旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スバル・レガシィ・ツーリングワゴン(BF3/5/A型) 

120210a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120210a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年にスバルから発売された初代レガシィ・ツーリングワゴン(BF3/5/A型)です。このカタログは91年にマイナーチェンジされた後期型のものなので、前期型とはフロントの形状が少し変わっていますね。ページをめくっていくと、今ではすっかりダイハツ・ミラ・イースの顔となっているブルース・ウィリス氏が、髪の毛フサフサ状態で登場しています。レガシィが誕生したのはまだ最近のような気がしていましたが、ずいぶん時間が経ったものですね。

 さて、スバルのレガシィといえばステーションワゴンブームの立役者で、ツーリングワゴンがすぐに頭に浮かびますが、初代レガシィ誕生時に大々的にPRされていたことは、セダンが10万kmの速度記録を達成したということだったんですよね。セダンとツーリングワゴンの販売比率も、販売開始の89年にはほぼ半々でした。しかしツーリングワゴンの人気が高まってくると徐々にワゴンの比率が高まり、2代目になるとセダン・ワゴン比が1:8ほどになってしまい、レガシィ=ツーリングワゴンというようになってきました。そしてそれではまずいと3代目からセダンにB4というサブネームを与えてテコ入れをし、以後、スポーティセダンとツーリングワゴン、どちらもそれぞれに魅力的なキャラクターを維持していますね。

 ところで、カタログのブルース・ウィリスさんが写っているページには、“豪華さを誇示するようなクルマや、やたらと性能を競うようなクルマは好きではない。ブランドで買ったわけではないし、トレンドに乗ったわけでもない。必要にして十分な性能と装備。そんなところも気に入っている。”と記されています。そして次のGTのページには、“力は誇示するよりも内に秘めておいた方がいい。”との記載があります。

 レガシィは代々人気車種ですから、オーナーの方それぞれにとっての“レガシィである理由”があると思いますが、個人的には上記の部分がレガシィのもっとも大きな魅力だと思っています。

 それにしてもこのカタログは91年のものですから、当時は確かに“豪華さを誇示するようなクルマ”、“やたらと性能を競うようなクルマ”、“ブランドで買ったクルマ”、“トレンドに乗ったクルマ”が溢れていましたね。不況のどん底にある現在でも、不思議と当時以上にこれらのようなクルマが溢れているように感じられるのは気のせいですかね?まあ当時と異なるのはやたらと競っている性能というのが燃費性能である点ですが・・・。

レガシィ・ツーリングワゴン2.0 TURBO GT(BF5型)
全長×全高×全幅 : 4620×1690×1500mm
ホイールベース : 2580mm
車両重量 : 1400kg
エンジン : 水平対向4気筒DOHCターボ 1994cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/02/10 13:35 ] 1980年代スバル | TB(0) | CM(12)
髪あるな、ブルース!(by綿引勝彦)今彼が顔となっているクルマの名前、間違ってますよ。正しくは「ダイモツミロウス」です(笑)。

それはさておき、デビューした時でもセダンとワゴンが半々とは当時では異例ですよね。

やたら競ってるのが燃費性能・・・・これも正確には「カタログデータ上の燃費性能」ですね。リッター30だTNPだのぬかしても、実際はその半分くらい・・・・。先日ウェブCGで“新TNP27”の最新ムーヴとコペンのATを比較テストした記事がアップされたのですが、燃費はムーヴがリッター18.71km、コペンが同14.49kmとのこと。カタログデータはほぼ2倍違うのに、これこそ「SBN!!!!」ですわ( ̄∀ ̄メ)・・・・。小日向文世はシャシダイみたいな実験台のデータでドヤ顔してる岡田准一らをフルボッコにしてもイイと思います(笑)。
[ 2012/02/11 15:07 ] [ 編集 ]
この頃のワゴンモデルって、もともとラインナップされている商用グレードの「バン」をベースに5ナンバー化してオーナーモデルに仕立て上げた・・・そんな感がありましたが、そういう意味でこのレガシーは、バンも存在しない完全なオーナーカーとしての「ワゴン」の地位を確立したパイオニア的存在でしたね。

また、私見ですが当時はスキー・キャンプやBBQなどのアウトドアが流行っていて、日常の生活プラス、スキー道具やキャンプ用品などの「荷物」を積んで走る・・・というシチュエーションを考えると、ワゴンというカテゴリーは、セダンやクーペよりも明らかに使い勝手がよかったのですかね。

その後「右に倣え!」的に、各メーカが乗用モデルに次々とワゴンをラインナップしましたよね。しかし同時に、荷物も沢山積めて居住性にも勝るミニバンが折りしも台頭し、そのポジションが奪われていく・・・でも当時の乗用ワゴンは、ベースモデルのクルマ本来の「魅力」でまず選ぶ・・・という選択肢が、まだ自由に選べた時代だったと思います。

今で言えばフィットシャトルやプリウスαあたりが乗用ベースのワゴンなのでしょうが、これとて「燃費性能」をやたら競う選択肢が前提での派生モデルという感じがして、本来のモデルの「魅力」としてチョイスする感が希薄のように思えてなりませんが、これも「時代」なのでしょうか・・・
[ 2012/02/11 17:30 ] [ 編集 ]
かつて私の同級生がこのタイプのレガシーの
ベーシックグレードの「Mi」の5MT車を購入しようとしていました。

なぜなら、彼は頑なにパートタイム4WDにこだわっていたのです。

彼曰く「普段は2WDで走っていた方が燃費が良かろう。」と言うことです。

2WDに切り替えられたところで、ドライブトレーンはそのまま車両に付いたままですからあまり変わらないんじゃないかなと思うのですがどうでしょうか?(笑)

結局、彼が買ったのは当時現役の130系ハイラックスの3.0Lディーゼル(4AT)でした。

あんなに燃費を気にしていたのに・・・。
[ 2012/02/11 22:10 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
ミライース自体はともかくとして、個人的にあのブルース・ウィリス氏のCMは、サントリー・ボスのトミー・リー・ジョーンズ氏のCMと並んで大好きなCMです。やっぱりカッコいい人は何やってもカッコいいんですね・・・。
カタログ燃費と実燃費の乖離は何とかしてほしいものですね。今ではカタログに記載すらなくなってしまった60km/h定地走行燃費ですが、意外とこの数値が最もクルマの燃費を推察するにあたり、信憑性がある数値のような気がしています。
[ 2012/02/12 14:37 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
今ではちょっと下火になってるステーションワゴンですが、個人的にはステーションワゴンという形態がクルマの理想形だと思っています。
積載能力を重視するのなら中途半端なミニバンよりもハイエースのほうがいいですし、走りや乗り心地を重視するのならやっぱりセダンが優れていると思います。
走り、積載性、乗り心地がバランスよく備わっているのは、やっぱりステーションワゴンだと思います。とはいえ、今のご時勢では中途半端な存在になっているんでしょうね。
ステーションワゴンほどメーカーにとって新たなアイデアを埋め込む余地が残されている存在を、蔑ろにしている現状が、なんだかもったいなく思います。
[ 2012/02/12 14:54 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
レガシィのフルタイム4WDは、ジープやランクル、ジムニーといったクロカン四駆の4WDとはちょっと意味が異なると思います。
まあ、確かに2WDで走ったほうが多少は燃費がいいかもしれませんが、舗装路における安定性を主眼にしたフルタイム4WDシステムをあえて使わないのは燃費以上にもったいないですね。

とはいえ、もし私が購入を検討するのなら、手動で2WDと4WDを切り替えられる唯一のグレード、Miにかなり惹かれてしまうかもしれません。
[ 2012/02/12 15:08 ] [ 編集 ]
 レガシーツリングワゴン、かっこいいですよね。
 しかし、私はレガシーは本文にも触れられている、「B4]の5MTしか乗ったことがないですよ。以前、義兄がこの3代目B4に乗っていて、一度運転させてもらったのですが、エンジン音といい、加速の伸びといい「やはりスバル。」の感でした。やはりMTは運転していて楽しいですね。
 ところで題名ですが、私事で恐縮なのですが、ステーションワゴン暦20年目なんですよ。カペラカーゴワゴンPWS-Dに始まりカペラワゴン2000SXそして現在のアテンザスポーツワゴン25sになっている訳ですが、日常ユースで使うには便利ですね。因みに、どうして義兄がB4だったかというと、義兄の奥さんは私の妻の実姉で、実家は商店だったことから、ツーリングワゴン(ステーションワゴン)は「配達に使う車」(ライトバン)と同型だということで、セダンのB4のみ購入が許可された経緯があるようです。
 ところで妻いわく「うちの車は何でも乗るから便利だわ。」とよく言っています、内心複雑です。
 「俺の車は貨物車じゃないぞ。TvT」
[ 2012/02/13 22:48 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
私のアクセラもステーションワゴンというにはちょっと中途半端ですが、似たようなものです。使い勝手はとてもいいですね。私は農業資材をホームセンター等でよく調達してきますので、そんなときには後席を倒した荷室がとても重宝します。
この使い勝手に慣れてしまうと、もう他のボディタイプにはなかなか戻れませんね。
[ 2012/02/14 08:56 ] [ 編集 ]
仲間が長く乗っていましたが、水平対向エンジンは走行距離が長くなると整備費がかさばり、ヒイヒイ言ってました。しかも、最後はエンジン音も変わり、周りからは蒸気機関車が走っていると揶揄されていました。
私もステーションワゴンは賢い選択だと思います。しかし、私のステージアはスタイルを重視した為か、車高が低くて積載力はいまいちですね。リアドアも厚いので、あと少しのところで閉まりません。それに比べて、仕事で使っている軽ワンボックスはビックリするぐらいの積載能力です。価格=実用性ではないことの証明ですね。まあ、スーパーカー等はこの最たるものでしょうが。
[ 2012/02/14 13:28 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
“車高が低くて積載力はいまいち”、これこそステーションワゴンの一番の魅力だと思います。確かに積載力はワンボックスやミニバンにかないませんが、車高の低さから実現されるセダン(スポーツカー)の運転感覚は積載能力に優れたワンボックスやミニバンがいくら頑張っても物理的に無理です。
セダンやスポーツカーの運転感覚を維持したままでプラスアルファの積載能力があるステーションワゴンは、個人的には理想的なクルマの形だと思っています。
初代ステージアには確かGT-Rのステーションワゴン版があったと思います。そしてランエボにも突然変異でランエボワゴンがあったと思います。これらはステーションワゴンという形態だから実現したわけで、おそらくエルグランドやデリカでは実現しなかったと思います。(あっ、そういえばRVRのランエボバージョンがあったかな・・・)
まあ、細かいことはさておき、私も“ステーションワゴン万歳”です。
[ 2012/02/14 19:58 ] [ 編集 ]
私が結婚したときに、このときのⅤZ・Rを買い、7年ほど乗ってました。ハンドルが、モモステやったな。
[ 2013/03/06 11:37 ] [ 編集 ]
イスト様

コメント、ありがとうございます。
レガシィの上級グレードにはモモステが付いていましたね。昨今のようにエアバッグやステアリングスイッチが標準装備になってくると、ステアリング交換ができなくなってしまいましたからちょっと寂しいですね。
ステアリングをモモに変えたんだ、ナルディに変えたんだ、なんて会話がさっぱりなくなってしまった今は、やっぱりちょっと寂しいですね。
[ 2013/03/06 20:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。