旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・日産・ミストラル(R20型) 

120323a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年に日産から発売されたミストラル(R20型)です。このクルマはスペインで生産され、ヨーロッパでは1993年からテラノ2として販売されていたクルマが、国内で輸入販売されたものです。きっと当時のRVブームに乗っかるためにはタマ数が多いほうがよいという考えで国内販売に踏み切ったんでしょうね。

 さて、この日産ミストラル、ボテッとして締りがなく、言っちゃ悪いですがあまりカッコよくないですね。ヨーロッパではこういうのが受けるのかも知れませんが、個人的にはちょっと受け付けないデザインでした。RVブームだった当時、パジェロやサーフには及びませんでしたが、日産にはテラノがあり、それなりに存在感を示していたような記憶があります。

 そこへちょっと微妙なスタイルのミストラルを投入、なんだかこのクルマ、私にとっては日産の四駆というよりも、当時何種類かあったいすゞの変り種RVの1台というような感覚でした。このカタログは国内販売された当初のものですが、ミストラルは後にマイナーチェンジされて丸型ヘッドライトに変更されます。丸目となったミストラルはさらに締りがなくなり、案の定、国内販売は終了してしまいましたね。

 国内での販売が終了した後も、ヨーロッパでは販売が続けられました。やっぱりデザインの好みというのは国、地域によって異なるものなんですね。

 今後、日本メーカーだけではなく、世界各国の自動車メーカーが『世界戦略車』という形でクルマを販売していくことが主流となっていくと思います。ポルシェやフェラーリ等は、そのとんがった個性自体が『世界戦略』なのでポルシェらしさ、フェラーリらしさがより増していくでしょうね。ベンツやBMWもどちらかといえばその系統ですので、より“らしさ”が増していくと思います。

 大変なのは個性自体が『世界戦略』とならないメーカーです。こちらはどの地域でもある程度受け入れられるように無難な線でまとめなくてはならないので、“らしさ”がどんどん減っていきます。ミストラルが受け入れられる地域と受け入れられない地域の双方でそれなりに成功するラインって、かなり難しいような気がします。

 日産マーチに三菱ミラージュ、あの手のクルマをいかに低コストで世界中にばら撒くか、ということが自動車メーカーの主要課題となるのであれば、近い将来には中国やインドの自動車メーカーが世界中を席捲しそうですね。今以上に高級車と大衆車の差が開き、極端に二極化したクルマ社会。まあそれはそれで面白そうですね。もちろん私が乗るのは大衆車のほうですが・・・。

日産・ミストラル・Type X(Y-R20型)
全長×全幅×全高 : 4675×1755×1805mm
ホイールベース : 2650mm
車両重量 : 1910kg
エンジン : 直4OHVディーゼルターボ 2663cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/03/23 16:55 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)
こんにちは。
私も当時カッコワルイと感じてました。
なんかボンネットが薄いイメージで・・・

TVCMなんてあったんですね、知りませんでした。

[ 2012/03/23 18:13 ] [ 編集 ]
 今を去ること、40年ほど前にはアメリカ車、欧州車、そして日本車と各国の個性的な車がありました。(日本車は両国の真似ですが・・・そこはまあ。」世界戦略車が巷に溢れたら私は何を買えばいいのでしょうか?冗談にも高級車は買えませんが(TvT)
 ところで、「ミストラル」スペイン生産だったんですね。初めて知りました。日産のRV車って「サファリ」があまりにも強烈だったため、他のRV車がすぐに出てこないんですよ、オーナーの方には申し訳ないですが、今すぐ思い浮かぶのは「Xトレイル」ぐらいですが、これも職場の後輩が乗っているということで思い出せる程度です。
 しかしこのCM、ずんぐりミストラルと都会的な「ピチカート5」あまりにミスマッチで笑ってしまいました。
[ 2012/03/23 22:32 ] [ 編集 ]
FLATELL様

コメント、ありがとうございます。
好みは人それぞれですが、少なくとも私にはクルマというよりも、クマのぬいぐるみのように見えてしまいました。
[ 2012/03/24 11:09 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
今の日産って当時のサファリやテラノにあたる、いわゆる本格四駆というクルマはありませんよね。その点、サーフという名前はなくなったものの、トヨタにはランクルとプラドが残っているし、三菱パジェロも健在です。ブームが去ってもコアなファン向けに造り続けていけば、やがてそのクルマは新興メーカーが太刀打ちできないような「個性」(ブランド)を持つような気がします。
どうも日本のメーカーって、自社の個性・ブランドを自分自身が軽視しているように思えてしまいます。
[ 2012/03/24 11:42 ] [ 編集 ]
今の日産にはかつての「質実剛健」的なRV車はありませんよね・・・

かつてはそんな「RV」というジャンルがクルマの中で確立されていた時代でしたから、確かに王道モデル
(ランクル、サーフ、パジェロ、サファリ、テラノ・・・)の派生モデルを揃えるのは販売戦略上必要不可欠だったのでしょうか。

ミストラル自体は、クルマの造りとしては悪くないと思いますが、それをそのまま日本市場に投入、スペイン生産の逆輸入でタマを補おうという発想は、日産のイマ的にはムラーノ、エクストレイルに対し欧州戦略車(?)である「デュアリス」を投入したあたりと被ってしまうような気がします・・・トヨタや三菱に比べ、日産はこのジャンルについてはなんか「中途半端感」がとても感じられます。

そういえば、先日新聞で日産が、インドやロシア・インドネシア向けに「ダットサン」を復活するという記事を読みました。低燃費で安価なブランドで打って出て、新興国のシェアアップを狙うのだとか・・・

やはりアジアや新興国では、クルマ社会の欧州や米国と違って、まずクルマを「所有すること」自体が価値観なのですかね・・・

[ 2012/03/24 18:26 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
ダットサンブランドでどんなラインナップが展開されるのかはまだわかりませんが、報道によると新興国向けのブランドで、将来的には日産全体の1/3~1/2を占めることを目標にしているそうですね。
新興国市場を取り込むことが自動車会社にとって大きな課題であることはわかるのですが、なんだかこの分野での競争って、行き着く先は液晶テレビと同じようなパターンになりそうな気がしています。そうならないことを祈りたいものですね。
[ 2012/03/25 10:41 ] [ 編集 ]
確かにスタイル的には、失敗した感がありますね。テラノの2列シートの不足を補う為に、3列シートのミストラルを投入したと思われます。私は、サーフを買うときにテラノと比較しましたが、ミストラルが販売されていたとしても、購入視野には入らなかったでしょう。
ニッサンはかつて、サファリのグランロードという重戦車みたいな車を販売していましたが、これもやり過ぎの感がありましたね。パトロール⇒サファリ⇒パトロール⇒⇒⇒ダットサン?
[ 2012/03/26 12:52 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
あくまでも個人的な考えですが、こういうごつい四駆というのは、王道だけを突っ走ればいいと思います。ゆえに変化球は不要。異常な四駆ブームが各社の商品戦略を狂わせてしまったのかもしれませんね。
このミストラルの少し後に、王者パジェロの三菱からもチャレンジャーという姉妹車が生まれました。知人(取引先の偉い人)が買われたのでチャレンジャーについて彼に対してはべた褒めしましたが、腹の中では四駆ブームももう終わりだなって思っていました。
日産の「新」ブランド、ダットサンって、どんな展開をするのか楽しみですね。レクサス、インフィニティ、アキュラ等、高級ブランド戦略は各社試みましたが、低級ブランド戦略を始めるのはダットサンが始めてだと思います。これからがゴーンさんの腕の見せ所ですね。
[ 2012/03/26 20:49 ] [ 編集 ]
何気に良く出来てるんですよねコレ・・・・基本的に小型車枠で長さ4.5m台(ガードバーレスのタイプSや後期型)というコンパクトサイズのクロカン車でありながら、これほどの居住空間を持っているのは今の常識からすれば相当注目に値します。現行のこのテの車種と比較するとランクルプラドやパジェロなんか論外、ちょい小ぶりのヴァンガードやアウトランダー、2列シート定員5人のエクストレイルでも長さと幅共に大きい・・・・改めて昔のクルマのスペース効率がいかに高かったかを思い知らされました。個人的にはデザインも悪くないと思うし、短命だったのが惜しまれます。
[ 2012/03/28 16:32 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
デザインの好みは人それぞれですから、私の個人的なブログ記事はあまり真に受けないようにしてくださいね。私は美人には「すごく美人ですね!」と言いますし、ブスには「すごく個性的な美人ですね!」と言ってしまう人間ですから、まあ、その辺、大目に見てください。
RVも他のジャンルのクルマに漏れず、90年以前に基本設計されたクルマはすべて5ナンバーサイズが基本でしたが、それ以降に発表されたクルマは肥大化が著しいですね。
辛うじて国内市場に目を向けているセダンのいくつかはそんな中でも最低限、1.8mは越えないようにと頑張っていますが、RVの分野では1.8m超えは当たり前のような雰囲気ですね。
これも時代の流れ、行き着くところまで行って限界を悟れば、またダウンサイジングに向かうと思いますよ。グローバルだなんだといくら叫んだところで、うちの近所の道路は数十年前からずっと狭いままですから。
[ 2012/03/28 21:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。