旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ランサーフィオーレ(A155/156A型) 

120302a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120302a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年に三菱から発売されたランサーフィオーレ(A155/156A型)です。“ランサー”という車名は付けられていますが、ご覧の通りミラージュセダンの姉妹車で、ミラージュの特徴であるスーパーシフトも健在です。同時期にランサーEXも販売されており、こちらの方がランタボの影響で印象が強かったため、ランサーフィオーレは「花」というサブネームが付けられていたにも関わらず、「華」はなかったですね。

 さて、ちょっと印象の薄いこのランサーフィオーレですが、実は姉妹車のミラージュとともに国内初となる新技術が採用されていたクルマです。カタログでも“あっと驚く超低燃費”として紹介されていますが、このクルマには状況によって4気筒のうち2気筒を休止させる機能を持った1400オリオンMDエンジン搭載車が用意されていました。最近ではホンダがインスパイア等のV6エンジンで気筒休止を行っていますが、この機能が国内で初めて採用されたのが1.4Lの直4という小型エンジンだったというのはちょっと意外ですね。

 私はこのランサーフィオーレ及びミラージュの気筒休止エンジン搭載車には乗ったことがありませんのでその運転感覚はわかりませんが、後にMIVEC-MDという発展形が世に出されたものの、それっきりで現在は存在していないようです。おそらくあまり効果がなかった、もしくは何か欠点があったということだったのかもしれませんね。このオリオンMDエンジンについてよくご存知の方がおられましたら、その運転感覚等についてご教示頂けたら幸いです。

 ところで、このカタログには10モード燃費が20.0km/l、60km/h燃費が30.2km/lと記載されています。実際のところはどうだったんでしょうね?

 先日、「e燃費」というサイトを見てびっくりしました。このサイトには様々な車種のオーナーが投稿した実燃費の平均が掲載されており、カタログ燃費と実燃費の達成率なるものも記載されていました。

 それによるとエコカーの代名詞、現行型プリウスの実燃費は18.93km/lで達成率は49.81%、期待の新人アクアは実燃費19.79km/lで達成率49.47%。どちらも燃費性能が良いことは認めますが、達成率が50%にも満たないというのはちょっと問題のような気がしますね。状況によって期待する燃費性能が発揮できないことはもちろん誰もが考慮しますが、平均を取ると半分にも満たないというのは、明らかに誇大広告だと思います。ちなみに50%を割っているのはこの2車だけです。ハイブリット車特有の運転方法でないとカタログ燃費に近づけられないのならその“コツ”をカタログにわかりやすく明記すべきだと思いますし、そうでないのならカタログ燃費の算定方法を根本から改めなくてはならないと思います。どちらも販売台数が半端でないベストセラーカーなので、このまま達成率が50%未満という状況がずっと続くと、やがて大きな社会問題になってしまうかもしれませんね。

ランサー・フィオーレ1400EL(A156A型)
全長×全幅×全高 : 4105×1590×1350mm
ホイールベース : 2380mm
車両重量 : 820kg
エンジン : 直4OHC 1410cc 82PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/03/02 13:40 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(16)
今度はフィオーレですか~。
こないだのネオといいフィオーレといい、軽い記憶力テストみたいですね(^-^)

ミラージュにトランク付けただけですが、プロポーションは普通ですよね。
最近のティーダラティオとか日本で売ってないスイフトセダンとか「無理矢理セダン」は......止めて欲しいです、カッコ悪い(T-T)

実燃費は私も疑問に思ってました。
カタログデータなんかザックリとした基準でしかない物にしても......差が大き過ぎですよね。
曖昧な測定方法の基準を改めたとしても、今度はメーカーがその基準だけに焦点を当てて「燃費コンシャス」を必ず作るでしょうし.....。
「乗り方次第」なんて言われたらそれまでですし.....難しい問題ですね。言い訳できる逃げ道がワザと用意してある様にも感じてしまいます。

『e燃費』私も見ました。
アタシの.....もっと走るんだけどな~(--;
[ 2012/03/03 11:56 ] [ 編集 ]
 出たー!後半CMのランサー「どっかんターボ」あのドッカンの加速感、もう一度味わいたいです。
 おっと、題名と全く違ったことを書き込んでしまいました。低燃費のコツって最終的には運転方法ですよね、先日国道で現行型プリウスが私の車を抜いていきましたが、軽く100kmは出ていました。その先は赤信号なのに・・・。他人様のことだから関係ないのですが、これでは折角のエコカーの性能を発揮していないですよね。このMDエンジンも先述のような運転をしていれば当然カタログどおりの数値は出ないでしょう。
[ 2012/03/03 15:11 ] [ 編集 ]
昔はリヤオーバーハングが短い2ボックスを基本とした3ボックスセダンでも、元の2ボックス版が伸びやかなデザインなので破綻してないんですよね。

結局のところハイブリッドなんてのは別に環境性能を高めるメカではナイんですよ。内燃機関とEVの両方味わえる娯楽に過ぎず、燃費なんてのは副産物と考えるべきでしょう。政府はエコカーだのカンキョー対応車だのとほざいてますが、そんなコトはどーでもよく、カンキョーに良かろうが悪かろうがクルマが売れさえすればイイ。ですからそんなんで社会問題となるならとっくになってるはずですよ。

イースの対抗馬としてスズキが送り込んだアルトエコは従来のアルトより小さい20リットルの燃料タンクを採用してますが、タンク自体の軽量化やレイアウト上やむを得なかったわけではなく、カタログスペックとして届け出る燃費を削るため(燃料満タンの状態で計測されるので燃料の軽量化を図ってるということ)らしいです。つくづく腐った企業やなと思いました・・・・。
[ 2012/03/03 16:18 ] [ 編集 ]
三菱自動車のマークがMマークからmmcにかわったころですね。
「三菱文字」も登場の当初だったと思います。
この頃の三菱の特徴に「カタカナをのばして発音しない」ってのがありました。
ロータリ、ヒータ、モータ、ワイパとか。
後期モデルXLで装備される「パワウインド」「センタドアロック」とか表記してましたが、これはさすがに後に「パワーウインド」に変わりました。
ATがわざわざグレードになるのも特徴でしたね。
それだけATの設定が少なかった訳ですが。

後、同時期「EX」「フィオーレ」のほか「トレディア」もあり、なんだか訳わからずでしたが、メーカーとしては「EX」が後にターボ中心に大幅整理、「トレディア」が後に4WDのみに整理されたことを見ると、「フィオーレ」こそが本命だったんですね。
[ 2012/03/03 16:30 ] [ 編集 ]
確かに前回のファミリアNEOといい、このクルマも私の記憶からほとんど消えておりました・・・(笑)

当時はまだ「セダン」というスタイルが認知されていた時代だったと思いますから、スポーツカーは別にして、乗用モデルにはほとんどセダンがラインナップされていましたよね。

そういう意味では、コンパクトクラスのセダンも、当時はそれなりに機能性を備えてまとまった造りになっていたと、このフィオーレを見ていても今更ながら感じます。しかし昨今のコンパクトクラスのセダンは、まずスタイルからして見るに耐えかねるクルマばかりです・・・フィットベースの「ARIA」というセダンがありましたが、リアなんかフィットを無理矢理セダンに造り替えた感ありありで、お世辞にもカッコよいとは言えませんですし!

我が家のラフェスタは、4駆でタイヤもインチアップしているせいか、実質燃費は街乗りでリッター9キロ前後、とても最近のクルマとは思えません(笑)でも、発進時に2,000回転以内で「ゆる~く」アクセル開けたり、渋滞時は極力停止させずに惰性走行させたりと、自称「エコ走法」で燃費向上に努力しています。アクセルの開け方次第で、結構燃費は変わりますから、やっぱりそのクルマを理解した上での「乗り手」の努力もないと、カタログレベルの燃費性能には達しないのでしょうか・・・

おかげで運転中に、右足に神経使いすぎて足がつったこともありましたが(笑)
[ 2012/03/03 17:05 ] [ 編集 ]
にゃんこママ様

コメント、ありがとうございます。
「e燃費」のサイトを見ていて思ったのですが、達成率って、ハイブリットに限らず、最近低燃費を強調している話題のエコカーになればなるほど悪いんですよね。
あのサイトに投稿されている実燃費が本当なら、プリウスやアクアの実燃費もそれほど良いわけではありませんので(あの程度なら一昔前のMT軽やMTカローラクラスはほとんど実現していたと思います)、カタログ燃費って、民主党のマニフェスト並に信用できない値ですね。
[ 2012/03/03 19:04 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
どんなシステム、どんなエンジンであろうとも、急発進、急加速、急ハンドル等の行為を頻繁に行えばエネルギー(ガソリン、電気問わず)を大量に消費してしまうのは自然の原則だと思います。
物理的な原則に従うのなら、エコカーというのは軽く、そして余分な装備をなくしてシンプルに、という以外に方法はないと思っています。
トヨタのお膝元で暮らしていながらこんなことを言うのもなんですが、個人的にはハイブリットはエコカーの主流にはなりえないと思っています。
[ 2012/03/03 19:18 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
政府がハイブリットを勧めるのは、T.I様がおっしゃる通り、ハイブリット車は内燃機関とEVの両方を備えていますから、自動車産業としての裾野が広いという観点からでしょうね。ハイブリット車1台に購入補助金を付ければ、従来の自動車関係の下請けにプラスして、電気モーターや充電池の会社にも恩恵が広がることになります。波及効果がより多く見込めるということなんでしょうね。
アルトエコについては私も幻滅しました。自分の子供には、絶対にそういう手を使うな!という躾を世の大部分の親がするであろう“そういう手”を使ってしまったのですからね。
スズキはあんなことをしなくても立派な製品を造れる会社だと思っていましたから、あのクルマについては、個人的にとても残念な気持ちです。
[ 2012/03/03 19:36 ] [ 編集 ]
元はとばす様

コメント、ありがとうございます。
初代ランサー、初代ミラージュから知っている年代としては、ランサーとミラージュはまったく性格の異なるクルマだと思っていました。
ところがこのフィオーレの辺りから境界が曖昧になり、次第に完全な姉妹車となっていきました。そして現在は国内においてはランサーとギャランが曖昧な関係、さらにミラージュは輸入車として世界戦略モデルになるとのこと。洒落た名前を付ける三菱にしては、その名前に対する姿勢がちょっといい加減ですね。
[ 2012/03/03 19:47 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
街乗りでリッター9キロなら別にそれほど悪くないと思いますよ。ガソリン車の場合、ごく短距離(保育園の送り迎え等)のみの使用だと、極端に燃費は悪くなると思います。ちなみにうちのデミオは、ほぼ直売所(片道1キロ未満)への往復のみという使い方なので、リッター8キロです。こんなデミオでも、たまに遠出に使うと、簡単にリッター15キロ以上走ります。
ということで、個人的には近い将来、ごく短距離用のEVと、長距離を念頭においた高効率内燃機関の二極化が進むのではないかと思っています。
ハイブリットって、どちらもそれなりに使えますが、どちらもそれなりにしか使えませんからね。
[ 2012/03/03 20:19 ] [ 編集 ]
 私、kurumamaniacs様のコメントを頂き「はっ!」と思ったことがあったので、申し訳ありませんが再投稿させていただきます。
 私事で恐縮ですが、幼少の頃より動力で動くものが好きで、車だけでなく、鉄道、飛行機、船などがその対象なのですが、私の家の近くを走る非電化の「JR東日本烏山線」では最近EV列車が試験走行されています。これは電化区間ではパンタグラフから集電(充電)し、非電化区間ではEV走行する列車なのです。従来非電化区間を走る気動車(ディーゼルカー)はメカ的にはロックアップ付ATとほぼ同じ構造ですが、同社が開発したJR小海線を走る「ハイブリット気動車」どうして他のJR東日本の非電化路線では走っていないのか?何だか「ハイブリット」のカラクリがあるように思えてきます。(話題作り?それとも諸々のコスト?)
 でも、私の鉄道知識なんて、マニアの方(鉄ちゃん)に比べれば鼻で笑われる程度なので、この戯言くらいでご容赦ください。
[ 2012/03/04 22:51 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
私、鉄道のことは全然わかりませんので、恥ずかしながら「ハイブリット気動車」という言葉も始めて知りました。鉄道は鉄道で奥が深いらしく、マニアの方も大勢おられるようですね。それにしても鉄道の車名(?)って覚えにくいですね。キハとかキロとか・・・。
[ 2012/03/05 15:31 ] [ 編集 ]
日本には頭の良い方が沢山おられて、昔から低燃費を試行錯誤していたのですね。
幸い、私の趣味の二輪の世界には四輪ほど低燃費の波は押し寄せていませんが、将来は分かりません(いや電気スクーター等既に来ているのかも)。ただ、OEM化の波は既に来ています。
燃費とはちょっと違いますが、昔H社製のバイクに、低回転時は2バルブ高回転時は4バルブになるというエンジンがありました。何千回転もしているエンジンに追従するバルブに瞬時にピンを抜き差しするそうですから、凄い技術ですよね。
[ 2012/03/06 12:58 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
現在、家電量販店等でとても安価に販売されている電気スクーターって、海外(中国)からの輸入品がほとんどですよね。個人的には、四輪でもそのうちにリーフのような高価なEVではなく、安価な鉛蓄電池を使ったEVが輸入販売され、そちらがEVの主流になるような気がしています。
日本はスーパーカブで世界中を席捲した世界一の二輪車生産大国ですが、電気スクーターに限って言えば、98%のシェアを占める中国に完全に遅れを取ってしまっています。
頭の良い方がたくさんおられて凄い技術を持っている日本、どうもその頭と技術を使う方向がずれているような気がしてなりません。
[ 2012/03/07 11:23 ] [ 編集 ]
鉄道について横から補足です。
何も鉄道のハイブリッドなんて目新しいものではないんですよね。
アメリカの大陸横断鉄道なんてすべてディーゼル機関車はハイブリッドですし、日本も1950年代はディーゼルハイブリッドでした。
というかこれらは現在のJR東日本のハイブリッドディーゼルカー含め、すべてプリウスやインサイトなどの「エンジンを補助する」パラレルハイブリッドではなく、「エンジンは発電するのみ」のシリーズハイブリッドです。

要は環境云々でなく実用的な車速コントロールの方法がなかったからなんですね。
その後実用的なトルコン等ができ、重くて高価(当時は)非効率な電気式は姿を消しました。

しかしインバータが改善され効率もよくなったことから、90年代に入り再び電気式のディーゼル機関車が日本でも登場、さらにこの度のJR東日本のハイブリッドディーゼルカーの登場になるわけです。
コイツは従来のものと比べエネルギー回生機構を持っており、そこで「エコだ」となるわけです。
但し鉄道は本来少しの動力で惰性等を使い大きなものを動かすのが特長で、市内を動く乗用車のハイブリッド化に比べ圧倒的に効率がよいいうわけでなく、10パーセントの改善に過ぎず、その辺が普及の鍵のようで
最終的には普通の電線を張る「電化」が最終目標なので過渡的技術と分かっているので力もはいらないようです。
[ 2012/03/07 11:43 ] [ 編集 ]
元はとばす様

コメント、ありがとうございます。
恥ずかしながら、小生、鉄道の知識はまるで持ち合わせていませんので、貴兄のコメント、とても勉強になりました。鉄道の世界では、GMのボルト方式が主流なんですね。
鉄道といえば、若かりし頃の貧乏学生時代、青春18切符を買って大垣行きに乗って帰省していました。車名はわかりませんが、緑色とオレンジ色の、普通の「電車」だったような記憶があります。
一種独特の雰囲気を持っていた帰省シーズンの大垣行きでしたが、最近は「ムーンライトながら」というカッコいい名前の電車になっているそうです。このところ頭の中からすっかり電車の存在が消えていましたが、久しぶりに昔よく乗っていた大垣行きのことを思い出しました。
今でも青春18切符ってあるのかな?もしあるのならもう一度あの「緑色とオレンジ色の電車」に乗って高校の同級生とお菓子を食べながらお互いの大学生活の近況報告を兼ねた帰省旅行をしてみたいものです。
ちなみに大垣行きに一緒に乗って帰省していた同級生とは今でもよく会いますが、会話の内容が当時の純粋な若者の考えではなく、お互いに重荷を背負って疲れきった中年オヤジの愚痴ばかりになってしまっています。
[ 2012/03/07 21:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。