旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スプリンターリフトバック(TE61/62/KE60型) 

120316a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120316a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120316a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120316a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120316a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120316a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1976年にトヨタから発売されたスプリンター・リフトバック(TE61/62/KE60型)です。1974年にセダンとクーペでスタートした3代目スプリンターに、新たなボディタイプが追加される形で誕生しました。クーペの後部を膨らませて大きなハッチを付けたようなスタイルですね。

 さて、このスプリンター・リフトバック、カッコいいといえばカッコいいですが、微妙といえば微妙です。3ドア、5ドア問わず、当時の後部ハッチを持つクルマの多くは、極めて平面に近い形状のハッチが装備されていましたから、きっとその不自然な平面さがクルマ全体のまとまり感を欠けさせる原因になっていたんでしょうね。

 カタログにこんな記載があります。
 『かまぼこを、どう切るか。という議論。・・・ちょうど、かまぼこをまっすぐに切るか、斜めに切るかによって断面の面積が変わるように、開口部の大きさと全体のプロポーションとの関係が追求されつづけていた。』
 この記述からもわかるように、当時のリアハッチ型のクルマは、『どこでスパッと切るか』が重要な命題だったんですね。ゆえにどこで切っても“切り口”が浮いてしまっていたような気がします。

 その点、現在は包丁でスパッと切った後に切り口を全体のまとまりから浮かないように丁寧に修正していますから、一見するとセダン、クーペといわれてもまったく違和感がないようにまとまっています。アテンザ・スポーツなんて、うまくまとまっているリアハッチ型の代表例ですね。

 ところでこのスプリンター、クーペとリフトバックについてはあまりフロントマスクがカッコよくありません。まるで寸詰まりのフェアレディZのようです。当時街でスプリンター・リフトバックを見かけると、なぜかカマキリのように見えました。カマもないし大きな目が付いているわけでもありませんが、どういうわけかカマキリとイメージがかぶっていたんですよね。なぜカマキリに見えたのかは自分でも未だによくわかりません。

 そんな、個人的にはちょっと微妙と思われたスプリンター・リフトバックでしたが、あらためてカタログを見てみると、リアゲートに腰掛けるアグネス・ラムさんがなんとも自然に感じられるようなヤング向け(ちょっと表現が古いですね)のデートカーに見えてしまうから不思議です。それに相手役が『竜馬伝』で武市半平太役の大森南朋さんを足蹴にしていた容堂公の近藤正臣さんというのも新鮮ですね。

 このカタログは36年前のもの、ずいぶん時が過ぎましたが、つい最近、このカタログに載っているアグネス・ラムさんそのもののお姿をテレビで拝見したような気がします。たしかパチンコ台のCMだったかな?ヤングな近藤正臣さんが容堂公になられたぐらいですから、ヤングなアグネス・ラムさんもきっと当時の“ラムちゃん”から変わっているんでしょうね。自分の記憶の中には、パチンコ台のCMだけをとどめておきたいと思います。

スプリンター・リフトバック・1600GS(TE62型)
全長×全幅×全高 : 4120×1600×1320mm
ホイールベース : 2370mm

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/03/16 14:32 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(20)
こんなCMがあったんですね♪
[ 2012/03/16 16:24 ] [ 編集 ]
カタログですね!


今はトヨタオート店もネッツ店に変わり、スプリンターもモデル廃止になってこの頃の面影は全くありません


スプリンターのリフトバックデザイン的には?な所もありますが今の通り一辺倒な?車のデザインから見れば遊び心があってそれなりに魅力がありましたね
[ 2012/03/16 19:28 ] [ 編集 ]
 個人的には、兄弟車の「カローラリフトバック」よりこちらのほうが好きですね。
 私的にはこの車のフロントマスク、嫌いじゃないです。「なんちゃってスポーツカー」ぽくって、「スプリンター」の名たるゆえんですから。でも、この当時はセダン全盛期の頃ですからユーザーのウケはどうだったのかな?それに本文にもあるとおり、「リアの切り口」デザインの仕上げには大変だったでしょうね、角度を間違えれば「バン」になりますからね。
[ 2012/03/17 00:06 ] [ 編集 ]
こんにちわ。
稀少なカタログをありがとうございます。

ハッチが平面的なデザインなのは、
まだハッチバックが珍しかった折「ハッチが付いてるぞ」ということを
強調するためだったのではないでしょうか。
アウターヒンジなのもそのデザインの一環のような気がします。

今見ると、不自然なほど低いルーフが目にとまりますね。
ハッチバックというよりシューティングブレークのようです(笑)

またフロントのデザイン、私も幼少の頃「変なZだな」と思ってました。
双子車ということで無理やり差別化したかのような印象です。
カローラありきのデザインというか。
(初代スターレットもこの意匠を引き継いでますね)

それにしてもこの頃の車は、カラーバリエーションが豊富ですね。
オレンジ、青、それに紫まであるんですから。
このカタログには載ってませんが、カローラのLBには
赤とピンクの中間のような濃いローズピンクがあり、とても好きでした。
[ 2012/03/17 09:26 ] [ 編集 ]
ハーバードナンパスクール佐藤エイチ様

コメント、ありがとうございます。
YouTubeにはいろいろなCMがアップされていますので、ブログを書くうえでも大いに助かっています。
[ 2012/03/17 11:06 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
このリフトバックを後ろから見た姿って、エスティマを前から見た姿になんとなく似ていますね。リフトバックの傾斜角度がエスティマのフロント傾斜角度に近いのかもしれませんね。
[ 2012/03/17 11:20 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
カローラリフトバックはスプリンターの顔を上下ひっくり返したような感じでしたね。初代チェイサーが出たとき、カローラそっくりだと思ったものでした。
当時は2ドアのバンもたくさんありましたから、設計の方々も相当ご苦労されたんでしょうね。もしかしたら設計会議で本当にかまぼこを切りながら議論されていたかもしれませんね。
[ 2012/03/17 11:34 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
トヨタはアローラインコロナの時代から日本で一番最初にハッチバックに取り組んできたメーカーなので、なんとかハッチバックという新しいスタイルを確立したかったんでしょうね。
フロントのデザイン、言われてみれば確かにスターレットとそっくりですね。まあトヨタ車の場合、いつの時代も同時代のクルマは良く似たデザインが多いですからね。
[ 2012/03/17 11:57 ] [ 編集 ]
リフトバックという響きが懐かしいですね!

セダンベースのシャーシーだから、リアも頭上を気にしない居住性がありそうですし、ハッチバックと違って荷物もそこそこ積める・・・この前の「ステーションワゴン」とまでは行かずとも、なかなか「使える」クルマだったのでしょうか。

スタイリングは、すっかりハッチバックに見慣れた私の目にはある意味「斬新」かもです!1枚目の真横からの写真はまるで「2ドアのバン」みたいですが、2枚目の左リア斜め上からのショットなんか、ちょっとクーペっぽい(笑)見る角度で結構イメージが異なる不思議なクルマです!思わず今度本当に「かまぼこ」買ってきて、実際に斜めに切って試したくなってしまいました?!

サスをリフトバック用に専用チューンしているあたり、このクルマへの当時のトヨタの「意気込み」ですかね??
[ 2012/03/17 15:34 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
シートアレンジによって乗員と長尺物積載のパターンをアピールしているように、リフトバックの「使える」部分をかなり強調したカタログになっていますね。
このスプリンターリフトバックが発売された1976年に、初代タウンエースも発売されています。ちょうどオイルショック及び排ガス規制から高性能競争が息切れしていた時期なので、トヨタとしてはクルマに何か別の価値観を根付かせようと必死だったのかもしれませんね。
[ 2012/03/18 07:22 ] [ 編集 ]
takamaru90様

コメント、ありがとうございます。
このクルマを営業車として使うとはなかなか素晴らしい会社ですね。それに会社のクルマを女の子と遊びに行くときにも使えるなんて、経費節減が叫ばれる現在では考えられないですね。
その会社、現在も営業車を当時のように扱っているんでしょうかね。
[ 2012/03/20 09:54 ] [ 編集 ]
当時勤めていた会社の営業車がなぜかこれでした。

社長の趣味らしいですが、営業マンには不人気でした。
たしか1600のオートマでしたが車体が重いせいか遅く
車内が狭く、荷物も乗らないし、バックするときが後ろが見難く、ボディをこする者が続出していました。

ただし仕事が終わって女の子と遊びに行くときは(当時は仕事以外も自由に使ってよかったので..)ウケがよかったですが。


いつも楽しみに拝見しています。(再送しました)
[ 2012/03/20 16:20 ] [ 編集 ]
車のフロントマスクって本当に面白いですね。文字通り顔ですから、その車のその後の販売にも大きく影響するものだと思います。
ドイツ車なんかは、メーカーにより一貫して同じ顔つきですが、日本車は時代、流行、諸事情(販売チャンネル、OEM)により顔つきが目まぐるしく変わります。私は最近、トヨタのプレミオとクラウンの区別がよく分からなくて、ナンバー区分で認識しています。娘の普段の顔と化粧をした時の顔くらい違えば分かるのですが。
[ 2012/03/21 12:37 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
プレミオとクラウンは本当によく似ていますね。私もパッとすれ違ったときにどちらかわからないことがよくあります。
おっしゃる通り、ドイツ車はイメージが一貫していますね。ドイツ車も時代に応じて変わってはいるのですが、どの時代のものを見てもなぜかパッとわかります。日本のメーカーもうそうなるように努力しているようですが、持ち前の「学習能力の高さ」によって、条件反射のようにその時々の流行を取り入れてしまうんでしょうね。
この能力は、韓国、中国はもっと高そうですので、これから日本のメーカーが独自色を確立していくのはなかなか大変かもしれませんね。
[ 2012/03/21 20:06 ] [ 編集 ]
そう言えば以前、ドイツ車のフロントマスクは、アウトバーンを疾走するためにあえて変えずに統一性を持たせていると聞いたことがあります。
ルームミラーにB車のブタ鼻やM・B車のグリルが見えたら、遅い車は素直に道を開けろという意味だそうです。本当でしょうか。
[ 2012/03/22 12:23 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
その話、私も聞いたことがあります。本当なんでしょうかね?私にはわかりません。
私はアウトバーンを走ったことがありませんからあちらの常識はわかりませんが、制限速度100km/hの日本の高速道路でも凄まじいスピードで後ろにべったり付いてパッシングしてくる方がおられますので、速度無制限のアウトバーンならさぞかしあの手のクルマが後ろに迫ってくると怖い思いをすることでしょうね。
まあ、日本の高速道路においては、あの手のクルマよりももっと怖いのが「不自然に体格のいい男性が2人乗っているソアラやクラウン」ですね。(私が高速をよく使っていたのは少し前の時代なので、今は違うクルマかもしれません)
何十回も東名や名神を往復していると、あの意地の悪い連中の存在を察知すると、自然とアクセルペダルを緩める条件反射のような動作が身に付いてきます。たまに高速を走る私でもそのような感覚が身に付くのですから、毎日高速で獲物を狙っているあの方達にとっては、前を走っているのろい車にパッシングするドイツ車に乗られた方というのは格好のターゲットでしょうね。案の定、よく路側帯に止まっているソアラやクラウン&ドイツ製高級車という組み合わせを目撃していました。
[ 2012/03/22 20:58 ] [ 編集 ]
♪ハローサンシャインカントリー トラベルインリフトバック トヨタスプリンター♯♭~
当時のCMソングと画像が頭を流れます、条件反射のように。
近藤正臣とアグネス・ラムを乗せた赤いスプリンターリフトバックが南国の風景の中を駆ける―実に36年前、小生6歳(小1)の頃のCM映像です。
かくもCMの影響って大きいことを痛感させられるのと同時に、そんな爽やかさ全開の広告とは裏腹にスプリンターリフトバックという奴は死ぬほどトロく、「もはやトヨタ車は終わった」とさえ言われた一台でもありました。
1600ccの希薄燃焼で51年排ガス規制をクリアした同車、85psという数値が信じられないほど遅く、1100cc/60psの初代カローラにも負けて360ccの軽四輪とさえ大差ない出足だったのには今思うに唖然とさせられるものです。
さて昨日都内の幹線道路でちょっと踏んだだけで強烈なトルクが炸裂し、体感的に3700ccの日産フーガや2000ccターボのBMW328iを思わせる加速フィールを見せてくれた我が2004年式トヨタヴィッツ1300U-L(97006km走行)―1970年代の日本車から見ればまさしく別の惑星の存在で、排ガス規制初期からは夢想だにできない走行性+経済性を併せ持つのを見るに、今後数十年の間に51年規制スプリンターと近年の各種コンパクト(ヴィッツ/フィット/マツダデミオ等)の間の距離どころでない途方もない進化が待ち受けている予感がしますが同時に一筋縄ではいかない要素も目白押しかと思います。
ディーゼルハイブリッドのF1や電気自動車のツーリングカーレース/WRCなんて尊敬こそすれど素直に受け入れがたい気もしますが如何でしょうか?
[ 2012/04/02 01:20 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
私は趣味でたまにラジコンヘリを飛ばすのですが、ラジコンヘリの世界では、ここ数年で上級レベルの競技会に参加する機体がすっかり電動に様変わりしてしまいました。
F1にあたる世界選手権でも参加者はみな電動ヘリです。ヘリの場合、ローターの風切り音が結構出ますので迫力はそれなりにありますが、大きなループを描いた時等に排気煙がまったくない様子はちょっと物足りなさを感じてしまいます。
EVのレースってどんな雰囲気になるんでしょうね。リーフRCが走る様子もテレビで見ましたが、あの手のクルマが競うようになるのも時代の流れなんでしょうね。
[ 2012/04/02 12:16 ] [ 編集 ]
タケカワユキヒデのファンです。このコマーシャル曲好きなので思わずコメントしてしまいました。
[ 2012/09/17 11:31 ] [ 編集 ]
みあさ様

コメント、ありがとうございます。
私は彼の銀河鉄道999がとても好きでしたが、この曲は記憶にありませんでした。銀河鉄道999やガンダーラの印象が強すぎたのかもしれませんね。
[ 2012/09/17 13:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。