旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・スカイライン2000GT(C210型) 

090206a01.jpg

090206a02.jpg

090206a03.jpg

090206a04.jpg

090206a05.jpg

 1977年に日産が発売した5代目スカイライン、通称「ジャパン・スカイライン」です。いつの時代もスカイラインはクルマ好きの憧れ、「スカイライン」と聞けば自然と「走り」が連想されるのですが、この「ジャパン・スカイライン」に関しては、「走り」は「走り」でもカーチェイスが連想されてしまいます。
 この5代目スカイライン、79年にはマイナーチェンジして2000GT系は丸型4灯ヘッドライトが角型2灯となり、80年には2000GTターボが加わります。ゴールドのラインが映えるブラックのスカイライン2000GTターボ、ダッシュボードにはパトライト、助手席にはショットガン、もちろん運転しているのはサングラスをかけた渡哲也さん。そうです、「ジャパン・スカイライン」といえば西部警察の大門団長がショットガンを携えて乗り込む車です。そして大門団長がスカイラインから降り、ショットガンを撃ちまくる時には必ず大量のセドリックが廃車となります。しかも横転直前まで430型セドリックだったのに横転の瞬間に230型へフルモデルチェンジするという神業まで全国ネットで披露してくれました。
 派手なアクションが売りの『西部警察』では5年間の放送期間中に4,680台のクルマが壊されたとのこと。うーん、自動車不況の今、救世主となれるのは石原プロモーションなのかもしれない・・・。

ハードトップ・2000GT-E(HGC210型)
全長×全幅×全高 : 4600×1625×1375mm
ホイールベース : 2615mm
車両重量 : 1175kg
エンジン : 直6OHC 1998cc 130PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ

[ 2009/02/07 11:54 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(11)
最初のクルマでした。
遊びに行くたびにクルマが変わっていて、子供心にもあこがれの従兄でした。ソアラにも乗っていました。結婚して子供が3人でき、その後、クルマどころではなくなったようですが。もうすぐ3人とも成人するので、また何かやってくれそうです。ロードスターなんてどうかな。
その従兄に、なんでマツダ車はなかったのと、私が免許取得後、聞いたことがあります。ユーノスコスモにしようと考えたことがあるとのことでした。さすがです、脱帽。
その従兄と同じことをマツダ車で私が現在進行形です。

西部警察、超憧れでした。自転車に乗りながら近所の同年代たちで、“ごっこ”やってました!
私はなぜか館ひろしになりきってました。兄が団長でした。
セドリックモデルチェンジの神業、クルマ好きの子供だったので兄と爆笑していた記憶があります。
この際、マツダも石原プロとテレ朝と組んでなんて…

[ 2009/02/07 17:28 ] [ 編集 ]
たまんないですね。
日産もこの頃はよき時代でした。
そんな日産が好きで、私の最初のクルマはパルサーX1Rでした。
ゴーン氏も最初は旧態依然とした体質を打破してくれて、いいかなと思ったのですが。でも現在は日産が日産でない気がします。
そして、私はマツダの深みに…
[ 2009/02/07 17:55 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
『技術の日産』『内装のトヨタ』とよく言われていたものです。どちらも大きくなりすぎて、冒険ができなくなってしまっているのかもしれませんね。ホンダも徐々にトヨタ・日産の仲間入りをしているように思えます。その点、マツダはまだまだ安泰です。私は自信をもってマツダの深みに入ろうと思っています。
それにしてもスカイライン、ソアラに乗ってユーノスコスモもお考えになられるとは、素敵な従兄様ですね。私も脱帽です。
[ 2009/02/07 20:43 ] [ 編集 ]
マツダはどうも経営者連中におバカなのがそろっているようです。
この経済状況で奴らの頭はさらに固化しそうです。平気で次期RX-7、16Xロータリーエンジン開発中止と言いかねません。
神様・仏様・恒次様にあの世からお越し頂いて、一喝していただかないと。
そんなことをしたらマツダがマツダでなくなるのは自明の理なのですが、今まででさえよく理解していなかったようなので、目の前の火消しに追われて40年の開発の歴史をかえりみることなどできないでしょうね。
そこのところを非常に危惧しております。
[ 2009/02/07 21:38 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
マツダはフォードのおかげで一時の窮地から這い上がり、Zoom-Zoomの新生マツダとして魅力的なクルマを出すようになりました。Zoom-Zoom第二幕を展開しようとしていた矢先にフォードが大ピンチに。目の前の火があまりにも大きくて多少迷走することもあるかもしれませんが、きっと大丈夫だと信じています。
[ 2009/02/08 08:35 ] [ 編集 ]
この210型スカイライン・ジャパン、爆発的に売れたは売れたのだけど何とも手に負えない奴で.....。そうです、同車のL20E型6気筒2000ccエンジンが個体差が激しくて当たりの個体はゼロヨン17.7sec、0-100km/hは11.8secという当時としては卓越したデータをワイドタイヤを履いてオプションで100kgほど重くなった状態にして記録していたほどで、つまりはタイヤが標準サイズでオプションレス仕様なら17secそこそこでBMW顔負けの駿足だったにも拘わらず、外れの(平均的といっても良い)個体ではゼロヨン19sec台、0-100km/hは15.7secというサニー1200並みの鈍足ぶりでライバルメーカーから「名ばかりのGTは道を開ける」と揶揄された一台でした!
まあ件の当たりのスカGならエンジンは6300のレッドゾーンを越えて7100回転!までみるみる回り、最高速も4速6300回転で173km/hを記録するもまだまだ伸びる気配があったわけだから、当時の国際水準に照らしてBMW320やアルファロメオ・アルフェッタ2000、シトロエンCX2400パラスに勝るとも劣らない高速ツーリングカーだったことは確かなわけで、広報チューンという奴は一種の魔法でした(笑)。
そしてC210型スカイラインは1980年4月、145馬力のターボで一躍ブレイクし、「走りのスカイライン」の道を歩み始めるわけです。折しも日本車全般が生産台数を飛躍的に伸ばし、驚異的な発展の緒についてパワー・テクノロジー競争に突入していく時代、とにかくドラマチックでした!
小生が現在乗っているレクサスIS350と2004年製トヨタヴィッツ1300U、これらはあの頃のスカイラインとは比較にならない別の惑星の存在で、レクサスは当時のメルセデスベンツの最強車種450SEL6.9以上ポルシェターボやフェラーリ顔負けの、ヴィッツにしても当時のスカGターボなど寄せ付けない性能を有しており、安全性も環境適合性もあの頃とうてい夢想だにしないレベルに達していることは確かです。ただ、不完全なりにも試行錯誤を重ねて世界の列強に並ぶことを目標にしていたあの頃の国産車はそれなりに夢があったし、ハングリーな中から次に何が生まれるのかという期待を感じさせてくれる存在だったと思います。
[ 2009/07/31 13:11 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
IS350にお乗りですか。すごいですね。恥ずかしながら私、今までに300馬力オーバーのクルマなんて一度も運転したことがありません。

>ただ、不完全なりにも試行錯誤を重ねて世界の列強に並ぶことを目標にしていたあの頃の国産車はそれなりに夢があったし、ハングリーな中から次に何が生まれるのかという期待を感じさせてくれる存在だったと思います。

おっしゃる通り、あの頃は欧米の列強に並ぶことを目標にしていましたね。現在は欧米の列強共々、まだ存在しない新たなクルマを生み出す状態なので、自動車関連のニュースを毎日楽しみに見ています。
[ 2009/07/31 18:16 ] [ 編集 ]
父が、乗ってました。ちなみに1800TI-ESで、5速ミッション。ミッションは、左前からR-1-2-3-4-5でした。なかなか、よく走ってくれたのを、覚えています。
[ 2011/03/21 10:37 ] [ 編集 ]
IST4423様

コメント、ありがとうございます。
1800TI-ESはTIシリーズの中でも4輪ディスクブレーキが搭載されたスポーティモデルでしたね。現在の大きくなりすぎたスカイラインよりもこの頃の身近なスカイラインのほうがいいですね。
[ 2011/03/22 11:54 ] [ 編集 ]
私、クルマ好きオンリーの人間の中で産まれた育った人間なので。
私の根幹は、たぶん、このジャパンでしょう。

もうとっくに亡くなりましたが、黒のジャパンターボに、ばあちゃんが乗ってたんです。

住居が山間部だったので、その頃タイヤがスパイクからスタッドレスに移行の時期だったので渋々乗り換えてしまいまいたが.....4駆のパルサーGTi-Rに。
それが最後の車暦です祖母は。


いまさら何を想うわけでもないのに、
空を見ながら深呼吸しちゃうのは......なんなんでしょう?

直6ターボのサウンドが聞こえる度にドキッとします。
[ 2012/03/04 18:17 ] [ 編集 ]
にゃんこママ様

コメント、ありがとうございます。
このジャパン、先日久しぶりに実車を見ました。当時は大きなクルマだと感じていたのですが、今見るととても小さく感じますね。まあ現在は全幅1625mmの普通車なんてありませんからね。
[ 2012/03/05 15:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。