旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ランサーEX(A172/174/175A型) 

111222a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111222a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111222a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111222a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111222a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1979年に三菱から発売されたランサーEX(A172/174/175A型)です。初代ランサーの丸みを帯びたスタイルから一変して直線基調のスタイルとなり、一回り大きくなってEX(EXCEED)というサブネームとともに登場しました。「EXCEED」とは「超える」という意味ですが、三菱車には過去も現在も、EXCEEDというグレードがいろいろな車種に設定されていますね。きっと三菱が好きな言葉なんでしょうね。

 さて、この2代目ランサーEX、後に追加されることとなる1800ターボエンジンモデルが走り屋の間で『ランタボ』として人気となる一方、一般グレードのランサーEXはFF版のランサーフィオーレ登場によってその存在が中途半端となっていましたね。ランサーEXと聞くとターボモデルだけが思い浮かぶのは、エボ以外のランサーがいまいち存在感が薄かった後のランサーと同様ですね。「超える」が好きな三菱も、なかなか過去の悪しきパターンを「超える」ことは出来なかったようです。現在、“ランサー”はエボリューションしかありません。まあ、ある意味ではやっと「超えた」のかもしれませんね。

 当時、ランタボをコテコテにいじって草レースを楽しんでいた友人がいました。給料はほとんどタイヤやガソリン代、パーツ代に消えていたそうです。同じクルマ好きといってもちょっと私とは方向性が違っていた方なので一緒に走りに行くということはありませんでしたが・・・。

 数年前、遠出の折に久しぶりに彼と会いました。お互いもう若くはないのですが、相変わらず今もコテコテのランエボで草レースをしているのかを尋ねたところ、「あっ、もうクルマはやめた」とのこと。当時の熱の入れようをよく知っていたので彼の口からその言葉を聞いたときにはとてもびっくりしました。

 クルマをやめた彼、なんでも「クルマは金がかかるから自転車にした」とのことでした。彼のご自宅で趣味の自転車を拝見したのですが、これがまた見てびっくり、マウンテンバイクからロードバイクまで高そうなのが何台もありました。フレームやパーツを個別に入手して自分で組み立てているとのこと。「これが40万ぐらい、こっちのはもうちょっとかかったかもしれない・・・」と説明してもらったのですが、人間の性格って変わらないものですね。ちょうどその頃、4万円程で購入したGIANTのマウンテンバイクの高性能さに感激していた私にはまさに未知の世界でした。

 ランサーEXは私の中ではその友人とセットで記憶されています。今、改めてランサーEXのカタログを見てみたら、彼のコテコテのランサーターボしかじっくり見たことがなかった私にはとても新鮮に感じられました。ランサーEXって意外とシンプルで良さそうなクルマですね。

ランサーEX・1800GSR(A175A型)
全長×全幅×全高 : 4225×1620×1385mm
ホイールベース : 2440mm
車両重量 : 985kg
エンジン : 直4OHC 1795cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/12/22 16:19 ] 1970年代三菱 | TB(0) | CM(12)
ここに来てずいぶんと更新のサイクルが早いですね。師走のせいでしょうか(笑)。
このランサーEX同じ町内の同級生が、ずいぶん長く乗っていました。残念ながらノンターボでしたが。私はこの直線を基調としたスタイルは好きですね。
しかし、EXがEXCEEDの意味だったとは。初めて知りました。私は、デリカのグレードのEXCEEDが始まりと思っていました。このブログは本当にタメになりますね。
[ 2011/12/22 17:38 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
いや、師走のせいではなく、11月ですべてなくなってしまった葉物の補充がどうも間に合いそうもなく(まだとても出荷できる大きさではありません)、収穫作業がないから時間の余裕があるだけです。
例年、この時期はうちのメインは果樹になっています(うちには柚、みかん、夏みかん、八朔、レモン等の果樹園があります)。
果樹メイン、葉物ついで、という形で毎年なんとかこなせていたのですが、今年は葉物が完全なイレギュラー状態、まあ結局ダメになりそうです。
果樹は計画的に収穫、保存が出来るので、やっぱりありがたいですね。本日は冬至、今日までの数日間、うちでは柚が大活躍してくれました(売上比率において)。

私もランサーEXの直線基調のデザインが好きでした。しかし友人のランサーは“臭い、汚い、うるさい、派手で恥ずかしい・・・その他諸々”ということで、あまり関わりたくない存在でした。素のランサーEXをじっくり見てみたかったです。
[ 2011/12/22 20:33 ] [ 編集 ]
最近アップして頂くモデルが懐かしいセダンが多くて、毎回ドキドキしています!!

さて、このランサーEXのカタログを拝見しましたが、このモデルは個人的に好きな直線基調デザイン、また当時上位モデルのギャランΣよりも、コンパクトながらきちんとパッケージをまとめた感じがして、まじめな作りで好感がもてる「セダン」の印象があります。

ただ、1600でGT、1800でGSRというスポーツモデルを上位モデルに据えておきつつ、「3速フルオートマチック」を、シフトポジションごとに解説しているページは、なんか意外というか、普通に「オートマ」が当たり前の今ではちょっと笑った・・・、いや新鮮でした!?
[ 2011/12/22 21:45 ] [ 編集 ]
 当時のCM、懐かしく思わず一緒にハモッテしまいました。
 CMのとおりこの「ランサー」サスは「ストラットサス」4輪ともディスクブレーキ(後輪はドラムじゃなくて?)ATは3速AT(今じゃ軽トラレベル)MTに至れば4速MT健在、更に極めつけは、1.4Lから200CC刻みの排気量。懐かしの1.8Lエンジンは自動車税が2.0Lと同じ39,800円也ですが、CMどおり80年代してますねー。
 ところで、この当時、各自動車メーカーって、自社のエンジンに固有の名前を付けてましたよね。
今、その各社がハイブリイドエンジンや電気モーターさらには高燃費効率エンジンにに名前を付けたらどんなネームになるのでしょうか?(一部は既についてますが)
[ 2011/12/22 23:15 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
当時はまだオートマが少数派の時代でしたからね。T字型のシフトレバーも懐かしいですね。
私はトランスミッションもさることながら、当時のカタログを見て新鮮に思うのは、タイヤです。今では商用車でしかお目にかかることのない80タイヤが普通にスポーツモデルのタイヤですものね。
[ 2011/12/23 11:56 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
サターン・エンジンというのもカッコいいですが、日本人らしく“土星原動機”という名称もなかなか面白いかもしれませんね。『1600 SATURN80』=『1600土星八零式』、なんだか帝国海軍の航空機のようですね。
[ 2011/12/23 12:14 ] [ 編集 ]
両方のランタボに乗せてもらったことがあります。

前期型は父親の会社の息子さんのGSRで、
後期型は短大の時のバイト先の社員さんのGTです。

前期型の方は当時小学生という事もあって、
あまり印象に残っていませんが、後期型は
タービンが交換されていた事もあって、
とんでもなく速かった事を覚えています。
[ 2011/12/23 23:47 ] [ 編集 ]
このランサーEX、デビューした1979年当時は小生9歳、その日本離れした広大なグラスエリアを持ったスペース重視のボディデザインにイタリアの名車フィアット131やアウディ80(当時自宅にあった!)を想起させる知性が感じられて子供心に惚れ惚れしてしまいました♥
そんなランサーEX、カローラやサニーより一回り大きく重量1トン弱(1600GTで950kg)まで肥大してしまったボディを引っ張る1600cc/86psエンジンの非力さが惜しまれましたがそこは翌年1980年春に追加された1800シリーズ(100ps)で愁眉を開いたかと思います―なにせ0-400m加速を17.95secと、スカイライン2000GT-ESやトヨタクレスタ2000(125ps)顔負けの駿足ぶりで走ったのだから!
そんなみずみずしさを端正さの中に秘めた三菱ランサーEXに元気をもらって、明日の日本語教師の授業教案に目を通そうというものです!
[ 2011/12/24 00:04 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
友人のランタボはシートが変えられ、内張りも剥がされて鉄板むき出しでしたから、このカタログに載っているランサーEXのイメージは全然ありませんでした。
私自身は彼のランタボを運転したことが一度もありませんので、ランサーターボが速かったのか、友人の運転が荒かったのかはいまいちわかりません。
[ 2011/12/24 10:58 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
当時はランサーEXが小さいなどとはまったく感じませんでしたが、今の感覚からすると、この1トンを切る小さな車体に1800ccのエンジンが積まれていたということもかなり不思議な感覚ですね。
逆に言うと、これぐらいの小さな車体に現在の高性能な1.3~1.5リッターぐらいのエンジンを積んだクルマが必要十分な性能で運転もいちばん楽しそうですね。
[ 2011/12/24 11:06 ] [ 編集 ]
ランタボも半年くらい所有してました。(4,5年前)
放置車両をタダ同然で入手し楽しんでいました。ターボがかかってからの”ドッカーン”の感じがとても楽しい車でしたが、車検がせまり、心中するか(車検クリアの為には新たに車つくる位の修理が必要)、手放すかを散々悩んだ末手放してしまいました。納車の日「今日からコレがウチの車だ!」と言ってボロボロのランタボを見せた時の我が子の”ドン引き”具合は今も脳裏に焼きついております(笑)。
[ 2012/01/17 12:05 ] [ 編集 ]
FLATELL様

友人のランタボを見せてもらったときの私の顔も、おそらく“ドン引き”していたことと思います。乗せていただいたときには完全に“ドン引き”し、もう乗せていただきたくないと思いました。でも本人にとっては“自慢のクルマ”なんですよね。
[ 2012/01/17 15:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。