほとんどNoXは通らなくなってしまったのではないかと今でも思っています。燃料さえよければ、何台のディーゼル車が救われたことか・・・。
[ 2012/06/30 08:35 ] [ 編集 ]
英語でcarlos様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、天ぷら廃油を使うと古いディーゼルエンジンでも黒煙はほとんど出ないようですね。もちろん欠点もいろいろとあるようですが、こういうご時勢ですので、関心を持つ方が多くなればなるほどノウハウも蓄積されていくことと思います。
うちは出荷用になばなも栽培していますので、いざとなったらクルマの燃料も自給できるかもしれないなぁなんて考えると夢が広がります。
[ 2012/06/30 13:52 ] [ 編集 ]
そう言えば何年か前に、片山右京さんが天ぷら廃油のバイオ燃料でパリダカを完走しましたっけ。他のモータースポーツのカテゴリーでも、こんなふうに天ぷら廃油のバイオ燃料マシンでのレースが、今後もっと具現化されると面白いと思うのですが・・・

「うちで揚げたイカ天の廃油が世界で活躍している!」
・・・とか、しょーもない夢を持ったりして、それはそれで楽しそうです(笑)どーでもよいですが、天ぷらはイカ天とサツマイモの天ぷらが好きです!!

しかし、素人の疑問ですが、天ぷら廃油は一度火にかけたものなので、再利用にあたっては鮮度(?)、劣化の具合が問われるかと思いますが、この辺はどうなんでしょうか・・・単に濾すだけで大丈夫なのですかね?
[ 2012/07/01 16:21 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
右京さんのパリダカ完走、すごかったですね。あの快挙は山登りに目覚めていろいろなことを考えるようになった右京さんなりのメッセージだったと思いますが、我々も彼ほどではないにせよ、いろいろとメッセージを発したいものですね。
今日から再生可能エネルギーの固定買取制度が始まってニュースではメガソーラーの話題で持ちきりですが、ソーラー発電だけでなく、もっといろいろな角度からエネルギーについて考えられるようになりたいですね。
ソーラー発電もひとつの回答、天ぷら廃油ディーゼルもひとつの回答、ブラジルで盛んなフレックス燃料車もひとつの回答、そして原子力もひとつの回答。エネルギー源って結構いろいろとあるんですよね。
現在生きている人間は100年後にはおそらくほとんどが生きていません。その現実を踏まえたうえで、いろいろな可能性を考えたいものですね。
どーでもよいですが、私はササミの天ぷらが大好きです。
[ 2012/07/01 21:00 ] [ 編集 ]
p-代の後期ですね。
この頃、いすゞと三菱との差が開き始め、トヨタが2tクラスに意欲を無くしていった頃です。
既に1W(日野で言うW04C)の供給はありましたが、次のマイチェンでは日野FCをダイナグランキャブとしてOEMを受け、更に次のフルチェンでは「共同開発」と言うものの事実上日野からの供給で2tクラスから撤退してしまいました。
マイクロバスのコースターはまだこの頃は意欲的でしたけれども。
今は全くやる気が有りません。
理由は利益が薄いからだそうで・・・

ご指摘のバイオディーゼルのランクル200も、国内でのガソリンハイブリッド推進政策により、他社からクリーンディーゼルが発売されてもトヨタは国内販売は絶対しないようですし。
事実上ハイエースの1KD以外のトヨタ製ディーゼルエンジンの国内販売は皆無。
トヨタのディーゼルのユーザとしては寂しい限りです。
[ 2012/07/02 13:15 ] [ 編集 ]
スタイルは歴代ダイナ随一のかっこ良さ、男っぽさここに極まれりのY60ダイナ中期型ですが、実際には見た目とは裏腹に性能に問題があり、例えば過積載したらフレームが破損してしまうは、積載量いっぱい積んだら坂も楽には登らずに「いすゞエルフや三菱キャンターの方が遥かに先に配送先に到着してしまった」など泣くに泣けないエピソードがてんこ盛りの「悲運の作」であったことも否定できません。
他の方が言われているようにトヨタ自身、1990年代を境に2トンクラスに意欲をなくしてしまい、「作れば素直に利益が出る」ハイエースに全面投球するなど「不採算部門の(事実上の)切り捨て」へと邁進していったものです。
紆余曲折を経て2トンクラスは姉妹会社・日野自動車に任せて相手からのOEM供給に一本化したのは確かに有力なビジネスモデルと言えるかも知れません、しかしではトヨタはディーゼル技術の多面的導入などグループ会社(日野ならびにいすゞ)から学んだものがどれだけあるか?果たして両手を挙げて胸を張れるでしょうか。
ハイブリッド一辺倒のエコファシズムの風潮を作り上げたのは他ならぬトヨタであるのは確実です!
[ 2012/07/02 18:29 ] [ 編集 ]
元はとばす様

コメント、ありがとうございます。
日野、ダイハツとともにトヨタグループ内で役割分担してそれぞれの得意分野に注力しているんでしょうね。そのほうが余計な競争をせずに済みますから効率的ですしね。
それにしてもプリウスやアクアは相変わらずよく売れていますね。月別で見ると、プリウスとアクアの台数だけで日産全車よりも多いですからね。こういう状態がよいのかどうかはちょっとよくわかりませんが・・・。
[ 2012/07/03 13:48 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
トヨタのハイブリット、もちろん素晴らしい技術だと思いますが、個人的にはちょっとシステムが複雑すぎるような気がしています。
現在はエコカー全盛で、非ハイブリット車でも充電制御機能によってオルタネータによる発電を頻繁に止めたりしているようです。
そういう細かな制御の積み重ねでカタログ燃費を向上させているようですが、以前知人のミライースに乗ったとき、アイドリングストップ機能の不自然さにちょっとびっくりしてしまいました。
確かに低燃費なのかもしれませんが、ちょっと私にはストレスの溜まるエコカーでした。
もっとシンプルで自然な方法ってないものですかね。
[ 2012/07/03 14:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。