旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・ヴィッツ(SCP10型) 

111113a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111113a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111113a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111113a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111113a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1999年にトヨタから発売された初代ヴィッツ(SCP10型)です。言わずと知れたコンパクトカーの代名詞的存在で、まだ最近のクルマですから現在でもそこらじゅうで現役の初代ヴィッツが走っていますね。

 さて、この初代ヴィッツ、初めて実車を見たときには“デカッ!”が第一印象でした。寸法的には決して大きくないのですが、全高が高いのでそう感じられたんでしょうね。実際に乗ってみると、全高の高さから想像できる通りの広々とした室内空間があり、後席を倒せば荷物も結構積み込むことができます。それなりによく走るし、燃費も文句なし。ベストセラーになるのも当然ですね。

 このヴィッツや、後にホンダから発売されたフィット等が切磋琢磨し、現在では“コンパクトカー”というジャンルで各社から次々にこの手のクルマが発売され、国内では激戦区となっています。各メーカーとも、数が見込めるジャンルなので必死ですね。

 ところで、ヴィッツといえば、国内だけではなく、海外でもヤリスとして製造・販売が行われている世界戦略車です。中国では現在でもこの初代ヴィッツが製造販売されているようですね。

 当面、新興国市場を中心にもっとも競争が激化すると思われるこのクラス、日産はマーチを海外生産に移しました。三菱も新型ミラージュを海外生産にて世界販売するようですね。トヨタのヴィッツはどうなるんでしょう?ヴィッツに興味はなくとも、愛知県民としてはヴィッツの動向にとても興味があります。今のところトヨタは何とか国内生産比率を出来るだけ高く(と言っても半分以下ですが。日産、ホンダは3割以下)維持していますが、グローバル競争がさらに激しくなるとどこまで維持できるものか・・・。

 テレビを付ければTPP、ラジオを付けてもTPP、パソコン立ち上げてもトップニュースでTPPと、このところTPPネタばかりですね。まあこの先どうなるのかはまったくわかりませんが、参加の方向で進めておられるようなので経済界の偉い方々はホッとしているんでしょうね。

 政界の偉い方々は“国益のため”と言っていますが、経済界の偉い方々は“国益のため”とは考えていないと思います。経済のグローバル化はもはや止めることができないものなので、TPP云々は別として遅かれ早かれ行き着くところまで行くんでしょうね。

 県内で生産されたカローラが世界中で走っていると考えると誇らしく思いますが、中国で造られたヴィッツが世界中で走っている、タイで造られたマーチやミラージュが世界中で走っている、と考えてもなんだかあまり誇らしく感じませんね。まあメーカーにとってはどこの国で造ろうとも“自社”で造ったクルマが世界中で走れば誇らしいのでしょうけど・・・。

 私が子供の頃、この地域の小学生は遠足でトヨタの工場見学へ行き、お土産でトヨタ2000GTのプラモデルを貰うというのが通過儀礼のようなものでした。今は引率の教諭や工場の方は子供達にどうやって説明しているんでしょうね。社会科見学の一環ですから、正直に“現在は海外生産の比率を増やしています”って説明しているんでしょうかね?

ヴィッツ・5ドア・U(SCP10型)
全長×全幅×全高 : 3610×1660×1500mm
ホイールベース : 2370mm
車両重量 : 860kg
エンジン : 直4DOHC 997cc 70PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/11/13 19:02 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(14)
この初代は、RSみたいなスポーツグレード以外でも「5MT」が選べましたよね。今の新車市場では「MTグレード」を探すだけで相当車種が絞られますが、こんなコンパクトカーこそ、MTでクルマを「駆る」楽しみがダイレクトに味わえるような気がします。

しかし、最近も一部で見受けられるこの「センターメーター」というヤツ、視認性のよさが売り物のようですが実際どうなんでしょう??個人的には、やっぱりステアリングの中で針が動いている感覚が、走っていて落ち着くのですが・・・
[ 2011/11/14 16:37 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
センターメーター、私もどうも苦手です。ハンドルの先に何も無いので“運転席”という感じがしないんですよね。ヴィッツも今は普通の位置に戻っているようですが、実際のところ、どちらがいいんでしょうね。
[ 2011/11/15 11:35 ] [ 編集 ]
 現在の家電品がそうであるように、日本車もMADE IN ~
になってしまうのでしょうか?そうなると何かさびしいですよね。
 私は、BSで放送されている旅番組が好きで、海外版のものもよく見るのですが、画面に日本車が出てくると、なぜか、ほっ、とする気持ちになるのです。それは「ヤリス」でも「セントラ」でも私には「ヴィッツ」と「サニー」だから。
 あと、三重県中部の小学生は、社会科見学で鈴鹿市にある本田技研の鈴鹿製作所に行きました。でも、S800やCB750のプラモデルは貰えなかったなあ。
 当時からホンダは海外戦略があったからかな。
[ 2011/11/15 16:03 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
地域柄、私の周りには自動車関連の下請け会社を経営している友人がたくさんいます。あのクルマのあの部品を造っているのは彼の会社だ、って、他人事ながら自分自身まで嬉しくなったことが何度もあります。
そんな彼らが自動車以外の道を探している状況は、なんだか見ているこっちまで寂しくなってきますね。まあこれも時代の流れなんでしょうけど。
お隣の三重県はホンダの鈴鹿工場ですか?トヨタ、ホンダ、どちらでもいいですけど、子供心としては、プラモデルが貰えたほうが好印象ですね。どうせ工場見学の内容はよく理解できていませんから・・・。
[ 2011/11/15 22:12 ] [ 編集 ]
それまでのスターレットなどより一気に10cm前後も背を高くしたモッコリしたフォルムでサイドウインドーの前方ハミ出し的な鬱陶しいデザイン処理と、今時のAセグメントのデザイン(個人的には旧来のスターレットみたいなデザインのほうがいいです)の基礎を築き上げたクルマと言えるでしょう。しかしそんな初代ヴィッツも登場から間もなく早13年、分類番号2桁のナンバーが付いた個体を見ると年代物である事を思い知らされます。
[ 2011/11/16 01:15 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
初代ヴィッツが登場したとき、良し悪しは別として、とても個性的なデザインだと思いました。それからあっという間にこのデザインが主流となりましたね。スーパーの駐車場などに並んでいるクルマを見ると、ここ10年ほどでずいぶんクルマの背が高くなったな~としみじみ思います。
[ 2011/11/16 11:41 ] [ 編集 ]
90系ヴィッツを乗っていますがこの車を選んだ理由はやはりコンパクトカー離れしたスタイルと質感でしたが現行のヴィッツをみたら昔のスターレットに先祖帰りした?造りで好きになれないです

まぁ~自動車は好みの問題があるから現行車が好きな方もおられるので全部否定は出来ませんが少なくてもコストに囚われた車造りをしていくと行く行くは海外生産もやむ無し?てきそうですね 私は今の軽自動車とコンパクトカーの税金の格差を解消してコンパクトカーをもっと販売するべきだと思いますが…
[ 2011/11/16 13:35 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
今、新車販売で軽が4割を占めているといわれていますが、これは軽の市場が増えているのではなく、登録車から軽への乗換えが増えているからだそうです。
結果論だけで考えると、日本の税制が国内の自動車産業の縮小を招いているように思えますね。
[ 2011/11/17 09:11 ] [ 編集 ]
こんばんは!
何を隠そう我が愛車こそこの初代ヴィッツの末期モデルたるSCP13型の1300U-L/2004年式で、目下93162km走って平均燃費10.87km/lをキープするほど脂が乗り切っております。
このヴィッツは小生にとって二台目のヴィッツで、一台目は1999年に製造された1000F-Dのオートマで、とにかくアクセルを目一杯踏みまくって時速163.78km/hをODオフでマークし、東関道で追い抜いたオレンジと白の成田空港行きリムジンバスの窓越しにパーカッションの加藤訓子嬢が長い髪をなびかせながら乗っている風景を目撃して内臓が飛び出すほど感動したことを昨日のことのように鮮明に憶えております―あれは2003年春、一生忘れえない瞬間でした!
そして今のヴィッツは2004年に購入して以来目下7年5ヶ月目、購入後30000kmまでエンジンをぶん回して乗ったことが効いてトルクが太くてそれがかえって低燃費につながっていると思います(アクセルをやたら踏まなくて済むため)。
[ 2011/11/20 22:55 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
初代ヴィッツを2台乗り継いでおられるとは、もう初代ヴィッツの特性を知り尽くしておられそうですね。私は、出張先でレンタカーを借りるとなぜかこのヴィッツばかりになって、初代ヴィッツ=レンタカーというイメージが付いてしまっています。
そういえば初めてナビの魅力を体験したのもレンタカーのヴィッツ、当時はCDナビでしたが、知らない土地にも関わらず初めて使うナビによってちゃんと目的地にたどり着けたのは、やはりヴィッツの運転しやすさがあったからこそでしょうね。
[ 2011/11/21 12:23 ] [ 編集 ]
おはようございます。

このヴィッツ発売当時、自分は高校生でして、まだクルマに対する興味など極薄いものでしたが、ヴィッツと言う名前は家族や友人の間でも話されていましたので、すごい話題のクルマだったのだと思いました。
日本COTYも取っていたのですね。

今改めてグレード展開を見ると、装備、エンジン、駆動等々見ているとすごい多様で選択肢が多くて驚きました。
価格に目を向けると、スターレットやコルサに通じる100万円以下のグレードもありますね!
FF1.3リットル、マニュアルミッション車に至っては10.15モード燃費で20/リットルを超えているものすらあります。

クルマを購入を決めた時、各社の車種比較からグレード、カラー等々比較し迷っている時ってすごく楽しいんです。選択肢が広いと色々な想像が浮かぶので。

後に、ヴィッツ、ファンカーゴ、プラッツ兄弟にはクーペも企画されていたと知り驚きました。
もし発売されていたら、今になって存在価値の上がるクルマになっていたのかなぁなどと思ってしまいます。

[ 2011/12/04 06:10 ] [ 編集 ]
カツヲ様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、初代ヴィッツは3ドア、5ドアを含めてグレードが多彩でしたね。それがだんだんシンプルなグレード構成になってきていることについてはちょっと寂しさを感じています。
新型ミラージュと日産マーチ、ミライースとアルトエコ等、OEM車でない各社の競合車種についても、老眼が少し入ってきた私の目には同じに見えてしまいます。
[ 2011/12/04 15:45 ] [ 編集 ]
私は当時商社マンとして、自動車流通の「ブローカー」のような仕事をしていました。

その時に発売になったのがこのヴィッツ。当時100円ショップが流行し始めた頃でした。

私がこの車を見て思った事は、「100円ショップダイソー」で「ザ・クルマ」という札付けて売った方が売れるだろうなぁというものでした。それくらいコストダウン(今から見ればそれでも良い方なのですが)をあからさまに感じさせ、当時メーカーの訴求カラーだったピンクメタリックのカラーと合わせ「車の家電化」の到来を感じさせました。
実際、私の住むエリアでは、土日に近くのジャスコ(現:イオン)やイトーヨーカドーの催事会場でこの車を販売していました(笑)試乗もせずに、買い物に来た奥様が運転席に座り当時斬新なセンターメーターや、コストダウンの為のモジュール化されたインパネならではのデザイン・使い勝手を口八丁手八丁の営業マンがトーク。帰りに何気に見ると、そのご家族が契約の運びとなっているのに驚いたものです。

センターメーターは、当時大ヒットしていたホンダ:オデッセイが左ハンドル造る際に金型一つで済むように左右対称のデザインを取り入れ、それに「カチン」と来たトヨタが採用したと聞きました。センターメーターなら左右対称ですものね。一応初代ヴィッツは運転手側にメーターを振っているものの、2代目はさらにコストダウンし、まっ正面を向くようになってしまいました。

インパネ内にあるエアコンダクトを極力安くあげる事(使用量の徹底的低減)が出来たのもセンターメータの選択の理由だったと聞いています。確かにカタログを見てもエ4つのエアコン吹き出し口がほぼまっすぐに通っていますね。

当時のトヨタ車らしく、やたら保舵力が重く(トーインが強い)ハンドルの戻りがばね仕掛けのようなステアリングフィールなど、気になる点もありましたが、まだまだ「内装のトヨタ」と言われていた頃の面影は残っていたと感じています。サスや、リアシートの作りも他社ライバル社よりは良く、「ずば抜けた所は無いけど、これと言って酷い所もない」80点主義の車以外の何物でもないとしか感じませんでした。

その後出た、初代パッソは足回りの酷さや電動パワステの設定の酷さ・静粛性の無さ等酷いものでしたが、逆に潔さを感じさせて、個人的には変にあれこれ欲張ったヴィッツより好きでしたね。

なんにしろこの車の大成功が、今のトヨタの「コストカット最優先」を決定づけたと個人的には感じています。初代マークX乗った時はその酷さに唖然としました(長くなるので詳細は避けますが)

いま、トヨタで昔のトヨタの面影を残している車って、クラウン(マジェスタは運転した事なし)とカラーラセダン(あくまでセダンだけ)という気がします。プレアリはシートが堅過ぎですし、オーリスなど足が突っ張りすぎ。あぁ酷評される新型ヴィッツは走りだけをとれば、初代・2代目よりバランスが良かったですね。

あくまで個人的感想ですので、気を悪くした方がいたら申し訳ありません。
[ 2011/12/29 08:47 ] [ 編集 ]
BOSSゴン蔵様

コメント、ありがとうございます。
コストダウンして安価にクルマを提供してくれることはユーザーにとっても嬉しいことなのですが、それがあまりに行き過ぎるとクルマの魅力がなくなってしまうので難しいところですね。
個人的には、“木目調パネル”の内装を見るとどうも白けてしまいます。あれを使うぐらいなら、単色の樹脂パネルにしてほしいと思っています。日本は森林資源に恵まれた国なのに、クルマに限らず“プリントされた木目”製品が溢れかえっていますね。まあこれも「コストカット最優先」の結果なんでしょうね。
[ 2011/12/29 13:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。