旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

皆様、よいお年を! 

111231a01.jpg

111231a02.jpg

111231a03.jpg

 今日は大晦日、時が過ぎるのは早いもので平成23年も今日で終わりです。今年はなんといっても東日本大震災及び福島原発の事故が発生し、日本が大混乱に陥った年でした。未だ復興には程遠い状態にあり、あらゆる意味で危機が続いています。

 経済環境もまったく不透明な状態が続き、震災、円高、タイの大洪水等、自動車業界にとっても危機的な苦難が連続して降りかかってきています。リーマンショックで元気がなくなった自動車産業を応援する意味でこのブログを始めましたが、丸三年が過ぎて、ブログを始めたときよりも自動車産業を取り巻く環境が悪化しています。こんな状態になるとはまったく想像もしていませんでした。

 さて、冒頭の写真は近所の不用品回収所です。廃車が集められていたところには確か“買取所”という看板が掲げられていました。なんとも寂しげな光景ですね。私の目にはまだ十分に使えそうなものばかりに見えてしまいます。エコ家電、エコカーが増えるということは、もう一方でこのような“不用品”“廃車”も増えているということなんでしょうね。これらがそれぞれの寿命を全うしてこの場に来ているのなら何も問題ありませんが、本当のところはどうなんでしょうね?

 現在、自動車を始めとする日本の基幹産業といわれている分野の製造業は、メインターゲットが元気のない国内ではなく、大きな需要が見込める新興国となっています。中国、インド等の成長はとても急激なので、やがてそれらの国でもこの写真のような場所がたくさん生まれてくることになると思います。新興国市場が飽和状態になったら、さらに別の新興国市場にきっとターゲットが移るのでしょう。

 この流れ、新たな“新興国市場”がなくなるまで続くと思いますが、なくなった時点で止まりますね。新興国が成長するにつれ、その新興国内でも新たなメーカーが誕生しますので(日本メーカー、韓国メーカーが誕生したように)、流れはますますスピードアップしていくことになると思います。

 いったん回りだした大きな歯車はなかなか止めることができないので、新たな需要がなくなった後は買い替え需要に頼るしかありません。この写真のような不用品回収所はそれらの行き先があるから成り立っているのですが、あらゆる新興国が経済成長して、行き先がなくなった場合、どうなるんでしょうね。

 震災、原発事故を機にあらゆる分野で“エコ”が取り沙汰されていますが、“エコロジー”、“エコノミー”双方の“エコ”について我々一人ひとりがもう一度しっかりと考えなくてはならない時期が来ているのかもしれませんね。意外と“エコ”だと思っていたことが“エゴ”なのかもしれません。“エゴカー”、“エゴ家電”に“エゴカー補助金”や“家電エゴポイント”が付いた時代だなんて、後世の人々から笑われたくないですからね。

 下らないことをグダグダ書いてしまい、申し訳ありません。まあ何はともあれ、いろいろあった2011年も今日で終わり、明日からは新しい年が始まります。今年一年、拙いブログにも関わらずご愛読頂き、誠にありがとうございました。来年も細々と続けていきますので何卒よろしくお願い申し上げます。

 それでは皆様、くれぐれも交通事故にはお気をつけて、良いお年を。



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/12/31 15:39 ] その他 | TB(0) | CM(8)
今年は、本当にいろいろな事が起こった一年でしたね。
大震災、円高、それにタイの洪水・・・予兆出来ない自然の猛威が経済に大きな影響を与え、そして我々の生活にも重くのしかかってくる・・・個人的には、親の実家(岩手県宮古市)が津波にのまれ半壊(親族はなんとか無事でした)、そして私が仕事で販売している製品が、部品がタイ生産だったために品不足に陥り取引不能になったりと、実生活でもこれまでに体験し得ないことの連続でした。

経済状況もまだ予断を許さないどころか、ますます深刻化しそうな来年ですが、自分の出来る範囲で、前向きに生活するしかないかなと感じています。

そんななかで、このkurumamaniacs様のブログの拝見は本当に楽しかった一年でした。たまにアップされる経済問題や愚痴(ごめんなさい!)も大歓迎!!ヘンなコメントばかりして恐縮でしたが、来年もまた、いろいろな旧車に出会えるのを楽しみにしております!

本日、我が家のラフェスタを洗車しました。
自分で免許とってクルマ買ってから、かれこれ二十数年(?!)、大晦日に自分で洗車するのが私の慣わしとなっています。一年間無事に走ってくれた御礼、そして来る年も無事に走ってくれるように・・・と、これだけは自分がハンドル握れなくなるまでは、これからも続けようと思っています。

来年も、勝手ながらkurumamaniacs様とこのブログに集まる皆様方のますますのご健勝をお祈り申し上げます。

よいお年をお迎えください!!


[ 2011/12/31 18:20 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
今年は本当にいろいろなことがありましたね。我々一人ひとりにとって、いろいろな意味での大きな影響がそれぞれにあったことと思います。
“経済問題や愚痴”までも読んでいただき、本当にありがとうございます。実は私、“経済学者崩れ”です。大学に残ることも考えましたが、大学に残っても運が良ければ(指導教官が亡くなれば?)30過ぎでやっと安月給の講師の口が見つかるという世界、とても農家出身の私にはそんな冒険できませんでした。(そういえば、私の同期ではまだ2人専任講師になっただけで、准教になったのすらいませんからね。)
論文を書く機会はなくなりましたが、ブログを書くようになって、自分自身、とても毎日が楽しくなっています。(このブログはあくまでも個人ブログですので、しがらみも何もありませんからね。)
農作業の息抜きに好きなクルマのカタログ眺めながら思うことを綴ることができる幸せを今実感しています。

今年一年、拙いブログにお付き合い頂き、本当にありがとうございました。
来年も細々と続けていくつもりですので、何卒よろしくお願い申し上げます。
それでは、よいお年を。
[ 2011/12/31 20:38 ] [ 編集 ]
 拍手の欄では、色々とコメントさせていただいたのをはじめ、パソコン及びネットの初心者として、kurumamaniacs様のブログは大変というより、もう殆ど私の心を虜にさせていただきました。私事で誠にお恥ずかしい話ですが、パソコンという物は仕事でほんの少々(詳細については、噴飯ものですので、ご容赦を)いじるだけの者に誠意ある返信をしていただき、心から御礼申し上げる次第です。
 さて、今回の内容は、私にすれば、正に「もったいない!」の一言です。ノアにワゴンR、あとスズキの「カエル目」の車ウーン名前が出てこない。仕方が無い、「スズキの社用ブログで」って、載ってないやんかー!もうそんなに過去の車か?確かに変わってゆくことは大事なことです。でも、そのために「切り捨てて」ゆくことはどうなのかなー?。今は「絆、絆」って言ってますが、最低でもあと10年「絆」は継続していってもらいたいことを、衷心より思い、本年を締めさせてただきます。
[ 2011/12/31 23:04 ] [ 編集 ]
nishiyan様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願いいたします。
早速コメント頂き、誠にありがとうございます。

スズキの「カエル目」、これ2006年から2011年まで販売されていた先代MRワゴンです。見たところ事故車でもないようでしたが、なぜか“廃車”のようです。
経済成長も大切ですが、こんな消費生活をしていたらそのうち手痛いしっぺ返しをくらうような気がしています。
今、リッター30キロのエコカーにエコ替えしている方が多いですが、リッター40キロが主流になったらリッター30キロのエコカーはまだ新しくてもこうやって廃車置場に“積まれて”しまうのかもしれませんね。
2012年はカタログ燃費だけでなく、もう少しいろいろな観点からエコカーが議論される年になってほしいものですね。
[ 2012/01/01 11:45 ] [ 編集 ]
kurumamaniacs様そしてこのブログを愛する皆様、あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
さて、新年早々愚痴ですみません。「もったいない」。見れば、シャリオ・グランディス、オデツセイもあるではないですか。私の所有車、初代ステージアより年式は新しそう。昨年11月に車検を取って、あと2年は頑張ると決意した私の気持ちをあざ笑うかのようです。
何か、エコカー補助金も復活の兆し。本当のエコとは何なのか。頭の良い議員さんたちが考えているのに、こんなことも分からないのでしょうか。10年以上登録の車にこそ補助金がほしいものです。

追伸
前回書き込みいただきましたが、ステージアのカタログ掲載は急ぎませんよ。前記のようにあと2年は頑張るつもりです。ただ各所にガタが来ていて、修理代が突出するようなら考えます。
[ 2012/01/01 12:44 ] [ 編集 ]
カルロス様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願いいたします。
早速コメントを頂き、ありがとうございます。

写真では見にくいかもしれませんが、比較的新しいジムニーやパジェロミニもありました。私が欲しいぐらいです。本当にもったいないですね。ということで、「もったいないおばけ」のCMを記事に追加しました。お暇な時にご覧頂けたら幸いです。

エコカー補助金の話もちょっと疑問ですね。確かに自動車業界が厳しいのはわかりますが、クルマが売れないのはそれなりの理由があって売れないわけですから、補助金頼りの販促に慣れてしまうといつかは補助金中毒になり、補助金が常態化してしまうかもしれません。被災地、原発周辺地域の復旧のためにお金はいくらあっても足らない時期なのにこんなことしていていいんでしょうかね?3000億円も使うのであれば、いっそのこと津波でクルマを流されてしまった方にクルマを買ってあげればいいのに・・・、と思います。津波被害にあったクルマはおよそ30万台だそうですが、3000億円あれば100万円のクルマがちょうど30万台買えるんですよね。

新年早々私も愚痴を書いてしまいました。今年もたくさんの愚痴を書くと思いますが、どうかよろしくお願いいたします。
[ 2012/01/01 16:50 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます。

前の政策で古いクルマがゴッソリ一掃されましたが、一戸建ての家で屋根付き車庫まで構えてる家に限ってしれっと新車に化けてんですよね・・・・もう、本気で、その黒い金がからんだ新車を破壊してやりたくなります。誰か代わりにやってくんないかなあ・・・・。

フェアプレーの精神に欠けるカス連中は日本から消えてもらいたいですね。
[ 2012/01/01 17:59 ] [ 編集 ]
T.I様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願いいたします。
早速コメントを頂き、誠にありがとうございます。

補助金を付けたり減税したりしないとなりたたない産業って、本当に基幹産業なんでしょうかね?国内に性能のよいクルマが行き渡り、以前のような右肩上がりの需要がなくなったのであれば、必要数を供給する体制に縮小していくのが自然の流れだと思います。
大規模な工場、設備、人員を維持するために補助をしても、一時的に持ち直すだけで、結局現状に見合った適正規模への修正を遅らせるだけになってしまいますね。

旧態依然とした自動車産業の形ではなく、時代に見合った新しい形を模索すべきだと個人的には考えているのですが、国の偉い方はどう考えているんでしょうね?
[ 2012/01/02 09:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。