旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・日産・マーチ(K11型) 

111025a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111025a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111025a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111025a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111025a05.jpg
(画像クリックで拡大)

111025a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年に日産から発売された2代目マーチ(K11型)です。10年間という長期にわたって生産され続けましたので、まだ街中でもよく見かけますね。個人的には、初代の「マッチのマーチ」は好きでしたが、この型のマーチはなんだか女の子っぽくなりすぎているような気がして好きにはなれませんでした。しかしながらこのマーチ、よく売れていましたね。運転したことはありませんが、きっと良く出来たクルマだったんでしょうね。

 さて、日産マーチといえば、代々モデルサイクルの長いクルマとして有名です。初代と2代目が10年、3代目が8年と、まるで商用車のようですね。おかげで“マーチ”と聞くと、初代、2代目、3代目、それぞれに特徴的だったこともあって3台全てが頭に浮かびます。ところが、不思議なことに肝心の現行型が頭に浮かびません。タイ生産になったり、アイドリングストップが付いたりと、それなりに話題があったクルマなんですが、パッとクルマのイメージが浮かばないんですよね。まだ出たばかりでイメージが定着していないからなのか?いや、おそらく印象に残るデザイン上の特徴がないからでしょうね。

 それにしてもリーマンショックで大打撃を受け、東日本大震災で大打撃を受け、タイの洪水で大打撃を受け、この記事を書いている今、円相場が戦後最高値を更新しました。泣きっ面に蜂も、ここまで来るとちょっと気味が悪いですね。ゴーン社長は先日、このままでは国内は完全に空洞化してしまう、ということで、政府に円高是正を求めていましたね。あの方なら冗談抜きで、日産の全製造工場を本当に海外に移しかねないですから、政府もさぞびびったことでしょうね。

 ところで、自動車メーカーに限らず、先日パナソニックもTV事業を縮小し、千人規模での従業員削減を打ち出したようですね。さらにそれに伴い、TV用の半導体工場でも大規模な人員削減。これからどうなってしまうんでしょうね。

 こんなニュースばかり見ていたら、ちょっと昔のことを思い出しました。ご存知の方も多いと思いますが、今でこそ愛知県はトヨタのおかげで自動車産業が盛んなことで有名ですが、一昔前までは繊維産業が基幹産業でした。トヨタ自動車ももともとは、織機会社から産声を上げた会社です。

 当時は“ガチャマン”と言われ、織機がガチャンと一回鳴れば1万円の稼ぎが生まれる、とのことで織機で繊維の仕事をしている方は羨望の的でした。あれから数十年、今では織機のガチャンという音はなかなか聞かれません。

 織機を捨て、変わりに旋盤やプレス機を入れて自動車部品の加工業へ転身した方、内装部品の下請け業に転身した方、そのように自動車関連にすばやく転身された方は、またまた自動車産業の発展に伴って羽振りがよく、ガチャマン時代同様、羨望の的でした。

 さて、現在自動車業界が大ピンチ、次なる立ち回り方は・・・、ある知り合いの金属加工会社の方ですが、空いた倉庫にコンテナ型の水耕栽培施設を導入しました。野菜工場にして、レタスを作るそうです。彼いわく、「これからは生鮮野菜の地産地消だよ!」・・・・な~んだ、私と同じじゃないか(もちろん彼にはそんな失礼なことを面と向かっては言っていません)。

マーチ3ドア・1000 i・z(K11型)
全長×全幅×全高 : 3695×1585×1425mm
ホイールベース : 2360mm
車両重量 : 750kg
エンジン : 直4DOHC 997cc 58PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/10/25 16:57 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(4)
今でこそ、ビッツやフィットと並ぶ日本の大衆車の代名詞ですが、マーチの初代(K10型)がでた時、当時はサニーやカローラが「大衆車」でしたよね。軽クラスでスズキアルトが「47万円」という低価格を謳ったCMが同時期に流れていた思い出がありますが、クルマのステータスが高かった当時、
「クルマって価格が安けりゃいいの?」という感覚が、今では逆に普通の感覚になっているような気がして、あらためてちょっとひっかかります。

そう考えると、初代はまだクルマとしての「魅力」を、ギリギリで保っていたような気がします。初代はターボ積んだりして、悪い印象ないのですが、この2代目はかなり丸くなってしまいましたね。確かに、女性ドライバー層を意識した感がありありですが・・・

この2代目、免許とって初めてオーナーカーにしていた知り合いの女性が、今ではベルファイアを運転しています。

なんか、いろんな意味で時代を感じさせます・・・

[ 2011/10/26 23:35 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
将来、日産のマーチは「クルマのユニクロ化」の先鞭として語られることになるかもしれませんね。もうすでに二輪の「大衆車」である小型スクーターはほとんどが現行マーチと同じパターンでの供給となっています。
他の産業も辿った道ですので、自動車産業も同様の流れになると思います。こればかりは政府が一時しのぎで為替介入を行ったところで避けられないでしょうね。
「アルト、47万円」ではなく、「マーチ、47万円」という時代になるかもしれません。私の周りで自動車関連の下請けをされている方はほとんどがもう見限っていますので、変わりだしたら速いでしょうね。
[ 2011/10/27 11:59 ] [ 編集 ]
 私の、齢73歳になる母親が、今もこのマーチの1000ccタイプに乗っています。
 帰省した時には、たまに借りて乗ることがありますが、走りについては、街乗りでは問題なし、国道バイパスではちょっと力が不足かな?という感じです。
 でも、内装の仕上げなど「女性を意識して」(ただし、男性からの一方通行的なお仕着せですが)といわれるとおり、特にシート生地の質感は同レベルの車と比べても高いと思いますよ。
[ 2011/10/29 17:01 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
このマーチクラスで、1000ccというのが、本来理想的な“軽自動車”の姿なのではないかと個人的には考えています。おそらく燃費も、今の660ccの軽よりもいいんじゃないですかね。
そしてこの車体に1300ccのエンジンを積めば、街乗りだけでなく国道バイパスも必要十分。現在、コンパクトカーが売れているはずですね。なにか特別なこだわりがなければ、それ以上は必要ないですから。
うちのデミオを運転していると、いつもそんな考えが頭に浮かんできます。
[ 2011/10/29 18:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。