旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・ファミリア・ロータリークーペ(M10A型) 

090204a01.jpg

090204a02.jpg

090204a03.jpg

090204a04.jpg

090204a05.jpg

 1968年にマツダから発売されたファミリア・ロータリークーペ(M10A型)です。マツダという会社は現在もクルマ好きが心ときめく車を造ってくれるメーカーですが、40年前でもまったく同じようですね。ご存知のようにロータリー搭載車を今も市販しているのはマツダだけ。RX-8開発に関する苦労話はNHKのプロジェクトXでも放送されましたからご覧になった方も多いと思います。
 さてこのファミリア・ロータリークーペですが、このクルマは簡単に言うと2代目ファミリアの車体にあのコスモ・スポーツのエンジンを載っけたもの。エンジンは多少デチューンされているものの強力なエンジンですので、車体がエンジンに追いついていないと当時評されていました。排気量こそ491cc×2でも出力は当時の2000ccクラスだったそうです。
 マツダのクルマ造りにおいて、こういう発想は今も昔も変わりませんね。現在ではマツダスピード・アクセラがそうです。あの巨体のMPVすら豪快に加速させてしまうターボエンジンをアクセラの車体に載っけてしまうんですものね。これからもファミリア・ロータリークーペやマツダスピード・アクセラのような、ちょっと茶目っ気のあるクルマを作り続けて欲しいものです。
 話は変わりますが、将来を考えると環境性能を無視することができません。現状ではハイブリットやプラグイン・ハイブリット、そして電気自動車という流れが大勢を占めているようですが、そんな中で唯一マツダは水素ロータリーで頑張っています。好きなメーカーなので応援はしているのですが、孤軍奮闘というのはなかなか厳しいのでは?

ファミリア・ロータリークーペ(M10A型)
全長×全幅×全高 : 3830×1480×1345mm
ホイールベース : 2260mm
車両重量 : 805kg
最高速度 : 180km/h
エンジン : 10A型2ロータリー 491cc×2 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ

[ 2009/02/04 18:31 ] 1960年代マツダ | TB(0) | CM(4)
『好きなメーカーなので応援はしている』
こっちを読まずでした。
『ちょっと茶目っ気のあるクルマを作り続けて欲しい』
私が望むのもそこなのですが…
もっと己の道を極めて欲しいと思います。
他社は他社。大衆迎合なんてクソくらえ!
欧州も認める東洋の奇跡。
[ 2009/02/07 00:11 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。

> 『ちょっと茶目っ気のあるクルマを作り続けて欲しい』
> 私が望むのもそこなのですが…

同じように考えている方がきっと大勢おられることと思います。
その声がマツダに届いているから40年経っても同じような発想のクルマを
世に出してくれているのだと信じています。
本当に「欧州も認める東洋の奇跡」ですね。
[ 2009/02/07 09:00 ] [ 編集 ]
ロータリーが好きでファミリアロータリークーペから始まってRX-3、7、コスモクーペ、限定車コスモクーペと乗りついできた、E/gの立ち上がりの早さ加速のよさどれをとっても満足する車達だった、唯一燃費だけだったね、最後はそこに負けたんだけど若いときはただ走りたかっただけなんだよね、もう一度復活ロータリーゼイション、期待してますよ。
[ 2011/07/28 18:55 ] [ 編集 ]
ダックス様

コメント、ありがとうございます。
燃費性能だけで考えると現時点では確かに不利ですが、それ以外の魅力がたくさんありますので、ロータリーの灯を消さないでほしいものですね。エコが最重要視されている現在でもフェラーリを買う方がおられるように、燃費性能がすべてではありませんからね。
[ 2011/07/29 09:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。