旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スバル・インプレッサ(GC型) 

120611a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120611a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にスバルから発売された初代インプレッサのハードトップセダン(GC型)です。20年前に発売されたとはいえ、このモデルは2000年まで販売されていましたからまだ街中でもよく見かけますね。インプレッサといえば高性能なWRXの存在感が極めて大きいですが、このカタログで紹介されているノーマルモデルの地味なスタイルも個人的にはとても好きです。

 さて、この初代インプレッサ、下位グレードのCFなどはまるで銀行の営業車のように地味な小型セダンに見えますが、初代レガシィと共通部分が多く、レガシィの小型版ともいえるクルマです。ライバルの三菱ランサー同様、この手のクルマの廉価グレードって内容を考えるととてもお買い得なんですよね。

 ちなみに同時期のインプレッサやランサーと競合するはずのカローラ、メーカーの規模が大きいだけあってグレード展開のバリエーションが豊富で、営業車用の廉価グレードにはしっかりと4速MTや3速ATといった廉価グレード用トランスミッションまで用意してくれているんです。まあユーザーにとってはあまり嬉しくない配慮ですね。

 上級車種のパーツをアレンジしてお手頃サイズにまとめるというインプレッサの成り立ちは現在も同様で、現行型インプレッサもレガシィを始めとする上級車種のパーツをうまくまとめてとてもよいクルマに仕上がっていますね。個人的には現行型インプレッサのG4は現在販売されている国産車の中で大きさ、価格、内容等を含めてもっともバランスが取れた良いクルマではないかと思っているほどです。あの内容で150万円台(1,554,000円)のグレードがあるんですものね。スバルって大したメーカーだ、と感心しながらスバルのホームページを見ていると、ルクラとかいうOEMの軽自動車にはインプレッサよりも高い価格(1,555,000円)が付いています。やっぱりスバルって大したメーカーだ、と改めて感心してしまいます。クルマの価格というのは電気料金と同じぐらいよくわからないものですね。

-----以下、ちょっと独り言-----

 今日で震災から1年と3ヶ月が過ぎました。未だ全然復旧の見通しが立っていない諸問題が山積している状況ですが、直接被災していない人々の意識の中ではすでに風化が始まっているような気がしてなりません。巨大地震による津波で街が消滅し、「絶対安全な原発」が爆発する様子を我々はリアルタイムにこの眼で見ました。巨大な竜巻が発生して住宅が基礎ごとひっくり返ってしまう場面もこの眼で見ました。また、国内の災害ではありませんが、10年ちょっと前にはアメリカで高層ビルにジェット旅客機が突っ込む様子もリアルタイムでこの眼で見ました。どれも常識で考えれば「想定外」ですが、その「想定外」の出来事が現実に起きていますから、「想定外」という言葉はもはや使ってはいけないんですよね。

 そもそも「想定」している災害が起きるのなら誰も被害には遭いません。「想定外」の災害だから被害が発生するのだと思います。高層ビルの建設でも、ボーイング767が突っ込んでも大丈夫なように、なんて設計されていなかったと思います。ゆえに、我々一人ひとりの防災に対する考え方も、「安全性が確認された耐震住宅だから安心」という感覚ではなく、どんな耐震住宅に住んでいようとも「危険性を認識して」常に防災を意識する必要がありますね。大きな被害に遭ってから「想定外」だったから・・・、なんて後悔しても遅いですからね。

-----独り言、終わり-----

インプレッサ・ハードトップセダン・1.5CX(GC1型)
全長×全幅×全高 : 4350×1690×1405mm
ホイールベース : 2520mm
車両重量 : 1050kg
エンジン : SOHC水平対抗4気筒 1493cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/06/11 17:26 ] 1990年代スバル | TB(0) | CM(6)
そうそう、この初代は街中で目撃するグレードのほぼ9割近くが「WRX」ですよね。このモデルから、スバルがレガシーからWRC参戦をインプにスイッチしたこともあってか、ダウンサイズしつつもパワーユニットはレガシーからそのまま継承されてましたから、かなりのハイパフォーマンスモデルのイメージが強いです。

しかし、たまに街中で見る「1割?」のWRX以外のモデル、コンパクトながらなかなかスタイリッシュで魅力的なラインナップだったのですね。「ハードトップセダン」という、ちょっとビミョーな(笑)言い回しもなかなかですが、仰せの通り、「エボ」で対抗するランサーと同じく、イメージの強いスポーツモデル以外でもきっちりとクルマを造りこんでいる感じが、このカタログから伺えます・・・最近はレガシーB4も巨大化&高級化しているように感じてますが、インプのG4は、確かにバランスがとれたイマドキの「セダン」として、私も注目しています。

親の実家(岩手県宮古市)が東日本大震災の津波で半壊しましたが、最近聞いた話では、震災から1年以上経過し、商店街も店を開けられるまで復興は進んでるそうですが、漁業の街なので、店に商品を卸すための漁協の加工施設の整備などはまだまだ不十分のようです。小さい頃、親の帰省時によく世話になったので、震災後は義援金を送るしか出来なかったのですが、最近そのお礼として、ようやく水揚げが徐々に安定し始めた魚やわかめを頂きました。

宮古の魚は本当に美味しくて、普段「肉派!」の私でも、新巻きサケなどは小さい頃から本当に「ご馳走」で、送ってもらったことにかえって気を遣わせてしまったかと恐縮だったのですが、その親戚から「最近は被災地の現況報道も少なくなった、思った以上に復興は難儀を極めているけど、徐々にでも復興はしているから心配するな」と電話で聞き、ちょっと涙腺がゆるんでしまいました・・・

すみません、書いているうちに私事にて、思いからあらぬ方向に行きました・・・
ごめんなさい。





[ 2012/06/11 20:39 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
インプレッサって、先代も現行型も、アクセラの後にフルモデルチェンジしてますから、アクセラに乗っている私が言うのもなんですが、内容的に少し上を行っているような気がするんですよね。特に現行型のセダンはあらゆる部分でピカイチのように思います。
「被災地の現況報道が少なくなった」、これ私もすごく感じていました。自然とそうなっているのか、意図的にそうしているのかはわかりませんが、ちょっと気になります。
国会中継を聞いていても責任逃れの言い訳やお金の話ばかり。「待ったなし」と連呼している人の頭の中から震災のことが消えてしまったのではないかと心配になってしまいます。
[ 2012/06/12 10:15 ] [ 編集 ]
 いつも見るんですよ、この「インプレッサ」 kurumamaniacs 様が仰るとおり、発売から20年も経つ車というのに。
 今日も見ました。近くのスーパーの駐車場に、WRXではなくスタンダードモデルに近い車種ですが、もちろん車齢は10年以上はるかに越えており車体は「銀色メタリック」のメタリックが落ちた「灰色」ですが、飽きのこないデザインと多少の手入れを怠らなければいつまでも乗っていられる耐久性、富士重工(スバル)の真面目な車作りが垣間見えて、「余分な金があればもう1台で欲しい」車のひとつです。
[ 2012/06/13 23:01 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
しっかりした車体と必要十分なエンジンと飽きのこないデザインのクルマなら、本来壊れない限り買い換える必要なんてないんですよね。nishiyan様がご覧になられているインプレッサは、きっとそのオーナーさんにとってベストのクルマなんだと思います。愛車とのそんな付き合い方をしたいものですね。
[ 2012/06/14 11:49 ] [ 編集 ]
はいはい、今日私の職場の駐車場でも見かけました。白でリアウイングにSTVと入っていましたので、WRXだと思われます。(え、良いんですよね?)
またまたこのブログの都市伝説(ブログにアップされた車両は、異常に出没率が高い)にはまってしまいました。
[ 2012/06/15 12:28 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
「STV」のロゴ、きっと「STi」だと思いますよ。スバルの「STi」のロゴって、「i」だけが斜めになっていて、パッと見「STV(札幌テレビ)」に見えるんですよね。
実は昔、この型のインプレッサのラジコンを作ったことがあります。ボディに何箇所も「STV?」のステッカーを貼りましたので妙に記憶に残っています。
[ 2012/06/15 16:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。