旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・マツダ・ファミリアネオ(BH型) 

120224a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にマツダから発売されたファミリア・ネオ(BH型)です。8代目ファミリアは4ドアセダンと3ドアハッチバックのラインナップがありましたが、そのうちの3ドアハッチバックに対して、斬新なスタイルと、“ネオ”というサブネームが与えられました。“新方向ファミリア”というキャッチフレーズの通り、おそらく当時かなり厳しい経営状態だったマツダとしては、このネオで一発当ててなんとか“新方向”へ抜け出したいと考えていたんでしょうね。

 さて、このファミリア・ネオ、車名を聞いてパッとどんなクルマかが頭に思い浮かぶ方っていったいどれぐらいおられるんでしょう?言い方は悪いですが、もしかしたらオーナーかマツダ関係者か、よほどのクルマ好きぐらいしかファミリア・ネオをすぐに思い浮かべられる方なんておられないかもしれませんね。かく言う私自身も、このカタログを久しぶりに目にするまですっかり存在自体を忘れていました。ファミリアといえばマツダの主力車種なんですが、マツダファンの、そしてファミリアの後継車に現在乗っている私からも存在自体を忘れられてしまうファミリアというのもなかなか凄いですね。まだつい最近のファミリアなのに・・・。

 バブル期、通産省から迎えた社長のもとで多チャンネル化を推し進め、マツダはピンチに陥りました。その後、銀行から社長を迎えて何とか立て直そうとしましたが、多チャンネル化の失敗は大きすぎて立て直すことが出来ませんでした。このファミリア・ネオが発売された頃は銀行管理下の時期で、私の関心はマツダ“車”ではなくマツダ“社”に向いており、新型ファミリアよりも、いつまで頑張れるかという点に興味がありました。それゆえ私の中にファミリア・ネオの印象が残っていなかったのかもしれませんね。

 その後、96年には皆様ご存知の通り、フォードから社長を迎えて新生マツダに向かっていきました。フォードから社長が来られたことが関係しているのかどうかわかりませんが、96年には3ドアハッチバックのネオのみが国内ラインナップから外れ、斬新なスタイルではなく、4ドアセダンと同様の顔を持ったオーソドックスな3ドアハッチバックが加わりました。ということで、このファミリア・ネオ、ほんの短期間しか販売されていなかったんですね。

 ファミリア・ネオの時期もマツダはとても厳しかったようですが、現在も大変なようです。国内生産比率が際立って高いマツダは昨今の円高の影響をもろに受け、4期連続の最終赤字とのこと。財務基盤強化のための大規模な公募増資の話題が連日報道されていますね。当時のように多チャンネル化でピンチになるのはある意味仕方のないことですが、現在のように為替相場という外的要因でピンチになるのはどうにもやり切れない気持ちで一杯です。一マツダファンとして、なんとかこのピンチを乗り切ってほしいものです。

ファミリア・ネオ・インタープレーX(BHA5S型)
全長×全幅×全高 : 4030×1695×1405mm
ホイールベース : 2505mm
車両重量 : 1080kg
エンジン : 直4DOHC 1489cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/02/24 16:52 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(20)
これって、一瞬ランティスの「3ドアハッチ」かと思いました!

ランティスは基本「4ドア」のハッチバックとセダンが基本だと認識してましたので、こんな「隠しモデル」を、ファミリアブランドで販売していたことに驚きです!!ランティスのセダンが好きだったので、ある意味ショックです(笑)

さらに厳しさの増す日本のクルマ業界ですが、マツダはCX-5の生産本格化とエコカー補助金復活のおかげでデミオも5割増産・・・1月の国内生産台数が伸びたそうですね。かつての多チャンネル政策のような販売戦略のブレ無く、生産と販売をきちんと一体化できる体質をさらに強化すれば、きちんとしたクルマ造りができるマツダだと思うのでもっと評価されるべきだと思います。

[ 2012/02/25 00:45 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、どう見てもランティスの3ドアハッチですね。マツダとしては決して「隠しモデル」として販売したつもりはないと思うのですが、お父さん様からも「隠しモデル」扱いされてしまうような認知度の低さはある意味すごいことですね。
今のピンチを乗り切るキーとなるであろうCX-5のディーゼルモデル、早く試乗してみたいです。行きつけのマツダはまだガソリンモデルしかお店に来ていないようなので。
[ 2012/02/25 11:10 ] [ 編集 ]
私は強烈に覚えてましたよ~ネオ。
第一印象が「サツマイモみたい....」と絶句してしまったので。
同時期のフォードフェスティバもクーペルックに無理がある実用ハッチでしたね~。
マツダに勤めてる知り合いがいつも「マツダは乗らないとわかんないんだよね....」と嘆いてましたね~(-_-;

でもこの時期があるから今のマツダがあるんですよね~。どの車種も美しいデザインですもんね。

クルマ本来の魅力がマツダ車には根強くあると思います。
今時は「いいクルマ」と言うのがセールスポイントにならないのは寂しいですね。
次は絶対マツダ車が欲しいと思ってるので、頑張って欲しいです。
[ 2012/02/25 16:20 ] [ 編集 ]
にゃんこママ様

コメント、ありがとうございます。
赤いのは本当にサツマイモに見えますね。青いとナスに見えてしまいます。ボテッとしたクルマが多い現在なら意外と受け入れられていたのかもしれませんね。
私はマツダのHPからダウンロードできる壁紙カレンダーをデスクトップの背景にしているのですが、今月はTAKERIが写っています。これが次期アテンザのベースになるそうなので、とても楽しみにしています。
[ 2012/02/26 11:56 ] [ 編集 ]
この型も絶版から間もなく14年ですからもう完全な「旧車」ですね。管理人様にとってはつい最近とのことですが、20歳代の我々にとってはもう遠い昔のクルマですね。大槻ケンヂも最近テレビで見ないですよね(笑)?

このネオこと3ドア版はよほど売れなかったのか、マイナーチェンジで外板のほとんどをガラッと変えてフツーのデザインとし「ネオ」の名前も廃止しましたが、現在その後期3ドアもまず見ないのであそこまで手直し図った効果があったのかは疑問ですね(^^;)。今では必要最低限の手直しすらやりませんが・・・・。

一連の偽善エコカー政策で、普通に走らせた状態とは程遠い届け出るスペックの燃費低減を追求する一方、それらに関係の無いコストは削り倒して開発も怠っているのはどうにかならんもんかと思います。まぁ、ユーザーの多くがそれで納得してるからこそそんな方針となってしまったわけですが・・・・。マツダといえばまだ記憶に新しい工場の暴走殺人事件がありましたが、犯人の彼は確かクルマ好きだったはず。私だって新たなオーナーの下に渡るかもしれなかった貴重な旧車を抹殺し、高額な手当と共に得られた薄っぺらい新車を見ると怒りがこみ上げて叩き壊したくなります。あんなアンフェアな政策さえ無ければ事件は起きなかったかもしれません・・・・。
[ 2012/02/26 14:00 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
フェアかアンフェアかの判断は別として、いまだに国の政策を決める偉い方々がケインズ流の乗数効果政策に凝り固まっている現状にとても不安を感じています。
ケインズ卿は経済理論だけがよく表に出されますが、彼自身、「人が人に対して暴君になるよりは、自分の預金残高に対して暴君になったほうがまだましだ。」というようなお考えを持たれていた方だったと記憶しています。
現在の経済政策の拠り所とされている昔の偉人達が、ご本人の本当にお考えになられていた部分を無視されて目立つ「原理や理論」だけが都合よく使われている現状をご覧になられたら、きっと後世の人間達への幻滅をお感じになられるでしょうね。
なんといっても、自分の預金残高のために人に対して暴君になる人間が増えてきてしまったのですから・・・。
[ 2012/02/26 19:56 ] [ 編集 ]
 私、難しい話は恥ずかしながら苦手ですので。
 この当時、苦境のマツダで開発された、この「ファミリア」当時のマツダ車標準の3連メーターとちょっとチープぽいインパネ周り、この車のCMは端的に家族、若者、女性を購買ターゲットにしていますが、やはり当時は車の衝突安全性が重視されており、「ランティス」のCMはクレーンから車を落下させ、その安全性をアピールしていましたね。
 感性や美的センスに訴えるCMもいいですが、こうゆうベタなCMって嫌いじゃないです。それにしても鈴木杏樹さん綺麗ですね。
[ 2012/02/26 22:38 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
杏樹さんや大槻さんはファミリアとイメージが合っているように思いますが、草刈さんはちょっと?です。
草刈さんが目立ちすぎてファミリアが全然目立っていないような感じがしてしまいます。
[ 2012/02/27 11:10 ] [ 編集 ]
ネオといえば、いすゞピアッツアネオしか思い浮かばなかったのですが、あったんですね他にも。
調べたらネオとはギリシャ語では「新しい」、英語では「復活」を意味するそうです。う~んどちらの車両にも、企業にも微妙に当てはまりますね。
と、思ってさらに調べたらピアッツアはネオではなくて、ネロでした。恥ずかしい(汗)。
[ 2012/02/27 13:21 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
ネオとネロ、発音は良く似ていますが、意味合いは結構違います。
「Neo」と「Nero」、「r」が一文字入っているだけですが、「Neo」が「新しい」という意味で使われる一方、「Nero」は「暴君」の意味で使われることが多い言葉ですね。
まあこれは昔のローマ帝国の偉い方の話ですから我々には関係のないことですが、今の世の中、「Neo」を標榜しながら実は「Nero」という偉い方々がたくさんいそうですね。個人的には、「ネロ」に屈することなく「ネオ」を目指すことができる百姓でいたいと思います。
[ 2012/02/27 21:17 ] [ 編集 ]
バブルがはじけた頃の国産車は判で押したように
外装パーツの削減とコストの掛からない外板プレスで
一気にチープになりましたね。
このファミリアはその典型だと思います。
先代がアスティナを擁したモデルだったからなおさらですね。

今思えば3ドアHBの人気凋落はこの頃から始まったような気がします。
ボディデザインにも迷いがあり、ある意味この時代を象徴するような車ですね。
[ 2012/03/01 00:03 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
バブル後、クルマ自体の低コスト化が進み、おっしゃる通りチープになりました。その後、ラインナップの低コスト化も進み、バリエーションもチープになりました。
国内で売れ筋のコンパクトカーのほとんどに、海外向けには今も3ドアHBが用意されているようですが、国内で販売されるのは5ドアHBのみです。せっかく用意しているのなら選択肢を増やすためにも国内販売すればよいと思うのですが、なかなか簡単にはできないんでしょうね。
[ 2012/03/01 13:10 ] [ 編集 ]
初めまして。別の車を検索してたどり着いたついでに好奇心で
元愛車を探してみたら見つかってビックリした者です。

都合8年間、最量販グレードであろう1500RSに乗ってましたが
初めての愛車にしては悪くなかったです。
質感はそこそこでしたが慣れましたし、1日200km運転しても疲労感の少ないシートは未だに代わる車がありません。
奇抜なデザインでしたが(でも一目ぼれ)その恩恵か後席とトランクが広く
同乗者に驚かれた記憶があります。
エンジンが非力で燃費もよくなかった(ATで街乗り9km/L)のが難点ですが・・・個人的には昨今のエココンパクトより数段魅力的です。
懐かしいものを見せて頂きました。有難うございます。

愛機は紫がかった紺色でしたので、まさにナスでした(笑)
[ 2012/10/29 00:27 ] [ 編集 ]
元NEOオーナー様

コメント、ありがとうございます。
偶然なのかどうかわかりませんが、私は今ファミリアNEOの直系子孫にあたるアクセラスポーツの1.5Lに乗っています。今年で8年目、質感はそこそこですが慣れましたし、疲労感の少ないシートに感心しています。
姿かたちは変わっても、そのDNAは変わっていないのかもしれませんね。
[ 2012/10/29 08:54 ] [ 編集 ]
現状まだネオに乗っています!
6年乗りました!走行距離は18万キロを達成!
まだまだ大事に乗りたいです。
[ 2015/05/10 09:02 ] [ 編集 ]
現状ネオオーナー様

コメント、ありがとうございます。
18万キロとはすごいですね。問題なく走ってくれて気に入っておられるなら買い換える理由はないのですから、ぜひとも20万キロ、30万キロまで乗り続けてほしいものです。
[ 2015/05/10 16:15 ] [ 編集 ]
初めましてこんばんわ。
ファミリア・ネオではありませんが、私も8代目ファミリアを所有していました。
私が新車で買った最初の車がこの8代目の新方向ファミリアでした。
それまでは中古のイスズのジェミニ・ディーゼルに乗っていました。
新方向ファミリアのグレードはGSで、1,700ccの白のディーゼル車でした。
8年半乗りましたが、ディーゼル車特有の黒煙の影響でリアバンパーに黒い汚れがこびり付いてしまい、洗車しても落ちなくなり71,000km程乗ったところで手放し、初代アクセラ(1.5L)に買い換えました。
クラリオン製の中村ひとみが津軽弁等の方言で道案内するCDカーナビを取り付け、カロッツェリアのカスタムフィットスピーカーとソニーのMDプレイヤーを取り付け、とてもいい音で音楽を聴いていました。いいカーコンポを取り付けたので、新方向ファミリアを手放す時は多少未練が残りました。
その後初代アクセラ(1.5L)は6年近く乗りましたが事故(被害)で失い、2代目アクセラ(1.5L)に買い換えましたが、こちらも2年後に事故(被害)で失い、2代目アクセラSKYACTIV(2L)に乗り換えました。最後のアクセラは1年乗ったところで失業したのを契機に手放しました。
ここ2年は車の無い生活を送っています。
車に夢中になっていたあの頃が懐かしいです。
現行アクセラは大きくなり過ぎてしまったので、仮に今買うとすれば新型デミオ(1.3L)でしょうか。
正直今は車に対する興味も薄れてしまいました。
[ 2015/06/18 18:41 ] [ 編集 ]
春一番様

コメント、ありがとうございます。
私は今でも初代アクセラの1.5Lに乗っていますよ。もうじき10年になります。現行型のアクセラは本当に大きくなりましたね。街で現行型とすれ違うと、とても自分のクルマと同じ名前のクルマとは思えません。まるでどこぞの高級ブランド外車のように見えてしまいます。
新型アクセラをはじめ、魅力的な新型車が次から次へと世に出てきますが、10年も乗り続けてくると不思議なもので自分の愛車がいちばんに思えてきてしまうんですよね。今のところ特に買い替えたいクルマもないので、私は当分今のアクセラに乗り続けると思います。
[ 2015/06/19 16:13 ] [ 編集 ]
kurumamaniacs様こんばんわ。
初代アクセラに乗っておられるんですね。
初代アクセラも最近ではあまり街中で見掛けなくなりました。
私のアクセラはテーマカラーの青でした。
確かウィニングブルーマイカという名前の色でした。
購入時にオプションで純正のDVDカーナビ、MDプレイヤー、マフラーカッター、15インチアルミホイール、リアスピーカーを付けました。
DVDカーナビはダッシュボード上にあり、ボタンを押してポップアップさせるタイプの物でとても気に入ってました。
後に定期点検の時に追加で本革のシートカバーを取り付けました。
初代アクセラは排気量毎に1グレードしかなく、1.5L車のシートの色はグレーで少し安っぽく不満だったので、黒の本革製のシートカバーを後から注文しました。
ですが2010年の7月7日の会社帰りに渋滞している対向車の車列から出てきたミニバンに横からぶつけられてしまい、車は大破しエンジンが掛からない程の損傷を受けました。渋滞していた車列にいた他の車2台も巻き込み、4台が絡む事故でした。
過失割合は8(相手):2(自分)でしたので、相手の保険から出たお金で2代目アクセラに買い換えました。2代目アクセラの色もテーマカラーの青でした。
個人的にはこの2代目アクセラが一番好きでした。
国産車には珍しい明るい派手な色の青でした。

マツダもファミリアやカペラを造っていた時代には、とても経営が苦しかったと聞いています。
アクセラ、アテンザ、デミオ等を造るようになってから、少しづつ経営も立て直し、技術的にもSKYACTIVに代表されるように飛躍的に進歩したように思います。マツダは好きなメーカーなので、今後も頑張って欲しいと思っています。
[ 2015/06/19 19:30 ] [ 編集 ]
春一番様

コメント、ありがとうございます。
私のアクセラもブラック内装の15Cが出る前のものなので、グレー内装の15Fですよ。安っぽいといえば確かにそうかもしれませんが、本当に安かったから個人的にはまったく気になりません。7年目の車検時の記事(http://kyuusyamania.blog73.fc2.com/blog-entry-371.html)です。よかったらご覧になってください。私のはオプションもほとんど付けていない素の車体です。
最近のマツダ車はどれも評判の良いものばかりで、かつての「マツダ値引き」もないようですね。マツダファンとしては、嬉しい反面、ちょっと複雑な気持ちです。
[ 2015/06/20 11:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。