旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・セドリック(330型)その2 

120309a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120309a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1975年に日産から発売された4代目セドリック(330型)です。330セドリックについては以前に本カタログのご紹介をしましたが、二谷英明夫妻が表紙のカタログが見つかりましたので、再度ご紹介させて頂きます。

 セドリックといえば二谷英明、というぐらいセドリックと二谷さんはお似合いですね。230、330、430、Y30と4代にわたってイメージキャラクターをされていたので当然といえば当然ですが、やっぱり二谷さんの落ち着いた雰囲気と高級車セドリックのイメージが合致していたからこれほどまでしっくり馴染んでいたんでしょうね。そんな二谷さんも今年の1月にお亡くなりになられてしまいました。セドリックがフーガになって久しいですが、二谷さんまでおられなくなってしまうとは、なんだかとても寂しいと同時に、時の流れを感じますね。

 さて、久しぶりに『特捜最前線』で活躍されておられた二谷さんを思い出しながらこのカタログを眺めていたら、カタログ内のあるフレーズが妙に心に響きました。4枚目の内装写真の下に書かれている、『これ以上なにをお望みですか?』という部分です。

 “ぜいを尽くした装備類。厳選されたシート。活動の、思索の、そして憩いの時をゆたかに演出するセドリックです。”ゆえに“これ以上なにをお望みですか?”が全文ですね。確かに当時の330セドリックは『これ以上なにをお望みですか?』というぐらいの高級車でした。しかし多くの人々が『さらにあれもこれも』と望んでいたようで、現在のフーガは当時の330セドリックとは比べようもないほどの超高級車になっています。いったいこの流れはどこまで続くんでしょうね?

 あの大震災から1年が過ぎようとしています。原発事故についても、政府は収束宣言をしましたが、ど素人の私にはとても収束しているようには思えません。自動車産業についても、震災後、確かトヨタはエスティマハイブリットに搭載されている1500W電源機能を他のHV車にも広げていくというようなことを言っていた記憶がありますが、東北復興の象徴として東北で生産されているHV車のアクアには搭載されていないようですね。

 原発事故でこれほどの被害を出しながら、日本の原発を海外に輸出すると言っている方もおられますし、経済界の偉い方はなんとか停止中の原発を再稼動させようと必死ですし・・・、なんだか思わず『これ以上なにをお望みですか?』と問いかけたくなってしまいます。

 中途半端なものをどんどん作ってどんどん売って、そして飽きが来たらまた新しい中途半端なものをどんどん作って売って・・・、という経済活動をしていけば確かに経済は活発になります。経済が活発になれば税収も増えるし、もう既に破たんしてしまっている年金制度も、ばれる前に見かけ上の体裁を整えることが出来るかもしれません。そのサイクルを維持するためにはやっぱり大量のエネルギーが必要となります。ゆえに人口の少ない田舎で原発を運転しなくてはなりません。・・・この流れから脱却することはやっぱり不可能なんでしょうかね?

 震災を機に私自身、ずいぶん考え方が変わりました。クルマへの興味も以前より少なくなってきていると思います。カッコいいクルマ、低燃費なエコカー、便利なスマートフォン、綺麗な画面の液晶テレビ、魅力的な製品がどんどん世に出され、生活が豊かになることはとても良いことだと思います。ただ、それら魅力的な製品群が世に出される一方で、負の側面もたくさん生み出されていることも忘れないようにしたいものですね。

 人口減少が確実になっている現在、かなり可能性が低い大幅な経済成長を目指すのもひとつの手ですが、ほどほどのところで社会をうまく回すバランス感のある舵取りも必要な気がします。一度あらゆる立場、あらゆる環境の方に一斉にアンケートを取ってみるのも良いかもしれませんね。『これ以上なにをお望みですか?』、本当に必要な製品、サービス、制度が浮き上がってくるかもしれませんね。

セドリック・4ドアハードトップ・2800SGL(KPF330型)
全長×全幅×全高 : 4785×1705×1430mm
ホイールベース : 2690mm
車両重量 : 1465kg
エンジン : 直6OHC 2753cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/03/09 12:19 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(31)
「これ以上なにを望みますか?」
けっこうガツンとくる言葉ですよね~。

そう思った結果が「ソニカ」に辿り着いたんですけどね、ターボのクセに燃費イイし静かで快適だし、けっこう速いですし。マニュアルモードはほとんど使ってませんがf--;

330のインテリア、今見てもモダンですね。
ソニカの真っ黒な内装をアイボリーのシートにしようかと計画中♪
古くてもイイ物はイイんですよね。
友達のお父さんの330、シートがフカフカで気持ち良かったな~。

うちのダンナのクルマが200系セリカのコンバチなんですが、出張でクルマ使うし東日本住在ということもあるのでオープンにして走るのも気が引けるし、幌もタイミングベルトもボディ剛性も足周りなども、メンテもいろいろ限界で乗り換えることにしたんです。

でも、強制的に乗り換えを促進させるような制度は、どうなの?
欲しいクルマが無いんです、最近のクルマに。

私の中の計画では、ソニカはダンナが乗ってアタシが好きなのにって方向だったんですが、どうも無理っぽい......

マツダスピードアテンザがイイとの意見には「なんで地味なセダン選ぶ?」
マツダスピードアクセラは「車検証でステーションワゴンってなるのがイヤ」

じゃあ何がいいの?「バンデンプラ-プリンセス」
「はぁ??」

まだまだ決まりそうにないです(T-T;)


[ 2012/03/09 13:57 ] [ 編集 ]
私はやはり石原プロの刑事ドラマ大都会と西部警察です

渡哲也さんが330を駆って出動するシーンはあのスーパーZやマシンXが出るまでは定番のシーンでしたね!


私は今のフーガよりもこの頃の高級車はある意味華があったような気がします。それはスタイルや造りに現れていて今の高級車は高くてそれなりによく出来ているけど憧れは感じない素っ気ない物です

日産に限らず今の自動車メーカーは利益の為の車造りではなくユーザーに夢や憧れを提供してくれる車造りをしないと他国のメーカーに潰されそうです(泣)
[ 2012/03/09 18:40 ] [ 編集 ]
330セドリックは前の230、後の430と比較しますと評判は良くなかったですね。要因は排ガス規制後のエンジンで特に330の2リッターのL20はとにかく走らなかったらしいです。残念ながら私は運転した事が無いのですが運転した事のある人の表現が「じっ、じっ、じっぃーと加速する」といったものでとにかく重たいボディーと相まって加速が悪いとの事でした。私個人的には この330も好きで よくプラモを作った記憶があります。一度 加速を味わってみたいものです。 
[ 2012/03/09 19:18 ] [ 編集 ]
いやぁ、まさに私のクルマ好き、いやセダン好きの「原点」は、この330でした!

親が免許を持っていなかったので、子供の頃に親戚の家に行く際、唯一「クルマ」に乗る機会は、この330セダンのタクシーによくお世話になり、今思えばそんな機会が私のクルマのイメージや憧れに直結しているのかなと、このカタログを拝見してあらためて思い知らされた感じです。

この330から、その後グランツーリスモとスタイルを二分する「ブロアム」という上級グレードが初登場しますね。

しかしそれ以外にもSTD、DX、CUSTOMDX(このあたりまでがタクシー仕様?)GL、GL-E、SGL、SGL-E、そして最上級グレードブロアム・・・なんかセダンとはいえこんなにグレード設定があるのは今では考えられませんが、当時はこのグレードで何が違うのかというのに、子供心に「萌え」てましたっけ・・・さらに当時は2ドアのハードトップが存在していたことも、なんか時代を感じさせますね

「西部警察」の覆面パト(クラッシュ寸前はなぜか230になっている!)のイメージが強いですが、私はそれ以前に放映されていた「大都会」シリーズでこの330に興味を持ちました。寺尾聡さん、峰竜太さん、小野武彦さんが、この330(グレードとしてはGL?)で事件現場に急行するときに、リアをちょっと滑らせて到着するシーン、クルマ止めるのにそんなブレーキの踏み方はアリか!と今では思いますが、なぜかカッコよかった(笑)





[ 2012/03/10 01:27 ] [ 編集 ]
今、営業車で販売しているY31セドリックを一般向けにも販売して欲しいです四気筒でもいいから2000を復活したらいいと思いますが…

トヨタのコンフォートシリーズは古いマークIIベースやし
[ 2012/03/10 07:43 ] [ 編集 ]
にゃんこママ様

コメント、ありがとうございます。
最近のクルマに欲しいクルマがないというのは私もまったく同感です。それぞれに素晴らしいクルマばかりなんですが、どうしてでしょうね。
このカタログを久しぶりに見て、「これ以上なにをお望みですか?」のフレーズを目にしたとき、自分がそう問いかけられたような気がしました。
落ち着いて考えて見ると、自分自身、これ以上望んでいる「もの」が何もないんですよね。強いて言えばもっと上手に文章が書けるようになりたい、という「こと」ぐらい。こればかりはお金で買うことが出来ませんからね。
[ 2012/03/10 11:12 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
「今の高級車は高くてそれなりによく出来ているけど憧れは感じない素っ気ない物です」・・私もその通りだと思います。
さらに付け加えると、抜群の走行性能をどれもが備えているにも関わらず、運転していて全然面白くないんですよね。
田んぼや畑ばかりのうちの近所でもベンツやBMW等が普通に軽トラと同じ車庫に停められている昨今、国産高級車では見栄も張れませんし・・・。
[ 2012/03/10 11:24 ] [ 編集 ]
チックタック様

コメント、ありがとうございます。
当時、うちには230セドリックがありましたので、230のことはよく覚えているのですが、この330には実は乗ったことがないんです。この時期は各社排ガス規制対策に苦しんでいた頃で、レビン等のスポーツモデルが一旦生産中止になっていた時期でしたね。
[ 2012/03/10 11:34 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
web版のほうに本カタログの拡大画像も追加する予定ですので、ぜひそちらもご覧ください。(枚数が多いのでちょっと時間くださいね)
個人的には2ドアハードトップに「萌え」てました。この頃はセドリックやクラウンに2ドアハードトップが存在しており、それらが私の憧れでした。
[ 2012/03/10 11:43 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
コンフォートとセドリック営業車、伝統的なスタイルで手頃な大きさですので、一般向けに販売されたら隠れた人気車種になるかもしれませんね。
今はクラウンもフーガもでかいですからね。
[ 2012/03/10 11:53 ] [ 編集 ]
やはりセドリックといえば二谷英明のイメージが私にはありますよ。
[ 2012/03/10 13:12 ] [ 編集 ]
 330型セドリックですか。今見るとなかなか渋いですね。子供及び少年の頃は、230と430の両型式の間でいまひとつのインパクトが薄いちょっと「ボテッ」した印象しかなかったのですが。
 確かにL28搭載の3ナンバーもありますが、やはり一般的にはクラウンと同じ5ナンバーの頂点としての車です。2.8L より2.0Lのセドリックのほうが圧倒的に多かったです。勿論自動車税の関係からですが。
 当時、子供心に「大人になってもこの車は買うことができないだろうな?」と思っていました。(スケールの小さい子供やな・・・。)今は、退職するとき、退職金でフーガは買えないだろうな。と思っています。(だってそれが現実やもん・・・。)
 ところで、友人の国家公務員(彼のためにあえて職種は伏せますが)「何も悪いことしていないのに国会議員のために給料を下げられる。マスコミが言うほど高給なんてもらっていないのに(怒)ただでさえ給料は上がっていないのに、これで買いたい物の我慢がまた一つ増える、何も言えないことをいいことにしやがって。」と嘆いていました。
 いくら給料を貰っているのか人の懐は知りませんが、決して派手な生活はしていません。国家公務員が何万人いるのか分かりませんが給料を切り下げて震災復興に充てるとのことのようですが、今の政府を見ていると何か不透明で「それ本当?」と疑ってしまいます。彼の給料を震災復興に充てるより、彼の家が、40型デジタルテレビを買うか、奥方の軽カーを買い換えてあげたほうがよっぽど世の中の役に立つような気がしてなりません。
[ 2012/03/10 17:02 ] [ 編集 ]
セドリックの二谷英明、クラウンの山村總は70年代の双璧ですね。
YouTubeに山村總のは結構アップされていますが、二谷英明のは少なく残念ですね。新聞広告をまとめた雑誌には興味深い2人のキャラクターを使ったクラウンセドリックの広告がたくさん載ってました。
当時は事実上の国産最高峰で、輸入車も一般的ではなかったですから、そのステータスも結構ありました。
広告にも乗って誇らしいとか、男盛りなんて歯の浮くようなフレーズも、今見ると新鮮でかえって「夢」を感じますね。
華々しい、人生まだまだこれから、なんて今じゃあんまりないですよね~


[ 2012/03/10 17:58 ] [ 編集 ]
FLATELL様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、やっぱりセドリックといえば二谷英明さんですよね。将来、ミラ・イースといえばブルース・ウィリスさんになるのかな?ちょっと疑問ですね。
[ 2012/03/10 19:39 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
私は子供の頃、大人になったらハーレーに乗りたいと思っていました。たまたまクルマ好き&見栄っ張りの親父がセドリックやクラウンを次々に乗り換えていましたから、セドリックやクラウンは親父にお古を貰えばいいか、と思っていました。(私もスケールの小さな子供だったみたいですね)
やがて大人になり、ハーレーも買える程度の経済力を持つようになってから、近所のレッドバロンで、実際ハーレーに跨ってみました。すると、あら!びっくり!こんな大きなバイク、倒れたら起こせないじゃないか!ということで、数十年来の憧れが一気に消えてしまいました。まあ、私の場合、自動二輪の免許を持っていないということもありますけどね。そんなこんなで、ハーレーの夢を、今はささやかながら原付バイクで実現しています。
公務員の給料の問題は、難しいことですね。「何も悪いことをしていないのに給料を下げられる」というのは、おそらくご友人の国家公務員の方だけでなく、給料が下がった全ての方に当てはまると思います。民間企業では、「何も悪いことをしていないのにボーナスがなくなった、解雇された」なんて普通ですからね。それを言い出したら、「何も悪いことをしていないのに米の作付けができなくなった、野菜が風評被害で売れなくなって収入がなくなった、農地が全てダメになった・・・」という方々はそれこそ、「何も言えないことをいいことにしやがって。」と思っておられるかもしれませんね。
意外と世の中、「何か悪いことをしたから給料が下がった」という方は少数で、大部分は「何も悪いことをしていないのに給料が下がった」だと思いますよ。
問題なのは、やっぱり官民問わず「悪いことをたくさんしたから給料が上がった」という方々でしょうね。
[ 2012/03/10 20:26 ] [ 編集 ]
今これ以上望むこと、まずは政府とメーカーに真面目に仕事してもらいたいです(涙)。明日にも連中はテレビで「ゲンゼー!ホジョキン!」と打つのでしょうか・・・・
[ 2012/03/10 20:37 ] [ 編集 ]
元はとばす様

コメント、ありがとうございます。
山村總さんは「白いクラウン」のイメージがとても印象に残っています。うちにも白いクラウンがあった時期があるのですが、うちの親父は山村さんのようなダンディな男前ではなかったので、ちょっと似合わなかったですね。かといって、セドリックに乗っていたときも、二谷さんのような二枚目ではなかったので似合わなかったですね。あっ、あんまり悪口言うと今晩枕元に出てきてお説教をされそうなのでこの辺で止めておきます。
生きている限り、「華々しい、人生まだまだこれから!」ですよ。
[ 2012/03/10 20:38 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
「赤ん坊」を手厚く支援して、一人前に育て上げることは親として当然のことだと思います。しかし今は十分一人前に育ち、それどころか、「イチロー、松井」級の世界に伍するほどまでのスタープレーヤーに対して、「お小遣い大丈夫?おやつは大丈夫?」と言っているような状態ですね。まあ彼らの年俸を頼りにしているから仕方のないことかもしれませんが・・・。
イチローさん、松井さんならきっとお小遣いやおやつに困っても、ご自分でなんとかされると思います。今必要なのは、次のイチローさん、松井さんとなるであろう「赤ん坊」を一人前に育て上げることですが、「赤ん坊」のうちに将来大リーガーになるかどうかを判断することなんて不可能ですよね。
まあ、イチローさんや松井さんのような大スターに頼るのもいいですが、彼らは確かお二人とも40近いのでは?馬が主役の馬術なら70でもオリンピックに出られるかもしれませんが、本人の体が主役の野球選手は70まで現役を続けられるのかな~?
[ 2012/03/10 21:10 ] [ 編集 ]
この時代には、ハードトップという設定が各車種にされていましたね。ハードトップとは、ソフトトップに対して鋼板で作られた屋根を指すのだと思いますがいかがでしょうか。基本的にはセンターピラーの有無が鍵だと思うのですが、過去のクラウンには「ピラーのあるハードトップ」?(by吉永小百合)と言ったうたい文句の時代がありました。つまり、ドアサッシが無いく開放感があることを強調したかったようですが、それなら私のステージアも4ドアワゴンハードトップと言えます。メーカーの考えってその時々で柔軟なんですね。
[ 2012/03/12 13:00 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
クルマの形態に対してメーカーが使う言葉というのは結構いい加減なものでしたね。厳密に言葉の定義を考えればハードトップは「硬い屋根」のクルマ、ソフトトップは「柔らかい屋根=幌」のクルマということでしょうけど、当時は「ハードトップ=スポーティ」という感覚で呼ばれていましたね。
「社内公用語が英語」という会社もぼちぼち出てきましたし、小学校から英語を教えるような時代になってきましたから、今後はこういういい加減な表現は少なくなっていくと思います。コピーライターの方のお仕事もきっと大変になっていきますね。
[ 2012/03/12 21:30 ] [ 編集 ]
石原プロ作品に330セドリックが初登場したのは「大都会PART3」から初登場。この頃は新車扱いだったため、闘いの日々やPART2で使用された130セドリック、230セドリック、230グロリア、PART3のみ登場のA30グロリア等に摩り替わります。

「西部警察」のPART2の当たりからは330セドリックは中古車扱いなので爆破、破壊されたりします。

「大都会PART3」第25話の検問突破のシーンで230セドリック1台のみ破壊される予定だったが、結果的には230セドリックは2台破壊された上に330セドリックは中古車の230の巻き添えに食らってしまうという有名なシーンですがこのシーンは後期のOPにも使用されました。
[ 2012/07/16 16:46 ] [ 編集 ]
マイケル村田様

コメント、ありがとうございます。
とてもお詳しいですね。勉強になります。それにしてもあの一連のカーチェイスが売りの刑事ドラマは、アクションシーンや爆破シーンは記憶に残っていますが、ドラマの筋はまったく覚えていません。
反対に最近の刑事ドラマは、アクションシーンはほとんどありませんが、警察組織の内部事情を主題としたものが多いですね。
時代が変わるにつれて、刑事ドラマの内容もずいぶん様変わりしてきましたね。まあドラマではなく、現実の警察、検察の不祥事もクローズアップされるような嫌な時代になってしまいましたが・・・。
[ 2012/07/17 08:39 ] [ 編集 ]
昔、もう25年以上前ですか。
セド330の2800に乗ってました、ケンメリのスカイラインから
乗り換えたんですが当時はスタイルが無茶好きでしたね。
2800はパワーもあって加速が早いっていう訳ではないんですが
坂道でもタイヤを鳴かせて上がっていった記憶があります。
4ドアハードトップ、窓全開、ドアの重厚感
オーバーヘッドコンソール等、今思っても思い出されます。
懐かしいです、有難う御座いました。
[ 2012/10/04 23:06 ] [ 編集 ]
ペンギン様

コメント、ありがとうございます。
330セドリックって曲線的でとてもグラマラスなスタイルでしたね。現行のフーガを見るたびにどことなく330セドリックのスタイルを思い出します。とはいえ、個人的には330セドリックはナイスバディの女性、フーガはナイスバディの人造人間、と感じられてしまいます。
[ 2012/10/05 08:04 ] [ 編集 ]
自分が物心ついた頃TVの再再放送で見た大都会パートⅢに330のパトロールか― がかっこよく見えました スタンダードやGL等セダン好きになりいつかは乗りたいと思いましたがなかなか見つかりません。当時はクラウンMS80 100系より売れたのでしょうね。スタンダードのタクシーには幼い頃乗った記憶がありハーフキャップの77~78年式セダンだと思います。今捜しています。セダンまたは丸目4灯の前期型4ドアハードトップです。状態問わず買います
[ 2014/01/27 17:48 ] [ 編集 ]
大都会様

コメント、ありがとうございます。
よい状態のセドリックが見つかるといいですね。この型ならまだびっくりするようなプレミアム価格ではなく、少々のプレミアム価格で見つかるのではないかと思います。人様の趣味にどうこう言う資格はありませんが、この年代の車両なので「状態は問うたほうが良い」ような気がします。
[ 2014/01/27 21:24 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/01/29 12:46 ] [ 編集 ]
当時の事は全くわかりません。330セドリックは僕が幼稚園~小学生2年生の頃に再放送 された刑事ドラマに出ていました。あとはプラモデルで組み立てていた思い出があります。 この前のモデルは230セドリックですが廃車体なら学生時代解体屋に放置されていました。不良の溜まり場で中学生の頃は不良連中に引き込まれリンチを受けていました。 今となっては懐かしい思い出です。 今は230 330セドリック グロリアが欲しいですが高いですね。
[ 2016/04/09 10:54 ] [ 編集 ]
独身旧車マニア様

コメント、ありがとうございます。
230セドリックはうちにありましたから私にも想い出がたくさんあります。それにしても、リンチ云々はあまりいい思い出ではないですね。
230型や330型になるとすでに40年経っていますからなかなか良い物を見つけるのも大変ですね。
[ 2016/04/11 17:31 ] [ 編集 ]
私は素晴らしきセドリックの CMで有名なY30と 330セドリックが幼い頃から好きです。人生の終わりに330セドリックセダンに乗りたい。 幼年期タクシーで活躍していました。懐かしいです。Y30 セドリックも見なくなりましたが330セドリックは堂々と した風格がありますね。 なぜ当時はあまり売れなかったのでしょうか?クラウンMS80 100系の方が人気はあったらしく 自家用車ではあまり 見かけた記憶はないですね。 欲しいです。330セドリック230セドリックは新車当時 売れたのでタマ数も多く残っていますが当時不人気の330セドリックはセダンはないですね。
[ 2016/06/11 17:31 ] [ 編集 ]
船出が近づく人生 素晴らしき セドリック様

コメント、ありがとうございます。返信が遅くなり、誠に申し訳ありません。
40年も前のクルマですから最近ではあまりお目にかかりませんね。先日白川由美さんも亡くなられました。時間だけは確実に止まることなく進んでいるんですね。
[ 2016/06/18 15:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。