旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・プリメーラ(P10型) 

111030a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111030a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111030a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111030a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111030a05.jpg
(画像クリックで拡大)

111030a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年に日産から発売された初代プリメーラ(P10型)です。『コンフォート・パッケージ』をキーワードに、コンパクトな車体ながら広々とした車内空間とスポーティなスタイリングを両立し、走りの面でも欧州車を強く意識した味付けがなされ、当時はかなり人気があったクルマでしたね。

 さて、このプリメーラ、『プリメーラパッケージ。』と大きく書かれた最初のページに掲載されている、1989年の東京モーターショーで発表された「PRIMERA-X」というコンセプトカーがベースとなっています。カタログでは至るところで“これが、90年代のプロポーション”という言葉を使ってプリメーラパッケージが紹介されていますが、「PRIMERA-X」のスタイルを見る限り、90年代どころか2000年代、2010年代もこのスタイルが主流となっているようですね。現在のセダンはほとんどが「PRIMERA-X」のようなスタイルをしています。当時の日産が先進的だったのか、もしくはこれ以外に行き着くところがもはやないのか、どちらでしょうね?

 3枚目の画像では、まるで教科書のようにわかりやすい図解を用いて「コンフォート・パッケージ」の解説がなされています。「高く」、「長く」、「前に」などと書かれた矢印で、各部分ごとに説明されていますが、この説明を現在のクルマに当てはめてみると、すべて面白いように当てはまります。セダンにおいてあらゆる部分を最適化しようとすると、これらの要素しかないんでしょうね。

 となると、新たな方向性を見つけようとするのなら、これらのどれかを犠牲にする方向で考えなくてはなりません。良くなる要素を導入するのは当たり前のことですが、悪くなる要素を導入するのはかなりメーカーにとって勇気がいることですよね。最近ではマツダがデミオでそれをしました。先代の広大な室内空間を捨て、利便性の高いコンパクトカーからスタイリッシュなコンパクトカーへとクルマの性格そのものを変えてしまいました。それなりに成功しているようですから、トヨタやホンダと同じ路線で競争するよりも良かったのかもしれませんね。

 近年はただでさえ縮小しているセダン市場、「PRIMERA-X」路線から一抜けして独自のスタイルを打ち出してくるのはどのメーカーでしょうね。メルセデス・ベンツやBMWは下級車種にも積極的にクーペを投入してきています。クーペが売れないはずの日本市場に対して・・・。しかもびっくりするような高価格というわけではないんですよね。

 そこそこの車格のクーペが欲しいなぁ~。国産ではスカイラインしかないな~。3.7リッターなんていらないし。おっ、ベンツのCクラス・クーペやBMWの3シリーズクーペのほうがカッコよくて安いじゃないか。こっちにしよ~。私だったらこうなってしまいます。現在の日本車って、国やメーカーが思っているほど競争力がないんじゃないかな?

プリメーラ2.0Te(HP10型)
全長×全幅×全高 : 4400×1695×1385mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1170kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 150PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/10/30 17:53 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)
また懐かしいクルマが出てきましたね!!

6発FRでもない4発FFセダンで、そこそこ走りも注目され、かつ居住性やスタイルも確保されたこの初代はインパクトありましたよね・・・同格の2リッタークラスは、サニーやカローラの「ステップアップ」的モデルなイメージの中、欧州への販売も意識したおかげか、確かに「快・走・美」を実現した、国産FFセダンの認識を変えさせられたモデルだと思います。さらにセダンの要件に反した固過ぎると「酷評(!?)」された足回りも、オーナーが自分でハンドルを握る楽しさや喜びが、当時はまだセダン格でも認知されていた証拠でしょうか・・・ある意味、他人を乗せてはいけないセダンですね(笑)

でもこんなクルマが、「時代遅れ」と笑われつつも、セダンファンとしてはまた世に出てきて欲しいところです。
[ 2011/11/01 22:55 ] [ 編集 ]
初代プリメーラ懐かしいですね。いつの間にか見なくなりました。
日常的に使うセダンはこのサイズがベストだと思います。
現行車種でいうとカローラアクシオがこれぐらい、ずいぶん大きくなったものです。
それにしても当時の車は軽かったんですね。
4.4m級の2Lセダンで1.2トン切ってたんですから…。

クーペの件、まったく同感です。
これだけたくさんの車種があふれてるのですから、少しぐらいあってもいいと思います。
現在の国産メーカーの商品企画は、もはや新しいものを市場に問う意欲を失ってるように見えますね。
[ 2011/11/01 23:27 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
このプリメーラは星野一善さんがツーリングカーレースで乗られたりしたこともありましたから、“走りのセダン”という印象が感覚的にも強く残っていますね。
“モダンリビングでおもてなしの心”も重要ですが、個人的にはこの手のタイプのほうが好きですね。
[ 2011/11/02 09:47 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
クルマがどんどん大きくなっているにも関わらず、道路やスーパーの駐車場の枠は広くなっていませんから困ったものです。

国産メーカーもカッコいいクーペを造っていることは造ってるんですよね。でもなぜか国内では販売しません。北米向けのアコードクーペなんてかなりカッコいいと思います。
台数は捌けないかもしれませんが、受注生産ということでラインナップに入れておくだけで華がありますし、マニアにとっては選択肢が広がります。
普段ミニバンや軽ばかりを街で見かけるのか、たまにカッコいいクルマを見かけるのかではそのメーカーに対する印象がずいぶん変わってくると思うんですがね。
[ 2011/11/02 10:08 ] [ 編集 ]
はじめまして 懐かしいクルマのアップありがとうございます。当時VWゴルフ等ドイツ車贔屓の友人が突然このクルマを購入したのに驚いた事を思い出しました。確かに 運転させてもらって解りましたがドイツ車のようなゴツゴツとしたというかカッチリとした乗り味で私も好感が持てました。SR20DEも十分なパワーでしたね。後席に座って長時間のってもさほど苦しくもなかったですし それなりにバランスはとれていたと思います。最近でも時々見かけますが 日本の道には このボディサイズが合ってますね。    
[ 2011/11/02 15:18 ] [ 編集 ]
 コメントをされた諸兄同様、私も日本には、このサイズがちょうどいいと思います。(自分の車はさておきですが。)
 その後、「カミノワゴン」とかも発売されバリエーションを増やしてゆくわけですが、今の日産ではとても作ってくれないですよね。
 そういえば、「クーペ」の件、30年ほど前は、大体の車種にはクーペってありましたよね?カローラに然りサニーに然り。プラットフォームとかの問題もあるようですが、今の地上波TV番組のようにどのメーカーも似たり寄ったりでは面白くありませんものね。
[ 2011/11/02 20:05 ] [ 編集 ]
昔はクーペがたくさんありましたね。
サニーとパルサーに違う形のクーペがあったなんて今じゃ考えられません。
仕向地ごとのモデル設定と現地生産が進んだ影響もあるのでしょうね。

もしこのプリメーラにクーペがあったら、今の日産の姿も少し違ったかもしれません。
[ 2011/11/02 21:04 ] [ 編集 ]
チックタック様

コメント、ありがとうございます。
初代プリメーラが出た頃は、「シートからタイヤまですべてソフト」なクルマが「乗り心地のよいクルマ」という認識が一般的でしたから、プリメーラの硬さは賛否両論でしたね。
最近は全体的に硬めの味付けが多くなってきていますので、今初代プリメーラに乗っても、当時ほど硬さは感じないかもしれませんね。
[ 2011/11/03 11:24 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
近所のコンビニで、駐車場に入る部分の縁石が真っ黒で傷だらけになっているところがあります。おそらく左折で入るとき、左後輪を乗り上げているのだと思います(実際、何度も“ガコン、バッタン”している姿を目撃しています)。
大きな幹線道路沿いならともかく、昔ながらの街中にできたコンビニですので、4.8m級のクルマがあそこの駐車場に入るのはかなり無理があります。地元の方はわかっているからその入り口は使わないのですが、たまたま通りがかった方は運悪くその入り口から入ってしまい、高価なアルミホイールを傷物にしてしまっています。
やっぱり適度な大きさってありますよね。
[ 2011/11/03 11:35 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
国内市場において、国産メーカーが売れ筋エコカーやミニバンに集中している傍ら、海外メーカーはクーペやカブリオレなど、コンパクトからミドルクラスにどんどん変り種を投入してきています。変わり映えしない国産車に愛想を尽かしつつあった国内の自動車好きの興味をごっそり海外メーカーが持っていってしまっている感じがしますね。
なんだか寂しくなってしまいましたね。
[ 2011/11/03 11:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。