旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・レジェンド(KA7型) 

120406a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120406a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120406a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120406a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120406a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120406a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年にホンダから発売された2代目レジェンド(KA7型)です。1985年に登場した初代レジェンドはホンダ初の高級車として世に出され、クラウン・セドリックの層をターゲットにしていましたので、基本的には5ナンバー枠での高級車でした。しかしこの2代目はバブル期のシーマ現象の波に乗るべく最初から3ナンバー高級車として設計され、全長4940mmという堂々たる体躯で登場しました。

 さてこの2代目レジェンド、「ホンダが本気になって高級車を手がけたらこんなに立派なクルマができるんだぞ!」という意気込みを体現したような立派なクルマなのですが、この2代目が出た当時、なぜか初代に比べて印象が薄くなったような気がしました。“スーパー・レジェンド”という立派なキャッチフレーズと共に華々しくデビューしたにも関わらず、です。

 まあこれは私が個人的に感じていただけなので、多くの方々は異なる見解をお持ちだと承知の上でその理由を書くと、当時から現在に至るまで、ホンダのアコードクラス以上のクルマはデザインが似すぎているんですよね。大きさこそ違えど、顔立ちや雰囲気はそれぞれがそっくりです。そのうえ、当時はアスコットやビガー等といったアコードの姉妹車も数種類ありましたので、ホンダのクルマは近づいて名札を見ないと良くわかりませんでした。ちなみに現在も、アコード、インスパイア、レジェンドの判別を瞬時にできません。特にインスパイアとレジェンドは、大きさも同じですから近くで見てもよくわかりません。

 その点、初代が登場した1985年時点では、アコード及びその姉妹車はリトラクタブル・ヘッドライトでしたから、初代レジェンドの印象がはっきりと残ったのかもしれませんね。

 ところで、以前レジェンドが生産中止になるという報道を見た記憶があったのですが、あの話って、一体どうなったんでしょうね?あの報道が流れた後でもマイナーチェンジされ、現在もラインナップにあるみたいですので、誤報だったんでしょうかね。まあ私にはあんなに大きくて高価なクルマは縁がないのでどちらでも良いことですが・・・。

レジェンド・α(KA7型)
全長×全幅×全高 : 4940×1810×1405mm
ホイールベース : 2910mm
車両重量 : 1590kg
エンジン : V6SOHC 3206cc 215PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/04/06 13:27 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(24)
クラウンの独り独走ですね

私の親父もゼロクラウンに乗っていますが親父曰くホンダの車はグリルについているHのマークが好きになれないて言ってました


私はこのLクラスセダンユーザーは保守的なユーザーが多く、また車には安心や安定性を求められているのでホンダの車は如何せん熟成不足は否めないです

しかしFR車が占めるこのクラスにあえてFFでホンダが挑戦した意義は大きく私は紆余曲折しても自動車そのものの進化のためにはホンダはレジェンドを作り続けるべきだと思います
[ 2012/04/06 21:20 ] [ 編集 ]
私の職場の都心では、かつてのクラウンにとって変わったレクサスのLS、日産のフーガと共に、現行レジェンドの法人仕様「黒塗り」車は結構見かけますよ(まれに三菱の「プラウディア」という法人車もみかけますが、最初はどこのクルマか分かりませんでした!)しかし、現行レジェンドのオーナーカーに遭遇することはほとんどありませんね。

当時各メーカーのフラッグシップが「セダン」モデルだったせいか、ホンダもトヨタと日産に対抗する上で、このレジェンドをトップモデルとして据え置くことになったのかもですが、個人的にはこの2代目と初代に設定されていた2ドアハードトップモデル、当時のソアラやレパードとはまた違った趣で、セダンよりもずっとカッコよく感じます。

かつてのホンダは、規定路線でも何かしら「ホンダ」を主張する姿勢でその個性がありましたよね。ラファーガの「直列5気筒」なんて、ちょっと驚きでしたし・・・
[ 2012/04/06 23:10 ] [ 編集 ]
2代目レジェンド
2ドアクーペが好きでした
初代レジェンドの2ドアハードトップも好きでした
残念な話ですが
夏ごろにもレジェンドが生産終了するそうです

話は変わりますが
昨日トヨタ86が発売されたそうですが
それに対抗する意味で
プレリュードを復活してほしいです
エクステリアデザインは
初代 2代目 3代目 5代目みたいにしてほしいです
エンジンは
直列4気筒2400ccDOHCiVTEC&ハイブリッドシステムIMAで
電動ガラスサンルーフ(標準装備またはメーカーオプション)
を設定してほしいです
CR‐Zみたいなデジタルメーターを標準装備してほしいです
あと日産にはシルビアを復活してほしいです
エクステリアデザインは
S13 S15みたいにしてほしいです
エンジンはMR16DDTで駆動方式はFRにしてほしいです。

[ 2012/04/07 00:40 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
なんだかんだと言いながらもクラウンが強いのは、やはり中年以上の世代には「いつかはクラウンに」というフレーズが頭の中に染み付いているからかもしれませんね。
それにクラウンは、大きいといってもレジェンドほど大きくないですし、排気量も2.5Lという必要十分なグレードから用意されています。ジャパニーズ保守層の性格をしっかりと捉えているところがクラウンの強みですね。
[ 2012/04/07 12:29 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
昔、都内でサラリーマンをしていた頃、私が勤めていた会社の役員車としてデボネアがありました。プラウディアってその系統だと思いますが、きっと三菱系もしくは三菱と取引関係のある会社の役員用車両としてしか用途がないのかもしれませんね。
レジェンドのクーペは貫禄ありましたね。このカタログには載っていませんが、2ドアクーペにも関わらず、全長が4880mmもありました。良くも悪くも、あの時代ならではのクルマだったと思います。
[ 2012/04/07 12:37 ] [ 編集 ]
シークレット様

コメント、ありがとうございます。
やっぱり生産終了になるんですか。まあ残念といえば残念ですが、個人的には現行のインスパイアとレジェンドがどういう意図でラインナップされているのかいまいちわかりません。同一車種のグレードの違い(2WDと4WD)ぐらいにしか思えないんですよね。
今日、うちの新聞にも86展示会の大きな折り込み広告が入っていました。すぐ近くのトヨタディーラーにも展示されるようなので、見に行こうと思っています。試乗会は来週の週末らしいのですが、きっと当面は予約殺到でなかなか試乗できないでしょうね。
これをきっかけにカッコいいクルマがどんどん増えてくると少しは世の中活気が出てくるかもしれませんね。
[ 2012/04/07 12:56 ] [ 編集 ]
 レジェンド。とてもいい車ですよね。文句の言いようはありません。
 でも、ホンダっていうメーカーは、小型車規格に強いメーカーだと思うんですよ、個人的には・・・。
 例えば、ミニバンのステップワゴンはよく見かけても、エリシオンってアルファードやエルグランドほどの比ではないですものね。ノアやセレナがそれぞれ棲み分けがあるのに比べ、エリシオンがステップワゴンに食われている感じがするんですよ。
 だから、高級車の真っ向勝負では、海外は別として、国内での新規開拓は難しかったのかな?
 でも、フィットにCR-Zやインサイト個性的な小型車群が多いメーカーだから次は絶対「86」を向こうに回しての「シビック」の登場でしょう。
[ 2012/04/07 13:19 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
個人的にこの2代目レジェンドは印象が薄かったと本文で書きましたが、実はスタイルの面とは別にもうひとつ理由があります。これが発売された同じ年にNSXも発売されているんですよね。当時も今と変わらずクルマ好きでしたから、当然私の関心はNSXに向かっていました。
当時はその前年にR32GT-Rが発売され、GT-R復活!ということで大騒ぎ、それに対してホンダからは究極のスーパーカーが発売される!なんて文言が自動車雑誌を飾っており、レジェンドのフルモデルチェンジという話題が小さく感じてしまったんですよね。
高級セダンではシーマとセルシオが話題の中心となっており、他車はなんとなく蚊帳の外といった雰囲気でした。
CR-Zもなんとなく一発屋の様相を呈しているようなので、ここらでホンダらしい「タイプR」が欲しいところですね。
[ 2012/04/07 20:39 ] [ 編集 ]
カタログを拝見すると、外観は別として内装は余り古さを感じませんね。もっともほんの?22年前ですから、私の車より7年先輩な位でしょうか。ただ、この時代はまだオーディオはカセットテープ対応のようですね。
ラジオ⇒8トラ⇒カセットテープ⇒CD⇒MD⇒i○○に代表されるHDオーディオプレイヤーとカーオーディオだけでもその変遷は面白いですね。次はどんなものになるのでしょうか。初代から続いているラジオも、ネットラジオの出現でその座も怪しくなってきました。車ネタでなくてすみません。
[ 2012/04/09 13:14 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
カルロス様にご指摘いただいたオーディオの中で、私自身、MDというものには触れる機会がありませんでした。もともと自動車用か家庭用かは問わず、あまりオーディオ関係には興味がなかったので、知らないうちにMDというものが出て、そしてMDというものが時代遅れになっていたようです。
私の作業場では30年以上前の日立パディスコのラジカセが現役で活躍してくれていますので、これが壊れたら次世代オーディオにも関心が向くかもしれませんね。
最近のラジカセはアイポッドを合体させて使うのが主流みたいですから・・・。
でもこのアイポッド、電池交換ができない仕様みたいですので、内蔵電池が寿命を迎えたら本体も寿命になるのかな?すばらしい機械で気に入っていますが、設計思想がどうも私のような貧乏人の考えとは異なるようですね。
[ 2012/04/09 21:56 ] [ 編集 ]
今、あるサイトを見ていたら、なんと初代セルシオ(F10型)にはオプションでDAT(デジタル・オーディオ・テープ)デツキも選択することが出来たと出ていました。さすがバブルのもうしご、そこまでやるかですね。実は私も、家庭で使っています。
それなら、他社はぜひLカセットやDCC(デジタル・コンパクト・カセット)をオプション設定しもらいたかったですが、分かる人は少ないでしょうね。単なるマニアック路線にしかならないでしょうか。
kurumamaniacsさんがお持ちの日立ラジカセぜひ大切に使って、大往生させてあげてください。
[ 2012/04/10 13:02 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
DAT?Lカセット?DCC?、存在自体知りませんでした。オーディオの分野でもいろいろとあったみたいですね。そういえば、倉庫にPCの記憶装置として、ZIPドライブやMOドライブが転がっています。これらと同じ系統なのかもしれませんね。
我が家の日立パディスコ、今も快調です。今、巨人・中日戦のナイター放送を聞きながらこのコメントを書いていますが、少なくともラジオ受信機能については大丈夫みたいですね。(カセットは持っていないので動くかどうかわかりません。普段ラジオとしてしか使っていませんので)
いつの日か、この日立パディスコから音が出なくなることもあるのかな~なんて考えると、ちょっと寂しいものですね。まあ、その時が来たら、それが大往生なんでしょうね。
[ 2012/04/10 21:07 ] [ 編集 ]
すみません
オーディオネタに食いついてしまいました!!

日立のパディスコブランド、懐かしいですね!この時代のラジカセがまだ「現役」で活躍しているのはほとんど奇跡です!小学生の頃、いわゆる「オーディオオタク」だった私ですが、かつて憧れていたラジカセを今懐古にひたりつつオークションンサイトなどで見る(別に購入する気は無く、画像をを見るのが楽しい!)と、電池ボックスの錆び、アンテナが折れている、また特に多いのがモーターやベルトの経年劣化による「カセット動作困難」で、ほとんどこの時代のラジカセは「完動品」がありません・・・

ipodなど、今のオーディオは完全にデジタル化制御で常に最適な音質が得られますが、個人的には、ラジカセでお目当ての放送局をアナログな「ダイヤル」でチューニングするため、ビミョーな指先感覚で最適感度を得る醍醐味が懐かしいです!是非このパディスコ、大切にこれからも使ってあげてください(機会あれば「番外編」でフォトアップしてくれたりなんかしたら嬉しいかも!)

さて、MDという媒体、私は結構重宝していました。いまやPCベースでCDを焼くなんて当たり前ですが、当時、CDよりコンパクトなデジタル音楽メディアの奔りとして手軽に高音質、かつカセットにはないハンドリングのよさが気に入ってましたが、その後の技術進化で完全に淘汰されましたよね(確かにCDよりもデータを圧縮する都合で音質的には劣っていましたし)しかし我が家は、オーディオは完全に時代に取り残され、未だにMDがオーディオの「最新機器」です(苦笑)

そんなMDがクルマでも聴けた我が家のラフェスタの、カーウィングシステムなる「日産マルチAVシステム」ですが、実は年末にDVDナビ本体が故障しモニター画面が立ちあがらなくなり、ディーラーに修理見積を依頼したところ、修理費用はなんと「13万円」!!!

13万円出したら最新の外付けナビが買えるので、付け替えようとしたところ、このカーウィングシステムは、純正機能(ステアリングコントロール機能だのバックモニターだのサイドブラインドだの)対応の「特殊配線」にて、一般に売っている外付けナビやオーディオさえも「取り付け出来ません」だとか(怒!)

結局、幾度の交渉の結果、ディーラーの下請けの電装業者から非公式な「変換コネクタ」を購入し、なんとか外付けに成功しましたが、それにしても新車からたった約6年で壊れるこのシステム、さすがに今回は日産の姿勢を疑ってしまいました(客相にもクレーム入れましたが、「そういうシステムなので仕方ありません」という回答)ナビ本体装置の故障で、ナビ自体はともかく、連動しているラジオすら聴けない、また画面表示の時計も見られないという、ハイテクデバイスの「弱点」を痛切に思い知らされましたか・・・

完全元ネタ外れコメント、しかも長文すみませんでした!

[ 2012/04/10 23:27 ] [ 編集 ]
この二代目ホンダレジェンド、小生はkurumaniac様と裏腹に相当痺れました!!
何なら欧州車ジャガーXJ6を連想させる豊満で艶やかな面処理、必要以上に重くない車重(1590kg)に対して3206cc/215psのV6が示す特有のパワー感で「4000cc以上のV8が果たしてこの国に必要か?」という点で(セルシオ/インフィニティ~ベンツSクラスに対してのアンチテーゼとして)一定の示唆に富んでいたと思います。
少なくとも0-400m加速はトヨタセルシオ4000cc/260psの15.3sec~15.9secに対してレジェンドは3.2リッターながら15.09/15.3sec.....排気量当たりの熱効率では一廉のものだったかと思います。
[ 2012/04/11 02:13 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
うちの日立パディスコは作業場で野菜を揃える時などにほぼ毎日AMラジオとして活躍しています。何の問題もなくラジオが聞けていたので自分自身、「完動品」だと思い込んでいましたが、お父さん様のコメントを機に、じっくりとチェックしてみました。
カセットテープがないので再生可能かどうかはわかりませんが、再生ボタンを押しても駆動軸が動いていないようです。
それにFM用のアンテナはなぜか根元からありません。
どうやらまともに機能しているのはAMラジオのみのようです。AMラジオしか聞いていなかったので他の不備に気付かなかったんですね。
とはいえ、今まで何年も故障に気付かなかった機能というのは、今後何年かも使うことはない機能ですので、ラジオが聞こえなくなるまで大切に使おうと思っています。
書いていて気付いたんですが、私のラジカセは貴兄のおっしゃるハイテクデバイスの「弱点」がありませんね。
近々写真をアップしますので、それまでお待ちを。
[ 2012/04/11 14:42 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
この二代目レジェンドが出た時期というのは、ハイパワースポーツ、ハイパワーセダンが次々に世に出され、排気量や馬力、車格の感覚が急激にずれ始めた頃でしたね。大臣や大企業の社長ぐらいにしか縁のなかった5m級の高級セダンや、そのままサーキットを走れるようなスーパースポーツが街に溢れていました。
私の感覚では、4000ccのV8はもちろんのこと、3200ccのV6も十分に世間離れしているように思えました。
高級車に普段乗り慣れている方ならこのクラスのクルマを吟味できるのかもしれませんが、私のような人間だとたまに乗る機会があっても違いはほとんどわかりません。こういうクルマに慣れてしまうときっと小さなクルマには戻れないんでしょうね。
[ 2012/04/11 15:17 ] [ 編集 ]
レスどうもありがとう。
痛いところを突いてくれましたね!
小生も3500ccのレクサスIS350(家族と共有)と1300ccのヴィッツ1300U-L/2004年式を併用しており、当然98%後者に乗っておりますが、前者レクサスも大排気量ならではの安楽さや余裕は他に替え難い反面、車道に雲霞のごとく流れこむ自転車のお付き合いで時速10-20km/hでウロウロ.....対向車もあって自由に追い抜けない―というシチュエーションに出くわすことが日増しに多くなっており、そうした中「せっかくのレクサスもベンツも、すべて宝の持ち腐れ.....羽をもがれた鳥にすぎない」という虚しさとフラストレーションが重なって、大排気量/大パワーはプラスどころか無駄ばかりが目について物理的にも精神的にも大きなストレスになっていることもまた事実なのです。
そんなわけで、バブル期以来大排気量・大パワーに慣れ親しんだ我々日本人は、モータリゼーション成熟期に入って久しい今日「自分の生活に真にベストマッチなパワー・排気量・ボディサイズはどんなものか」についてしっかり認識しつつあり、やはり軽自動車やコンパクトカー程度のボディサイズで、使いきれる適度なパワーという方が今後トレンドになっていくかと思いますが如何でしょうか。
現に愛車ヴィッツ1300U-L/97453km走行はもちろんのこと、先日試乗した軽自動車ダイハツミライースなどパワーを振り絞って活発に走る点でエンジンの鼓動を肌で感じられるのみならず、変な横揺れや合成調味料的わざとらしい味付けのない自然な乗り心地、人車一体感を味わえるサイズなど「日本人が生活の中で使う実用車とは何か」に対する有力なヒントを見出しているように思えてなりません。
[ 2012/04/11 18:28 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
現在のように軽自動車がとてもよく売れているというのは、軽自動車が日本における理想のクルマのひとつの回答となっているからだと思います。同様に、プリウスを始めとするハイブリット車がよく売れているというのも、それらがひとつの回答だからだと思います。
社会が変化している以上、求められるクルマも変化してきて当然だと思います。個人的には、旧来の“クルマ”という概念からはみ出た存在が出てもいいと思っています。
ミニカー登録のEVコミューターや屋根付きのビッグスクーター、最近ちょくちょく見かけるようになってきたトライクでもう少し安全そうなもの等、求められている「回答」は本来もっとたくさんあるような気がしています。そういえば電動アシスト自転車というのも新たに生まれてきたひとつの「回答」ですね。
様々な規制によって新たな分野がなかなか育ってこない現状はちょっと残念ですね。
[ 2012/04/12 11:38 ] [ 編集 ]
パディスコのフォトアップ、検討頂きありがとうございます!気が向いたときで構いませんので、是非よろしくお願いします!!

ところで、動作チェックまでして頂いたkurumamaniacs様からのコメントを拝見してあらためて感じたのですが、機械モノっていろんな機能を持ち合わせていても、ユーザーが本当に使いたいという要望や、その必然性がなければ、その付加機能は全くの「無用の長物」になってしまいますよね。

例えになるかはどうかですが、クルマで言えば910型日産ブルーバード、ラジオ+カセット機能に、マイクまで付いた「録音機能」なるものが装備されていました。

クルマ好き小学生&元オーディオオタクとしては、「カセット録音」がクルマでも出来る機能は画期的!・・・と当時は衝撃的でしたが、今思えば、クルマの中で録音するシチュエーションって何??という感じですし、実際その後この機能は淘汰されましたよね・・・

モノづくりの「粋」をクルマに反映させる姿勢は、今で言うとハイブリッドや環境技術、また日常手段としての利便性がそれなのかも知れず、また現在はそれが市場にある程度認知され受け入れられていれるのでしょうが、この910のような、ある意味最新技術の「一発屋」的な機能が市場にリリースされた、あの時代が懐かしいです!

決してマーケットを無視していたとは思いませんが、それにしても斬新かつ突拍子ない新機能をリリースできたのは、やはり時代なのですかね・・・

[ 2012/04/12 23:17 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
パディスコの写真、web版の掲示板のほうにアップしましたのでご確認ください。今までごく自然に作業場の風景にとけ込んでいたのでじっくり見る機会もなかったのですが、あらためてよく見てみると、年代相応でメッキ部分の腐食が結構ありますね。
こんな機会でもなければ掃除をすることもなかったと思いますから、ちょうど良かったです。

どんな機能がヒットするのかは実際にヒットしてみないとわからないので、メーカーもとりあえずいろいろと提案するんでしょうね。個人的に最近とても疑問を感じている機能は、携帯電話のワンセグ録画予約機能です。ワンセグ受信ってアンテナを伸ばして適切な方向に向けないとうまく受信できないので、録画予約した時間はずっとその状態に携帯を保っておくんでしょうかね?うーん、疑問です。
[ 2012/04/13 11:13 ] [ 編集 ]
初めてお便りします。
実は貴ブログと同様の心情の団塊世代後半オッサンです。
レジェンドの元オーナーでもあり、それに関する記事の
ブログへの掲載もあり、いろいろ資料を当たっていました
ら、貴ブログが見つかりました。これも何かのご縁にて
今後も拝見させて頂こうと思います。よろしくお願い
致します。尚、私のブログの名前は島のタバコ屋手帳です。
お友達登録とか出来ますかね。
[ 2012/10/09 21:11 ] [ 編集 ]
島のタバコ屋様

コメント、ありがとうございます。
貴ブログ、拝見しました。私もみかん農家をしておりますのでとても興味深く読ませていただきました。リンクさせていただきましたのでご確認ください。
Zのレストアもすごいですが、ジュース工場もすごいですね。
拙いブログですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。
[ 2012/10/10 08:53 ] [ 編集 ]
さっそく丁寧なご返事とリンクを頂き、又つたないブログも
見て頂き有難うございました。ブログに書いているとおりで、
2代目レジェンドはバブル時代の産物にてデカすぎましたが
デザインが好きで、20年も乗ってしまいました。
しかし今の時代にふさわしいものではないので、先般
手放しましたが、その代わりに性懲りもなく、それをさらに
上回る、シーラカンスのような時代物の赤いお嬢さんを
撫で回している昨今です。それでも足掛け5年の歳月が流れて
しまいました。時代錯誤のたそがれオヤジのやることです。
今後ともよろしくお願い致します。
尚、小生のブログにもリンクをさせて頂こうと思いますので
ご了解願います。
[ 2012/10/10 14:47 ] [ 編集 ]
島のタバコ屋様

コメント、ありがとうございます。
貴ブログを読ませていただき、私には貴兄のされていることが時代錯誤どころか、時代の最先端を走っているように感じられてなりません。本当に勉強になることばかりです。
除草剤漬けで草一本生えていない畑が近所に増えてきた地域で農業に取り組んでいる者としては、貴兄の行動力にただただ脱帽です。
これからも貴ブログ、楽しみにしています。
[ 2012/10/11 08:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。