旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・スプリンターマリノ(AE100型) 

120518a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120518a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120518a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120518a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120518a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120518a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にトヨタから発売されたスプリンターマリノ(AE100型)です。カローラ店向けにはカローラセレスという、ほとんど相違点のない姉妹車がありましたね。車高の低いスポーティな4ドアハードトップが流行っていた時代とはいえ、カローラクラスにまでこのスタイルを持ち込んだことに当時ちょっとびっくりした記憶があります。

 さて、このスプリンターマリノ、マリノというサブネームや『海へ、マリノ』というキャッチフレーズが少々意味不明ではありましたが、クルマとしては結構いいクルマだと思っていました。友人が1.6のXタイプに乗っていたので私も乗る機会がちょくちょくありましたが、世間で言われていたほど居住性は悪くなかったですし、後席が可倒式になっているのでスタイルから感じられるよりはずっと積載性も良かったと思います。

 ちなみに友人のマリノ、私が乗る機会というのは、決まってスキーへ行くときでした。『海へ、マリノ』というキャッチフレーズとは異なり、『山へ、マリノ』でしたね。私はスキー道具を持っていなかったのでスキー場でレンタルしていましたが、その友人のスキー板は、ルーフキャリアではなく、トランクに収まってしまっていました。まあその友人、女性でしたからあまり長い板ではなかったのかもしれませんね。(その“友人”、金銭感覚が少々派手な方だったのでやがて一緒にスキーに行くこともなくなりました。まあ昔の話ということで・・・)

 先日発売された新型カローラを見たうえでこのクルマを見ると、なんだかとても複雑な思いを抱いてしまいます。11代目カローラはカローラ史上初めてダウンサイジングを行ったとのこと。まあそれはそれでいいのですが、そもそも現在の国内版カローラの存在意義っていったい何なんでしょうね?このスプリンターマリノを含め、カローラファミリーは大衆車として我々日本人だけでなく世界中の人々に様々な利便性と安心感を提供してくれました。

 今回のモデルチェンジで国内専用となった先代からさらに小型化され、ヴィッツ系のプラットフォームが使われるようになったそうです。狭い日本の道路に合わせて原点に立ち返るというようなコメントが出されているようですが、ヴィッツやアクア等、トヨタには狭い日本に合わせた素晴らしいクルマがたくさんありますので、何もカローラを頑なに5ナンバー枠に収める必要はないような気がします。世界中で愛されているカローラなのに、なんだか本家本元の日本仕様カローラだけがみすぼらしいカローラであるように思えてなりません。

 東北復興支援の一環としてアクアの生産を東北で始めたときには個人的にもとても嬉しい気持ちになりましたが、今回のカローラについては、「あまり先のないような車種をなにも東北で造らなくても・・・」と個人的には思ってしまいました。せっかく“日本独自のカローラ”を造るのなら、新型カローラのスタイルでパワーユニットをアクアと共通のハイブリットシステムにすれば良かったのに・・・、と素人ながら考えてしまいます。あっ、もしかしたらトヨタも当然そのつもりなのかもしれませんね。


スプリンターマリノ・Xタイプ(AE101型)
全長×全幅×全高 : 4385×1695×1315mm
ホイールベース : 2465mm
車両重量 : 1060kg
エンジン : 直4DOHC 1587cc 115PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2012/05/18 18:27 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(12)
こんにちは。
私も当時カッコイイと思ってましたが、あんなに見かけたこの車も中古車市場では消えるのが早かったように思います。
数年前に初代FXとか、カローラⅡスポーツパッケージとかと一緒に検索した事がありますが、全くありませんでした。さすがに”ゼロ”には驚いた覚えがあります。
[ 2012/05/18 18:41 ] [ 編集 ]
今はハイブリット車全盛の時代ですがカローラの凋落が?今の日本車の凋落を象徴している感があります

私はトヨタはハイブリットに浮かれている隙にガソリン車の、てこ入れを怠って気がつけば欧州車にガソリン車のエコカー対策で遅れを取ってマーケットで失速していますね

私は先代からダウンサイジングされた現行型の考えは支持します 120型は使いやすいサイズだったので先代が大きくなったのはちょっと否定的でした 車は大きくなっても日本の道路事情は変わっていません プリウスやアクアも悪くはないがハイブリットシステムを搭載すが故に本体価格は高いです(泣)トヨタはこの新型カローラからものづくりの原点に立ち返らないと世界は愚か日本メーカーからも置いていかれそうです
[ 2012/05/19 07:34 ] [ 編集 ]
FLATELL様

コメント、ありがとうございます。
今は背の高いクルマが主流ですから、この手のクルマは中古車市場でもきわめて不人気だったのかもしれませんね。個人的にはこういうクルマはとても好きなので残念です。
[ 2012/05/19 11:03 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
新型カローラ、個人的には、内容を考えると価格が高すぎだと思っています。ダウンサイジングするのであれば、価格もダウンサイジングしなければ原点に帰っていることにはならないような気がします。
このご時勢、価格据え置きで内容を高めているメーカーが多い中で、ただ一社価格据え置きで内容を下げていてはますますカローラの存在意義がなくなってしまうように思えてなりません。
もともと同クラスだったインプレッサ、アクセラ、そして今度の新型カローラを比較するとちょっと個人的には?な部分が多く見えてしまいます。
[ 2012/05/19 12:05 ] [ 編集 ]
マリノ、懐かしいですね!
当時は、カリーナEDに端を発した、コンパクトでスタイリッシュな4ドアモデルが目白押しでしたよね。

かく言う私は、当時サニーベースの「初代プレセア」に乗っていました。同居していた免許を持っていない両親を乗せる機会が多かったので、4.6Mくらいしかない実家の車庫に納まる4ドア車を検討した結果、若気の至り(苦笑)で普通にサニーやカローラでは「イヤ」で選んだ記憶があります。でも今思えば、このマリノ然り、居住性云々よりもスタイルや雰囲気だけでクルマを選ぶ基準が存在していた当時が懐かしいです・・・

マリノのリアシートは「可倒式」だったのですね?
その点プレセアはリアは固定シートだったので、確かに長尺物の積み込みは出来ませんでした。かつてホームセンターへ組み立て式の棚を買いに行ったとき、梱包の箱が長く、助手席を倒し積み込んだ苦労を思い出しました(笑)

さて、話し全然違いますが、明日21日は「シーマ」の発売日
ということで、こんな記事を読みました。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120520/biz12052007000000-n1.htm

カローラという「ブランド」を存続していることの意義も含め、やはりメーカーにとって、認知されたクルマのブランドって、大切なんでしょうか・・・
[ 2012/05/20 16:52 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
カローラは先代から国内専用モデルになると同時にアクシオというサブネームが付くようになりました。そして新型では歴代初となるダウンサイジングが行われました。きっとトヨタも日本におけるカローラの位置づけを試行錯誤しているんでしょうね。
認知されたブランドはもちろんメーカーにとってとても大切だと思うのですが、その割にはコロナ・カリーナ・セドリックなどのビッグネームが次々に消滅しましたね。アクシオというサブネームが付いた時点で、私はてっきりカローラという名前を徐々に消していくのかと思っていました。この先どうなるのか、楽しみですね。
[ 2012/05/21 10:29 ] [ 編集 ]
うわーこれまた涙モノに渋いのが。確かに少なくとも中古車販売業者を通じての入手なんてのはほぼ不可能になっちゃってますよね・・・・持てるなら欲しいという人は少なくないと思うんですが、そんな需要は理不尽な国策でもみ消されているという事実(涙)。カローラ版のセレスともども2代目(110系)の開発も進められていたそうですが、人気下降の兆しを受けて中止になったんですよね。もし世に出ていたら相当カッコいいのだったでしょうなあ・・・・。

当時の記憶があるCMも凝った演出は一切無い素朴なものですが、心が洗われるような感じで、とっても素敵ですね(*^∀^*)。特に今は心底不愉快でおぞましい「めんぜー!ほじょきん!」の告知をしつこくしつこく聴かされてるだけになおさらです┐(-。ー;)┌・・・・。出演してるのは藤井フミヤ氏と3~5歳くらいの男の子。設定は一見親子のようですが、シリーズ通してそれを決定づけるセリフは無いですし、知り合いや親戚の関係というのも考えられる・・・・そんなふうに自由に想像できるところもまた面白い。ところでカタログの藤井氏が着ているシャツは「極」系な気が(^^;)・・・・
[ 2012/05/23 00:37 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
先日、日産のゴーン社長が「円高水準が落ち着くまでエコカー補助金を延長すべき」というような主旨の発言をされておられましたが、もうこうなってくると自動車業界も補助金ありきのビジネスになってしまったようで応援する気持ちもなくなってしまいますね。
なんだか世の中、税金をいかに自分の懐に取り込むかを考えている方ばかりのようで、子供に経済や社会の仕組みをどう教えてよいのか自分でもわからなくなってきました。
「ちっちゃな頃から悪がきで、15で不良と呼ばれた」子じゃなくて、「ちっちゃな頃から優等生、15でトップ進学校へ合格」の子は、どうもずるい大人になってしまうようですね。
[ 2012/05/23 11:13 ] [ 編集 ]
 造りは堅実なんだけど、なぜか販売台数が伸びない。かっこいいんだけど、いまひとつ人気が無い。
 この車もその部類ですよね。中古車市場でも年式と値段のわりにいいタマの車なんだけれど、買い手がなかなかつかない車たち最近では滅多とお目にかかることはありません。とうとう絶滅してしまったのかな?
 でも、日本国内での不人気中古車、ロシアの沿海州地方では結構人気があったりして。以前TVでウラジオストックの映像を見ましたが、廃車一歩手前の日本車があるある!
 クラウン、セド・グロから○○産業とロゴ入りのADバンまで。そうするとセレスやスタンザ、アスカにペルソナなどの国産絶滅車に遭遇するかも知れませんよ。
[ 2012/05/23 22:42 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
ロシアではちょっと前に日本製中古車にかかる関税が上げられたようですが、相変わらずウラジオストクでは日本車の人気が高いようですね。私のブログやホームページにも、ロシアからのアクセスがかなりあります。
日本では自動車税が加算されてしまうような年代のクルマでも、日本よりずっと気候条件の厳しい(寒い)地域で走り続けているんですね。なんだか複雑な気分ですね。
[ 2012/05/24 11:51 ] [ 編集 ]
昨日見ましたよ。といってもセレスでしたが。
なぜか、このブログにアップされるとよく見かける気がします。おそらく、闇の悪の組織がそうさせているのでしょう。てなことは無くて、ブログを見たから気になるのですね。(失礼)
私は、EDが出たときには素直にカッコイイと思いましたが、マリノやセレスが出たときは、無理やりだと思いました。
あ、皆さんスルーしていますが、 kurumamaniacs さんの友達の女性のスキー板。いくら短くてもトランク内には納まらないと思いますので、後部座席をトランクスルーにしていたかと想像できます。つまり、2人で行ったわけですね。友達ですね?
[ 2012/05/28 12:55 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
まあ昔の話なので・・・、二人でスキーへ行く間柄の“友達”でした。本文にも書いてある通り、金銭感覚が違うとなかなかうまくいかないものですね。じき関係は破たんしました。
世の中バブリーな時期だったので自分もバブリーになれればよかったのですが、どうも私は田舎の質素な生活が自分の根底にあり、銀座のど真ん中のビルに勤めていてもずっと心構えは田舎の百姓だったんですよね。おかげで今とてもいい暮らしができています。
[ 2012/05/28 17:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。