旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・日産・ルキノ(HB14/FB14型) 

111119a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111119a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111119a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111119a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111119a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年に日産から発売されたルキノ(HB14/FB14型)です。見ての通りB14型サニーのクーペ版で、あまりカッコよくなかったこの代のサニーの顔がそのまま使われたクーペです。当時、江口洋介さんが『ルキノって、いいかも。』と語っているCMが流れていましたが、残念なことに、個人的には一度も『ルキノって、いいかも。』とは思えませんでした。

 さて、ルキノが発売されてからほんの15、6年しか経っていませんが、街で見かけるクルマの面々はガラリと変わりました。そんな中で久しぶりにルキノのカタログを見ていたら、不覚にも『ルキノって、いいかも。』と思ってしまいました。当時、どこからどう見てもカッコいいと思えなかったのに、どうして“いいかも”と思ってしまったんでしょうね。

 冷静にカタログをじっくりと見てみると、やっぱりカッコいいとは思えません。しかし久しぶりにカタログを開いたときには“カッコいいかも”と思ってしまいました。これはやはり、男子が圧倒的多数を占める工業系の学校等に数人の女子がいると、みんなかわいく見えてしまうのと同じ状況なんでしょうね。この場合、美人か美人でないかは問題ではなく、男子か女子かというのが問題なのであって、女子というだけでひとつのブランドになります。

 同様に、頭の中からお手頃の国産クーペが消えていた私が久しぶりにルキノのカタログを開いたときには、クーペというだけで“いいかも”と思ってしまい、クーペとしてカッコいいかどうかまで考えが及ばなかったんですね。

 と、ここまでルキノのカタログを久しぶりに見た瞬間に感じたことを書いてきましたが、書いているうちに完全に頭が当時の感覚に戻りました。サニーのクーペはこのルキノが最後となるのですが、まあ当然と言えば当然の帰結ですね。やっぱりクーペなのに全然カッコよくないですから。

 先々代のRZ-1は素晴らしくカッコいい車だと思っていました。次のNXクーペの時には“日産、どうしちゃったの?”と思いました。そしてこのルキノの時には、“これなら販売しないほうがいいでしょ?”と思いました。案の定、激安な価格設定にも関わらずあまり売れず、消滅していったわけですが、これはクーペが売れないからではなく、ルキノがカッコ悪いから売れなかったんだと思います。

 利便性の高いコンパクトカーや軽が充実してきたこともあって、このクラスのクーペがますます国内で受け入れられない土壌が整ってきましたね。今度のモーターショーで発表されるトヨタの小型ハイブリット車・アクアは160万円台から提供されるそうです。街で見かけるクルマのワンパターン化がまた一段と加速されそうですね。5年後にもう一度ルキノのカタログを見たら、今度は本気で“ルキノって、いいかも。”と思ってしまうかもしれません。

ルキノ・GG(FB14型)
全長×全幅×全高 : 4285×1690×1375mm
ホイールベース : 2535mm
車両重量 : 1000kg
エンジン : 直4DOHC 1497cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

- - - - - - - - -

 ルキノともクルマとも全然関係ない話ですが、ルキノのCMをYou Tubeで探していたときに、何の偶然か、昔からずっと探していた音楽のビデオを発見しました。歌手も曲名もわからなかったので探しようがなく、手がかりは「昔の映画で流れていた曲」というだけ。さらにその映画がどんなタイトルだったのかも覚えていませんでしたので、周りの友人に聞いても当然わかりません。CDを買おうとレコード屋の店員の前でアカペラを披露したこともありましたが、天性の音痴ゆえ、店員さんも判別不能。You Tubeってすごいですね。曲名は『Tonight Is What It Means To Be Young』だそうです。今夜は曲名通り、いい気分で眠れそうです。



- - - - - - - - -

[ 2011/11/19 17:55 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(13)
うわあぁぁぁぁこれまた渋いのが出ましたね!個人的には冷静に見ても「いいかも」と思うのですが、今しれっと走っていたら、それはそれはイカしたクルマに映るはずです。それにしても昔のクルマは安くていいですね・・・・今じゃ物価はこの頃とほとんど変わってないはずなのに、セグメントはこれと同等、長期間の製造+どっさり売れてとーっくに減価償却の済んだノートの最廉価版が消費税込みとはいえ130万円ですよ。あんまりです・・・・。

タイトルはこの世代ならもう「旧車」が適当ではないでしょうか。
[ 2011/11/20 01:27 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、今ルキノが走っていたら、とても映えると思います。それにMT車なら現在のエコカー並か、それ以上に燃費も良いと思います。
当時は130万あればこのルキノを始め、レビン、トレノ、インテグラ、アスティ等のお手頃クーペ(下位グレード)が選び放題。いい時代でしたね。
[ 2011/11/20 10:24 ] [ 編集 ]
ベースとなったサニーのB14型、セダンのスタイリングがどうも当時好きになれず、その観点ではまだルキノのほうが「いいかも・・・」と思ってしまいました!?

このCM拝見して、こんな風に今の若い世代(・・・あぁ、オヤジ実感です!)にクルマを訴えかけるCM自体、ほとんど今では皆無ですし、仮に現代版「ルキノ」としてティーダのクーペ(爆笑!)が出たとしても、この世代は見向きもしないのかな・・・

[ 2011/11/20 17:44 ] [ 編集 ]
 「ルキノっていいかも。」の江口洋介さん。おそらく「いいかも」だけで実際乗っても似合わないでしょうね。それより、その後奥様の森高千里さんがCMしていた「ラフェスタ」のほうがまだ似合いますよ。
 車って性能もさることながら、顔って大事ですよね?それは、人それぞれ好き嫌いはありますが、車の「金太郎飴」化だけはやめてもらいたいです。
 私個人の今一押しの車の顔は(あくまで私的観で)現行型アクセラです。対向してきたときなど「あ、カネゴンのアクセラ!」と、いつも思ってしまいます。ちなみに、私は円谷特撮マニアではありませんが。
[ 2011/11/20 18:28 ] [ 編集 ]
ルキノクーペ
個人的に好きでした
来春にトヨタとスバルが共同開発したFRスポーツクーペの
FT‐86(仮名)とBRZが出るらしいですが
日産も対抗するFRスポーツクーペを出してほしいです
S13&S15シルビアみたいなエクステリアデザインにしてほしいです
ネーミングはシルビアの名前を復活してほしいです
シーマの名前も復活するみたいですし。
[ 2011/11/21 01:35 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
B14型サニーはちょっとずんぐりむっくりタイプでしたので、個人的にはこの代は後に追加されるルキノハッチやパルサーのような、ハッチバック型がもっとも似合っていたと思いました。

ティーダのクーペは、若い世代に限らず、誰からも見向きもされなさそうですね。
[ 2011/11/21 11:49 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
カネゴン、ネットで調べました。おっしゃる通り、似ていますね。
顔といえば、個人的な印象ですが、最近のミニバンのほとんどが、私には『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造の顔に見えてしまいます。
金太郎飴の金太郎はかわいい顔していますが、『喪黒福造飴』は想像すると気色悪いですね。
[ 2011/11/21 12:05 ] [ 編集 ]
シークレット様

コメント、ありがとうございます。
FT-86は、レビンやセリカ等の名称を付けることも検討されているようですね。果たしてどんな形で世に出されることやら。
S15型シルビアなら今でも全然古さを感じないデザインですので、いっそのことエンジンだけ最新の環境対応エンジンに載せ替えてそのまま出してもいいと思います。そうすれば研究開発費もかかりませんからね。
[ 2011/11/21 12:28 ] [ 編集 ]
特にコメントはありませんが見ていますよ。
FT-86は「86」に名称が決まったようですね。
[ 2011/11/30 12:41 ] [ 編集 ]
先日、衛星放送のカーグラフィクTVとイギリスBBCのトップ・ギアーの録画を続けてみたら、偶然でしょうが両方とも4ドアセダンクーペの特集でした。メルセデス、アウディ、ポルシェ、アストンマーチンもう一つは・・・忘れました。日本からクーペというジャンルは殆ど死滅したようですが、海外ではしっかり確立していますね。
[ 2011/11/30 12:59 ] [ 編集 ]
今日、東京モータショーの報道関係公開がなされましたが、いよいよあの「86(正式名称)」と「BRZ」がベールを脱ぎましたね。ニュースではエコカーのコンセプトばかりがメインで取り上げられてますが、そんな中でこの「スポーツカー」・・・

うちの息子は「BRZにはリアスポがるけど86にはない!」と、
言われてみればのエクステリアでしたが、リアスポはともかく、トヨタとの共同開発の中でスバルの吉永社長が「86とは味付けが異なる・・・」と言うあたりが、ちょっと興味津々です。それに「手軽に楽しめる敷居の高くないスポーツカー・・・」とも発言したあたり、実際の価格設定が気になります(「敷居」の基準がそもそも・・・)

本題それますが、息子は最近「マツダ風籟」というクルマにこだわってます。
存在を知ってからいろいろ情報収集してます。このクルマは、調べたら2008年のデトロイトモーターショーで発表されたのですね・・・

787Bの進化系のようでカッコよいです!!
[ 2011/11/30 19:29 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
ちょっと更新が滞っており、済みませんです。
今年は10月、11月が異常に暖かく、葉物を中心とした野菜が早く育ちすぎてしまい、その収穫作業、及び前倒し分を穴埋めするための新たな種蒔きに追われていたのでちょっとブログが滞っています。お正月向けの葉物が11月で全てなくなってしまいました。こんなことは初めてです。

落ち着いたらまた更新しますのでしばしお待ちを。
[ 2011/12/01 17:14 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
トヨタの86、カッコいいですね。正式名称が「86」というのはちょっと微妙な気がしないでもありませんが・・・。
中年オヤジ世代になると、「何乗ってるの?」と聞かれて「ハチロク」って答えるのはなかなか恥ずかしいような気がしてしまいます。
まあ車名はともかく、早く試乗してみたいものですね。
[ 2011/12/01 17:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。