旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・セラ(EXY10型) 

120203a01l.jpg
(画像クリックで拡大)

120203a02l.jpg
(画像クリックで拡大)

120203a03l.jpg
(画像クリックで拡大)

120203a04l.jpg
(画像クリックで拡大)

120203a05l.jpg
(画像クリックで拡大)

120203a06l.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年にトヨタから発売されたセラ(EXY10型)です。特徴的なガルウィングドアとガラストップを纏い、コンセプトカーそのもののイメージで発売され、大きな話題となりました。もっとも、話題となっただけで、ベストセラーになったという話は記憶にありませんが・・・。

 さて、このセラ、もちろん一番の特徴は憧れのスーパーカーでしかお目にかかることがないガルウィングドア及び、開放的な気分を味わえるガラストップが装備されていることですが、それ以外には特にセールスポイントがありません。先進的なオーディオシステムも特徴のひとつといえなくもありませんが、これはオプションなので、付けなければ高性能なオーディオ機能を堪能することはできません。

 つまりこのクルマ、ガルウィングドアとガラストップが付いたスターレットです。でもこういうクルマっていいですね。高性能エンジン、静粛性、低燃費、高級感、利便性等、それぞれのクルマがあるテーマを基に開発されているわけですが、開発テーマが“ドア”というのは後にも先にもこのセラだけだと思います。

 エコカー一辺倒の現在においては、いかに低燃費を実現するための優れたシステムが導入されているかがカタログで大きく謳われていますが、このセラの場合、最初に謳われているトピックが“ドアの内部に組み込んであるドア操作力温度補償ステー”。なんでも“気温が変化しても、ほぼ同じ力でドアが開閉できるようにしています。”とのこと。

 自動車産業にとってはとても厳しいご時勢になってきましたから、おそらくカタログで最初に表記する機能説明が“ドアのダンパー”というクルマが今後発売されることはまずないでしょうね。

 以上にように、とても個性的なセラでしたが、販売台数は5年半で1万6千台弱。まあほとんど売れなかったレア車の部類に入る台数ですね。それに引き換え車格も価格帯もほぼ同じクルマであるトヨタの新型アクア、1ヶ月で12万台も受注したとのこと。やっぱり今の時代、“ドア”よりも“リッター40km”のほうが必要なんですね。

トヨタ・セラ(EXY10型)
全長×全幅×全高 : 3860×1650×1265mm
ホイールベース : 2300mm
車両重量 : 890kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/02/03 17:17 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(16)
時代に発売されただけあってトヨタらしくない?車が色々発売されていて今より自動車に魅力を感じて物欲を沸き立てられる時代に販売された車ですね

今のアクアは燃費がよくてもセラのようなトキメキを感じない?ある意味空気のような車かも?
[ 2012/02/03 19:28 ] [ 編集 ]
当時、というかこのセラが発売されてからしばらくして、
時代のトレンドを「押さえていた」はずのトヨタの「唯一の失敗作」という記事を、何かの週刊誌で読みました。

でも個人的には、ガルウィングをスターレットベースでリリースする発想が驚異的かもです。ガルウィングと言えば、真っ先にカウンタックしか思いつきませんでしたし!
今の日本事情では、狭い駐車場しかない環境で、ドア開閉が横方向でなく縦方向で乗り降りできるクルマって、意外に重宝されるのでは!?

余談ですが、このCMのBGMを担当している「T-SQUARE」、日本にF1が定着したあのお約束の曲を演奏しているバンドですね・・・オヤジバンドをやっている私としては、いろんな意味で思い出に残るクルマです(笑)
[ 2012/02/03 21:56 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
今は各メーカーとも目指すところが同じラインに収束しているので、クルマにたいしてなかなかトキメキが感じられないのかもしれませんね。
空気のようなクルマばかりになってもなんだか寂しいものですね。
[ 2012/02/04 12:08 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
営業的には失敗作だったのかもしれませんが、あのセラのドアがもしトヨタ86に採用されていたらとてもカッコいいスーパーカーになっていただろうなぁと考えると、あのドアのダンパーをセラ一代で終わらせてしまったのはちょっと残念な気がします。
[ 2012/02/04 12:18 ] [ 編集 ]
こんにちは。
前の職場の人が乗ってました。
夏はとにかく暑い!といつも文句言ってたのを思い出します。
[ 2012/02/04 15:00 ] [ 編集 ]
大学時代、同級生がこの車を購入しました。私は彼とは差ほど親しくは無かったのですが、旧友曰く
「同姓からも異性からも嫌われる男」
だそうで…

「とにかく自意識過剰らしいぜ。」

との人物像を聞いていました。

その彼が、授業が始まる前に大講堂で、大声で
「俺、ガルウイングの車こーたんやで!! スーパーライブサウドシステム言うのついててん。めっちゃええ音出すねん!!街中で乗り降りするとめっちゃ目立ってん!!」

と言っているのをみて、上記の人物像のなんたるかを知りました。閑話休題。

フラッテルさんがおっしゃっている通り、
「エアコン効かへんねん!! トヨタに文句ユーたる!!」
と、彼も盛んに言っていましたね。

誰も彼の車には乗りたがらず、「トヨタスーパーライブサウンドシステム」も「ガルウイング」も体験した人間はいませんでした。

ドアを売りにした車と言えば、ほぼ同クラスで今も売られている「ポルテ」でしょうか?

あぁ、因みにこの「セラ」万が一車が横転した際にはリアハッチが自動的に開いて緊急脱出口になるという機能も付いていましたね。

ガルウイングの可否はともかく、こうしたコンパクトな2ドアクーペ(別にエンジンはハイパワーでなくてもよい)が根絶した今、新鮮に見えるのは私だけでしょうか?
[ 2012/02/04 18:45 ] [ 編集 ]
懐かしいですね~セラ♪ この当時は何でもアリでしたね(^^;
発売前のモーターショーに出品されたセラを一目見て「カワイイ!」その後発売されて実車にご対面、ドアを開けてシートに座りドアを閉めて、明るいベージュのオシャレな内装、一面ガラスの開放感、オーディオの音質の良さに感動!すっかり気に入ったのもつかの間、降りようとしたらドアが開かない!上に持ち上げようにも重くて開かない!
このクルマ.....室内側からドアを開けるのはちょっとコツが要るみたいで。
パニックになった私を見て営業マンが「肘でドアを外側に押して!」と。言われた通りにしたら呆気無くスー....と。やっと開きました~(T-T;コツが要るなら乗る前に言え~っ!
セラは悪くないんです、アタシが悪いの(T-T)
でも、これがきっかけでガルウイング....大嫌いになりました(×_×;)
[ 2012/02/05 10:08 ] [ 編集 ]
FLATELL様

コメント、ありがとうございます。
確かに温室のようなものですから夏は暑いでしょうね。その反面、冬は暖かそうですね。
私は冬場、よく日のあたるところにクルマを停めてその中で読書をするのですが(そうすれば暖房費がかからないから)、セラなら冬場の理想的な書斎になりそうです。
[ 2012/02/05 11:50 ] [ 編集 ]
BOSSゴン蔵様

コメント、ありがとうございます。
自意識過剰でセラなら、その同級生の方、意外と可愛らしい“自意識過剰”ですね。セラが発売された頃、私が勤めていた会社の若い子たちはスープラ・ソアラ系、パジェロ・サーフ・テラノ系等、なんでもありの時代でした。まあ入社した年のボーナスが70万円もあればボーナス払いのローン組んでどんなクルマでも買えてしまいましたからね。
当時、私は5万ほどのマウンテンバイクもどきが愛車でしたが、あの頃の自意識過剰の新入社員の子たち、今どんな“自意識過剰”をしているのかちょっと興味があります。
[ 2012/02/05 12:15 ] [ 編集 ]
にゃんこママ様

コメント、ありがとうございます。
このセラ、女性にとても人気があったそうですね。「キャー、カワイイ!」と奥様がセラに一目惚れ、そして奥様用にセラを購入、セラは外から運転席が丸見えなので、オシャレにも気を使わなくてはいけない、新しい服を買って!・・・、という際限のない泥沼にはまってしまったご主人もきっと何人かはおられたことと思います。
ちょっと話がずれてしまいましたが、ガルウィング、もし今の技術で再び世に出ることがあるのなら、きっとレバーを引けば途中まで開き、あとは持ち上げる、とか途中まで閉じればあとはゆっくり自動で閉まる、という機能が付くと思いますよ。
[ 2012/02/05 12:54 ] [ 編集 ]
機能はどうであれ、これを市販したトヨタと時代背景に感謝です。
皆さんのコメントにあるように、夏は温室状態で我慢大会の様相だったとか。本当か嘘かは分かりませんが、エレベーター式の立体駐車場に入ったら出られなくなった等、都市伝説的な逸話もありましたね。いくらなんでも、買う前に営業から説明があるでしょ。
[ 2012/02/06 12:38 ] [ 編集 ]
 ガルウィングの「セラ」ありましたねー。懐かしいです。
でも、ここ数年見たことがないんですよ。絶版車マニアの方からすれば、いまひとつ興味が沸かない車なのかも知れませんし、頑なに一車一徹の方もあの「天井ガラス張り」では諸兄が投稿されていたように、空調面での苦労があり、また経年劣化には見るからに弱そうな車で、泣く泣く?手放された方もいるかもしれませんね。
 ところで、この車、私の愛車「アテンザ」と、いうより最近のマツダ車と共通する部分がひとつだけありました。それはベンチレーターの手で開閉できる「ふた」。おそらくkurumamaniacs様の「アクセラ」にも当然装備されていると思いますが、表現が「ふた」としかできなくて、己の表現力の無さに恥じる次第ですが、やはり「蓋」は「ふた」なのです。そして、今は冬場なので愛車の「ふた」は閉じています。
[ 2012/02/06 22:54 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
昔、タワーパーキングに入れたセダン型のクルマから荷物を出そうとしてトランクを開けたら、ゴンドラを支える支柱に“ゴン”したことがありましたので、駐車場の形状によってはその逸話、本当にあったかもしれませんね。
[ 2012/02/07 09:54 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
「ふた」って、丸いエアコン吹き出し口のことですよね。もちろん私のアクセラにも付いています。あの部品ってよく考えられていますよね。単純な構造ですが、あの部品ひとつで全方向の風向き調整と吹き出し口の開閉が直感的に出来てしまいます。
セラに付いているのもそっくりですから、部品を造っている下請け会社は同じなのかもしれませんね。
[ 2012/02/07 10:11 ] [ 編集 ]
★初めまして。昨年から再び乗ってます♪以前乗ってた時は追突され廃車に(泣)。残念なお別れでしたが、昨年地元の店で以前と同じ色に加え、走行距離1万キロ以下のセラちゃんと奇跡の再会!現実的には時代錯誤かな?と悩みましたが、ラストチャンスと思い購入。燃費は辛いけど剛性など新車並みで、90年代にタイムスリップした様な不思議感覚♪子供達の歓声や速度落とし見て来る人、片手をあげ助手席の人にドアを説明してる人も(笑)。エコカーでもなく時代に逆行してますが、乗れる内は楽しみたいなぁと♪もうサウナカーの季節ですが(笑)☆
[ 2012/05/09 10:16 ] [ 編集 ]
星の王子さま☆彡様

コメント、ありがとうございます。
あらゆる部分にコストダウンが感じられる現在のクルマとは対照的に、セラはほとんど無駄とも思える部分に金をかけてあるクルマですので、現在のエコカーとは違った満足度が得られることと思います。それも以前に乗られていたとなればなおさらでしょうね。きっと星の王子さま☆彡様とセラは何らかの縁があったんだと思いますので、ぜひ大切に乗られて、セラを思う存分楽しんでくださいね。
[ 2012/05/09 15:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。