旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・コルサ(AL10型) 

111229a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111229a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111229a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111229a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111229a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1978年にトヨタから発売された初代コルサ(AL10型)です。姉妹車ターセルとともに、トヨタ初のFF車として世に出されました。このカタログには載っていませんが、当時人気絶好調だった山口百恵さんがイメージキャラクターとなり、“百恵の、赤い靴。”というキャッチフレーズで紹介されていましたね。山口百恵さんも素敵ですが、このカタログの4枚目画像、左下のピンクのタンクトップを着たお姉さんのイラスト、ノーブラ乳首の透け具合もなかなか素敵です。

 さて、このコルサ、縦置きエンジンFF車という、現在の感覚ではちょっと珍しいスタイルのクルマですが、カタログの至るところに記載されている通り、キーワードは“エンジョイ・エコノミー”です。なんでも“新時代の合理精神の誕生”とのことで、“車が本来もっている楽しさ、合理性や経済性を大切にすることと、快適さや大きなゆとりは両立するという技術の信念”を実現したクルマだそうです。

 このカタログは30年以上前のものですが、なんだか書かれている内容が現在でもそっくりそのまま当てはまりそうですね。そんなことを考えながらこのコルサのカタログを眺めていたら、全長4メートル程のコンパクトなボディにも関わらず2,500mmというロングホイールベースというのは、現在人気のコンパクトカーとほぼ寸法が同じであることに気付きました。(ヴィッツ:3885mm・2510mm、フィット:3900mm・2500mm、ちなみに当時のカリーナが4230mm・2500mm)

 まあ現在のコンパクトカーは全長とホイールベースが当時のコルサと同じであっても、パッケージングが改善されて室内長は当時のクラウン、セドリックと同等(1900mm前後)になっていますから、室内空間という観点からいうと全然違いますけどね。

 ということは、先日発表されたトヨタの新型ハイブリットカー・アクアは、全長3995mm、ホイールベース2550mm、室内長2015mmとのことですので、当時のコルサと同じくらいのコンパクトな車体で、室内は当時のクラウンやセドリックよりも広く、燃費はプリウスよりも良いクルマということですね。まだ乗ったことはありませんので走行性能は分かりませんが、おそらく当時のクラウンよりもずっとよく走ると思います。

 いやあ~、30数年間にわたって“新時代の合理精神”を追求したらすごいクルマが誕生したものですね。まだ発表されたばかりなのに既に6万台受注しているという報道にも納得です。山口百恵さんを起用してもパッとしなかったコルサとは大違いですね。なんだかプリウスとアクアばかり並んでいるスーパーの駐車場が自然と頭に浮かんできてしまいますね。

コルサ・4ドア・1500GSL(AL12型)
全長×全幅×全高 : 4035×1555×1375mm
ホイールベース : 2500mm
車両重量 : 825kg
エンジン : 直4OHC 1452cc 83PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/12/29 12:22 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(14)
 原体験をいう上で申し訳ありません。kurumamaniacs様の「百恵の赤い靴」はおそらくターセル或いは2作目以降のCMで起用されていたものだと思いますが、趣旨としては、私の思いと全く同じものでしたので失礼ながら一言二言。
 では、この車の第1作目CMは今では地方CMレベルのもので
カタログどおりの説明と最後に「♪ハーァ!広さのコルッサー♪」というフレーズの唄が入る超ベタなCMだったと思います。(まさかこれ、私の住んでいた、三重限定CMじゃないとは思いますが?)私的車観では、初代コルサ・ターセルはスタイルワースト10に入る車です。当時中学生だった私は、この車を始めて見たとき「スターレットの化け物か?」と思ったものでした。
 しかし、デザインと居住性とは相反するものだと納得したのは、20数年後ホンダ「モビリオ」を目にしたときでした。
 でも、「モビリオ」強風の日にレインボーブリッジや名港大橋そして瀬戸大橋を高速運転して渡りたくないのは私だけでしょうか?
[ 2011/12/30 00:08 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、コルサが発売された直後のCMは「広さのコルサー」というCMでした。YouTubeにもアップされてはいたのですが、とても見づらい映像だったのでブログに載せるのはやめました。
その後、山口百恵の赤い靴となり、次がこのカタログの「エンジョイ・エコノミー」だったと思います。
ホンダのモビリオって、窓が異様に大きかったやつですよね。あのクルマ、ビニールハウスが走っているような印象でした。
[ 2011/12/30 11:52 ] [ 編集 ]
このコルサを超える走りと造りを兼ね備えているのでコンパクトカーの進化は凄いですね~

私もヴィッツを乗り出してわかったことはやはり今のコンパクトカーはファーストカーに使っても十分問題ないレベルだと思います
[ 2011/12/30 13:35 ] [ 編集 ]
あまり気にしていませんでしたが、確かに今のコンパクトカーは居室の空間確保のために、言われてみればどのクルマもロングホイールベースの造りですね・・・タイヤハウスがリアぎりぎりにあるのが当たり前ですが、中型車以上ならまだしも、4メーター切る車体ではその分「スタイリング」の演出が難しいような気がします。そんな意味では、マツダの現行デミオはなかなか秀逸なスタイリングのように思えますが・・・

「エンジョイ・エコノミー」の次のページを開くと、妖しげなお姉さんがそこかしこに出てくるのはなかなかよろしいですな?!
[ 2011/12/30 16:46 ] [ 編集 ]
私もこのコロサのデザインは好きになれませんでしたね。うまくは言えませんが。どこか取ってくっつけた様で・・・。
それはともかく、先日愛車ステージア(初代)のフロントのショックのオイルが抜けて、乗り心地も悪くなってきたので、部品交換した際に代車で来たものが、友人の現行スイフトでした。現代の車に乗るのは久しぶりでしたので、ワクワクしながら乗ると、非常に良く出来た車でびっくりしました。雪道だったのであまりスピードは出せませんでしたが、全体的にまとまっていて、乗り心地も悪くありません。装備で便利だと思ったのは、ステアリングにあるオーディオスイッチ。特にミュートボタンは、緊急車両が近づいてきたときや助手席の人に電話がかかってきたときは便利ですね。ただ、瞬間燃費計を気にするのは購入してから一時では。
さて、今年一年ももう少し。いろんな事がありましたが、このブログには本当に楽しませていただきました。昼休みには必ずチェックしております。書き込みは、時々になりますがご容赦下さい。来年も宜しくお願いします。良いお年を。
[ 2011/12/30 18:01 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、今のコンパクトカーは凄いと思います。特にこだわりがない限り、国内の道路環境では、コンパクトカーは十分以上にファーストカーになりえると思います。
そしてこの素晴らしい国産コンパクトカーの水準は、家電に例えると現状の“32型液晶テレビ”のような存在にも思えます。
29,800円という価格でホームセンターで販売し工場を閉鎖するのか、もしくは3Dや4Kと言われるテレビにするのか、来年の自動車業界の動向も、目が離せませんね。
[ 2011/12/30 19:57 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
クルマのカタログって、メインターゲットがやっぱり男性だからなのかどうかわかりませんが、“妖しげなお姉さん”が結構出てくるんですよね。特にこのカタログの時期、80年前後は多かったような気がします。
現在と違い、若い男性が“肉食系”だったんでしょうね。
草食系男子が増え、肉食系女子という言葉まで聞かれるようになった現在、もしも自動車カタログのモデルがシュワちゃんみたいな筋骨隆々の男性モデルばかりになるのであれば、私は自動車カタログコレクションという趣味をやめます。
[ 2011/12/30 20:17 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
ステアリングのオーディオスイッチは、私の最廉価グレード先代アクセラにも付いていますよ。もっとも、私は運転中にあまりオーディオを聞かないのでめったに使うことはありませんが・・・。

初代ステージア、記事を書こうとカタログも既に引き出しの中に用意してあり、書こう書こうと思ってはいるものの、なかなか踏ん切りが付かずにいます。
実はこのクルマ、私にとってとても思い入れのある(曰く付きの?)クルマです。私がサラリーマンをしていた頃、良くしていただいた上司が交通事故で亡くなりました。その相手が初代ステージアでした。
カルロス様とは全然関係のない話ですが、私が常々ブログで書いている通り、クルマの思い出って、そのクルマに関する様々な出来事を含めた思い出になってしまっているんですよね。

変なことを書いてしまい申し訳ありません。しかしながら、カルロス様のご要望を未だ果たせずにいる言い訳をちょっと書いてしまいました。

今年一年、本当にお世話になりました。今後とも拙いブログですが、何卒よろしくお願い申し上げます。
それでは、良いお年を。

[ 2011/12/30 20:51 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます。

初代コルサ、楽しませていただきました。
小学校のとき、担任の先生が乗ってました。
当時は中途半端な存在というイメージがありましたが
今見ると茶色の3ドアなどなかなかいい雰囲気ですね。
最上グレードでいろいろ付いているからでしょうか?
街を走っていたのはもっとチープな仕様のが多かった印象です。
いかにも一昔前の「はぎとりデザイン」ですね(^^;)
外装パーツの数が現代の車よりずっと多くて驚きました。

私のブログに初代コルサ・百恵セレクションの画像がありますのでよろしければどうぞ。
http://handam.blog108.fc2.com/blog-entry-201.html
[ 2012/01/02 23:17 ] [ 編集 ]
handam様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願いいたします。
コメント、ありがとうございます。
百恵セレクション、懐かしいですね。確かコルサ、ターセル両方に用意されていましたね。
とはいえ、赤は赤でも、ポルシェなら山口百恵さんが連想されますが、コルサ・ターセルではちょっと百恵さんのイメージと結びつきませんね。
[ 2012/01/03 14:29 ] [ 編集 ]
このクラスでは珍しい縦置きFF(世界的には当時のフランスのルノー5がそうだった)にしてホイールベース2500mmと全長に対して異様に長かった初代トヨタターセル/コルサ。
1978年夏に登場した初期はコーナーを曲がる時にエンストが頻発したとか。
もっともしぶといトヨタのこと、登場後1年経過した1979年には3A-U型1452cc/83psエンジンに換装し、マフラーもデュアルエグゾーストにしてパワーの出が飛躍的に改善されたのは印象的です。
ただ鈍重な操縦性は相変わらずで1980年に登場した初代FFマツダファミリアとは月とスッポンで、結局(運転を楽しむのではなく)「乗せてもらうクルマ」というキャラクターだったかと思います。
反面1950年代のイタリアの名車、アルファロメオ・ジュリエッタスプリントを連想させるリアビューは新鮮で、1980年代初頭に「鹿島建設」のヘルメット姿のゼネコンマンを乗せて都内の超高層建設現場に入っていく同車の姿に心惹かれたものです。
[ 2012/01/04 03:03 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
このコルサにしてもルノー5にしても縦置きFFの弊害のほうが多く出ていたような気がしますが、そう考えるとインプレッサのFFモデルはそのデメリットが全て解消された縦置きFFのようにも思われますね。
新型インプレッサのFFモデルからMTグレードがなくなってしまったことが個人的にはとても残念です。
[ 2012/01/04 11:00 ] [ 編集 ]
初めまして。
ちょくちょく拝見させて頂いてます、クルマ大好き主婦です♪

このブラウンのコルサアベニュー!従姉妹のお姉ちゃんが乗ってたんですよ。
その当時アベニュー仕様を知らなかったので、電話で「コルサ買った」なんて聞いた時は「コルサなんてダサ~イ」と思ったのですが、実物を見たらイイ雰囲気で一気に気に入りましたねー。シートも肌触りが良くて上質でした(^^) 
後期形だからブラッシュアップされてたんでしょうか?コンパクトなボディに1500、マニュアルシフトでキビキビ走ってくれましたよ。
もう現存しないだろうなー。今も大好きなクルマなので、あったら欲しいかも♪ 

ジャンルを問わず、乗ってて幸せなクルマって最近少ないですよね。
開発した人の想いがギッシリ詰まったクルマ、昔は沢山ありましたよねー。

あ、アタシ、アクセラ好きですよ(^-^) もっともっと売れてもいいクルマだと個人的に思ってます。刺激はないけど、な~んかイイ感じですよね運転してて。スタイルも大好き(^-^)
ちなみにアタシは車庫の兼ね合いでダイハツのソニカに乗ってま~す(^-^)v シートはセルシオがベースでバニティミラーに照明が付いてるくらい装備が充実してて、軽ですけど高速も登坂車線も楽チンでイイクルマですよ♪ 上戸彩は悪くない!でもCMがビミョーで損したハズ!生い立ちを考えると。

コルサもそうでしたねー、売れっ子タレントを使ってもビミョーなCMはいけません!
当時CM女王だったキョンキョンが出てた「オートザム レビュー」売れなかったですよね.....(^^;

[ 2012/01/31 15:29 ] [ 編集 ]
にゃんこママ様

コメント、ありがとうございます。
上戸彩さんのCMは別として、クルマにこだわりがある方が好むクルマに限って短命で終わるというのはなかなか寂しいご時勢ですね。
私はダイハツ・ソニカに乗ったことはありませんが、CMの印象では、なんとなく最近出たアクアに似ていますね。個人的に背の低いクルマが好きなこともあり、ハイト系全盛の時代によくこれ(ソニカ)を出したものだと思っていました。
エコ一辺倒で“第三のエコカー”が話題になっている昨今、おそらくソニカのような軽はしばらく出ないと思いますから、ぜひ大切になさってください。
売れっ子タレントを使うCMも、メディアに対する不信感がここまで広がってしまった現状では果たして効果があるんでしょうかね?世の中、意外と頭の良い方々が考えているほど「バカばっかり」ではありませんからね。
[ 2012/01/31 20:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。