旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ランサー(CB6A/4A/3A型他) 

120422a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120422a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に三菱から発売された4代目ランサー(CB6A/4A/3A型他)です。カタログには大きく『走りのランサー』と謳われていますが、スタイルはごく平凡でオーソドックスなコンパクトセダンとして登場しました。先代がギャランVR-4を思わせる精悍なスタイルでしたから、ちょっとおとなしくなったイメージでしたね。

 さて、この4代目ランサー、おとなしいスタイルとは裏腹に、クルマとしては確かに『走りのランサー』だったと思います。当時勤めていた会社でこの代のランサーを営業車として使っていた時期があり、7万キロほどこのクルマで走り回りました。グレードは1.5のMXサルーンだったと思います。

 コンパクトで軽量な車体と必要十分なエンジン、そして足回りがしっかりしていたために、高速走行から市街地走行はもちろんのこと、積雪のある山道でも音を上げずに『走りのランサー』を大いに発揮してくれていました。当時担当していた県が海岸地域、平野地域、山岳地帯とすべて揃っていた地域でしたので、まるでランサーの耐久テストをしながら仕事をしていたような感じでした。

 私が乗っていたのは1.5のDOHCだったと思いますが、このランサー、下は1.3のSOHC、上は1.6のV6や205PSのターボまで選り取りみどり、そしてギャランVR-4のエンジンを載せた初代エボリューションまで存在していたぐらいなので、車体や足回りに余裕があったんでしょうね。こういう高性能モデルが用意されているクルマの下位グレードというのは、車体がエンジンパワーを十分に許容範囲に置いているから走っていてとても安心できます。余裕があるから自然と耐久性も高まるのかもしれませんね。

 このランサー、『走り』以外にももうひとつとても大きな魅力がありました。まあこの点についてはドライバーの体格が関係するので一般的な魅力とはいえないかもしれませんが。実はこのランサー、身長170cm、体重60kgの私には、シートを倒したときのヘッドレストの位置がすこぶる快眠をもたらしてくれる枕の位置になるんです。

 当時から昼食後の15分はいつも昼寝をするようにしていたのですが、ランサーのシートで眠る昼寝の気持ちよさといったら、言葉では表現できないぐらいです。ある時、本社から上司が来て一緒に顧客を訪問することがありました。ランサーで出かけ、昼食後、上司ともどもシートを倒していつもの昼寝。アラームで目を覚ました時に上司が発した言葉は、「○○君って、のび太のようにすぐ熟睡するんだな。シート倒してから2秒後にはもういびきかいてたよ」でした。

 入社したばかりの新人の時に仕事を仕込んでいただいたのはその上司、昼食後の昼寝を勧められたのもその上司、仕事の内容はともかく、昼寝の習慣だけは完全にマスターしたところを上司に報告することができました。今まで何台ものクルマに乗ってきましたが、いまだにこのランサー以上に気持ちよく眠ることができるクルマに出会ったことがありません。もう一度ランサーのシートで昼寝をしてみたいものです。

ランサー・MX SALOON(CB3A型)
全長×全幅×全高 : 4270×1690×1385mm
ホイールベース : 2500mm
車両重量 : 990kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 115PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/04/22 17:16 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(10)
ああ、三菱ランサーが羨ましい(´・ω・`)
我がヴィッツと来たら、エンジンのパンチ力こそ独特のものがあると思いますが、リクライニングシートのフィット感やらロール過多のコーナリング特性やら、「多少の無理が効く実用車」としてはどう見ても満点とは言えない代物です。
やはり実用車設計にはランサーのベースグレードの如く、地味ながらも「乗るヒト」のことを考えた人間工学や手に余らないパワー、御しやすいコーナリング特性、乗り降りに際して頭をぶつけないパッケージングなど「基本を抑えた」設計こそがどんな高性能よりも、数値上の低燃費よりも重要であることを思い知らされます。
今度GWに私用から愛知に行く折には、普段の足2004年式ヴィッツ1300U-L/97746km走行で行くべきか、レクサスIS350で行くべきか―ある意味贅沢な悩みかも知れませんね。
[ 2012/04/22 23:33 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
ワゴンR、ヴィッツ、フィット等がベストセラーに名を連ねるようになってからは、ほとんどのクルマが背が高くなり、開放的で広い運転席が一般的になりました。好みの問題なのでそれはそれでよいのですが、個人的には運転していてなんとなく落ち着きません。
やっぱりほどほどがいちばん落ち着きますね。その意味で、どこからどう見ても平凡なコンパクトセダンであるこのランサーがちょうど良く感じられたのかもしれませんね。
[ 2012/04/23 18:10 ] [ 編集 ]
 ランサーという車って、題名のとおりの車だと思うんですよ。「ランエボ」は別格として、決して販売台数が1位になったとか、デートに使ってもらいたい車とかではなく、kurumamaniacs 様のコメントどおり、過酷な仕様にも耐えられ、かつ居住性も申し分ないところがいいですよね。
 ところで、世界戦略車の「ミラージュ」ちょっと三菱らしさが薄いのは私だけでしょうか?まあ、東南アジアの悪路も走らなければならない車だから、それなりの足回りはあると思いますが。
[ 2012/04/23 19:30 ] [ 編集 ]
10年ほど前に亡くなった父の最後の愛車でした。グレードは不明ですが、1500ccのクラスでした。父は、1500と1300で迷ったようですが、営業の方が車体とのバランスが良いのは1500ですよと言って決めました。そんな余り車に興味のなさそうな父も、リアのトランク周りが気に入らなかったのか、上級グレードのカラーパネル(反射板ではないようです)をテールランプの脇に取り付けさせるという我がままを通しました(オプション設定には無かったようです)。そして、私の反対を押し切ってマニュアルを選択し、トランクに鍬や肥料を積んで母と山に通っていました。もちろん田んぼへの移動、通勤、レジャーにも大活躍。認知症が出てからは、自分から運転をやめ、暫くは車検つきのまま我が家の車庫で眠っていましたが、私の知人に引き取られていきました。
我が家の中でも特に思い出深い車両です。
[ 2012/04/24 12:34 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
これからはおそらく「世界戦略車」が日本マーケットにおいても主流になると思いますから、各メーカーがどんな形に行き着くかがとても楽しみですね。
メーカーの思惑が通るのか、庶民の希望が通るのか、願わくば後者を希望していますが、果たしてどうなるんでしょうね?こればかりは時間が過ぎてみないとわかりませんね。
[ 2012/04/24 21:13 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
お父様が気になされておられたパーツというのはおそらく、リアガーニッシュと呼ばれていたものではないかと思います。あれがあるかないかでは後姿のイメージがかなり変わりますから、きっとお父様にとっては譲れない部分だったのだと思います。
カルロス様のコメントを拝見し、自分の父のことも思い出してしまいました。
マークXが出た時(現行ではなく初代)の全面新聞広告を縁側でじっと見つめていました。
「今度一緒に見に行こうか?体調よくなったら買えばええがね!」
「わしが行くと買え、買えっ、てうるさいから、お前一人で行け!」
結局、私も父も行くことはなく、かなり体調が悪かった父はその後すぐに入院し、退院することなく亡くなりました。
クルマにまつわる思い出って、本当にいろいろありますよね。自分が接したクルマはもちろんのこと、接していないクルマにもとても思い出があります。
これからクルマがどんな位置づけの存在になっていくのかはまったくわかりませんが、「そのクルマにまつわる思い出」が記憶に残るような存在であってほしいものですね。
[ 2012/04/24 21:48 ] [ 編集 ]
かつてkurumamaniacs様がアップされた「アスティ」の回でしたっけ・・・

私はこの4代目ランサーベースの「リベロカーゴ」を、かつて仕事で駆っていました。当時は週にほぼ2~3回位のペースで乗ってました。

そのときにコメントしたと思いますが、商用車とは思えないくらい、ハンドル切れば「曲がる」、アクセル開ければ「加速する」、そんでもって荷物積んで走っていてもFUELメーターが「ビクともしない」くらいの燃費のよさ・・・

仕事で乗っていた「ツール」でしたが、ハンドリングはある意味オーナーカーの域に達していた感じでした。でもそれって、今回アップでご教示の通り、確かに車体と足回りに余裕があったおかげで成せる技なのでしょうかね・・・

今思えば仕事のツールとしてかなり乱暴に扱っていたような気がしますが、少なくともストレスが全く感じられず運転できたクルマ、商用車もこんなふうに「乗る」こと自体に興味が湧くようなクルマだと、個人的には仕事も楽しくなりそうですが(本当かいな?!)

しかし、「昼寝のシートチェック」はしておりませんでした。やっとけばよかった・・・
でもリベロカーゴですから、ヘッドレスト「一体型」のバケットシートもどきでは、寝るに寝れないかも(笑)
[ 2012/04/25 23:05 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
仕事で乗っていたランサーはヘッドレスト独立型でとてもよかったのですが、自家用として乗っていたアスティは一体型シートだったので寝心地はいまいちでした。
ちなみに今乗っているアクセラは、そのままではいまいちですが、ヘッドレストを前後ひっくり返して取り付けるととてもしっくり来ます。
安全運転のためには疲労時の仮眠はとても重要だと思いますから、走行中の快適性を高めると同時に、仮眠時の快適性も設計の要素に入れてくれると助かりますね。
先日、無免許居眠り運転での悲劇が起きてしまいましたが、居眠り運転での事故のニュースを聞くたびに、昼寝の習慣を勧めてくれた上司のことを思い出します。
[ 2012/04/26 11:13 ] [ 編集 ]
お邪魔いたします。
この型のランサーですが、香港映画ではパトカーでよく登場しますね。
実際に警察の所有だったかは不明ですが、香港には少なくとも二台のパトカーが存在していたようです。
以下、勝手にヒストリー化しました。

1995年…二台が用意される。ジャッキー映画「デッドヒート」に登場。
1999年…パトランプを新型に変更。
2002年…映画「クローサー」にて一台がスタントで破壊処分される。
2004年…「香港国際警察ニューポリスストーリー」にて、残っていた一台もスタントで破壊処分。以後、CBランサーのパトカーは香港映画から姿を消す。

………すみません、勝手なことを長々と書きすぎました。何でしたら、後でコメントを削除いたしますので。
乱文失礼いたしました。
[ 2015/06/16 19:27 ] [ 編集 ]
妄想大好き人間様

コメント、ありがとうございます。
挙げられていた映画を観たことがないのでこのランサーのパトカーについては存じ上げませんが、ジャッキーさん=三菱車というイメージがなぜか頭の中にあります。
キャノンボールでスタリオンに乗られていたとか、あと、題名は忘れましたが(who am Iだったかな?)、記憶喪失になったジャッキーさんが活躍する映画ではランエボが走り回っていたような記憶が・・・。
ジャッキーさんの香港映画と三菱自動車はきっと関係があるんでしょうね。
[ 2015/06/18 09:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。