旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・三菱・ディアマンテワゴン(K45型) 

120330a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120330a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120330a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120330a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120330a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120330a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1993年に三菱から発売された初代ディアマンテワゴン(K45型)です。ヒット作となった初代ディアマンテのワゴンバージョンなのですが、このクルマは4ドアハードトップとは異なり、オーストラリア三菱で生産されたものを輸入するという形で国内販売されました。

 さて、この初代ディアマンテワゴン、大ヒットしてカー・オブ・ザ・イヤーまで獲得した初代ディアマンテのステーションワゴンという恵まれた位置付けのクルマであるにも関わらず、ずいぶんと印象が薄かったですね。まあ理由は、輸入車であるということやクルマ自体に問題があったのではなく、営業戦略上のミスだったのではないかと個人的には考えています。

 そもそも初代ディアマンテが人気車種となったのは、“安価に乗れる憧れの3ナンバー車”という理由からだったと思います。ところがこのワゴンは、345万円のV6・3000ccグレードのみで国内販売をスタートしました。この価格、当時のクラウン・ステーションワゴンの上級グレードよりも高価でしたから、なにもクラウンよりも高い金出してまで“安価に乗れるディアマンテ”に乗る必要はないと多くの方が思ったことでしょうね。

 流石に三菱もすぐに失敗に気付いたようで、翌年に260万円ほどの廉価グレードを追加します。しかし時すでに遅し、最初に付いてしまったイメージななかなか覆すことができず、ディアマンテワゴンはずっとパッとしない状態が続きました。そしてモデルチェンジで2代目になった後、最終的には廉価グレードのみというラインナップとなり、とうとう国内でのワゴン輸入販売は終了してしまいました。

 個人的にステーションワゴンという形態のクルマは好きなのですが、このディアマンテワゴンの扱いを見ていると、当の三菱自身がステーションワゴンを“おまけ”という位置付けとして考えていたように思えてしまいますね。ステーションワゴン人気がかなり低くなってしまった現在においても人気車種であり続けているレガシィを世に送り出したスバルとは、おそらくステーションワゴンに対する思いが異なるんでしょうね。

 そういえばディアマンテワゴン同様、輸入車として国内販売されているトヨタのアベンシス、あのクルマって売れているんでしょうかね?個人的にはトヨタのステーションワゴンとしては珍しく、素晴らしくカッコいいクルマだと思います。あれでも販売が芳しくないのであれば、国内においてステーションワゴンが復権することはかなり難しいかもしれませんね。

ディアマンテ・ワゴン(K45型)
全長×全幅×全高 : 4785×1780×1515mm
ホイールベース : 2720mm
車両重量 : 1590kg
エンジン : V6SOHC 2972cc 165PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/03/30 16:42 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(4)
復活した背景にはトヨタが以前販売してその後生産中止になったクラウンエステート、マークIIブリット、カルディナの代替えの車が必要な販売店サイドの圧力があったかも?しれません何せトヨタの系列店ではトヨタ店、トヨペット店は力のある資本が運営している所があり当然メーカーに対する発言力も大きいです

アベンシスワゴンは税金の安い2000ccを輸入しているのでそこそこ売れるかも?プリウスαは燃費がいいけど乗り出し価格はエスティマに匹敵しますから…
[ 2012/03/30 18:27 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
トヨタのアベンシス、あのクラスのワゴンが好きな方にはとても魅力的なクルマだと思います。ちょっと残念な点は、せっかく2Lモデルで価格もそこそこに抑えているのに、欧州からの輸入車ということが原因かもしれませんが、ハイオク仕様なのは今の国内情勢ではきついですね。
クラウン、マークXもレギュラー仕様に変更されたぐらいですから、国内販売するにあたってもう一工夫すると良かったかもしれませんね。
[ 2012/03/31 12:15 ] [ 編集 ]
今日、買い物に行ったスーパーで駐車した際、たまたま隣にR31スカイラインの「ワゴン」が停まっていました!この前のレガシーのアップから、最近またステーションワゴンに気が惹かれはじめていて、街中で出くわすと思わず見入ってしまうのですが、なかなか「レア」なステーションワゴンに遭遇し今日は気分がよいかもです!思わず、クルマ降りてしばらくジロジロ眺めてしまいました!!

やはり、乗用車としてのステータスを持ちながら、実用性にも富んだステーションワゴンというカテゴリー、そもそもベースの乗用モデルの「魅力」が薄い現状ですから、このカテゴリーの復権は難しいですかね・・・

このディアマンテのワゴンも、確かにベースのセダンが一世風靡(?)したので存在感的には薄かったのかもですが、個人的には単純に今見ると、それなりにカッコよく見えますので、もし本当に当時の販売戦略の失敗で淘汰されたのなら、惜しい気がします・・・

ところでこの初代ディアマンテが発売されたとき、「これってBMWのパクリ?」と感じたのは私だけでしょうか??
[ 2012/03/31 17:58 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
R31スカイラインのワゴンがまだ現役で走っているとは、オーナーの方がよほど大切に乗られているんでしょうね。
初代ディアマンテがBMWに似ていると感じたのは、おそらくほとんど全ての方だと思いますよ。ディアマンテの場合、BMWに似ているということがプラスに作用したのでヒット作になったんだと思います。
[ 2012/04/01 12:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。