旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・スターレット(EP71/NP70型) 

120218a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1984年にトヨタから発売された3代目スターレット(EP71/NP70型)です。トヨタのボトムレンジを担うスターレットもこの代からカローラ等と同様にFFとなりました。3代目には100PSオーバーのターボエンジンが搭載されたグレードも用意され、“かっとびスターレット”という愛称で走り屋の方々からも人気があったクルマでしたね。

 さて、3代目スターレット、このカタログはモデル末期のものなので“辛口ターボ”というキャッチフレーズが記載されていますが、その言葉通り、本当に辛口なクルマでした。こういう“辛口”(じゃじゃ馬的?)が好きな方にはたまらないクルマなんでしょうが、個人的にはこのクルマは“中辛”ぐらいがちょうど良いのではないかと思っていました。まあそう考える方はノンターボのグレードを選べば良いだけですから、辛口も中辛も甘口も用意してくれていた当時のトヨタはある意味、とても良心的でしたね。

 この“辛口ターボ”、当時近所のガソリンスタンドの息子さんが乗られていました。スタンドへ行くたびに、オーナーが苦い顔で、「また息子が事故を起こした」と何度も愚痴をこぼしていたことを覚えています。スタンドの隣に住居もありましたから、常に生傷の絶えない“辛口ターボ”をよく見ていました。

 最初のうちは板金修理をしていたようですが、そのうちに素人タッチアップだけの修理となり、最後にはガードレールの白と思われる白いラインもそのままで、どこにこすったのか容易に想像できそうな様々な傷を勲章の如く近所に披露していました。

 オーナーはいつも「スターレットが走りすぎるから」と愚痴をこぼしていましたが、息子さんのスターレットを見るたびに、「これはスターレットの性能が問題なのではなく、息子さんの性格か運転技術に問題があるのでは?」と思っていました。(もちろん思っただけで、口には出していません)

 あれから四半世紀が過ぎ、現在そのガソリンスタンドは営業していません。息子さんが亡くなったという話は聞いていませんので元気でおられると思いますが、同居はしていないようです。まだご健在のオーナーが乗られている軽がひっそりと停められた隣の住居を見るたびに、「やっぱりスターレットの性能ではなく息子さんの性格だろう」という思いと、当時の勲章だらけのスターレットを思い出します。

スターレット・3ドア・ターボS(EP71型)
全長×全幅×全高 : 3770×1600×1380mm
ホイールベース : 2300mm
車両重量 : 790kg
エンジン : 直4OHCターボ 1295cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/02/18 12:10 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(12)
シートのストライプ模様が年代を感じさせますね。
こーいったセカンドカーとして所持できそうなサイズ(軽~1.6くらい)の車で楽しそうなのをもっと作れば良いと思うのですが・・・
86も2000CCで価格も現実的に使えそうなグレードは結構な値段になってしまいますね。若い人は買いません(買えません)ね。
本気で若年層を広げる気があるのか?と思ってしまいます。
学生の頃、友人がもひとつ前のボロボロのKPに乗っていて、「ぶっとび」と言って馬鹿にしてたのを思い出します。
[ 2012/02/18 17:28 ] [ 編集 ]
この頃は、1.5リッターあたりのコンパクトクラスにもターボモデルが目白押しでしたね。

実は私が免許とって初めて買ったクルマは、パルサー(N12型)のターボモデル、ミラノX1ターボでした。
そして何を隠そうこのクルマ、kurumamaniacs様のブログに初めて出会ってN12のアップを拝見し、初めて「コメント」させて頂いたクルマです!!

決してパルサーを「望んで買った」わけではないのですが、やはり車重の軽さが利いているのか、アクセル踏み込んでしばらくすると「ヒューン」という音とともに、カタパルト的に加速するドッカンターボのイメージ、今でも思い出します。

それに、なんせ免許をとる教習者がローレルだったので、パルサーのクラッチの重さとつながりの早さは、全く別なクルマでカルチャーショックを受けましたっけ(笑)乗っていたときにはあまり意識していなかったのですが、E15ET形式という115馬力のエンジンを積んでいたようで、まさにこのスターレット同様、確かに「じゃじゃ馬」的な走りでした。しかし、今にしてみればこれまでのオーナーカーの中で、一番ハンドル握っていて楽しかったクルマのように思えます・・・

その後、ツインカムと組み合わせた「出だしから速い」ターボが主流になりますが、このスターレット含め、当時のターボ車は今では絶対味わえない魅力がありました。ドッカンかどうかは別にしても、またこんなふうに乗っていて「楽しいコンパクト」があったら、ちょっと欲しいかも!
[ 2012/02/18 17:49 ] [ 編集 ]
FLATELL様

コメント、ありがとうございます。
現在も安価で楽しそうなクルマがたくさんあることはあるのですが、時代の流れか、そのほとんどにCVTが搭載されてしまっています。
なにもかしこまって特別なスポーツカーやスポーティグレードを造らなくとも、各車各グレードにMTを用意するだけでもっとクルマが楽しくなるような気がします。
[ 2012/02/19 11:40 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
「じゃじゃ馬」的な走りだと危険だから各社知恵を絞って「じゃじゃ馬」的要素を排除するように技術開発が進んできました。
そして「じゃじゃ馬」的でなくとも速いクルマが世に出されるようになると、「じゃじゃ馬」的要素がないからクルマがつまらなくなったと人々が感じるようになります。
運転の楽しさを感じさせる“さじ加減”というのはなかなか難しいものですね。
トヨタの86が実際に街中を走るようになり、「86の文化」がどのように形成されていくのかという点にとても興味があります。まあ、くれぐれも街中では安全運転してほしいものですね。
[ 2012/02/19 11:55 ] [ 編集 ]
 私の友人が、この「スターレット」に乗っていたので、当時のことを回想しつつ・・・。
 諸兄が投稿されているように、現在ではコンパクトカーのスポーツは極々少数ですね。フィットのRS以外にはすぐに思い浮かばないのですが、この当時は各メーカーのCカーに色々ありましたね、「マーチターボ」とか。
 題名の件ですが、当時前記の友人ほか数名と徹夜で遊んでいたとき、持ち主のスターレットの友人が駐車場に停めた自分の車の後部座席で熟睡していました。私を含め3人の友人で車体後部に手を掛け「せーの」で持ち上げ「それ」で離すと、スターレットは一回大きくバウンドその後、件の友人は何が起こったか分からず車から飛び出してきました。今にして思うと昔日の若かった頃の元気よさと「スターレットってむっちゃ軽い。」という記憶が残っています。
 でももう今は、遊びで徹夜なんて絶対できません。
[ 2012/02/19 22:43 ] [ 編集 ]
この頃のターボはタイムラグがあり、そのせいもあってきっと「どっかん」というその感覚を味わえたのでしょうね。私のステージアもターボで、倍以上の235psですが、高速以外で殆どターボを感じたことはありません。普通道路では、燃費を気にしてアクセル開けられませんから(泣)
さて、カタログの最初にあるようにイエローヘッドバルブライト。一昔前の車にありましたね。近所の先輩が乗っていたスプリンターカリブもそうでした。しかし、このヘッドライト、どう見ても実用的ではないですよね。はっきり行って暗い。ヨーロッパのエッセンスを取り入れても、所詮日本の気候には無理があるようです。
[ 2012/02/20 13:00 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
今はコンパクトと言っても結構大きいですから、当時のコンパクトカーとは運転感覚がずいぶん異なりますね。重量もだいたい200kgぐらい重くなっているようです。そのぶん安定感や安全性が高まりましたが、軽快さは少なくなりました。当時の重量のままで今の安定感や安全性を実現することはなかなか難しいのかもしれませんね。
[ 2012/02/20 16:40 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
ヘッドライトといえば、今のHIDライトはすごく明るいですね。あの白く明るい光にびっくりしていたのも束の間、最近ではLEDヘッドライトまで出てきました。ヘッドライトの進歩もすごいものですね。
HIDやLEDのとても明るい光の助けを受け、私は今でも電球ライトでゆっくり夜道を走っています。
[ 2012/02/20 16:58 ] [ 編集 ]
懐かしいですね~スターレット(^-^)
友達がSiグレードを所有してたので何度か運転させてもらいましたが、動力性能は十分「速い!」って思わせてくれる楽しいクルマだったと記憶してます。トヨタ車独特のゆる~いシフトフィールだけは頂けませんでしたけど。

この当時は、軽から高級車までターボ&スーパーチャージャー!
1度シャレードのツインカムターボGT-XXを運転しましたが.....まぁ~凄かったですよ加速が。2リッターターボに慣れてるアタシも恐怖を覚えるほどでした。アルトワークスも「これって脱税レベルじゃない!?」って思いましたね。

派手なステッカーやエアロも、今ではありえませんね~。
ライトの進歩もそうですが、タイヤのサイズも時代の流れを感じますね。
当時のコンパクトクラスは14インチ60扁平でも自慢モノだったのに、今時はアタシのソニカでも55扁平15インチ.....年齢と共にタイヤ交換がしんどくなってきました。

ガソリンスタンドの息子さんのエピソード.....「走り屋」は私語でしょうから(汗)今で言えば「ドリフト小僧」でしょうか?
会社に居るんですよね、ボロボロのC33ローレルに乗ってるコが。爆音マフラーに砕けてボロボロのFRP製エアロ、偏磨耗したタイヤを見る度に「あぁ~あ.....」と思ってしまいます(-_-;
[ 2012/02/21 10:02 ] [ 編集 ]
にゃんこママ様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、タイヤもずいぶん様変わりしましたね。いまでは50や45といった扁平率のタイヤもそれほど珍しくなくなってきました。82タイヤがタイヤの基本形だと思っている私の感覚ではずいぶん歪なタイヤに見えてしまいます。
「走り屋」「ドリフト小僧」と呼ばれる方々にはそのようなタイヤが必要なのかもしれませんが、私には不要です。それに、それらのタイヤって、値段もすごく高いですしね。
[ 2012/02/21 13:11 ] [ 編集 ]
このスターレットの生き残り、もう壊滅状態ですよね。あの旧車駆除の政策が始まる以前より路上からはスッカリ消え失せてました。昨年1台、黒/グレーのツートンの後期型3ドアターボSがグーグルストリートビュー上のヒットから実車の発掘に至りましたが、膨大なカネを巻き上げての駆除まで行われた現在、こちら大阪府下では現存10台未満は濃厚、ひょっとしたらその1台だけかもしれません・・・・。ちなみにライバルだった日産の初代マーチはストリートビュー上のヒットすら皆無なので現存0台の可能性大です。

ところでこのターボエンジンはパワーを2段階に切り替えられる機能があり、NAでEFIのSiで甘口ならばターボのローモード状態が中辛に相当するかもしれませんね(笑)。
[ 2012/02/22 02:09 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
つい昨日のニュース(http://www.carview.co.jp/news/0/161361/)ですが、すっかりお目にかかることがなくなったスターレットのエンジンが、今でもアイシン精機のガスヒートポンプ用エンジンとして使われているそうですね。こういう記事を見るとなんだかホッとします。
願わくば、廃車となったクルマのエンジンをオーバーホールして再利用できるようになればもっといいですね。
[ 2012/02/22 11:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。