旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・サニー(B13型) 

111216a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111216a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111216a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111216a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111216a05.jpg
(画像クリックで拡大)

111216a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年に日産から発売された7代目サニー(B13型)です。先代のB12型トラッド・サニー同様、極めてオーソドックスな3ボックススタイルのセダンで、全体的に丸みと上質感が備わったとはいえ、クルマ全体から大衆車オーラをプンプン醸し出しています。今人気の可愛らしい顔した片づけコンサルタントのお嬢さんだったら、ニコッと笑いながら“ときめかないので、ありがとう!って言って捨てましょうね!”と言いそうなぐらい平凡なスタイルですね。まあ個人的にはこの平凡さが結構好きでしたが。

 さて、このB13型サニー、ご存知の方も多いと思いますが、日産の公式HPにも掲載されている通り、実は立派な現行車種です。現在もメキシコでは「Tsuru(鶴)」として製造販売されており、タクシー市場では大半を占めているほど一般的なクルマとなっているそうです。

 以下、日産公式HPから引用
 『「ツル」は25年以上にわたってメキシコ市場で販売されているコンパクトサイズのセダンで、同市場では15年間連続、サブコンパクトカーセグメントのリーダーに君臨しています。・・・』とのこと。

 “鶴は千年、亀は万年”という言葉があるように、鶴は長寿の象徴とされていますが、日産のTsuruもなかなか長寿モデルですね。現在国内ではこういう古典的な3ボックススタイルのコンパクトセダンがなくなってしまいましたので、右ハンドル仕様の鶴が輸入されたら意外と受けるかもしれません。今主流の2ボックスコンパクトカーのスタイルはどうも好きになれない、しかし大きなセダンもいらない、という中高年世代にとってはジャストフィットのような気がします。もちろん車名は漢字で『鶴』、有料色のホワイトパールを標準色として用意すれば、いかにも長生きできそうな縁起のよいクルマになります。年金が当てにできないこれから高齢者になる世代にとってはとてもありがたい存在になりそうですね。

 ところでこのサニー、当時の国内版B13型サニーを始めて見たときも、現在のメキシコ版Tsuruの写真を始めて見たときも、個人的には「ときめき」はまったく感じませんでした。しかしこういうクルマはときめきを感じない代わりに飽きも来ないので長く乗るにはいいなぁと思います。

 冒頭で例え話として出した『片づけの魔法』ですが、ページをめくってもときめかないカタログを片っ端から捨てていたら、うちの倉庫はずいぶんすっきりしますが、このブログを書くことは出来なくなっていました。ブログを書くことによって結構私自身人生がときめいていますので、『人生がときめく片づけの魔法』というのも人によりけりですね。

 きっとこのサニーや私の旧車カタログのように、ときめかないけど捨てなかったおかげで人生にときめきをもたらしてくれる物というのも存在していると思いますよ。あっ、もう捨ててしまったから手遅れでしたかっ!

サニー1500・スーパーサルーン(B13型)
全長×全幅×全高 : 4210×1670×1375mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直4DOHC 1497cc 94PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/12/16 10:55 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)
我が家に初めて来た自家用車は2代目(B110)サニー、次は3代目(B210)サニーでした。
これもどこからどう見てもサニーですね。特にスタイル的にはB110に通じるものがあると思います。しかし、装備はパワステ、パワーウインドウ、集中ドアロック、リモコンミラー、電動格納ミラー、当然エアコンは当たり前。
我が家にあった最初のサニーはその全てがありませんでした。オプションで取り付けたのは、タコメーターと8トラカセット(今若い人は分からないだろうなー)。
でも、車が来た時のドキドキ感はこれが一番でした。
[ 2011/12/16 12:55 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
8トラのカセットテープはうちの倉庫にもたくさんあります。でもプレーヤーがないので聴くことができなくて残念です。
うちに初めて来た自家用車(?)は“ビスモーター”と聞いています。なんでも地域に“陸王”に乗られていた方がおられて、その方に対抗するためだとか・・・。まあハーレーに原付モペットで挑んでも笑われるだけですけどね。
私にとってのドキドキ感はやっぱり初代ルーチェでした。もちろん私が子供の頃の親父のクルマです。今言うと言葉が変ですが、「未来のクルマみたい」と思いました。
[ 2011/12/16 21:21 ] [ 編集 ]
B13サニーですね。

まさに「ザ・セダン」とも言える形が良いですね。

さて、このサニーのGT-Sにはアテーサを搭載した
モデルもありましたよね。

それにN14パルサーGTI-RのSR20DETを移植して、
それを1600VRの代わりにラリーベース車として
出したら良いのにと思ったものです。

自分が初めてのドキドキ感は父親が中古で購入した
GC111型スカイライン2000GT(ケン&メリーの後期型)
ですね。

今まで、ファミリア1300バンや初代ボンゴ1000と
商用車ばかりファミリーカーにしていた我が家に
突然、日本を代表するGTカーがやってきた時の
興奮たるや・・・。

エアコンやラジカセの付いた車と言うのも
初めてだったので、快適で豪快な走りに
家族全員が魅了されたものでした。
[ 2011/12/16 23:48 ] [ 編集 ]
免許をとって初めて買った「N12パルサー」を買い換えた自身オーナー2台目が、このB13のサニーベースの「R10型初代プレセア」でした。

このプレセア、そしてB13サニーもそうでしたが、当時は内装や外装を、オーナーの好みでいろいろ組み合わせる日産の売り出し方がありましたよね。スポーツな外装にラグジュアリな内装をチョイス・・・とか

個人的には、こんなふうにオーナーの好みをクルマで形にできるのは画期的だと思ってました。生産に合理化を求められる今のご時勢では考えられない手法ですが(笑)
[ 2011/12/17 02:07 ] [ 編集 ]
きゅう@様

サニーのスポーティモデルって、この平凡なスタイルゆえになぜか惹かれてしまうんですよね。最終型サニーの記事で書いたとおり、私はB15型サニー・VZ-Rの購入を本気で考えたことがありました。でもすぐに販売終了となってしまったために叶いませんでしたが。
[ 2011/12/17 10:49 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
日産は現在でもある車種ではオーナーの好みに応じて一台一台生産してくれますが、1500万円もするGT-Rエゴイストではねぇ。
1500万円も払えば、オーナーの好みに応じて、平屋なら一軒家が建ってしまいます。
[ 2011/12/17 10:57 ] [ 編集 ]
 K11型マーチのコメント投稿の際にも触れた、私の母親の車ですが、マーチの前はこのB13型サニーに乗っていました。
 このサニーの更に前はB11型サニーに乗っていたのですが、B11からB13に買い換える際の母と私のやりとりです。
 母「今度もサニーにしよと思うんやけど、あんたちょっとどんなんがええやろか。」私「今度は、オートマにしたら?運転が楽やに。」母「オートマはこの前新聞で、駐車場で年寄りのひとが突っ込んでぶつかとったでこわいわ。」私「そしたらまたマニュアルにしたら?」母「マニュアルって何ぃー?」私「クラッチ踏んで変えるやつやんか!」母「それそれ。その新しいサニーに買い換えるわ。」とこんな風なやりとりで件のサニーを買った訳ですが、この母と私のやりとり三重の方言で書きましたが、標準語で書くとなぜかリアリティーがないので、わからないところはニュアンスで想像してください。
 その後、母は何の拍子かAT車を運転することがあり「オートマは楽やなー。」ということで現在の「ばあのマーチ」となり現在は孫たちを乗せ、今も後期高齢者として得意に走っています。
[ 2011/12/18 15:53 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
「いっくらぎょうさんオートマのクルマが売っとっても、マニュアルなかったら買うもんあれへんわ~。おみゃーさんもそー思うやろ?」
と思わず私の気持ちを方言で書いてみました。
うちも“ばあ”が運転するために、デミオはATです。まあ、貴兄の“ばあ”とうちの“ばあ”が異なる点は、うちの“ばあ”は「クラッチ踏んで変えるやつ」の運転ができない点です(免許はもちろんMTですよ、昔はAT限定なんてありませんでしたから)。
[ 2011/12/18 20:10 ] [ 編集 ]
小生もこのB13型サニーを発売当初運転したことがあります。
1990年の春、忘れもしない大学二年の最後の試験の帰り、中野区野方のサニー東京に行って1600スーパーサルーンe(110ps)を試乗しました。
街乗りとはいえ、粘っこいサスの動き、路面の情報を精緻に伝えるパワステの感触、何より1.6リッターの自然吸気とは到底思えぬ「ふわっと飛び出す」出足.....見かけの「死にたくなるほど保守的」なボディデザインからは信じがたい良心的なエンジニアリングが感じられたものです。
あの頃の日産は真面目だった―だからこそバブル期のB13型サニーは未だメキシコで製造されてベストセラーとなっているばかりでなく、広く中南米に売られて「安くて信頼できる一番の実用車」として自家用/タクシー問わず絶大なバリューを持っているのではないでしょうか。
PS(おまけの話)
上記の小生が試乗したサニー1600スーパーサルーンe、出足がターボでも付いているかのような軽やかさで当時自宅にあったメルセデス・ベンツ190E/1987年式(1997cc/118ps 17.5kgm)より遥かに素早く感じられたのは今も感触が蘇ります!
その時身に付けていたエメラルドグリーンのセーター+ポロシャツはタンスの奥に取ってあります―B13型サニーを時折街で見るたびにあの時の思い出や服装が脳裏をよぎるほどです。
[ 2012/01/29 07:50 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
最新技術が詰め込まれた新型車もいいですが、枯れた技術で無難にまとめられた「安くて信頼できる一番の実用車」もいいものですよね。
クルマだけでなく服装も同じで、流行を追いかけると毎年服が増えていき、いつの間にやら押入れはほとんど着ることのない洋服ばかりになってしまいますが、流行に無頓着であれば、擦り切れて着られなくなったら新しい服を買うだけで済みます。
ちなみに私、ここ30年ほど身長も体重もほとんど変わっていませんので、学生時代の洋服を今でもたまに着ることがあります。
[ 2012/01/29 13:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。