旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・シーマ(FGY32型) 

120428a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に日産から発売された2代目シーマ(FGY32型)です。1988年に『きっと新しいビッグカーの時代が来る』というキャッチフレーズとともに登場して『シーマ現象』なる言葉まで生まれるほどの社会現象となった大ヒットカーの新型として登場しました。初代の面影があるといえばあるし、ないといえばないようなデザインの高級車ですね。

 バブル景気という時代背景もあり、『新しいビッグカー』として大成功を収めた初代シーマが誕生してから、そのブームに乗るべくトヨタのセルシオを始めとして各社から『新しいビッグカー』が誕生しました。初代シーマのキャッチフレーズの通り、本当に『新しいビッグカーの時代』が来たんですね。

 後発の他社製ビッグカーはそのどれもが初代シーマよりも『ビッグカー』でしたので、日産が焦ったのかどうかはわかりませんが、この2代目シーマは、「プラス100ccの余裕」という、昔どこぞのメーカーが使っていたキャッチフレーズと同様の大排気量エンジンが搭載されました。まあ初代カローラが「プラス100ccの余裕」といっていたころは1Lに対して1.1Lのことでしたが、4Lに対して4.1Lになったところで下々にはその差なんてよくわかりませんけどね。

 さて、この2代目シーマ、個人的にはあまり強い印象は残っていません。初代が強烈な印象を残し、この2代目が出る前に日産からはさらに上級のインフィニティQ45なる高級車が発売されました。そしてシーマがモデルチェンジをした2年後にセドリック/グロリアがY32型となり、その姿が2代目シーマとそっくりでした。クルマとしてはきっとすばらしかったんでしょうが、なんだか記憶にはあまり残らないクルマでしたね。

 ところで、4代目にていったん打ち止めになっていた日産シーマ、5代目が誕生するみたいですね。なんでもハイブリット専用車で、三菱自工にもOEM供給されるとのこと。日産のHPでスタイルやスペックを確認してみましたが、個人的な印象では、この2代目シーマと意味合いがよく似ているような気がします。フーガとシーマが並んでいたらどちらがフーガでどちらがシーマかはよくわかりませんね。そもそも現行フーガがでかすぎるのに、それよりも大きなフーガのロングホイールベース版を発売するっていう感じですね。

 『きっと新しいビッグカーの時代が来る』というのはこういうことだったんでしょうかね。新型シーマの記事を読んだら、なんだかシャープが国内最大級の80型テレビを発売するという記事とダブっているように思えてしまいました。80型テレビって、どんなお宅の方が購入されるんでしょうかね?横幅1.8mほどあるそうです。畳と一緒ですね。うちはおそらく世間一般からするとかなり大きな家屋ですが、80型テレビを置く場所はありません。『新しいビッグカーの時代』というのも、概念をもう一度考え直さないといけないような気がしています。クラウンクラスの車体で排気量660cc、加速は3000ccと同等、カタログ燃費でなく実燃費が25km/l、こんなクルマが『新しいビッグカー』の定義となるような風潮になってほしいものですね。

---本文ここまで。以下番外編---

 最近、町内の雑用や農作業、おまけに6年ほど使っていたメインのデスクトップパソコンが急に壊れてしまった、ということが重なり、ちょっとてんてこ舞いしています。カタログをスキャンしたりこのブログを書いていたパソコンが壊れてしまったので、急遽、価格コムで調べたとても安価な東芝のノートPCを購入しました。購入金額39,900円、サテライトB551という機種で、ウインドウズ7プロフェッショナル搭載のビジネスノートPCです。余分なソフトは付いていませんが、インテルのCore i3搭載の結構使える機械です。マイクロソフトのHPからダウンロード版のウインドウズ7プロを購入すると39,690円、ウインドウズ7プロ搭載の最新ノートPCを購入すると39,900円。うーん、なんだか世の中の仕組みがわからなくなってきました。ちなみにこのPC、今年の2月に発売されたばかりのもので、メーカー希望小売価格は20万円強のものらしいです。旧型の在庫処分ならともかく、なんでこういう仕組みになっているんでしょうかね?
 まあ、何はともあれ、今までスキャンしたカタログデータは壊れてしまったデスクトップPCのHDDから無事抽出することができました。これが一番気になっていたんですよね。元データはブログにアップしている拡大画像の4倍ほどの大きさ、それを縮小して拡大画像として使っています。これまでスキャンしたのは何百冊にもなりますから、そのデータがPC故障と同時に消滅してしまったら泣くに泣けません。定期的に外付けHDDやDVDにバックアップは取っていましたが、PCって、壊れるときには急に壊れるんですね。IT社会の脆弱さを実感したここ2週間ほどでした。皆様も交通事故に気をつけると同時に、くれぐれもPCデータのバックアップは定期的に行うようにしてください。私が使っていたデスクトップPCというのは、耐久性を重視してサーバー用途として使う機種を選んでいましたが、このざまです。
 カタログデータ抽出は何とかできたけど、次は弥生会計のデータを抽出せねば!と日々奮闘しております。

---番外編、終わり---

シーマ・リミテッド(FGY32型)
全長×全幅×全高 : 4945×1780×1435mm
ホイールベース : 2815mm
車両重量 : 1730kg
エンジン : V8DOHC 4130cc 270PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/04/28 20:32 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(12)
シーマは確か先日政治資金法違反で強制起訴されその後無罪になったあの方が自〇党幹事長時代にお迎えの車が確か?このシーマだったような…


5代目シーマは中国で販売されているフーガのロングホイールベースのモデルにハイブリットを搭載し少しお化粧直しをした車です


中国のシーマは2500のエンジンを積んだモデルも設定されています


この32型のシーマは私は歴代シーマではスタイルは一番好きです特に小さいテールランプを付けたリア回りのデザインはなかなか落ち着いた感じで好感を持っていました
[ 2012/04/29 14:59 ] [ 編集 ]
 シーマをもとより、あまり私には縁がない車なので、いい加減なコメントは差し控えさせていただきますが、それにしても今の時代に「超」の付く部類の高級車、どのような身分の方が購入されるのですかねー?私には知る由もありませんが。
 パソコンの件、お気の毒様です。私、PCのことなど全く分からなく、今使っているPCも家電量販店にPCに詳しい職場の後輩に同行してもらい、購入に関しての店員との交渉は後輩任せ、会話の内容は「OS」とか「7」とかさっぱり分からず、私は「7」があれば「8」もあるの?とバカなボケ言う始末で最後に値引き交渉だけをした次第でした。
 PCに詳しいその後輩に「情報管理部門でも十分やっていけるね」という私に「全然だめですよ。あそこは別格ですから」と言われ『別格ってどんな人間がいるのかな?多分俺なんて人間として見てもらえないのかな。』と少し落ち込んでしまいました。
 職場では「メカ(PC)に弱いn○○さん」の私ですけど、車の構造とかだったら多少説明できるのに・・・しゅん。
[ 2012/04/30 14:33 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
個人的には、フラッグシップたる日産の最高級車ですから、現状のフーガをちょっと手直ししたものではなく、GT-Rのように技術の粋を集めた存在をシーマとして出してほしかったと思っています。
日産の最高級車といえば、きっとそれなりの日本にとって欠くことのできないVIPが乗られる機会も多いクルマとなるでしょうから、ちょっと誕生経緯に疑問を感じてしまっています。
[ 2012/04/30 21:18 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
シーマを始めとした高級車、私もまったく縁がありませんが、あくまでも私のブログは『カタログコレクション』なので、カタログをもとに言いたい放題を書いています。
パソコンの件は本当にショックでした。壊れるときには壊れるものですね。私はどちらかというとその分野に詳しいほうで、情報処理技術者の資格も持っています。とはいえ、私が試験を受けたのはかれこれ15年以上前のこと。この分野は進歩が著しいので、私の知識など現在ではまったく役に立ちません。
でも不思議なことに、ブロードバンドとかクラウドコンピューティングとか、聞きなれない言葉がどんどん増えてきていますが、本質はあまり変わっていないようですよ。
日進月歩ならぬ秒進分歩といわれるIT技術ですが、今のところ仕組みは昔と同じです。次々に出てくる新たな造語に惑わされないようにしたいものですね。
[ 2012/04/30 21:37 ] [ 編集 ]
最近はタブレットやネットブック、そしてスマホの登場で、PCや情報端末のの進化は著しいですね。どんどん便利になっていそうで興味はあるのですが、私は今使っている普及型のノートPCが、結局は「使いやすい」という結論でいます。

適度な大きさの画面とそこそこの携帯性、ハードキーの使いやすさや処理能力の高さなど、仕事でも使うのでアプリ(Officeなど)も含めマルチに使いやすいのは、やはりノートPCというのが結論です(書いていて思い出しましたがかつてこの類を「ラップトップPC」と呼んでいた時代がありましたね・・・でも膝の上で操作するにはかなりキツイですが!)

私も定期的にデータのバックアップを外部媒体に保存するようにしていますが、今はUSBメモリなので、これから外付けHDDにしようかとちょうど最近検討していた頃です。仰るとおり、クラッシュは本当に何の前触れなく「突然」来るので(経験しております)、クラウド的なサービスを使わないのであれば、原始的でも外部媒体でまめにバックアップしておくのは大事だと思います。

さて、最新シーマは確かにフーガのアップサイズ版ですね。「10年の時を経て進化したシーマ」ということですが、かつてのターボモデルが、リアを沈ませながらスポーツカー並みの加速でカッ飛んで行くのを知っている立場としては、ハイブリッドカーとしてこのブランドを継承するのはちと「違和感」ありありです。

個人的には、私もこの2代目のスタイリングは落ち着いていて好きなのですが、そう言えばこの時代のモデル王道の現役「VIPカー」仕様、最近シーマベースはあまりお見かけしないのは気のせいでしょうか?

当時のセルシオは未だに目撃しますが、これってやはり乗り方はともかく、今でも「走れる」かどうかのクルマの造りの違いなんでしょうか・・・
[ 2012/05/01 20:42 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
かなり長期にわたって使っていたPCが壊れてしまったので、新しいPCを買ったからといってなかなか以前の使い勝手に戻らず、少々苦労しています。
PCを始めスマートフォンや携帯電話に頼る現代の生活ってほんの一部分が崩れると途端に生活のリズムが狂ってしまいますね。
突然何の前触れもなくクラッシュする可能性のあるPCのデータを、これまた突然クラッシュする可能性のある外付けHDDやUSBメモリにバックアップするというのも、考えてみればリスクを分散しているだけで根本的な解決にはなっていないような気がしてきました。
うちには50年以上前のカタログや雑誌がまだ残っていますが、今から50年後、果たして私がスキャンしたデータは残っているのだろうか?と考えると、カタログや雑誌はそのまま残っていそうですが、データは残っていないような気がします。
今、ペーパーレス化が叫ばれていますが、実は紙媒体が情報の保存にはもっとも確実なのかもしれませんね。

この代のシーマは仰るとおりとても落ち着いた雰囲気のクルマなので、VIP仕様のベースとしてはあまり好まれないのかもしれませんね。この次の代はベンツ風なので、キラキラホイール付けてよく走っていますね。
[ 2012/05/02 14:26 ] [ 編集 ]
小生に言わせれば、シーマはこの代で終わったと思う。
次のY33はただの脂肪太り、そしてY34は面白いとは思ったものの洗練度・信頼性ともにトヨタの30セルシオの陰に隠れて今ひとつピンとこない―とどこか帯たすきだったと思います。
そして今回のシーマ復活を楽しみにしていた所、出てきたのは何のことはない「ストレッチ版フーガ」じゃないか―肩透かしを食らったのも無理はありません。
そもそも日産はシーマほどのビッグネーム/歴史的遺産をどう考えているのだろうか。フーガの輸出用5.6リッターをハイブリッド化して460psと12-14km/lを両立させてレクサスLS600hの、BMWアクティブハイブリッド7を撃沈するぐらいの意気込みが必要だと思う―さもなくば日産自身が技術提携を結んだメルセデス・ベンツ側のV8ガソリンエンジンをシーマに転用する「隠し玉」が次に控えているのか。
現状のシーマはどうにもパンチ不足で、世界の高級車のリーダーどころかたかだか「21世紀の三菱デボネア」であり「フォードのリンカーンにやっと追いつく程度の存在」にすぎないと言ったら酷だろうか。

とか何とか、湿っぽい話をしていても仕方がないので、今日は午後に愛車ヴィッツ1300U-L/98835km走行のカーナビ(パイオニア・カロッツェリア)に地デジアンテナの装着を行なってもらい、来月辺りには併用しているレクサスIS350(3456cc/318ps)に静電気除去コード「フューエルバンク・エボII」を二本装着し、7月に予定されるオーストラリア人ペンフレンドを富士五湖方面に招待する際に怒涛のパワーを見せられるべく準備していこうという試算です。
[ 2012/05/06 10:45 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
シーマ復活が肩透かし・・・、そう感じた方はきっと多くいらっしゃるでしょうね。私もその一人です。フラッグシップたる最高級車が“ついで”のような存在。まあ他社からOEM供給されたものをあてがうよりはましですが、なんだかつまらなくなりましたね。
トップを適当にあてがって、調子が悪くなったらコロコロと変更、なんだか新型シーマ及び三菱版シーマの在り方って、お国柄がよく出ていますね。
[ 2012/05/07 10:25 ] [ 編集 ]
しかし、185Wのカーオーディオのパワーアンプと13個スピーカー・・・必要なのでしょうか。確かにアンプに余裕があると音が良いのは分かるのですが。13個ものスピーカーどこについているのでしょう。ひょっとして、選挙カーみたいに屋根についていたりして。そんな訳ないか。
[ 2012/05/07 17:45 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
185W、13個のスピーカーと聞いてもオーディオ関係に疎い私にはあまりピンときませんが、きっとこの世界も奥が深いんでしょうね。
ちなみにうちの32型液晶テレビは20W、2個スピーカーですがとても良い音でサラウンド効果もあるようです。シーマに乗られるような方はきっと耳も肥えているんでしょうね。
[ 2012/05/08 11:07 ] [ 編集 ]
シーマって言う名前が重要なのではないでしょうか?
販売店からシーマじゃないとダメ、でも、資金面で新規開発はムリ。
もう少し、フーガとデザインを変えて欲しいですよね。
[ 2012/06/07 22:24 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、シーマじゃないとダメ、という声が販売サイドから多かったので新型シーマが復活したようですね。私も一目でフーガと区別が付くぐらいにはデザインを変えてほしかったと思っています。
[ 2012/06/08 10:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。