旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・セリカ(ST160型) 

120117a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にトヨタから発売された4代目セリカ(ST160型)です。同時期に発売されたカリーナED、コロナクーペと姉妹車関係に当たりますが、三者三様でどれもそれぞれに特徴があってカッコよかったですね。個人的にはコロナクーペが一番好きでしたが、このセリカも映画『私をスキーに連れてって』で派手なアクションシーンを披露したこともあり、とても印象に残っているクルマです。最近では姉妹車というと名札が違うだけのクルマが多いですが、このようなそれぞれに特徴があってカッコいい姉妹車というのは大歓迎ですね。

 さてこの4代目セリカ、掲載したカタログはセリカ登場時のものなのでちょっとラインナップが寂しいですが、後にフルタイム4WDのGT-FOURやオープンカーのコンバーティブルといった個性的なグレードが追加されます。セリカの中だけでも魅力的なクルマが選び放題、姉妹車のカリーナEDやコロナクーペ、さらには上級のスープラやソアラ、下級のレビン/トレノと、当時はスペシャリティカーのオンパレードですね。出るぞ出るぞと騒がれながらハチロク1台の話題で2年以上も時間が稼げてしまう現在では考えられない状態です。

 そういえば、セリカもこの代から他車の例に漏れず、FF化されました。個人的にはセリカは4代目、5代目、6代目とどんどんカッコよくなっていったと思っていたのですが、私の思いとは裏腹に人気はどんどん落ちていきました。やっぱりFF化されたのが原因なんでしょうかね。セリカを始めとするFFスペシャリティカーの人気が落ちていく反面、それこそ中古の86レビン/トレノや日産シルビア/180SXは根強い人気を保ち続けました。さらにはセフィーロやローレル、チェイサー等でスポーツ走行(ドリドリ)する文化が生まれてきました。

 そして現在、“スポーツ走行”=“FR車でドリドリ”という図式が出来上がり、“FRでなければスポーツカーではない”というような風潮まで生まれていますね。豆腐屋の漫画が始まり、ドリフト雑誌が出始めたのは90年代後半から、そしてD1グランプリが開催されるようになったのは2000年代に入ってからです。スポーティーカーの人気が落ち、生産中止車種が出始めるようになった時期と完全にかぶっていますね。

 メーカーの言っている“クルマ本来の楽しさ”というのが私にはよくわかりませんが、ユーミンのカセットをかけながら彼女を隣に乗せてこのセリカでスキー場へ向かうドライブは、間違いなく“クルマ本来の楽しさ”を味わっていた時間だと思います。なんといっても“カッコいいスポーツカー”で“彼女とドライブ”ですからね。個人的には、“体育会系”よりも“同好会系”のほうがより“クルマ本来の楽しさ”が味わえるような気がしています。ユーザーの大部分はストイックなアスリートではありませんからね。

セリカ・2000GT-R(ST162型)
全長×全幅×全高 : 4365×1690×1295mm
ホイールベース : 2525mm
車両重量 : 1120kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 160PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/17 15:03 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(14)
このセリカ、ちょっと記憶から飛んでいましたが、あらためて見るとカッコイイじゃないですか!イメージカラーは当時のトヨタトレンドのホワイトだったのかもですが、個人的には4枚目のブルー系ボディのアングルの写真が気に入りました(今でも通用するスタイリングと思いますが!)

この時代は、生活のトレンドに「クルマ」というポジションがまだ確立されてましたよね。スタイリッシュだったり、ハイソだったり・・・そんなカテゴリのクルマを「買いたい!」と、バイトや仕事でお金ためる的な発想がありましたし、別にケツを振ったり速さを追求せずとも、言ってみれば「ファッション」的な感覚の生活アイテムとして、クルマを買うときのチョイスの幅が沢山ありましたよね。それはそれで良き時代だったと思います。こんなコンパクトな2ドアクーペなんて、現行じゃないですしね・・・(前にもありましたが、スカイラインのクーペ、そして新型「86」はちょっと対象外??)

今年の東京オートサロンでは、トヨタ2000GTのEVソーラーモデルが展示されているそうですが、次期NSXの発表然り、最近の自動車市場ではエコとスポーツを組み合わせるのが「トレンド」なのでしょうか・・・ちょっと無理があるような気もしますが・・・


[ 2012/01/17 19:53 ] [ 編集 ]
懐かしいですね、流面形セリカ。

自分もセリカよりコロナクーペの方が好みです。

「私をスキーに連れてって」も懐かしいです。

最後に転覆してしまうセリカGT-FOURを
「あ~!!もったいない・・・。」と思って
見ていたのは私だけではないはずです。
[ 2012/01/17 22:13 ] [ 編集 ]
 いいですね。このセリカ、正に私の(我々の?失礼)若かりし頃、世は好景気真っ只中(後にバブルという)でも、私「あの頃は良かった。」という言葉は好きじゃありません。
 「今が一番幸せ」という言葉が好きです。やせ我慢の強がりかも知れませんが、後ろ向きRレンジでは何も生まれませんから、あっ本題から逸れて申し訳ありません。
 この当時、車は個人のライフスタイルそのものでしたよね?街や村にはいろんなジャンルの車があったような気がします。今は一部を除いて車が大別されるようになってきたような気がするのですが・・・。
 単なる車好きとしては、あのトヨタのCMが気になります。「免許を取ろう」うーんここまでキャンペーンを張らないと販売促進は難しいのかな。
[ 2012/01/17 22:21 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私もこのセリカのスタイリング、今でも十分通用すると思います。新型ハチロクの隣に並べたとしても、それぞれが独特のカッコよさを持っているので、セリカが見劣りするということはないと思います。
ドリフトは出来ないかもしれませんが、彼女とスキーに行って楽しいのはこのセリカのほうかもしれませんね。
[ 2012/01/18 10:40 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
『西部警察』と違って、ひっくり返るのが一台だけだから新型のセリカを思い切って転覆されられたのかもしれませんね。何台も転覆させるのなら『西部警察』の如く、転覆の瞬間に廃車間際の旧型に入れ替えなくてはなりませんからね。
[ 2012/01/18 10:45 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
私自身も「あの頃は良かった」という考えはできるだけしないように心がけていますが、なにぶん“MT”だけは譲れないクルマ好きとして、昨今の“MTほぼ全滅時代”では「あの頃は良かった」とよく考えてしまいます。
[ 2012/01/18 10:51 ] [ 編集 ]
セリカといえばスペシャリティーカーというキャッチフレーズがありましたね。ちなみに、GT-FOURのFOURは”4”という意味ではなく、それぞれに意味がありその頭文字を取ったと聞いたことがあります。誰か知りませんかね。
それに「私をスキーに連れてって」はまりました。恥ずかしながら、映画のシーンに出てくる数々の場面をゲレンデで真似しましたね(スキーを履くしぐさとか)。勿論、家を出発するときのBGMはユーミンの「スキー天国、サーフ天国」。ただし、車はカローラⅡ(orコルサorターセル?)ではなくランクル60でした。
[ 2012/01/18 17:28 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
GT-FOURのFOURの意味、私はてっきり“四駆”だとばかり思っていました。それぞれの頭文字というのは初耳なので私も知りたいです。
私は大人になってからスキーをしたことはあまりないのですが、子供の頃よく父に連れられてスキーをしに行きました。もちろんこの映画よりもずっと昔の話です。
クルマは仕事用のトヨエース。食堂が混むからということで、荷台に石油ストーブをくくりつけていき、お昼はそれでお湯を沸かして荷台の上でカップラーメンを食べていました。
今も倉庫にその時の円筒形ストーブと父のスキー道具があるのですが、見るたびに食堂のカレーよりもおいしく感じた当時のカップラーメンの味を思い出します。
[ 2012/01/19 08:08 ] [ 編集 ]
私もこの映画みてから自分の車のルームミラーにストップウォッチぶら下げました。
ゲレンデは走ってませんが。
[ 2012/01/19 16:37 ] [ 編集 ]
スペシャルティーカー花ざかりの1980年代、FF+グラッシーなキャビンを持った「流面形」セリカは最先端を行っており、英国など外誌でも好評サクサクだったことを憶えております。
この他少し遅れて日産のS13型シルビアもリリースされてデートカー全盛の時代でした。
かく言う小生が現在乗っているのは2004年式トヨタヴィッツ1300U-L/94880km走行、「ミニマムを極めたミニマムの魅力」、「小パワーを振り絞って走るエネルギッシュな楽しさ」に日増しにやみつき、新生ハチロクに乗るよりも遥かに日常が心豊かに感じられ、もう一台所有しているレクサスIS350が恋しくなることもない辺り、今後の日本は1980年代におけるスペシャルティーカーがそうであったように今後は「走らせて楽しい経済車」がトレンドになる予感がしますが如何でしょうか。
[ 2012/01/19 18:25 ] [ 編集 ]
FLATELL様

コメント、ありがとうございます。
私はこの映画が流行った当時、都内でクルマなし生活をしていましたから、スキーともクルマとも無縁でした。
さすがに会社のクルマを持ち出してスキーへ行くわけにはいきませんでしたからね。

カバン&帽子屋さん(http://flatell.blog51.fc2.com/)、頑張ってください。私は同じ県内(といってもこちらはど田舎)で農家をしています。今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2012/01/20 09:30 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
現行デミオや新型のアクアなど、コンパクトカーも効率最優先のパッケージングではなく、スタイル優先の車種がポツポツと出てきました。もう一歩進めて、海外向けでは用意のある3ドアモデルも国内に投入すれば、“コンパクトスペシャリティカー”という新たなトレンドが生まれるかもしれませんね。
マツダ2(デミオ)の3ドアモデルなんて、すばらしくカッコいいですから。
[ 2012/01/20 09:58 ] [ 編集 ]
初めて買った車がこのセリカでした。2.0GT買ったのにオプション付けて2.0GT-R並の金額になった覚えがw
競合はプレリュードと、姉妹車のカリーナEDでした。
EDの6連メーターかっこよかったです^^
この頃のトヨタは兄弟車姉妹車多かったですね。
レビン、トレノ
セレス、マリノ?
マスターエース、ライトエース、タウンエース
マークⅡ、チェイサー、クレスタetc.

[ 2013/10/18 04:26 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
この頃はそれぞれのメーカー内で兄弟車姉妹車が多かったですが、現在はメーカーの枠を超えて同じクルマが様々な名前で売られていますね。
86、BRZ
プレマシー、ラフェスタハイウェイスター
ソリオ、デリカD:2・・・
あげはじめたらきりがないですね。
これも時代の流れなんでしょうね。
[ 2013/10/18 17:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。