旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・クラウン・2000シリーズ(S120型) 

111210a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111210a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111210a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111210a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111210a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 久しぶりの更新となってしまい、誠に申し訳ありません。

 1983年にトヨタから発売されたクラウン(S120系)・2000シリーズ、いわゆる“5ナンバークラウン”の専用カタログです。当時は3ナンバーのクラウンと言ってもバンパーが拡大されて寸法が大きくなっていただけですので、この5ナンバー枠に収まっているクラウンを見ても全然違和感は無く、どこからどう見ても“クラウン”してますね。

 さて、このクラウン2000シリーズ、誰が見ても貫禄のある“いつかはクラウンに”のクラウンですが、寸法も排気量も5ナンバー枠に収まっています。駅のタクシー乗り場で客待ちをしているクラウンコンフォートが今見るととても小さく感じられるように、それと同寸法のこのクラウンも、たまに街で見かけるととても小さく感じられます。

 でも当時はとても大きく感じられたんですよね。高級車の代名詞、トヨタのクラウン。いつかはクラウンに!私自身もそう思っていましたから憧れでした。実はこのクラウン、うちにもあったのですが(もちろん親父のです)、中古のポンコツカローラで遊んでいた私にとってはやっぱり“いつかはクラウンに!”の存在でした。

 当時のクラウン2000シリーズの価格帯は230~300万円程度。クラウンの3リッタークラスでは400万円弱というグレードもありましたので、やっぱり高級車ですね。トヨタではそれより上には570万円のセンチュリーがあるだけでした。

 と、ここでひとつ疑問が湧きました。当時(80年代中頃)って、現在とそれほど物価は変わっていませんよね。大卒初任給は現在のほうが少し多いかもしれませんが、今と違って誰もが就職でき、ボーナスもみんながもらえた時期ですので、可処分所得でいえばおそらくあらゆる年齢層で当時のほうが多かったような気がします。

 物価も収入もあまり変わっていませんが、クルマのラインナップだけは大きく変わりました。現在、プレミオのスペリアパッケージという、当時のクラウンのようなトヨタ流のコテコテ豪華さでまとめられたグレードが270万円で販売されています。車名は異なりますが、車格も性能も、見た目の豪華さも当時のクラウン2000シリーズと同様なクルマはやはり価格も同様です。そして当時はこのレベルが“高級車”でした。

 ところが現在は、このレベルはいわゆる“正統派セダンのボトムレンジ”であり、ちょっとまともな“高級車”となれば、当時のセンチュリークラスの車格、性能、価格になります。マジェスタ、フーガ、レジェンド等はみな当時のセンチュリー、プレジデントと似たようなレベルのクルマになっていますね。つまり“いつかはクラウンに”だったレベルが、車格的にも価格的にもセダンのスタートラインになってしまったんですね。

 天候の影響でしばらくイレギュラーな畑仕事に追われていましたが、コマツナを揃えながらこんなことを考えていました。ずいぶんクルマも高くなったもんだな~って。個人的には当時のクラウン2000シリーズは車格も性能も十分すぎるレベルだと考えていましたから、マイカーの基準がそのあたりになっています。新型インプレッサのG4なんて素晴らしくカッコいいですね。

 現在開催されている東京モーターショーでは各メーカーがエコと同時に、もう一度人々にクルマの魅力を再発見してもらうような原点回帰というテーマもあるようですが、価格も原点回帰してほしいものですね。やっぱり基本的には200万円がひとつのライン、それ以上は“高級車”でいいと思います。

 新車販売で軽自動車が4割近くを占め、トヨタが軽トラを販売するような時代になったのは、若者のクルマ離れだけではなく、多くの方が自動車メーカーの非常識な高額車販売商法に付き合うのをやめたからじゃないだろうかと個人的には考えています。500万、600万円のクルマなんて、総理大臣や大企業の社長が運転手付きで乗られるクルマだけでいいと思いますよ。

クラウン・4ドアハードトップ・ロイヤルサルーン(GS121型)
全長×全幅×全高 : 4690×1690×1410mm
ホイールベース : 2720mm
車両重量 : 1430kg
エンジン : 直6DOHC 1988cc 160PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/12/10 16:59 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(20)
お忙しい中の久々アップ、ありがとうございます!
毎回このサイト楽しみにしております。これからもマイペースでよいですから、よろしくお願いします!!

私も200万円出せば、今では立派に高級車だと感じます。
しかし、傍ら200万円出して高級車を買うのとは別に、同じ値ごろ感で「ハイブリッドカー」を買う・・・という選択肢もありますよね。恐らくこのご時勢、どちらかというとそんなチョイスのほうが当たり前のような感じで、同じ投資で「クルマを買う」のか、はたまた「生活を買う(?)」のか、クルマに対する価値観もこのクラウンが出た頃とは随分と変わってしまいましたか・・・

カタログ拝見し、ロイヤルサルーンやスーパーサルーンといったグレード、懐かしいですね!特に「サルーン」という響きがなんかオヤジセダンファンに今更ながらグッときます!!


[ 2011/12/11 17:36 ] [ 編集 ]
懐かしいですね~特に内装のエンジ色って言えば通じるかなぁ、当時の高級車って感じがします。これが270万ですか?今考えると安いですね!!
[ 2011/12/11 20:56 ] [ 編集 ]
いや~、懐かしいですね~。

今の常識だったら、クラウンに5MTがあるなんて誰も信じないでしょうね。
しかもロイヤルサルーンに(笑)

中学の時の同級生がお兄さんのお下がりのハードトップに乗っていてたのですが、お兄さんから譲ってもらうときに「この車には秘密がある。」と言われたとの事です。

友人は「まさか、事故車とか人をはねた事があるとか?」と聞き返したところ「ロイヤルサルーンのエンブレムが付いているが、本当はスーパーサルーンなんだ・・・。」
との事(笑)

友人の家に遊びに行った時に何度かその車は見たことがあるのですが、確かに「RoyalSaloon」と「TWINCAM24」のエンブレムが付いているのですが、タコメーターのスケールが足りないのと、ECTのモード切り替えスイッチが無いので偽ロイヤルサルーンである事は見抜いていました。

友人からその事を聴いた時に「俺も知ってたけど、お兄さんに悪いと思って黙ってたよ。」と言っておきました。
[ 2011/12/11 21:45 ] [ 編集 ]
こんばんは。
小生、現在①ヴィッツ1300U-L/93492km走行(自分名義)+②レクサスIS350/20500km走行(家族名義)の二台を所有していますが、メインの足は当然前者、それどころか98%前者にばかり乗っている按配です。
昨年の山形往復1000kmもヴィッツなら、日常の雑用もクラシックカーイベントに行くのもヴィッツとヴィッツ一辺倒―これは決してただ単に、「名義等の事情からレクサスは父親に独占されていて、自分としてはヴィッツしか乗るものがない」からでは断じて無いことに気づいていただけたでしょうか。
そうです、小生にとってヴィッツはその適度な小ぶりさ故にまさしく人車一体の「体の一部」であり、弾ける軽快感やエンジンの鼓動を手足で肌で感じられて日常生活が心豊かになるからだと分析できてなりません。その点300psオーバーのレクサスISでは実生活に不必要な「過剰なパワー」の域に入ってしまい、どこかブカブカの潜水服を着たような暑苦しさが拭えず、それがよそよそしい「借り物感」につながってしまい新たなフラストレーションも生まれる次第です。
何と言ってもヴィッツ1300とて踏めば「清貧を感じさせる」ガ行の親しみあるエンジン音を響かせて、メルセデスB200あたりなら負けない加速を見せ、「ポンコツ大衆車でも一人前に走れる」という点にカタルシスを感じるのは由々しき問題ではないでしょうか。
そんなあんな考えていると今世紀に入ってからの国産1300ccコンパクトはヴィッツからマツダデミオまで全て1980年代のマークII2000グランデや5ナンバークラウン(2000cc)を容易に上回る性能や一次安全性を備えていて「日本人が普段使う乗用車はこのサイズで十分」という示唆を見せていることが確信できます。
そう、かつてあれほど一世を風靡したマークII三兄弟ぐらいの機能・性能は今やちょっとした軽自動車でも持っており、最新型クラウンにフーガ、マークX.....すべて1980年代当時のセンチュリー/プレジデント並みかそれ以上、いやもっと極端なことを言えば当時のメルセデス・ベンツ500SEL/560SELとさえ互角以上の一次・二次性能を持っている以上は「そんな怪物マシンなど要らない」という人口が一定量出てもおかしくないのではないでしょうか。
となると我が愛車の一台であるレクサスIS350=3456cc/318psの0-400m加速など13.3/13.5sec!!!!と1980年代半ばのフェラーリ・テスタロッサやランボルギーニカウンタックをも上回っており、「いつかはクラウン」時代においてはまさしく天上界の水準になってしまう辺り、「クルマの性能向上」「技術の進化」というのは果たして手放しで歓迎できるものなのか複雑な感慨に覆われざるを得ませんがKyuusyamania様は如何でしょうか。
[ 2011/12/11 22:27 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私の感覚では、現在のプリウスは当時のクラウンと同等以上の高級車だと思っています。車格も室内寸法も走行性能も価格帯もほぼ同じ(燃費は全然違いますけどね)。そんな“高級車”が街に溢れている“フツーのクルマ”になっているんですから、なんだか不思議ですね。
[ 2011/12/12 07:46 ] [ 編集 ]
フローラン・カバディ様

コメント、ありがとうございます。
当時のエンジ内装ではありませんが、現在もほぼ同価格帯で5ナンバーのクラウンセダンが販売されているんですよね。ただ業務用なのでLPGエンジンしか用意されていないところがちょっと残念ですが・・・。
[ 2011/12/12 07:52 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
現行クラウンにもMTモデルがあれば絶対に受けると思うんですがね~。海外向けのレクサスIS250には6MTモデルが用意されていますから、同じエンジンを載せているクラウンやマークXにMTモデルを用意することは簡単なはず。とはいえ、現在の国内状況ではまず無理でしょうね。
[ 2011/12/12 08:03 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
個人的に、5ナンバー枠にこだわる気はまったくありませんが、現在私が住んでいる昔からの集落では、全長5メートル級の高級セダンでは曲がりきれない狭い道がたくさんあります。先日も近所の道路に迷い込んだVIP仕様の旧型セルシオが立ち往生していたので大きな道まで誘導してあげましたが・・・。
そんな出来事をよく目にする地域に住んでいるので、現在の“大きな高級車”では私自身、行ったことがない目的地へ行く自信がありません。
性能はともかく、やっぱりほどほどの大きさってあると思うんですよね。
[ 2011/12/12 08:31 ] [ 編集 ]
コメント頂き、ありがとうございました。

今更ながらですが、このカタログを拝見して、フォトを見る限りでは決して「5ナンバー」車には見えませんね・・
今日、たまたま仕事の移動でクラウンコンフォートのタクシーに乗ったのですが、このクラウンと同じ車格とは全く思えませんでした・・・

またしても「本題それネタ」で恐縮ですが・・・

今日の新聞で、ホンダが3年後をメドにNSXの後継車を市場投入するという記事を見ました。年明け1月の北米国際自動車ショーにコンセプトカー(アキュラブランド?)を出展するそうで、一応お決まりの「ハイブリッド」ベースのスポーツカーのようです。

トヨタが「86」を投入、日産は「NISMO」を量販車へのフィードバック投入強化で、クルマ離れの若い世代を再び魅きつけようという戦略のようですが、先にコメした通り「クルマ=エコ」という感覚の人たちにとって、自動車メーカーの思惑がどれだけ浸透するのか、ちょっと不安です。

でも、クルマ好きなオヤジとしては、ちょっとウンザリ気味だった今の自動車市場が変わって欲しい・・・という期待値を、この記事でとりあえず感じました。このまま本当に日本の自動車メーカーはエコ志向でクルマを作り続けるのか・・といった個人的な疑問に、実際はともかく、こんな発表がされるのはまだ捨てたものではないのでしょうか??

[ 2011/12/13 23:23 ] [ 編集 ]
この頃のカタログはクラウンでも、オートライトや集中ドアロック(まだリモコンキーではないようです)を堂々と謳っているあたりが面白いですね。いまや、私の職場のアクティでさえ集中ドアロックは付いているのに。
当時の開発者にいまどきのインテリジェントキーを見せたらどんな反応をするのでしょうか。想像しただけでもおもしろいですね。
[ 2011/12/14 13:45 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
あくまでも個人的な考えですが、そもそもクルマの存在自体がエコではないと思います。“エコカー”というのは、ガソリン消費量という観点のみから見た相対的な“エコカー”であり、ガソリンなり電力なりを使って動力を得ている以上、“エコカー”という概念は存在しないと思っています。
“エコカー”を定義付けるのは国でもメーカーでもなく、我々クルマのユーザーだと思います。ある方は排気量7000cc、リッター2キロの愛車を年に数回走らせるだけで満足し、「このクルマはそのために存在しているのだから」とあっけらかんとしています。またある方は最近話題の“エコカー”で、「燃費がいいからどれだけ走ってもガソリン代があまりかからない。自転車代わりってこのことだよね」と自慢して、自転車で済む用事でも半ば無理やりプリウスに乗ってやってきます。
どっちがエコなんでしょうね?頭の悪い私にはちょっと判断がつきません。
エコ志向はもちろん重要で、メーカー、ユーザーともに目指さなくてはならないと思いますが、“どんなクルマでもエコではない”と認識した上でクルマと付き合っていくユーザーの心構えも必要だと思います。
そんなことを踏まえたうえで魅力的な新型車が次々と発表されたらクルマ好きとしては嬉しいものですね。
[ 2011/12/14 20:50 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
集中ドアロック、キーレスエントリーあたりまではとても便利な機能だと思っていたのですが、インテリジェントキー及びスタートボタンというのはちょっと私にはありがた迷惑な気がしていました。
キーをひねってエンジンをかけるタイプなら、運転中はクルマにキーがくっついているのですが、あのカード型(メーカーによっていろいろとあるようですが)は、ポケットの無い服装で運転するときには置き場に困るんですよね。
紙幣やキャッシュカードがたくさん入った立派な札入れを普段から持ち歩いておられる方なら不都合ないかもしれませんが、小銭入れしか持ち歩いていない私としてはポケットがハンカチ、鼻紙をいれる左右のズボンポケットしかありません。キーなら入れられても、カード型は入らないんですよね。なんだかしゃがむと割れてしまうような気がしてしまって・・・。

思い返してみると、今のクルマはずいぶんいろいろな装備が増えたものですね。きっとこれからももっと増えていくんでしょうね。それが良いことなのか悪いことなのかは私にはまったくわかりません。
[ 2011/12/14 21:11 ] [ 編集 ]
深いご返信、ありがとうございました。
そもそもクルマに限らず、いわゆる生活必需品と呼ばれるもの、例えばテレビ・エアコン・掃除機・洗濯機・・・などは、必ず電気やガスといった何らかの動力が必要ですよね。極論言えば、エコとは「何も消費しない」ということなのかも・・・

しかし、「エコ志向はもちろん重要で、メーカー、ユーザーともに目指さなくてはならないと思いますが、“どんなクルマでもエコではない”と認識した上でクルマと付き合っていくユーザーの心構えも必要だと思います。」
というコメント、それはおっしゃる通り、要は「必要善」で消費せざるを得ない部分をきちんと認識した上で、いかに動力の無駄な消費を抑える努力が出来るか・・・これって使用する側の意識の問題だと思います。震災や景気の影響で、今年は特にそのあたりがクローズアップされてますが、私見ながら変に節約志向に偏らず、「出すとこ出す、引くとこ引く」という感覚が必要ではないでしょうか。願わくば「出すとこ・・・」に、これからクルマが当てはまるようになると嬉しいのですが(今はかなり難題ですかね!)

今日、帰宅途中に晩酌用のビールを買おうと思ってスーパーに寄ったら、駐車場で80年代の懐かしいコロナ2ドアクーペ(T140型というモデル?)に出会いました。

見た目もかなりキレイでしたし、少なくともオーナーがこだわって乗っている感じがしました。

こんな風にクルマが生活必需品ではなく、好きだから古くてもこだわりを持って所有する「嗜好品」として捉えられる時代が、また来て欲しいと願います。


[ 2011/12/14 22:52 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私は必要なもの、欲しいもの、便利なもの等、どんどん購入して生活を面白く快適にすることは良いことだと思っていますし、私自身もそうしています。
ただ、クルマも含めて、経済成長のためにそれほど必要でもない状態の人にどんどん購入させようという風潮には疑問を感じています。
うちの近所にはここ最近、“不用品回収所”なる業者がとても増え、新聞の折込チラシもしょっちゅう入ってきます。そこには自転車、白物家電、テレビ、パソコンなどが山のように持ち込まれており、まだ使えそうなものもたくさんあります。
不用品回収所を見かける度に、これが“ゆたかな社会”なんなのかな~って、ちょっと複雑な気持ちになります。
[ 2011/12/15 16:25 ] [ 編集 ]
 ベタなコメントで恐縮ですが。
 いいですね。この当時の「クラウン」まさに「いつかはクラウン」の象徴です。
 ところで、今や「エコカー」は時代のトレンドですが、この当時はハイソサエティー。いわゆる「ハイソカー」なる死語がありましたね。そういえば、私はそこまではとても真似できなかったのですが、3食のうち1食を減らし、あとの2食をカップ麺などの粗食で過ごしながら、このクラウンをはじめ、セド・グロなどに乗る同年代の輩もいました。不惑の歳を過ぎた今になって思うのは、その当時の連中に「馬鹿だねー」という思いと「あの頃の車か」の思いで懐かしく拝見しました。
 ところで、今の若い人たちはこのような「車バカ」の輩、どう感じるのでしょうかねぇー?
[ 2011/12/15 23:07 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
当時は食費を減らして高級車の維持にまわすという方もおられたと思いますが、きっと今問題となっているのは、クルマを持たなくても食費を減らさなくてはならない方が多くなっているということなんでしょうね。
うちは農家なので食べ物に困ることはまずないから「車バカ」をしていられますが、お金がないと食べ物も手に入らないという状態だったら、私も「車バカ」をしていられないかもしれません。
[ 2011/12/16 10:47 ] [ 編集 ]
写真のクラウンセダンのボディー色でコラムシフトの車は中学校の頃実物を見たことがあります。
 12系は昔はよく見ましたが、今ではあまり見かけなくなりました。
 
[ 2011/12/18 04:05 ] [ 編集 ]
a97562様

コメント、ありがとうございます。
流石に古いクルマですので、頻繁に見かけるということはなくなりましたね。昨今のエコカー補助金が買い替えを促進してしまいましたし・・・。
[ 2011/12/18 13:22 ] [ 編集 ]
はじめまして。
このころの高級車って廉価グレードがあったんですよね。GLとかスタンダードとかDXというグレード名で、シートは本革とは似ても似つかないビニールレザー(軽トラ同等)で手動ウインドウ。大きなスピードメーターのみでエアコンはディーラーオプション…

まぁその多くは公官庁の公用車や、タクシー・教習車となったようでしたが、廉価グレード萌えな人たちも居ましたね。

私自身、今のクラウンやフーガーに廉価グレード(装備は上記内容)があったら購入しますもの。だけど、本当にクラウンやフーガーのポジションが上がってしまい、今更廉価グレードなんか出したら「名が汚れる」位の計算なのでしょうねメーカーとしては。

ゼロクラのパトカーはパトカーとして最低の仕様をつけて220万円だそうです。それならパトランプとか、無線などすべて外してくれれば200万円を切る価格で売れるじゃないですか?(まぁ、その廉価バージョンがマークXのFパケ238万円なのでしょうが…)ゼロクラパトカーは本来6ATのミッションを耐久性重視で5ATに変更。スタートダッシュを有利にするためにアイドリングアップスイッチ装備(ストール回転ダッシュ!)と言ったギミックもあるそうですが、何せシートは布張り・パワーウインド・上述の通りATなんですよねぇ~あぁ、CIBIEの丸目4灯・5MTのゼロクラパトカー造ってほしい。ついでに市販してほしい(笑)


三菱のパジェロには今でも廉価グレード(道路公団仕様と呼ぶべき?)があるようでほほえましく思います。

私の記憶が正しければ、このころライバルのセドリックの一番安い奴が、地元日産ディーラーの決算期特別価格で150万円台でした。うちにも営業マンがチラシを持ってきました。
丸目4灯・黒の手動フェンダーミラー・レザーシート・5MTだった事だけ覚えています。

あぁ、今あれば絶対買うなぁ(笑)
[ 2011/12/29 02:05 ] [ 編集 ]
BOSSゴン蔵様

コメント、ありがとうございます。
ゼロクラのパトカーが220万円で販売されているんですか。それは魅力的ですね。私もゴチャゴチャした装備はあまり付いていないクルマのほうが好きなので、マークXのFパッケージ、5MTというようなクルマが欲しいです。
[ 2011/12/29 13:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。