旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・セルシオ(F10型) 

120104a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

 今年1台目は、1989年にトヨタから発売された“高級車の新しい世界基準。”、初代セルシオ(F10型)です。この初代セルシオ、非常にしっかりした作り込みがされている高級車ゆえに現在でも現役の車体が多く、3代目、4代目であろうオーナーの素晴らしい芸術的センスにより、初代セルシオの美しさを見事に封印した下品な姿で“高級車の新しい世界基準。”を形成していますね。まああれはあれで好みの問題ですから他人がとやかく言うことではなく、無意味な光沢インチアップホイール等のアフターパーツ販売によって経済効果が生まれているのでしょうからサブカルチャーとしては良いのかもしれませんね。

 さて、この初代セルシオ、私自身、実は一度もこのクルマを運転したことはないのですが、当時、取引先の社長が乗られていたので、後席に乗せていただく機会は頻繁にありました。初代セルシオといえばその驚異的な静粛性がいつも話題になっていましたが、初めて乗せていただいたときにはやはりその静粛性にびっくりしました。うまく表現できませんが、“クルマが走っていく”というよりも、“空間が走っていく”とでも言いましょうか。トヨタが徹底的に作り込んだ“高級車の新しい世界基準。”だけあって、ただただその素晴らしさに唖然としたことを覚えています。

 当時は中小企業の経営者の多くがこのセルシオや先にブームを作った日産シーマを競うように購入していましたが、そのような高級車に乗られていた経営者の方から、“うちも厳しいのでもうちょっと工事費上げてください”と言われてもまったく説得力がありませんね。セルシオに乗せていただき、その素晴らしさに感嘆する一方、頭の中では“次の案件ではもっと叩けるな”ということばかり考えていました。

 ところでこのセルシオ、初代に乗せていただいたときにはその素晴らしさに驚きすらありましたが、2代目、3代目となるに従い、素晴らしさを感じる度合いが減ってきたように思われました。単に私の感覚が麻痺して素晴らしさに気付かなかっただけなのか、セルシオの質感自体が落ちてきたのかはわかりません。ただ、価格だけは上がっていきましたね。まあいずれにせよ私には縁のないクルマなのでどうでもよいことですが・・・。

 最後にセルシオの価格表を載せました。この価格表について、人によってはいろいろな捉え方があると思いますが、現在この価格で初代セルシオに比肩し得るクルマってありますかね?個人的には、最近の国産高級車の価格設定にはとても疑問を感じています。

セルシオ・C仕様(UCF11型)
全長×全幅×全高 : 4995×1820×1400mm
ホイールベース : 2815mm
車両重量 : 1750kg
エンジン : V8DOHC 3968cc 260PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/04 17:40 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(10)
新年おめでとうございます。
新年一発目は初代セルシオですね。丁度私が自動車部門に異動になった時、散々この車扱いました。

ハンドルを握るとちょっと違った一面が見えましたね。

今までのトヨタ車とは全く違うリアのスタビリティ。しかし、今までこれだけのリアを作った事がないせいか、リアの限界が全く伝わってこない。
ハンドリングも同じく。「新・プログレッシブ」と銘打った(同義語2つ並んでいるだけですが)パワステは低速ではかつてのホンダ車もビックリするほど軽く、80キロを超えると両手でもびくともしないほど重くなり、高速のSAなどでは「重い」と思い操舵すると「ガクッ!」となり、「軽い」と予想していると重くてびくともしなかったり…

当時のクラウンやセドリックがピラーやサンバイザー植毛なのに、プラスチックのピラーやビニールレザーのバイザーに世界基準を感じました。

運転している感覚が非常に希薄で、長距離移動すると逆にとても疲れたのを覚えています。
V8エンジンはどんなに吹かしても直4と聞き分けられないほど徹底した「源流対策」とそれに付随した静粛性は確かに大したものでしたが、反面、大粒の雨がフロントガラスに当たるととてもやかましく感じたものです。

また本革シート車は良いのですが、標準のウールシートは表皮がパンパンに張ってあり、ハンモックに腰かけているような疲れ方をした事が印象的です。

総じて、「真面目に車を作った事のないメーカーが、はじめて真面目に車作ってみました。」という印象でしたね。なんというか、血の通っていない車でした。

世間では初代のコストダウン版と言われた2代目セルシオですが、各種インフォメーションがそれなりに伝わってくるようになっており、遥かに良い車と感じたものです。

当時の価格こんなだったのですね。正直、今現行フーガーと初代セルシオどちらを選ぶかと言われれば(どちらも新車として)初代セルシオですね。(まぁ大排気量の車はあまり好きではないのですが…)

あと、カタログ燃費だけではなく実燃費でもこの初代セルシオは優秀でしたね。ちょっとエコランすればリッター10km越えも余裕でした。当時は4ATですから驚異的な燃費ですね。しかしその反面、どんどんシフトアップし、一度4速に入ってしまうと床までスロットル踏み込んでもキックダウンしたがらないのも高級車らしからぬセッティングで正直嫌気がさしたものです。
同時に出たインフィニティQ45とどちらが良い車かと言われれば、運転してみればその差は歴然。インフィニティでしたが、あのグリルレスの顔が失敗でしたね。グリルのある顔で出していれば、もう少しいい勝負が出来たのでは?2代目もあり得たのでは?と思います。但し、インフィニティQ45もセドリックやクラウンとは全く違う車でした。やはりプラスチックピラーとビニールレザーバイザーでしたがそれ以上に運転席にガンガン入ってくるV8サウンドとコーナリング性能・ブレーキング性能。
高級車ではなく、高級スポーツカーでしたね。乗せてもらうだけなら絶対にセルシオ。ハンドル握るなら絶対にインフィニティでしょう。残念ながらインフィニティベースのプレジデントには乗った事もハンドル握った事もありませんが、どんな車だったのでしょうね?


余談ながら私の職場では、軽自動車が数台あるのですが、職員にはワゴンRは一番人気がありません。その一番人気の無いワゴンRが市場では一番売れる軽自動車であると言うのも面白いものですね。
[ 2012/01/04 18:20 ] [ 編集 ]
説明の要もない空前絶後の名車=UFC10型初代トヨタセルシオ。
静粛性こそ怪物並だったものの、ステアリング系のインフォメーション伝達能力の不足やブレーキのスポンジーな感触に当時小生も戸惑ったっけ。
そうそう、1992年4月にメルセデス・ベンツ260E(W124型)を購入する時に「価格帯が恐ろしく近い」初代セルシオのCタイプと比較検討した際に、「ベンツのほうが遥かに乗りやすく、コーナリング性にも富んでいる」と確信したことを鮮明に憶えております。
あれから22年余、セルシオの末裔はレクサスLS460/600hとなってしまいましたが、ハードウェアとしての性能は飛躍的に進化した一方で依然ソフトな乗り味・手応えは良きにせよ悪しきにせよ残っており「トヨタの子はトヨタ」だとつくづく感じさせられます。
小生自身の所有車の一台=レクサスIS350/2009年式は正確で路面の情報を伝えるステアリング、盤石の直進安定性などトヨタがセルシオを皮切りにアリスト、プログレ.....etcを通じて会得したノウハウの集大成ということは認めざるを得ませんが、サスペンションの減衰特性などダンパーとサスの不協和が垣間見られ、低速では路面の外力を内臓に直接伝えてしまう辺り、「クラウンやマークII/マークXの負の血統」も見られ、結局トヨタ全体は「セルシオ路線」と「クラウン路線」の狭間でレクサスブランドの熟成に迷走している感も無きにしもあらずというものです。
[ 2012/01/04 20:33 ] [ 編集 ]
 明けましておめでとうございます。
 kurumamaniacs様及びこのブログに集う諸兄の方々、本年もよろしくお願いいたします。
 「トヨタセルシオ」私自身からは、かなり遠い車(高級車)ですので、いい加減なコメントは差し控えさせていただくとともに、新年の挨拶に代えさせていただくきます。また、「セルシオ」という車はいかなる車なのかと、諸兄のコメントを拝見させていただきたいと思います。
 最後に、今はレクサスブランドで販売されていますが、この当時は、「トヨペット店」で販売されていたのですね、私は、トヨペット店には気軽に足を踏み入れることはできますが、レクサス店には、足を踏み入れることはできない貧民&小心者です。
[ 2012/01/04 22:07 ] [ 編集 ]
初代セルシオが登場して、もう20年以上経ってるんですね~。
管理人様の書かれているとおり、中小企業の経営者御用達の高級車でしたね。
姉が当時勤めていた会社の社長も初代シーマ→初代セルシオと乗り換えていました。
(姉がもらってきたハードカバーのカタログが今でも家にあります。)
空調設備の施工会社を経営する友人の父親も乗っていましたが、国内仕様であるセルシオではなく、逆輸入のLS400(当然左ハンドル)に乗っていました。
これは、国内仕様が馬鹿売れしたが故に納車時期の目途が立たず、待ちきれない顧客が逆輸入車も挙って購入したのだそうです。
バイク仲間の父親も乗っていたので、助手席に一度乗せてもらったことがあるのですが、2.0Lターボ車とは違うフィーリングの加速Gに大排気量NAの醍醐味を感じたものです。
[ 2012/01/04 22:14 ] [ 編集 ]
BOSSゴン蔵様

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
コメント、ありがとうございます。
運転されたことがある方にはこれだけのことが見えてくるんですね。私はセルシオについては、すべて後席専門でしたから、運転感覚はまったくわかりません。自分で買いたいとは思いませんでしたが、一度ぐらいは運転してみたかったですね。
ところで、当時シーマやセルシオといった超高級車が飛ぶように売れていましたが、私自身はそれらの方を見て、「寿命の比較的短い耐久消費財であるクルマによく500万、600万も払うことができるな~」と思っていました。その見方はこの価格帯が珍しくなくなった現在でも全然変わっていません。
当時よりも経済状況はずいぶん悪いですが、世の中は皆さんお金持ちばかりなんですね。
[ 2012/01/05 10:52 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
レクサスブランドって、個人的には発足当初から疑問を持っていたのですが、トヨタはどんなブランドにしようとしているんでしょうね?
メルセデス・ベンツやBMWに匹敵する高級車市場に参入する、ということでこのセルシオ(LS)を投入したことはわかるのですが、ベンツ、BMWのようにフルラインナップを形成しようとすると、既にトヨタブランドで存在しているフルラインナップと二重になってしまいますね。ベンツ、BMWもメーカーとしてラインナップは一本です。
レクサス、インフィニティ、アキュラを周知させるよりも、TOYOTA、NISSAN、HONDAをベンツ、BMWの位置まで高めるほうが良かったのではないだろうかと個人的には思っています。
[ 2012/01/05 11:16 ] [ 編集 ]
nishiyan様

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
コメント、ありがとうございます。
気軽に足を踏み入れることができないと思われてしまうようなブランドを作ってしまったことは、果たしてメーカーにとって良かったんでしょうかね?
現在、国内で徐々に販売台数を増やしてきているアウディは、高級車ブランドにも関わらず、冷やかしで一度訪問しただけの私に対しても頻繁にキャンペーンのメールを送ってくれます。お客に足を踏み入れていただかないと販売のきっかけを作ることすら出来ませんからね。
[ 2012/01/05 11:43 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
ハードカバーのカタログ、うちにもありますよ。でもハードカバーだとうまくスキャンできないんですよね。
そういえば、当時、逆輸入車だけでなく、一度登録した中古車が新車より高く売買されるという事例もありましたね。そういう時代だったとはいえ、「金に糸目をつけない」消費行動って、傍から見ていてあまり気持ちの良いものではありませんね。
[ 2012/01/05 11:56 ] [ 編集 ]
kurumamaniacs様、そしてこのブログに集う皆様方、

明けましておめでとうございます。
本年も皆様方のご多幸を祈念しております。

さて、2012年が始動しましたが、相変わらず自動車産業は今年も厳しそうな1年になりそうですね・・・

昨年の震災後、立ち直るかに見えたところに、予期せぬタイの洪水。
未だに部品の供給能力の影響で、国内では完成車の生産調整が続くところもあるとの事ですか・・・
さらに円高の追い討ちでその他含めの国内「製造業」が海外に打って出て行く感が加速化(そもそも円高以前の日本の製造業の「グローバル化」というお題目が、その後の円高に乗じてさらにクローズアップされているような気もしますが・・・)GDPの今年の見通しもイマイチですし、国内の製造業はどうなるんでしょうか???

今年は世界のトップも「総入替え」に近い状態ですね。
我が国は一足先に変わったものの、例のTPPに対する一貫性の無さ然り、
本当に、日本が世界の中でどういった立ち位置になるのかが、例年になく気になりそうな1年です。

さて長い前置きで失礼しましたが、この初代F10型を初めて知ったのは、国内販売する前に当時トヨタが米国で高級車ブランドを「レクサス」として立ち上げたときでした。最近の日本でのレクサスの戦略展開は紆余曲折ですが、個人的にはこのクルマを日本でセルシオとして販売したとき、「やっぱりクラウンじゃ、ベンツやBMWには勝てないんだ・・・」と、セダン好きとしてはなんとなくクラウンやセドグロ(日産ならこのグレードはシーマでしたね)といったそれまでの国産「フラッグシップセダン」に上位モデルが出来たことに、違和感と残念さを感じました(センチュリーやプレジデントは別格として・・・)

でも今思えば、当時の進め方や戦略はともかく、レクサスは国内自動車産業のグローバル化の「奔り」だったのでしょうか?少なくとも当時のインフィニティやアキュラよりはまともだったような気がします・・・

ちなみに、うちの近所にも現役F10型の「フルスモーク、ローダウン&インチアップ仕様」ありますよ!!



[ 2012/01/06 21:01 ] [ 編集 ]
お父さん様

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
コメント、ありがとうございます。
レクサスがグローバル化の奔りだったのかどうか、そして今後どんな展開をしていこうとしているのかは私にはまったくわかりません。
しかし、昨日の中日新聞で報道されていたように、今後クルマの部品共用化を進め、レゴブロックのようにその組み合わせで新車を生産していく(http://www.chunichi.co.jp/article/car/news/CK2012010602000085.html)ような方式が主流となっていくのであれば、この初代セルシオのようなクルマはなかなか生まれないでしょうね。
パソコン製造と同じ方式と書かれていましたが、クルマがますますつまらなくなっていきそうですね。
[ 2012/01/07 11:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。