旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ミラージュ(C11/12/13A型) 

120108a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120108a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120108a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120108a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120108a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120108a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年に三菱から発売された2代目ミラージュ(C11/12/13A型)です。初代ミラージュがマイナーチェンジの折にミラージュ2となりましたので、フルモデルチェンジでミラージュ3になるかと思いきや、すっきりした“ミラージュ”のみに戻りました。今となってはあの“ミラージュ2”というネーミングは何だったのだろうかと疑問を感じますが、その点、初志貫徹して“10”まで継続しているランエボは凄いですね。

 さて、この2代目ミラージュ、コルディア等と同様、リアホイールアーチの形状にちょっと特徴があるとはいえ、可もなく不可もなくで、初代ほどのインパクトはあまり感じられませんね。CMのエリマキトカゲがちょっとインパクトがありすぎたので、ミラージュ自身が霞んでしまっていたように思いました。しかしながら、Wikipediaによると、「売れ行きは、CMでのエリマキトカゲのヒットとなり、1984年の自動車販売台数1位に輝いた。」とのこと。これ、本当ですかね?私自身、この2代目ミラージュが大ヒットしたなんて記憶が全然ないので、どなたか詳しい方、ご教示頂けるとありがたいです。

 まあ売れたかどうかはともかくとして、三菱ミラージュといえば初代のターボモデルから始まり、代々上級モデルにスポーティーグレードが用意され、ホットハッチの一角という側面もありましたね。今度のタイ生産の新型ミラージュはどうなるんでしょうね。まあ三菱には愛らしいコルトにちょこちょこっと手を加えて攻撃的なガンダムルックのコルト・ラリーアートに変身させてしまうという、卓越した(ちょっと下品な)デザインセンスがありますので、新型ミラージュにもゲテモノが用意されると面白そうですね。

 とはいえ、量販が見込めるコンパクトクラスを海外生産に切り替える一方、国内では主力の水島製作所において2本ある乗用車生産ラインの1本を停止してしまうという現実はなかなか寂しいものがありますね。新型ミラージュがエリマキトカゲの力を借りずとも大ヒットし、タイの工場では生産が追い付かないので、急遽水島製作所のラインを再稼動して3交代制でミラージュを大幅増産、という記事が日経新聞に掲載されることは・・・、あの新型ミラージュではちょっとなさそうな気がします。なんだか新型ミラージュって、新興国メーカーが日本メーカーのデザインを真似て生産したクルマ、に見えてしまうのって私だけですかね?

ミラージュ・1600ターボ・3ドア・GSR-T(C13A型)
全長×全幅×全高 : 3995×1635×1360mm
ホイールベース : 2380mm
車両重量 : 900kg
エンジン : 直4OHCターボ 1597cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/08 13:45 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(8)
前回コメ頂いた中日新聞の記事を拝見しました。確かに「パソコン生産」同様の手法、いかにもトヨタらしい合理的な考え方ですね。これではクルマの個性はどんどんなくなりそうです・・・どうせならDELLモデルのように、ユーザーの要望で外観や内装、パーツを自由に組み合わせられる・・・なんてクルマならまだしもですが(絶対にムリですね!)

このミラージュ、ガラス面を出来るだけ沢山とって、角張ったスタイルの当時のハッチバックの「王道」ですね。免許とって初めて買ったクルマのパルサーN12もそんな感じだったので、今さらながら親近感を覚えました!?

当時親戚が派生車のコルディアのターボに乗っていましたが、助手席に乗せてもらったとき、ものすごい加速感だった印象がありました。それで思い出しましたが、三菱の4WD車には「スーパーシフト」というものがありましたよね・・・ギアの横にもう1本出ているレバーの意味が、子供だった自分には「興味津々」でしたっけ!
[ 2012/01/08 16:37 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
当時のハッチバックは、赤いファミリアの大ヒットがきっかけで、その後各社から発売されたものはほとんどが同じような雰囲気のクルマでしたね。
トヨタの新しい生産方式、記事を読む限り、もうほとんどタミヤのラジコンカーのような感じですね。同じ車体にいろいろなボディを組み合わせて何種類も販売できるから確かに合理的ですね。
[ 2012/01/09 11:44 ] [ 編集 ]
 私が以前(と言っても20年以上昔ですが)働いていた三重県四日市市は三菱系の企業が多く、当然そこで勤務される従業員の方々は、三菱車に乗ってみえる方の比率がが多く、件のミラージュも多々目にしました。
 しかし、デザイン的には「おっ!いいんじゃない。」という感想で、貴兄の拍手に以前コメントした「ミラージュ2ターボ」を購入した友人の兄の車に比して、かなり洗練されたスタイルだなというのが正直な感想です。
 私的には、三菱の車は昔から好きな類の車ですが、(SUVは別として)日本国の大自動車会社に倣わず、超個性派自動車会社として生き残ってもらえないでしょうかねー?同族企業が多いことですし・・・。
[ 2012/01/09 22:34 ] [ 編集 ]
車ネタが思いつかないので失礼します。
エリマキトカゲ、ブームになりましたね。これを模したおもちゃ(自転車の車輪を回す様な小型のもの)も生産され、ドリフの「8時だよ、全員集合」でも笑いのネタに使われていました。後日談では、エリマキトカゲは普段は普通に歩き、驚いた時にこのように走るのだとか。最初はかわいいと思っていたコマーシャルも後に動物虐待だったと言われたようです。
[ 2012/01/10 12:39 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
あっ、そういえば以前私がミラージュアスティを購入したのも、三菱自動車と取引関係があったから、という理由がありました。サラリーマンをしているとクルマ選びに仕事のしがらみが少なからず関係してきますね。
ただでさえ厳しい自動車業界の中でも特に厳しそうな三菱、今後どんな形で生き残っていくんでしょうね。
[ 2012/01/10 12:58 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
実は私も記事を書こうとカタログをスキャンしたものの、このミラージュの印象が極めて薄く、ネタが思いつきませんでした。販売台数1位って、もし本当なら年間なのか月間なのか、それとも週間なのか特定の一日なのか、とても疑問です。
一方で、エリマキトカゲのブームは凄かったですね。三菱としては、エリマキトカゲではなくミラージュがブームになってくれないとCMを流した意味があまりありませんね。
[ 2012/01/10 13:07 ] [ 編集 ]
この型のミラージュといったら清志郎でしょがっっっっ!!!!!!と吠えてみましたが、よく考えたらデビュー当初だけで降板するCMキャラって滅多にいないですよね(笑)。

2012年の「こんどのミラージュ」、仰る通りですね・・・・なーんも新しい提案が無いばかりかエンジンが1000ccの3気筒だけって・・・・。もし清志郎サンがご存命で30年振りのCM起用を依頼されても、当時のようには張り切れないでしょうな。
[ 2012/01/18 20:14 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
忌野清志郎さんのCMももちろんとても強く記憶に残っていますが、あのエリマキトカゲは、忌野清志郎さん、そしてミラージュ自体の存在までもを霞ませてしまうぐらいインパクトがありましたね。
今度のミラージュ、忌野清志郎さんが本心から「おまえに乗れないなんて、発車できないなんて」と思ってくださるクルマ(女?)ではないような気がします。
[ 2012/01/19 08:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。