旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・クラウン&マジェスタ(S140系) 

120528a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120528a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120528a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120528a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120528a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120528a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年にトヨタから発売された初代クラウンマジェスタ及び9代目クラウン(S140系)です。シーマやセルシオを筆頭に3ナンバー専用設計の高級車が次々と誕生していた時期、とうとう「それまでの高級車の代名詞」クラウンも3ナンバー専用設計として生まれ変わりました。初代アリストと兄弟車にあたるマジェスタと、熟成のペリメーター型フルフレームにボッテリしたボディを載せたロイヤルシリーズという、最強のクラウンファミリーで「このうえない満足のために。」登場しましたが、このクラウン、当時“牛”みたいに見えて、個人的にはあまり好きではありませんでした。(まあ好きだったとしても縁はありませんが・・・)

 さて、このマジェスタ&クラウン、当時シーマやセルシオのおかげで500万円オーバーという車両価格もそれほど珍しくなくなってきた時期に、「クラウンも500万円コースのクルマだよ」という印象付けをしたという点ではとても意味があるクラウンだったと思います。車体構造の異なるマジェスタとロイヤルシリーズを1冊の「クラウン」のカタログに併記し、さりげなく「クラウン」の名を冠したマジェスタの最上級クラスは600万円オーバーというプライスタグを付けています。当時はまだ私自身の思考回路も「いつかはクラウン」でしたから、まるで一歩近づけば二歩遠ざかってしまう存在のように感じたものでした。

 まあ超高級車がたくさん出てきた現在にあっても、やっぱりクラウンは高級車ですね。そんな懐かしい思いでカタログを眺めていたら、このクラウン、下位グレードのタイヤサイズは195/65の15インチなんですね。私のアクセラと同じです。とりあえずタイヤサイズだけはクラウンに並びました。なんだか少し誇らしい気持ちです。

 ところで、最近人気お笑い芸人の家族が生活保護を受給していた云々というのが話題になっていますが、あの方ってそんなに有名な方だったんですか?恥ずかしながら私、知りませんでした。ニュースで見た限りでは、売れていない頃には母を援助するだけの収入がなかったから生活保護を申請していたとかおっしゃっていましたけど、なんだかおかしな話ですよね。母を助けなくてはならないのなら当たるかどうかわからない芸人の夢はひとまず保留して会社勤めでもすればよかったのに・・・、と単純に思ってしまいます。まあそれで通ってしまう制度というのも問題なんでしょうね。

 ふと、あのニュースを見て思ったことがあります。生活保護についてはいろいろと問題点が指摘されていますが、エコカー補助金を出すのが当たり前、というような風潮の自動車メーカーって彼とどう違うんでしょうね。メーカーだけでなく、クラウンハイブリットやレクサスを購入してエコカー補助金を貰う人も彼とどう違うんでしょうね。600万、700万のクルマでも買えるけど、貰えるものは貰うのが当然、何千万の年収があるけど貰えるものは貰うのが当然、なんだか程度の差こそあれ、根底の部分はすべて同じような気がしてしまいます。

 今の日本、お金があれば何でも買えますのでお金で解決するのが一番手っ取り早いのかもしれませんが、魚を与えるより釣竿を与えよって言いますからね。あっ、そういえば、私も育てている夏みかん、日本で最初に大規模栽培されたのは山口県の萩市で、もともとは明治維新によって今までのように食うことができなくなってしまった士族の方々に苗木が配られ、皆で萩を夏みかんの一大産地にして儲けよう!ということで始まっているんですよね。お金は使ったらなくなってしまいますが、苗木は何十年にもわたって毎年毎年お金を与えてくれますからね。そんな社会保障制度ができるといいですね。

クラウンマジェスタCタイプ(S141型)
全長×全幅×全高 : 4900×1800×1420mm
ホイールベース : 2780mm
車両重量 : 1670kg
エンジン : V8DOHC 3968cc 260PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2012/05/28 17:17 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(26)
新入社員の頃に登場したこのモデル、当時は逆立ちしても買えない車でしたが、思うところあり、3年ほど前にこのマジェスタを入手して現在に至ります。もともと高額なクルマなため、維持には金食い虫っぷりを発揮してくれます。すでに入手金額をはるかに上回る金額を突っ込んで、車検も通し、延命処置を施しました。その甲斐あってか4Lでも平均リッター7kmの燃費を維持してます。現在のクルマにはない色調の内装色や座席幅の広いシートのおかげで居心地は良いです。もっともあと何年乗れるか保証の限りではありませんが・・・
[ 2012/05/28 21:46 ] [ 編集 ]
ぬりかべ様

コメント、ありがとうございます。
マジェスタにお乗りとは、うらやましい限りです。このクラスの超高級車ともなれば、ボディの塗装もとてもしっかりしてありますので、あと何年でも乗られると思いますよ。
とはいえ、税金、交換部品代等も超高級車に相応しい金額がかかってしまうのは痛いところですね。
[ 2012/05/29 12:09 ] [ 編集 ]
出ましたーマジェスタ。バブリーな頃の逸話として、セルシオが大人気で納車待ちが長く、その間のつなぎとして同じエンジンを積むマジェスタを購入したやからもいたとか・・・。うちの事務所の女の子は、カローラフィールダーが納車されるまでの間、新車のMRワゴンを代車で貸してもらい、「これでもいいかな」と言っていました。人間の感覚って分からないものですね。
さて、先日今年の自動車税を無事納入しました。ここ数年は、グリーン税制度という名のもと、約10パーセントの重加算税を支払っている我がステージア。次は軽自動車にしますから、前金でエコカー補助金もらえませんかね。
[ 2012/05/29 12:56 ] [ 編集 ]
 「マジェスタ」って題名のとおりの車だと私は思います。
 「クラウン」の名を冠にのせ、いかにも、ていう感じで、当然新車でこの車を乗っていけば、皆様「いい車ですね。」と言うことは請け合いです。
 でも私はこの車いつも「喪黒フクゾウ」を想像してしまうんですよ。貧乏人のやっかみかもしれませんが・・・。
 どうだー。(マジェスタ)ドーン。(喪黒) 失礼しました。
 
 
[ 2012/05/29 18:26 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
古いものを大切に使う方に対して増税する「グリーン税制」って突っ込みどころ満載の制度ですよね。まあそういう制度を設けないと成り立たないのが今の日本の「ものづくり社会」ということなんでしょうね。
私も今のアクセラが壊れたら、次は軽(軽トラ)にしようと思っています。と、同時に、最近はクボタのスーパーベジマスター(http://www.jnouki.kubota.co.jp/jnouki/Special/beji/sbm/index.html)にとても興味があるんですよね。
本当に、「人間の感覚って分からないものですね。」
[ 2012/05/29 20:50 ] [ 編集 ]
このS140型、デビューモデルはリアが妙にボリューム感で「太った」イメージが不評で、カタログアップされた後期形がセダン王道の「直線基調」に回帰され見た目はスリム化・・・というイメージがあります。セダン好きオヤジとしては、なんとなくその路線変更が理解できるのが、
今更ながらどうなんでしょう(笑)

あと、当時セルシオが存在した中で、クラウンで「マジェスタ」をラインナップしている点、今思えば不思議です。スポーツモデル(?)をアリストに特化したのは、セドグロがグランツーリスモを擁した事でまだ分かりますが、この辺のモデルの振り方は、やはり「クラウン」というブランドでセルシオとは違う、更なるブランド力を狙っていたのでしょうか・・・
[ 2012/05/29 20:54 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
「貧乏人のやっかみ」、結構なことじゃないですか。私のブログは全編が「貧乏人のやっかみ」です。でも不思議なことに、お金持ちの方に対しての恨みつらみや、社会の不公平さを糾弾したい、という気持ちは記事を書くときにはまったくありません。
サラリーマン時代、「○○大臣の○○祝賀パーティー」とか、「○○先生を応援する会」とかいう立食パーティーの頭数要員でしたから、永田町の議員会館にはよく行っていました。
まあ、庶民の感覚としては、立食パーティーよりも、「つぼ八」のほうがよかったですけどね。ああいう世界におられる方々が日本の進むべき方向を定めているというのも不思議なものですね。
我々が「どうだー!」といわずとも、意外とすぐに「ドーン!」となるかもしれませんね。
[ 2012/05/29 21:41 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
トヨタとしては何十年もかけて培ってきた「いつかはクラウンに」というヒエラルキーの頂点ですから、自らセルシオを出した後であっても、それが崩れると困ると思ったんでしょうね。
なんだかんだと言っても、やっぱりクラウンはいいクルマだと思います。車庫にクラウンがあれば、それは成功の証です。セルシオ、レクサスが発売され、メルセデスやBMWが田舎にも蔓延している現在においても、その事実はいまだに変わりないと思います。
平成24年現在においてもそう思われるのは、やはりトヨタが「クラウン」というブランドを大切に扱ったからだと思います。これからクラウンとともに成長してきた団塊の世代が徐々にあちらの世の中へ旅立っていくと思いますので、20年後にクラウンがどうなっているのかが見ものですね。まあ、そのときにトヨタがあればの話ですが・・・。
[ 2012/05/29 21:56 ] [ 編集 ]
見ましたよ、ホームページ。最初見たとき、すぐには理解できませんでした。マルチを巻き取る機械?マルチ用のアタッチメントを付け、後ろ向きに進む耕運機?関連頁を見ると、ハンドルが180度回転できる、多目的耕運機ですね。これならkurumamaniacsさんは絶対ほしがるでしょう。そういえば昔、座席が180度回転するトラクターもありましたね。
[ 2012/05/30 12:42 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
汎用管理機といって、作業機を付け替えることによって耕運、畝立て、マルチ張り等の様々な作業ができる機械です。
現在、車軸作業専用の管理機とロータリー式耕運機でそれなりに間に合っているので不要といえば不要なのですが、やっぱりこういうのを見ると欲しくなってしまうんですよね。子供が合体型や変形型のロボットに夢中になるのと同じ感覚です。
[ 2012/05/30 18:00 ] [ 編集 ]
はじめまして。
いつも、その鋭い視点と知識量に感心しつつ楽しく拝見しております。
クラウンハイブリットやレクサスを購入してエコカー補助金を貰う・・・本当に矛盾していますね。
そもそもエコカー補助金がその名が示す通り「エコ」のためのものであるならば、計測方法は違いますが公称リッター110km走るとされる「新型スーパーカブ」の購入者には、車両価格は補助金で賄った上で報奨金を与えるべきかと思います。
[ 2012/05/30 22:49 ] [ 編集 ]
ふーた様

コメント、ありがとうございます。
エコカー補助金のような政策って、それが打ち切りになっても販売台数の反動減がなければ呼び水政策としては成功ですが、前回のエコカー補助金や家電エコポイント終了後の様子を見ると、見事に反動減が出ていますよね。
補助金が出るときにしか売れない、という状態になってしまうと、結局企業の生産・販売体制をより不安定にしているだけのような気がしてしまいます。
新型スーパーカブに補助金を出すと税金がまるまる中国の工場へ行ってしまいますから「エコ」のためでも難しいかもしれませんね。
[ 2012/05/31 16:07 ] [ 編集 ]
あの頃のマジェスタはキャラクターがあって良かった、決して「インチキセルシオ」などではなく、マジェスタの味わいが気に入って買っているという印象が感じられるのだから初代マジェスタを仕上げたトヨタの手腕は一廉のものに違いない。
逆に言えば150系を最後に今世紀に入って以来のマジェスタはセルシオのインチキバージョンへと堕落していき、ついにはクラウン自身の進化と金持ちユーザーのレクサスLSなり各種メルセデスへの流出の狭間で今や「必要とされない車種」(年間2000台も売れていない!)に成り下がってしまったのではなかろうか。
そんなマジェスタに、折も折トヨタが技術提携したBMWの6気筒ディーゼルターボが搭載されれば見違えるように印象が変わり、往年のオーラを取り戻す手がかりになると思いますがKyuusyamania様は如何でしょうか。
[ 2012/06/04 06:25 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
個人的にマジェスタのような超高級車にはあまり縁がないということもあり、ちょっと位置づけの割には印象が少ないような気がしています。
マジェスタが目立ちすぎるほどの存在感を持つようになると、今度はレクサスやクラウンの位置づけが微妙になってしまいますし、難しいところですね。
トヨタは高級車のラインナップを広げすぎたのかもしれませんね。
[ 2012/06/04 17:03 ] [ 編集 ]
バブル崩壊も重なってクラウンシリーズの迷走が始まった感があります


私はクラウンと言う日本的価値観を持った車は130型で終わったような気がします それは今の混迷な?時代が始まってそれまでの豊かな時代の終わりを予感させたようなクラウンも販売台数が示すように130が日本的な価値観を表現した最高かつ最後のクラウンだと思います
[ 2012/06/06 19:28 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
130型の時代までは「日本的な価値観」や「豊かさ」の定義がある程度はっきりしていたので「クラウン」に求められるものもはっきりしていたんでしょうね。
バブル期を境に高級車の定義が変わり、さらにグローバル化が進んで「日本的な価値観」も曖昧なものになってきました。さらに長期にわたる経済状態の低迷で「豊かさ」の定義まで見直されるような世の中になってきました。クラウンに限らず、日本車の迷走はまだまだ続くでしょうね。
[ 2012/06/07 13:03 ] [ 編集 ]
まさに超正論、仰る通りです。少々下品な表現をお許しいただきたいのですが、あの一連の政策に、ここぞとばかりに何のためらいもなく従った連中は本気で頭おかしい。ましてそれまで持ってた、どこも壊れてナイまだまだ使えるのをツブしてまで・・・・あいつらにはヒトの血が通ってるのでしょうか???あんな意地汚ねーカスが大勢のうのうと暮らしてると思うと・・・・

そりゃあいつらがクルマをポンと買えるほどの経済力を獲得したのは本人が努力したのもあるでしょうけど、親をはじめ周囲の様々な人たちに支えられてきたからこそ今があるはずです。手当が出るからとツブしたそのクルマだって、独りぼっちなら手に入れるコトもままならなかったわけですよ・・・・。成功者の方々には、世の中には環境に恵まれず、努力してもなかなか報われない人も大勢いるというのをわかってもらいたいところですが、政治がそんな人をないがしろにする現状ではどうにもなりませんね・・・・

しかもあの報奨金、恐ろしいことに1人や1世帯あたり1台までとかいう制限も無く、何台買っても出るそうじゃないですか・・・・これはもう、むしろ暴動のひとつでも起きないとヤバいんちゃうかと思いますね。金さえ持ってれば何やってもええのか!!
[ 2012/06/08 14:40 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
「金さえ持ってれば何やってもええのか!!」、仰る通りですね。現状、辛うじて「金さえ持ってれば何でもできる」という世の中が維持されているのでこういうことがまかり通るんでしょうね。
私事で恐縮ですが、私は親も、祖父母も「お金があっても何の役にも立たない」という時代を経験していたため、「お金は大切だけど、それだけに頼らないように!」と耳タコができるぐらいに躾けられてきましたから、ちょっと現在主流の拝金主義者とは考え方が違うかもしれません。
まあ、どちらが正しいのかはわかりませんけどね。お金をたくさん持っている方が成功者、というのも正しいかどうかはわからないと思いますよ。
現状では「お金」は所詮人と人とのいつ破たんするかもしれない「約束事」にすぎない存在ですので、「お金」を上手に使いつつ、地に足をつけた「自分の社会」を形成するのがもっとも食っていくのに確実な方法のような気がします。(あっ、あくまでも個人的な考えですからあまり気になさらず!)

[ 2012/06/08 20:15 ] [ 編集 ]
14マジェスタ、新車当時はバブルの名残でよく売れましたが、今はVIPカー(この手の車にエアロ、車高短、大径ホイールなどで改造された車)になっています。
いったい、なんでこんな車をいじる人がいるのでしょうか。
昔からクラウンとかセドリックなんかはヤンキー車が多いと思いますが。
[ 2013/02/07 17:14 ] [ 編集 ]
永山修一様

コメント、ありがとうございます。
私もVIPカーと呼ばれているような改造にはあまり共感できません。しかしながら好みは人それぞれですので、あのような改造がカッコいいと思われている方はすればよいと思います。
トヨタが純正でピンクのクラウンを本当に市販したら、あのような改造ブームもなくなるかもしれませんね。
[ 2013/02/08 11:01 ] [ 編集 ]
14マジェスタは今はVIPカーになっていますが、これが新車だったころ、これの前の13クラウンやY31セドリックやシーマなどがコワモテ仕様(ヤンキー仕様の一種)で、ベンツのAMGのまねをしてボディーからホイールまで全部黒に統一していました。
また、たまにセルシオやこのマジェスタを新車で買い(おいおい)、大径ホイールを装着したのもありました。
また、セドリックやマークⅡなども同じです。
[ 2013/07/22 18:32 ] [ 編集 ]
永山修一様

コメント、ありがとうございます。
私が住んでいる地域だけかもしれませんが、最近VIPカーのようなキラキラ大径ホイールを付けたトライクやATVをよく見かけるようになりました。
若者の所得が減ったからなのかどうかはわかりませんが、あの手の乗り物って、キラキラホイールでなければ個人的には結構好きです。セルシオやマジェスタのVIPカーよりもずっとカッコよく思えてしまいます。
[ 2013/07/23 15:33 ] [ 編集 ]
で、このマジェスタも中古車になった時、VIPカーになりました。
新車で買えなかったからです。で、ジャンクションプロデュースやいろんなエアロメーカーがこのマジェスタのエアロを作り、デモカーにしました。
その時はこれの次期モデルの15マジェスタ(後ろがアメリカ車風のやつ)が新車だったからです。で、それから、マジェスタは17,18,200と代を重ねていました。
あと、これの兄弟車にアリストがありました。このアリストもVIPカーになっていたのです。
そして、レクサスができて、セルシオとアリストがレクサスになりました。アリストはスープラと同じエンジンで「速い高級車」のイメージ、これがヤンキーを魅了しました。
あと、センチュリーもありますが、昔のセンチュリーのほうが好きです。
[ 2013/08/21 18:56 ] [ 編集 ]
永山修一様

コメント、ありがとうございます。
VIPカーへの改造というのも一つのブーム、いつまで街で見かけるのかはわかりませんが、やがては「昔、こんな改造が流行っていた」と自動車雑誌等で面白おかしく紹介されるんでしょうね。
最近では美少女キャラクターのステッカーをボディ全体にでかでかと貼り付ける「痛車」なるものもあるようですね。VIPカーにしても痛車にしても、オヤジ世代の私にはまったく理解できない世界です。
[ 2013/08/22 12:54 ] [ 編集 ]
マジェスタだけではなく、VIPカーは日産車にもいました。
マジェスタのライバルのY32シーマや、インフィニティQ45、G50プレジデントもいます。
でも身内のトヨタはセルシオがライバルでした。
[ 2013/10/25 18:48 ] [ 編集 ]
永山修一様

コメント、ありがとうございます。
プレジデントといえば、私の知人に二人プレジデントに乗られていた方がいました。一人はG50型、もう一人は最終型でした。お二人とも60を過ぎておられた方なのでVIP仕様ではなくノーマルなプレジデントでしたが、ある共通点がありました。
お二人ともご自分で商売を始め、小さな会社の社長(プレジデント)でした。でも小さな会社ゆえ、ご自分で運転されていました。
ご自身の考え方がそれぞれおありだったのでしょうが、端から見ているとプレジデントが運転するプレジデントってちょっと滑稽に見えていました。
さらに共通点があり、そのお二人の会社は今どちらもありません。おそらく、プレジデント購入を余裕を持って後席に座れるまで待てば会社も存続していたかも知れませんね。
[ 2013/10/26 18:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。