旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・センティア(HDES/EP/5S/5P型) 

120413a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120413a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120413a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120413a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120413a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120413a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年にマツダから発売された初代センティア(HDES/EP/5S/5P型)です。バブル期、各社が次々と5m級の高級セダンを発売する流れの中、マツダからもルーチェの後継として全長4925mmのフラッグシップサルーンとして登場しました。シーマ現象を巻き起こした初代シーマは全長4890mm、その後、初代セルシオ、二代目レジェンド、そしてこの初代センティアと、すべて初代シーマよりも大きいんですよね。大きいことは良いことだ、という当時の風潮がなんだか懐かしくなってきます。

 さて、この初代センティア、売れたかどうかは別として、個人的には当時各社から発売されていた5m級高級車の中では一番カッコいいと思っていました。もちろんマツダびいきということもありますが、マツダ車ゆえに、当時の高級車からプンプン醸し出されていた“成金オーラ”があまり感じられない点がかえって上品に見えたんですね。まあ当時のマツダ車の場合、“成金オーラ”や“バブリー全開”といったイメージはすべてユーノス・コスモが担っていたので、このセンティアが余計に上品で落ち着いたカッコよさを醸し出していたのかもしれませんね。

 個人的にはもっと評価されてもよいクルマだと思っていたのですが、いかんせん、当時のマツダはご乱心の時期で、同じクルマをアンフィニ・MS-9という車名でも販売していたんですね。フラッグシップとはもともと艦隊司令官が乗り込む旗艦という意味ですので、旗艦が二隻あって、それぞれに別の司令官が乗っているような一つの艦隊がまともな軍事作戦を遂行できるはずがありません。案の定、二隻の旗艦は両方とも沈没してしまいました。

 あまり芳しくない末路を辿ったセンティアでしたが、やっぱりこのデザインは他の高級車とは一線を画すすばらしいものだったと思います。まあそれゆえに居住性やトランク容量も一線を画していましたが・・・。このクルマ、アクセラをちょっと点検に出したときに、短時間でしたが代車で借りたことがあります。その時の印象は、“カッコいい、デカい、低い、狭い”でした。アクセラもそれほど室内空間が広いほうではありませんが、センティアはさらに一回り狭く、圧迫感を感じるほどでした。デザインと居住性はなかなか両立しないものですね。

 それにしてもアクセラの代車としてセンティアをあてがってくれるとは・・・、ちょっと得した気分でした。それに味を占め、ちょくちょく点検に出してしまい、その度にボラれてしまいます。ディーラーにとって良い鴨になってしまっていますね。

センティア・EXCLUSIVE(HDES型)
全長×全幅×全高 : 4925×1795×1380mm
ホイールベース : 2850mm
車両重量 : 1640kg
エンジン : V6DOHC 2954cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/04/13 12:54 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(12)
発売した車ですが最終型ルーチェがかなりフォーマルな出で立ちでしたがセンティアは内外装ともにかなりパーソナルに振ったためこのクラスではかなり翔んだコンセプトだと保守的なユーザーさんが多いこのクラスではやはりかなり苦戦したみたいです 特にトランク容量はかなり小さかったのでゴルフ行きに使うのにはちょっと役不足な?所がありました でも技術的な所ではソーラーベンチレーションシステムや4WSなどがあって中身の濃い車だったので絶版になったのはちょっと残念です(泣)
翔んだ初代と比べたら2代目はかなり普通の?普通車ですね(笑)
[ 2012/04/13 18:10 ] [ 編集 ]
 kurumamaniacs様は、点検の際「センティア」をディーラーが貸してくれたのですか?何かうらやましいです。
 私が点検に出すマツダのディーラーは、良心的?なのか小型車ばかりの代車で、一番大きいので「プレマシー」あとは「デミオ」でこの前は「キャロル」でした。今の時代なら仕方がないのかな、ガソリンは高いし。
 このセンティア、以前の勤務先の同僚が乗っており、駐車中に太陽電池だったかの動力源で、室内換気をする機能があることを自慢していました。
 「エコ」なんて言葉がなかったバブル期、太陽電池利用とは面白い発想ですよね。
[ 2012/04/13 18:24 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
使い勝手でいえば二代目のほうが初代よりも数段上だと思いますが、二代目は初代に比べて洗練された美しさがちょっとなくなってしまいましたね。
そもそも“保守的な”ユーザーはマツダ車を選ばないと思いますので、マツダには他社の高級車とは一線を画した路線を進んでほしかったですね。
[ 2012/04/14 11:09 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
私が出入りしているディーラーも通常はデミオが代車です。でも代車が出払っているときなどは、下取り車か廃車予定の車かわかりませんが、年代物のファミリアやボンゴ等をあてがってくれます。デミオはいつも乗っているので、私としてはポンコツをあてがわれたときのほうがうれしいですね。センティアは後にも先にもあの一度だけでしたから、タイミングがよかったんでしょうね。
[ 2012/04/14 11:22 ] [ 編集 ]
このマイナーチェンジ版マツダ・センティア、30リミテッドJのDQN丸出しの下品なアルミホイールにジャガーを思わせる典雅な造形のミスマッチが悲哀をそそり、マツダ自身バブル崩壊で売れ行き低迷のセンティアを「どう育てるか」迷走して投げやりになっている様相が伺えますが果たして穿った見方でしょうか?
何と言ってもセンティアは1991年のデビュー当初の水車型のアルミホイール+ワインレッド系のボディカラーに尽きる!!これでこそ同車が目指した日本的な美を具現化していると言えよう。
技術的にはソーラーパネル式サンルーフや4WSなど新提案もいくつか見られ、3.0のV6などたった200psながらも1640kg(30エクスクルーシブ)をゼロヨン15.23sec!!!!でこなした個体までがあったぐらいだからセルシオ以来の「4000cc以上のV8の氾濫」に対するアンチテーゼとしてホンダレジェンドと並んで一定の示唆を見せていたかと思います。
それ以上に印象的だったのはカーセンサーの中古車テストで10万km走破したセンティア25リミテッド(160ps)がウェット路面でDレンジに入れっぱなしでゼロヨン17.97secをマーク∴ドライ換算で17.4/17.5secの実力を示した点で、同車種の新車時のロードテストデータは何と19.0secという鈍足だったのと対比して「マツダ車/センティアも世評以上に耐久性があるじゃん」という意外性の驚きと、「馬力荷重を裏切る機械的効率」同時期の遥かに軽いボルボ940GLE(2.3L 16バルブ 155ps)に勝るとも劣らない加速タイムに感心させられたという意味で痛快な「びっくり箱」を感じたものです。
[ 2012/04/15 05:53 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
このセンティアが販売されていた当時はまだ“VIPカー”という概念がなかったので、個人的にはこのアルミホイールもそれほど下品とは感じませんでした。下品というより、当時、セルシオがこんな感じのアルミでしたから、セルシオを真似たんかな~なんて思っていました。
それから数年後、これらの第一弾5m級高級車群が中古車市場に流れてからは、このセンティアも他の例に漏れず、本当に下品な施しを受けた車両が現れてきましたね。特にセンティアの場合、不人気車だったからかマツダ車だったからかはわかりませんが、おそらく中古車価格が安かったとみえ、新たな装いの程度がかなりひどかったような気がします。以前、紫に全塗装されたVIP仕様センティアを見たときには幻滅しました。
[ 2012/04/15 11:58 ] [ 編集 ]
ちょうどマツダ迷走時代に被りますね。
うちもここらを機にマツダから「足を洗った」一人です。
バブル崩壊、セダン人気失墜のし始めの時期に重なり不幸ではありましたね。

さてうちはそれまで、最終型ルーチェの13Bロイヤルクラシックを新車導入、ルーチェの後継や如何に・・と期待してたのに「単に肥大した軟派クルマ」と映り何とも残念な記憶があります。

個人的にはコスモの20Bを積んだ4ドアがあればいいのにと思っていました。

マツダはとうとう商用車から撤退、ドンドン変わっていくのも道理ですがネ。
[ 2012/04/15 13:04 ] [ 編集 ]
当時はやはりマツダの高級車=「ルーチェ」というイメージが強くて、この初代センティアが登場したとき、個人的にはどうしてもルーチェの「後継車」としてなかなか受け入れられなかった思い出があります。

しかし、よりオーナースペシャリティ的なアプローチで、マツダが「フラッグシップ」を目指したのであれば、当時のトヨタや日産とは異なるフラッグシップとしての立ち位置は、やはりマツダならではで充分「アリ」だったのかもですね・・・

それだけに、2代目にはちょっとガッカリ、コンサバ路線に変更(?)どころか、ちょっと「クラウンのパクリ」っぽいスタイリングでしたね・・・これではルーチェの「後継」として、さらに受け入れられなく感じてしまいました!
[ 2012/04/15 14:45 ] [ 編集 ]
元はとばす様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、商用車から撤退してしまうみたいですね。あのボンゴをいつまで造り続けるのだろうかと興味本位で見ていましたが、さすがに潮時が来たみたいですね。
時代はどんどん変化していますから、10年、20年のうちには“自動車から撤退”の自動車メーカーも出てきそうですね。
[ 2012/04/16 10:33 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私が最初に“意識して”クルマに乗ったのは、親父の初代ルーチェでしたので、私の中ではあまりルーチェが高級車という認識がありませんでした。まして、ルーチェとセンティアはまったく結びついていません。
その点、今のアテンザは子供の頃に見ていた初代ルーチェのイメージそのものです。個人的にはアテンザがもっともルーチェの「後継」のような気がしています。
[ 2012/04/16 10:45 ] [ 編集 ]
フルノーマルのマルーンセンティア(92年式42000km)を格安の19万円で購入して三年経ちますが大変満足です。デカイ、せまい、低い、燃費わるい、ですがそれが大変満足です。バックのときはトランク出っ張ってるのにラインが下がっていてリアエンドが全く見えないからかなり気を使いますがそれもまた満足です。不自由な、不便な、そんな自由を楽しんでます。
[ 2012/06/13 04:28 ] [ 編集 ]
こん様

コメント、ありがとうございます。
年式が古いとはいえ、センティアが19万円で買えてしまうなんてびっくりしました。私の原付バイクよりも安いです。維持費がかからなければ私も欲しいぐらいです。
[ 2012/06/13 11:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。