旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・スプリンター(E90型) 

120617a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年にトヨタから発売された6代目スプリンター(E90型)です。姉妹車カローラとともにフルモデルチェンジされましたが、スプリンターのほうが多少メリハリの強い意匠が施され、グレード毎の価格もこちらのほうが微妙に高く設定されていたようですね。当時、このスプリンターの5ドアハッチであるシエロの購入を真剣に考えていたこともあり、個人的には歴代スプリンターの中でも好きなクルマです。

 さて、このスプリンター、『すべてにひとクラス上のクオリティを求めて、いま、新しい高級セダンの誕生です。』、『より優雅に、豪華に、高級に。全身は心地よい贅沢で満たされている。』、『いつまでも愛し続けることのできる、高品質セダンの新しい姿です。』等々の文面から分かるように、キーワードは『高級セダン』です。カローラ/スプリンターといえば大衆車の代表車種ですが、この代はあくまでも『高級セダン』、当然のごとく、当時の高級セダンの証である「下品なエンジ色の内装」も用意されています。

 当時はエンジ色の内装が高級セダンの定番でしたが、現在ではさすがに高級車でもこの色の内装を見ることはほとんどなく、代わりに「木目」が高級車の定番になっていますね。もっとも本物の木目が使われているのは一部の本当の高級車だけで、ほとんどが「木目調プラスチック」、さらに親切なことに、印刷技術が進歩した現在では、その「木目調プラスチック」にもしっかりと序列を付けてくれています。クラウンクラスになると、本物と見分けが付かないほどの「木目調プラスチック」、カローラクラスだとおもちゃの鉄砲のグリップを思わせる「木目調プラスチック」。メーカーもなかなかしたたかですね。

 とはいえ、バブル期に主流だった、銀座の超高級(ぼったくり)クラブのソファーを連想させる「エンジ色の内装」によって高級感を演出するよりも、木が好きな日本人の感性に訴えかける「木目調プラスチック」による演出のほうが好感が持てますね。新型カローラ・アクシオのルグゼールなんてとっても分かりやすい高級感の演出で、あそこまで割り切ってやられるとかえって拍手をしたくなってしまいます。

 そういえばホンダが『高級セダン』2車種を販売終了するとの報道がありましたが、こんな時代ですからそもそも『高級セダン』を欲しがる人がもう少ないんでしょうね。まあホンダの2車種の場合、「こんなの日本で売ってどうすんの?」というようなクルマですから当然の帰結にも思えますが・・・。

 時代はどんどん変化していますが、それに応じて変化する人と頑なに変化しない人がいます。現状維持を主張する人と現状打破を主張する人、いろいろな立場の方がおられますが、それぞれの根底には「経済」というキーワードがあるようです。でもここでいう「経済」とは本来の「経世済民(世をおさめ民をすくう)」という意味での「経済」ではなく「経済成長」の意味だけのような気がします。ほんの一側面のみから「経済」を考えると、歪な社会になってしまうかもしれませんね。現在よく耳にする「経済」が、本当は「経世済民」のほんの一側面だけなんだということを認識して、「経済」とうまく付き合っていきたいものですね。

スプリンター・1500・SEサルーン(AE91型)
全長×全幅×全高 : 4215×1655×1365mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直4DOHC 1498cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/06/17 14:48 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(10)
スプリンターですね

この型のカローラセダンは正にミニクラウンと言う雰囲気も有ってスプリンターと共に爆発的に売れましたね

個人的にはネッツ店のラインナップからスプリンターは消す必要は無かったと思います スプリンターの固定客さんもそこそこおられたみたいでそのお客さんが他店に流れるのをネッツ店の幹部は悔やんでおられました


今のトヨタの系列店のラインナップはハイブリット車の併売ばかりなのでこの先スプリンターのような姉妹車は消える運命になるのかも?(泣)ちょっと寂しいです
[ 2012/06/17 17:18 ] [ 編集 ]
学生だった当時、バイト先の先輩がこのE90型の「GT」グレードに乗っていました。

当時は、トレンドであるクラウンやマークⅡの、ホワイトのエクステリア、エンジの内装というトヨタ王道の「ミニハイソ」をこのスプリンターやカローラに踏襲(?)したモデルの拡販がトヨタとしてのマーケティングとして狙いだったのでしょうが、でもこのGTのように、スタイル的にもなかなかよいコンパクトなセダンでちょっと「異端児」的なモデルも存在していたことが、なんか懐かしいですね。
[ 2012/06/17 19:04 ] [ 編集 ]
 いいですねーこのベルベット調のシート生地。個人的には×ですが、そこは個人の趣味ということで。でも実際こうゆう内装とか木目インパネとか好きな人、現にいますよ。私の以前の職場にいた方もそうゆうのが好きな人いましたから、その方、結構ローンとかあったようですが、そこはまあ・・・。
 話が逸れました。このタイプは、見かけの割りに出足が遅い、燃費が悪いとこの車のオーナーの方がいってみえました。燃費までクラウン並ではちょっといただけませんね。
[ 2012/06/17 19:42 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
当時はクラウン、マーク2三兄弟、ビスタ/カムリ、カローラ/スプリンターと、それぞれのクラスで「高級セダン」がずらりと揃っていましたね。
ラインナップが整理され、同一車種の併売が広がっていくと、やがて販売店も統合されていくかもしれませんね。トヨタのディーラーならトヨタ車、スバル車、ダイハツ車、VW車をすべて扱っているとか・・・。
[ 2012/06/18 10:24 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
エンジ色内装の白いクルマって、当時本当に多かったですね。皆が皆、自分の懐具合に合わせてバブリーを堪能していた時代でしたね。そういう時代はなかなか長く続きませんが、低迷の時代はとても長く続いてしまうものですね。
とはいえ今の時代もそう悲観するものではなく、インターネットの発達によってとても豊かな生活ができる良い時代だと思います。当時、ちょっとした海外の専門書を購入しようとするのなら丸善で予約して数ヶ月待たなくてはなりませんでしたが、今ではインターネットでその先生の論文をすぐに無料で読むことができます。
田舎で畑仕事しながらでも当時、東京で過ごしていたときよりもいろんな情報を早く入手することができるんですよね。
今、確かにとても厳しい時代で就職先もないようですが、こんなに恵まれた環境にあるのだから悲観ばかりしていないでもっと勉強すればいいのに、と思ってしまいます。
[ 2012/06/18 11:09 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
私、エンジ色の内装もちょっと受け付けませんが、木目調のパネルはもっとダメなんですよね。典型的な日本人で木がとても好きですから、本物の木じゃないと拒否反応が出てしまうんです。
かといって本物の木が使われているクルマは高価すぎて買えません。よって樹脂丸出し内装のクルマばかりに乗っています。
まあ幸いなことに私が乗るのはいつも「廉価グレード」、木目調パネルは上級グレードにしか使われませんから、心配する必要もないんですけどね。
[ 2012/06/18 11:21 ] [ 編集 ]
色ってのは大事ですよね。

小生含め40代以上では、国鉄の影響も有るかと思います。

当時は特急急行普通に関わらず、在来線ではグリーンはマルーン、普通車はブルーでした。
新幹線でもグリーンは黄色(暖色系)、普通車は銀/青(寒色系)でした。

てなわけで、マルーンの内装に憧れましたね。1983年のいつかはクラウン以降だったきがしますが。

2tから10tまでのトラックの上級グレードの代名詞、「カスタム」も日野をのぞきマルーンでしたね。
標準車は大体グレーかブルー。

さて内装色にも流行があり、昭和40年代は黒でしたが、昭和60年代には黒はスタンダードやDXの下級グレードか、スポーツグレードのみに。変わって昭和50年代前半は茶系統が多いきがします。

スプリンターは違いましたが、もう一つ、場末のスナック風なものに「ボタン引き(ルーズクッション)シート」が有りましたね。
セドリック330に始まり初代ソアラGTエクストラもそうでしたが、無くなってしまいました。
50年代に咲いた時代の徒花だったのでしょうか?
当時子供の私は憧れましたがね。
[ 2012/06/19 15:19 ] [ 編集 ]
元はとばす様

コメント、ありがとうございます。
内装の色も時代によっていろいろと設定されて来ましたが、現在は黒かグレーかベージュといった、比較的大人しい色に落ち着いてきましたね。地味な色のほうが飽きが来ないので個人的には良い傾向だと思っています。
ルースクッションシート、ありましたね~。ギャランΣ等にも設定されていたと思います。あのシートって、表皮のしわの裏側に埃がすごく溜まっていて、礼服で乗った時等には降りてからズボンに付いた埃を払い落とさなくてはならないんですよね。無くなるべくして無くなったんだと思います。
[ 2012/06/20 10:44 ] [ 編集 ]
ありましたね、このシートの色。冬は温かみがあって良いかもしれませんが、夏には座るのを躊躇します。
ちなみに、田舎のスナックではまだこの色のソファーを使ってますよ。ただ、暗いので明確な色は不明ですが。明るいと、ソファーの色よりもその下のゴミが気になります。
[ 2012/06/20 12:43 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
私がよく行く近所の喫茶店、まさにこの色の椅子です。麻雀やトランプなどのテーブルゲームがまだ健在で(さすがにインベーダーゲームはありません)、明るいのでタバコの灰でできた穴もそこらじゅうに確認できます。
もっとも、そこへ行くときというのは、田んぼの用水路に止水板を設置して回ったりした時に、近所の方々と長靴姿のままで行くので、我々自身が「ゴミ」なのかも・・・。
[ 2012/06/20 20:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。