旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ギャラン(E31/32/33/39A型) 

120127a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120127a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年に三菱から発売された6代目ギャラン(E31/32/33/39A型)です。いかにも三菱っぽい逆スラントノーズの精悍なフロントマスクが印象的で、カタログでも“インディビデュアル4ドア”という聞き慣れない外来語のキャッチコピーが使われている通り、個性的な存在でしたね。また皆様ご存知の通り、この代のギャランにはVR-4というスポーティーグレードが用意されており、4G63ターボエンジンが搭載された後のランエボの直接的な祖先としても有名ですね。

 さて、この6代目ギャラン、当時勤めていた会社の同僚に、VR-4ではありませんでしたが、このギャランに乗られていた方がいました。とても個性的な方で、カタログの言葉を使えば“<個>にこだわるインディビデュアリスト”そのもののような方でした。

 その彼、既婚で子供もおられたのですが、どういうわけか離婚され、マンションも子供も手離し、まだしばらく続く養育費の支払い義務を負いながら、ギャラン1台で再スタートを切るとのこと。なんでも田舎出身の彼と都内出身の奥様、価値観が合わなかったそうな・・・。

 その話を聞いたときには、ギャラン1台以外は全て奥様に渡してしまうとは、さすがインディビデュアリスト!と思ったものでした。

 ところが、それからあまり時間が経たないうちに、再婚したから挨拶に行くという連絡がありました。部署は違ったものの、同僚でしたが結婚式には呼ばれていませんし、結婚したという話も聞いていませんでした。

 夜、約束の居酒屋で待っていると、なんと彼はお腹の大きな新しい奥様を連れてきました。うーん、これって、“さすがインディビデュアリスト!”ではなく、価値観が合わないのでもなく、ただ彼が女癖悪かっただけではないのかな?ギャラン以外全て奥様に渡してしまったというのも、本来ならギャランも渡さなくてはならなかったけど、奥様がいらないと言っただけではないのかな?と余計な詮索をしてしまいました。もちろん頭の中で考えただけで口には出していませんが・・・。

 その日は、話題を選びながら無難な会話をし、何とか二人の前でボロを出すことなく過ごせてホッとした記憶があります。ちなみに彼、ギャラン1台で再スタートを切ると言っていましたが、その日の会話で、カローラに買い替えたと言っていました。

 <個>にこだわるインディビデュアリストが再スタートを誓ったはずの相棒、インディビデュアル4ドア・ギャランがあっという間に“できちゃった再婚男のカローラ”に・・・。まあギャランに罪はまったくないのですが、なんだか個人的にはとても好きだったこのギャランがかわいそうでした。

ギャラン・MX(E33A型)
全長×全幅×全高 : 4530×1695×1430mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1160kg
エンジン : 直4DOHC 1997cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/27 16:02 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(18)
こんな個性的な車、元嫁にしたら”元亭主”以外の何者でもないのでしょうね(笑)知り合いに合ってもすぐに元亭主の車乗ってるとか他人に言われそうだし。
[ 2012/01/27 17:19 ] [ 編集 ]
コイツには5年12万k乗っていました。
ご指摘の通り、当時ラリーダートラ界では最強マシンでイベントによってはワンメイクのようでした。
当時学生のくせにバブルの経費落としで買って貰ったんですよ(^^ゞ
本当は競技ベースのE38が良かったんですが、新古のE39でした。
数値的には現在の車のほうがよっぽど速いでしょうけど、VR4の加速の凄さはいまだに最高です。
車のお陰で地方イベントでは入賞出来たり、はたまた青森まで遠乗りしたり、私にとって青春の一台ですね。
車が車だけにいじって遊ぶことは少なかったですが。
[ 2012/01/27 19:06 ] [ 編集 ]
FLATELL様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、元嫁からしたら元亭主の臭いが染み付いたクルマ、そして新嫁からすれば、元嫁の臭いが染み付いたクルマ、ということで、カローラになってしまったんでしょうね。
[ 2012/01/28 11:26 ] [ 編集 ]
元はとばす様

コメント、ありがとうございます。
経費落としでVR-4を買って貰ったとは・・・、なんとも羨ましいです。私は当時仕事の都合で都内に住んでいましたが、駐車場が借りられずにクルマ無し生活をしていました。
それにしても5年で12万キロというのも凄いですね。まるで営業車のような走行距離ですね。私のアクセラ、もう6年超えていますが、まだ2万キロ台です。
[ 2012/01/28 11:37 ] [ 編集 ]
今回は「旧車にまつわる思い出編」ですね!

私もよく、かつての知り合いや友人が乗っていた「旧車」にたまたま街で出会ったりすると、当時の思い出や出来事がフラッシュバックしたりします。さらにそれでも飽き足らずに、中古車販売サイトでその旧車を検索、インパネや内装を見て、助手席やリアに乗っていた当時のノスタルジックに浸ったり(笑)

でも最近はkurumamaniacs様のカタログアップで、データや当時の「キーワード」まで懐古でき、大変満足しております!!

そういう意味ではこの6代目、知り合い関係に乗っていた人はいなかったな・・・しかしVR-4の思想がその後のランエボに正常継承されますが、現行のギャランフォルティスは完全にランサーと「同化」してしまっているような感が否めず残念なのですが・・・
[ 2012/01/29 17:20 ] [ 編集 ]
一連の政策でかなりの旧車がまっさらな新車に化けましたが、皆さん大体同じメーカーのヤツに換えてますよね。そんな中でも三菱車の事例が見当たらなかったのですが、この間ストビューからあたったこの型のギャランがギャラフォルのスポーツバックとおぼしき(シルエットやわずかに見えたホイールから確定と思われますがカバー被ってたので一応推測)実物でした。ストビュー上でしか存在しなかったヤツはVR-4だったのかが気になるところです(後期のスポーティーグレードという範囲しか断定できません)。この型のギャランはこちらのほうでは今でも探せば出てくるのですが、中古市場では大変不人気だったようで分類3桁ナンバー車および近年では一番流通が多そうなVR-4は通りすがり1台たりとも見掛けず、新車時ナンバーのMXとかばかりです。
[ 2012/01/29 20:09 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私のブログは、基本的にほとんどが「旧車にまつわる思い出編」です。それもきわめて個人的な「思い出編」ですので、文章についてはあまり真に受けず、カタログ画像をご覧になられた方々がそのクルマについて、それぞれの「思い出」に浸っていただけたら幸いです。
現行のギャランフォルティスは国内でギャランと名乗っているだけで、海外では全てランサーとして販売されていますから、「同化」というよりもランサーなんですよね。
海外のみで販売されている現行の「ギャラン」は、もし国内で販売してもおそらくまったく売れないと思います。言っちゃ悪いですが、かなりカッコ悪いです。
[ 2012/01/30 11:13 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
この型のギャランから現行のギャランフォルティスへの買い替えというのは、おそらくオーナーさんにとってとても自然な買い替えだったんでしょうね。車格も雰囲気も似ていますし、どちらもかなり“インディビデュアル”ですし・・・。
それにしても、私の住んでいる地域が愛知県だからかどうかわかりませんが、最近はランエボ以外の三菱車をめったに見ません。三菱車って売れているんでしょうかね。
[ 2012/01/30 11:29 ] [ 編集 ]
コメント頂きありがとうございました。これからも、いろんな「思い出」に、このサイトで浸らせて頂きます!

さて、ご教示頂いた海外版現行「ギャラン」がどうしても気になって、久々にウィキで調べてみましたが、おっしゃる通り・・・

3ナンバー級のコンフォート「ビッグセダン」、一瞬ティアナかと思いました(笑)これは確かにギャランとは全く別物、国内ではあり得ないですね!!

しかし、この海外仕様をあらためて見て「ギャラン」というブランドを三菱がどう捉えているのか・・・が気になりました。頂いたコメントの通り、現行はまさに「ランサー」そのものですし、かつてのランサー自体は、エボは乗ってないのでわかりませんが、他のグレードでもクルマとしてはそれなりに完成度が高いと感じていました(ちょっと違いますが、仕事で駆っていたランサーベースの「リベロカーゴ」なんて最高でしたし!)

やっぱり三菱車としては、どんな形態にせよ「ギャラン」というブランドが、海外では必要なのでしょうか・・・

[ 2012/01/30 18:54 ] [ 編集 ]
 このギャラン、以前勤務していた会社の先輩が乗っていました。
 その先輩は、某自動車評論家の信奉者(信者?)でその方が毎年発行される本に、この車が一押しされていて、その購入した新車(多分VR-4)を運転させてもらったのですが、投稿されている諸兄には申し訳ないのですが、余り記憶に残っていないんですよ。多分、新車を運転させてもらったということで緊張して、どんな運転感覚なのか覚えていなかったのかも知れませんが、ただ一つ記憶しているのは、インパネのメーター類が他車に比べかなり大きかったのはハッキリ覚えています。
 あれだけでかいメーター類のメリットって一体何?視認性??
[ 2012/01/30 22:43 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
ギャランが海外でどう受け取られているのかはわかりません。しかし北米にはギャランがあっても、欧州ではラインナップにないようなので、ギャランかどうかはともかく、北米では大きなセダンが必要なんでしょうね。
カムリやアコードもでかいですし、アテンザも北米向けだけ一回り大きな車体になっているようです。
日本とはだいぶ感覚が違うようですね。
[ 2012/01/31 10:39 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
カタログにも“インパネを運転席に近づけ、タコメータとスピードメータを大型化。見るものは大きく、使うものは手元にレイアウトしました。”とあるように、大きくしたうえで近くに配置したから余計に大きく感じられたんでしょうね。
カタログに謳っているぐらいですから、やはり意図的に視認性を高めたんだと思います。
[ 2012/01/31 10:43 ] [ 編集 ]
以前一緒に仕事をしていた先輩が乗っていました。と言っても、エテルナでしたが。
私の仕事で担当している地域は、住民にミツビシの支店長がいますので、三菱車の割合が異常に高いです。田舎は繫がりが強いので、周りの家は選択の余地が無いようです。恐るべし(汗)。
[ 2012/02/03 12:39 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
私が昔ミラージュを購入したのも当時勤めていた会社が三菱と取引関係にあったという理由でした。地方の支店、営業所のみならず、本社にも割り当てがあったそうで、役員車の何台かはデボネアだったそうです。まあそんな販路でもない限り、デボネアなんて売れませんからね。
[ 2012/02/03 17:08 ] [ 編集 ]
デボネアといえば、近々日産のフーガが三菱にOEMされるそうで、その際のネーミングは

「デボネア」
「プラウディア」
「ディグニティ」

どれになるのでしょうか?

個人的には、是非とも「デボネア」を復活させて頂きたいと思います。
[ 2012/02/04 18:50 ] [ 編集 ]
BOSSゴン蔵様

コメント、ありがとうございます。
デボネア、プラウディア、ディグニティ、どれもフーガに付ける名前としてはしっくり来ませんね。いっそのこと、“三菱・フーガ”でいいんじゃないでしょうか。
おそらくフーガOEMの話は、現在、三菱グループの役員車が三菱自動車にないから、それを用意するためというだけの理由だと思いますから。
[ 2012/02/05 12:31 ] [ 編集 ]
昨日、大雪の中を走っているのを見ました。残念ながら、グレードまでは確認できませんでしたが、シルバーのギャランでしたよ。
やはり、このブログで取り上げられると気になりますね。
[ 2012/02/10 13:24 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
それほど古いわけではありませんのでまだ現役もそこそこ残っていると思いますが、当地ではすっかり見られなくなりました。この次の代のギャランも然り。その次のGDIギャランはさすがにまだ新しいからちょくちょく見かけますね。やっぱりこの地ではもともとあまり走っていなかったような気がします。
[ 2012/02/11 11:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。