旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ダイハツ・シャレード(G11/G30型) 

120120a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120120a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120120a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120120a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120120a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年にダイハツから発売された2代目シャレード(G11/G30型)です。このカタログはディーゼル専用のものなので、掲載されているモデルはG30型のみです。この代のシャレードには、イタリアのデ・トマゾがエアロチューンを施した“シャレード・デ・トマゾ・ターボ”という、なんとも個性的で印象深いモデルもありましたね。

 さて、この2代目シャレード、なんといっても一番のトピックは“世界最小。独創の3気筒リッター・ディーゼルエンジン。”ですね。カタログには“燃費チャンピオン、38.0km/l”との記載もあります。もっともこれは60km/h定地走行燃費の数値なので、現在のように10・15モードやJC08モードの数値と単純に比較するわけにはいきませんが、当時これに乗っていた知人によると25km/lを切ることはまずないとのことだったので、走りはともかく、燃費はおそらく現在のエコカーよりも良かったことと思います。

 30年近く昔のクルマでも既に現在のHVカーや第3のエコカーと同等以上の燃費性能を実現していたのですから、その後もこの技術を熟成させ続けていれば今頃どんなコンパクトディーゼルカーが存在していたのだろうかと想像すると、国内でのその後のディーゼル車の扱いがなんとももったいなく感じられますね。

 先日、芥川賞を受賞された作家さんが“都知事閣下と都民各位のためにもらっといてやる”と、なんとも挑発的な発言を受賞会見でされておられました。その発言が関係しているのかどうかはわかりませんが、昔、当時最年少で芥川賞を受賞された都知事閣下は芥川賞選考委員をお辞めになられてしまいました。

 あの芥川賞作家の発言の是非についてはここでは触れませんが、ここらで都知事閣下には各社から最近出始めた次世代クリーンディーゼル車について、何らかの派手なパフォーマンスを一発かましてほしいものですね。ディーゼル衰退のきっかけを作ったとされている都知事閣下ですが、私の記憶では“汚いススを出すディーゼル”はいけないのであって、“綺麗なディーゼル”までいけないとはおっしゃっていなかったと思います。しかしながら、絶大な影響力をお持ちの閣下ですから、“ディーゼル=悪”というイメージだけが残ってしまいました。

 都知事閣下:「うーん、いいねぇ、このクリーンディーゼルのクルマ、排気も綺麗だし、パワーもあるし、燃費もいいし・・・。都庁にも50台ぐらい欲しいねぇ。私のプライベートカーとしても1台欲しいもんだねぇ。」

 メーカーの社長:「都知事閣下と都民各位のために、納入しといてやる!ただし値引きはなしですよ!こんな会見、とっとと止めましょうよ!」

 というようなインパクトのある記者会見が全国ネットで流れれば、きっと国内におけるディーゼルの悪いイメージは一瞬で払拭されると思いますよ。ついでに、シャレード・デ・トマゾ・ターボという車名があるぐらいなら、閣下のプライベートカーと同タイプの車種には○○・SHINTARO・ターボとかいうネーミングもなかなかカッコいいですね。“慎太郎刈り”というヘアスタイルもあるぐらいですから。

シャレード・3ドア・TURBO(G30型)
全長×全幅×全高 : 3595×1550×1400mm
ホイールベース : 2320mm
車両重量 : 720kg
エンジン : 直3OHCディーゼルターボ 993cc 50PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/20 15:05 ] 1980年代ダイハツ | TB(0) | CM(22)
空前絶後の国産小型ディーゼルだった!
世紀の名作、ダイハツ・シャレードディーゼル。
10モード38km/lの低燃費はもとより、38psの自然吸気で時速130km/hを突破!
そしてシャレードディーゼルターボは50psで時速150.3km/h!!!!、歴史というのは何がきっかけで変わるものかわからないものだ―石原都知事以後の国内でのディーゼルの扱いを見るに。
[ 2012/01/20 23:25 ] [ 編集 ]
 確かこの車が発売された当初、当時の我が家の購読紙「中日新聞」の全面広告欄で、このダイハツシャレードが題名のコピーで宣伝されていた記憶があります。
 当時の偏屈青年の私は「燃費性能とエンジンの小型化を重視したから静粛性を犠牲にしたのを欺瞞したんだな。」と思っていましたが、何のなんの、現在の私としては、満タン充電?で、東京・名古屋間も走れない電気自動車より、同じ満タンで東京・広島間を走れるこの車のほうがはるかにエコと思えるのは私だけでしょうか?P.Sこの距離と状態はDE排気フィルター非装着とBGMステレオボリュームMAXでの話ですが・・・。
[ 2012/01/21 00:04 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
都知事は何をされてもとても絵になるお方なので、ペットボトルから黒いススを撒き散らす記者会見はテレビ局にとってとてもおいしい絵だったんでしょうね。その映像ばかりが繰り返し流されたので、都知事が意図された以上にディーゼルの悪いイメージが一人歩きしてしまったような気がしています。
シャレードディーゼルのようなクルマをかつて製造していた会社をグループに持ちながら、BMWからディーゼルエンジンを調達しなくてはならなくなっている現状はなんだかとても残念ですね。
[ 2012/01/21 11:35 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
“ビートのきいたディーゼル・サウンド”が心地よいものかどうかは人それぞれですが、個人的にはある程度のエンジン音、振動が感じられたほうが運転していて安心できます。
近所の方が持っている400cc単気筒ディーゼルの耕耘機、あれはまさしく“ロックンDEISEL”です。どこの畑を耕しておられるのかが家の中にいてもわかってしまいます。
[ 2012/01/21 12:19 ] [ 編集 ]
独創の3気筒リッターディーゼルエンジン!

カタログ上でこれはなんたるかを解説しているページがありますが、これほどまでエンジンを技術的な面で「事細か」に記載しているカタログも珍しいのでは。それほど、当時のダイハツはこのエンジンに気合を入れていた感がうかがえます。

ヨーロッパでは今現在、新車の一般車でもディーゼル車の販売比率が高いですし、モータースポーツでもル・マン24時間レースではアウディやプジョーがディーゼルエンジン積んで走っていたり・・・日本では「ディーゼル車=商用車」的なイメージですが、最近(とはもう言わない?)日産がエクストレイルに積んだクリーンディーゼルなど、ハイテク技術で環境配慮と高性能・低燃費を両立させた「ディーゼル乗用車」が、また規制前のようにいろんなクルマにラインナップされていくのでしょうか・・・
[ 2012/01/21 15:58 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
以前のディーゼル乗用車は、経済性は別として、走行性能に少々問題があったような気がします。そのうえで大気汚染の張本人というレッテルが貼られてしまいましたので、税制の変更という要因もあって急速に姿を消していってしまいました。
しかしエクストレイルや、もうじき出るマツダのCX-5等は、クリーンで、高性能で、低燃費らしいですから、物が良ければ受け入れられていくと思います。HVやEVだけでなく、いろいろな方式があったほうが選ぶ側も楽しいですものね。
[ 2012/01/22 08:03 ] [ 編集 ]
2代目シャレードのディーゼルターボは3日間位 当時の勤め先の営業者の代車で乗った記憶があります。
やはり驚異的な低燃費でして 大袈裟な表現ですと 燃料計が壊れたか?と思うくらいガソリンが減らなかったですね。それでいて ボディが軽い為 3代目のG100系のガソリン1000CCよりもずっと乗りやすかったです。
このクルマと比較しますと今のコンパクトカーと言われているクルマは全然コンパクトではありませんね。
[ 2012/01/23 13:45 ] [ 編集 ]
チックタック様

コメント、ありがとうございます。
このシャレードは寸法的には現在の軽自動車とほとんど変わりませんから、今のコンパクトカーの隣に並べたら一回り以上小さく感じるかもしれませんね。
このような小さな車体に1リッター未満のディーゼルという組み合わせが、“第4のエコカー”としてダイハツあたりから出てきたら面白くなりそうですね。
[ 2012/01/24 06:20 ] [ 編集 ]
はじめまして
いつも楽しく拝見しております。

ディーゼル好きの小生としてはこの頃(まだ高校生でしたが)よい時代でしたね~
第二次オイルショック後、各社からディーゼル乗用車は次々と発売され、中には2ドアHTのスカGやラムダ、117クーペまで、試行錯誤でディーゼル車は『これからの車』って感じでワクワクしてたのを思い出します。
その後大学生の時運転代行のバイトをしていたとき、代行車は使い古しのDE乗用車と決まっていましたので、実際に乗ってみると鈍重さやシフトアップ時のトルクの落ち込みから来る乗りにくさなどマイナス面も多々でしたが、色々乗れて今では楽しい思い出です。

現在の愛車はベンツのE320CDIで当時のDE車とは何をとっても隔世の感がありますが、国内ではトヨタが意地でもDEはやらなさそうですので、日本で日の目を見るのは絶望的かと思ってました。しかし今春マツダとBMWが新規のDEを国内で出すので、少しは流れが変わらぬものかと期待いたしております。
まあ無理かとは思いますが(苦笑)

今後も昭和55年前後~60年前後のクルマの登場、期待しております。
[ 2012/01/25 23:46 ] [ 編集 ]
元はとばす様

コメント、ありがとうございます。
マツダのCX-5、自動車雑誌等のプロトタイプ試乗記を読む限りとてもディーゼルの評判が良いようなので、国内でのディーゼル復権のきっかけになってもらいたいものですね。
ベンツもE320CDI、そして今のブルーテックシリーズを日本に投入してディーゼルの拡販頑張っていますね。ベンツやBMWといった高級車でディーゼルの割合が増えれば、徐々に国内におけるディーゼルアレルギーがなくなっていくのかもしれませんね。
[ 2012/01/26 12:28 ] [ 編集 ]
シャレードの初代は5ヘーベカーというキャッチフレーズで広さを強調していましたが、その意味は未だに分かりません。
さて、私の免許取得の教習車はセドリックディーゼルでした。キーを入れてグローランプが温まるまで待ち、エンジンスタート。スタート後は回転数が安定するまでダイヤルで調整。停止は、キーをOFFまで回した後、デコンプレバーを引いてエンジンの停止を確認。「インテリジェントキーしか使えない今の若者には出来ないだろー」と、少し威張ってみましたが、無駄なことでしたか。
[ 2012/01/26 12:40 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
グローランプが点灯するのを待ってエンジンスタート、昔うちにあったディーゼル車もその通りでした。今の最新型クリーンディーゼルはどうなんでしょうね。まだ一度も試乗したことがないから私にはわかりません。
ディーゼルのグローランプとはちょっと意味合いが違いますが、私は未だに耕耘機や刈払い機等で、「チョークを引いてエンジンを始動し、かかったらちょっと戻し、回転が安定したら完全に戻す」という儀式を頻繁に行っています。
もちろん使用後は、キャブレター内のガソリンを全て燃焼させるようにコックを閉じてエンジンが止まるまで運転。これをしておかないと使用頻度のあまり高くない農機の場合、次にエンジンがかからないんですよね。
インテリジェントキーで一発始動、そしてアイドリングストップからの復帰で瞬間始動、確かに素晴らしい技術ですが、個人的には、万が一のために、押しがけやリコイルスターターなどの保険を用意しておいてもらいたいと思っています。
[ 2012/01/26 20:13 ] [ 編集 ]
管理人様はじめまして

凄い懐かしい車ですね!友達がこれに乗ってました。確かにビートサウンドと振動は凄かったですねー。当時ドリンクホルダーとかが出始めた頃だったですけど、ホルダーに飲み物入れてると普通にこぼれてました笑。信号待ちとかですよね。なんで飲み物買ったらとりあえずこぼれないぐらいまで飲んでたのが印象的です笑。
[ 2012/02/02 07:42 ] [ 編集 ]
雪ん子様

コメント、ありがとうございます。
当時はまだ現在のようにペットボトル飲料が一般的ではありませんでしたから、一口飲んでキャップを閉めるということができませんでしたね。
その点、今の500mlのペットボトルは便利ですね。我が家ではクルマで遠出するときには必ずペットボトルのお茶(もちろん中身はうちで沸かした麦茶)を持参しています。
[ 2012/02/02 11:57 ] [ 編集 ]
 今日のこと、どのコメントに投稿しようかな?と思っていましたが、「ディーゼル」つながりでということで。
 本日、愛車の諸事情によりディーラーに半日預けることになったのですが、引取りの際、店頭にある「CX-5」試乗しました。それもディーゼル!
 まず、印象は「静か」運転席に座りDレンジに入れ発車、2000回転からの伸びはガソリン車を凌ぐものでした。夕刻の国道であまりエンジンを回すことはできませんでしたが、昔日のディーゼル車は何だったの?という感でした。
 確かに「カラカラ音」はエンジンの性質上、仕方がないのかもしれませんが、「うるさい」「とろい」「イライラする」のディーゼル車でないことは確かです。
 P.S 最初の赤信号でエンジンが止まったときにはパニクりました、「i-stop」のことなど全く頭にありませんでしたから。
[ 2012/04/08 00:05 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
CX-5のディーゼル、評判いいみたいですね。マツダ車としては珍しく、納期が3ヶ月待ちになるとのこと。そろそろディーゼルモデルの試乗車もディーラーに出回り始めたみたいですから私も早く乗ってみたいと思っています。
nishiyan様がCX-5の試乗をされていた頃、私は近所のトヨタディーラーで86を見ていました。まだ展示車だけでしたが、ボンネット開けたり、運転席に座ったりとじっくり観察できました。
新型車を見るのって、やっぱり楽しいですね。
[ 2012/04/08 09:49 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/12/04 12:41 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
マツダのCX-5やアテンザ等ががんばっているおかげで最近またディーゼルエンジンが見直されてきましたね。ディーゼル耕耘機には400cc程のディーゼルエンジンが使われていますし、昨今の電力問題でよくクローズアップされるようになってきた非常用自家発電機もほとんどがディーゼルエンジンです。
クリーンディーゼルの技術がもっと一般的になって、それらの分野にまで広がっていくと『ディーゼル軽トラ』も夢ではないかもしれませんね。
[ 2012/12/05 08:36 ] [ 編集 ]
昔赤の3ドアに、現在は紺ツートンの5ドアに乗っています。
このカタログも、探せばどこかに所有しています。
音と振動は現代車に比べると大きいですが、
すばらしい車です、シャレード。
[ 2015/04/18 21:26 ] [ 編集 ]
Kohsuke様

コメント、ありがとうございます。
現在も乗られているということは30年選手ですね。私にとっての理想的なクルマとの付き合い方をされているようで、羨ましい限りです。私の愛車(アクセラ)はもうじき丸10年、私もできる限り長く乗り続けようと思っています。
[ 2015/04/19 16:49 ] [ 編集 ]
どこかにありませんかね、ディーゼルターボ。
加給されるとTURBOインジケータが点灯するんですよね。
ステアリングもなかなかのものでした。
振動は大きかったですが、頑丈さを感じられて頼もしかったです。
初めてドルフィントップの電動サンルーフの爽快さを感じました。
5速MTは常に25Km前後の燃費でした。
後期型が出るのを聞いて、3ヶ月ぐらい納車待ちでしたよ。
ヘッドライトが異型になって前期型より洗練されました。
ガソリンターボのデトマソの前後バンパーに取り替えて乗っていました。
[ 2015/05/02 23:22 ] [ 編集 ]
まりまり様

コメント、ありがとうございます。
シャレードにもお乗りだったんですね。燃費が常に25km/lだったということは、現在のエコカーも真っ青ですね。私も昔乗っていたミラージュアスティで27km/lという燃費を体験したこともあり、最近のエコカーにちょっと物足りなさを感じています。
自動車の世界は、『ムーアの法則』のようには技術革新が進んでいないようですね。
[ 2015/05/04 19:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。