旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・カペラ(GD型) 

111017a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111017a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111017a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111017a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111017a05.jpg
(画像クリックで拡大)

111017a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年にマツダから発売された5代目カペラ(GD型)です。このカタログはCGと呼ばれる5ドアハッチとセダンのものですが、他にC2と呼ばれるクーペとステーションワゴンのカーゴがありました。多彩なバリエーションの中でもマツダがメインに据えていたのは5ドアハッチバックのCG(City GEAR)。当時は不自然な5ドアハッチが多かったですが、このカペラCGについては現在のアテンザ・スポーツと同様、とてもカッコよくまとめられている5ドアハッチバックですね。

 さて、この5代目カペラ、“ベーシック&アドバンス新型カペラ”というキャッチフレーズが用いられているように、カタログでもあらゆる部分で“基本を大切にする”と連発されています。いかにもマツダらしくて好感が持てますね。“見せかけではないシンのところで”基本性能をしっかり高めてよいクルマを造る。現在のスカイアクティブ技術もこの延長線上にありますね。

 一方で、“見せかけではないシンのところで”とカタログでPRした、その舌の根も乾かぬうちに“見せかけ”だけを変えた姉妹車を乱発し、経営不振に陥ったのは皆様ご存知の通り。言うまでもなく次のクロノス兄弟のことです。マツダファンの私が言うのもなんですが、メーカーのカタログに書かれている文面を文字通り真に受けてしまうのも注意が必要ですね。

 それにしてもこのカタログに載っているショートカットのモデルさん、すばらしく綺麗な女性ですね。こんな綺麗な方が乗られていてもとても様になっているマツダのカペラCGなのに日本ではどうしてマツダというだけで百姓グルマと言われるんでしょうね。ちょっと疑問に思ったので、脳内でこの女性を作業着姿の私に変換してみました。そして女性がハッチを開けて花束を抱えているカットは、ハッチを開けて作業着姿の私が醗酵鶏糞15kgの袋を抱えているカットに変換してみました。助手席に置かれているリボンが付けられたプレゼントらしきものは、ザルいっぱいの採れたて新鮮ミニトマトに変換してみました。もちろん停められているのはしゃれたレンガ造りの建物の前ではなく、野菜直売所の駐車場。うーん、やっぱり似合っているようです(合成画像はご想像にお任せします)。さすが百姓グルマ、農家の味方ですね。乗り手に応じてセレブなクルマにも百姓グルマにも見える、これはある意味すごいことだと思います。レクサスにはとても真似ができませんね。

 このカペラ、車速感応型4WSとともに、スポーティーなスーパーチャージャー搭載ディーゼルエンジンが技術的な目玉となっています。マツダからもうじき発売されるCX-5も、スカイアクティブ-Dと呼ばれるディーゼルエンジンが国内版でも搭載されるようですね。

 この代のカペラを境に“見せかけ”路線に転換してカペラを消滅させ、大ピンチに陥った反省から“基本を大切にする”路線に戻りカペラを復活させ、現在はその後継として素晴らしいアテンザを世に出しているマツダ。そのマツダが“基本を大切にした”スカイアクティブ技術をフルに盛り込んで世に送り出すCX-5もとても楽しみなクルマですね。マツダファンとしては、くれぐれもこのカペラのように、舌の根も乾かぬうちに方針転換することはないようにと願うばかりです。

カペラCG・SG-Ri(GD8P型)
全長×全幅×全高 : 4515×1690×1375mm
ホイールベース : 2575mm
車両重量 : 1120kg
エンジン : 直4OHC 1789cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/10/17 11:42 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(14)
貴殿のおっしゃるとおり、妄想したら確かに違和感ありませんでした。その懐の深さに、驚きです。
かくゆう私のステージアも、購入時には後ろのハッチから大型犬が毛をなびかせて、スローモーションで降りてくる姿を想像していたのですが、今は音響機材を満載して、休みにせっせと小遣い稼ぎをする車になっています。あー、軽のワンボックスバンが欲しい。

[ 2011/10/17 13:04 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
ステージアのカタログには白い大型犬が幸せそうな家族と一緒に写っていますね。私はネコ派なのですが、犬も大好きです。あんなかわいい犬がハッチから毛をなびかせてスローモーションで出てきてくれたらうれしいですね。
私は犬、ネコも大好きですが、鳥や昆虫も大好きです。農家をしているにも関わらず、未だにキャベツに付いたアオムシを手で潰せないので、農家仲間から笑われています(と言っても、畑の隅に穴を掘って、そこにキャベツから取り除いたアオムシを入れ、最後には土をかぶせて“ごめんなさい”と言いながら踏み潰していますから結局潰しているんですけどね)。
“生きていく”って多くの命を奪いながら自分が“生きていく”ことなんですよね。
音響機材を満載してせっせと小遣い稼ぎ、結構なことじゃないですか。小遣い稼ぎでなく、大遣い稼ぎをしたほうがステージアも喜ぶと思いますよ。
所詮、世の中、弱肉強食。自分の理想の生活を勝ち得るためには強者をも食っていかないといけませんからね。
[ 2011/10/17 21:06 ] [ 編集 ]
 カペラ!私が初めて購入したマツダ車。
 私が購入したのは、マイナーチェンジ後の、プレッシャーウェーブスーパーチャージャーディーゼル(長くなるので、PWS-D)カペラカーゴワゴンでした。
 今から思うと、なぜかフルタイム4WDにしてしまい、PWS-Dのくせにすこぶる悪い燃費と加速性能の悪さで、購入6年にしてカペラワゴン2000SXに乗換えてしまった私でしたが今でも、ふと「あの車乗っていたらなあ」と思えるような車でした。
 職場の人間から「とうとう『マツダ地獄』突入か。今度は何買うんや、タイタン買って商売か?」と馬鹿にされたこともありました、「あんたの車はロータリーやで燃費悪いやろ。」という自称車マニアには「はぁー」と反論する力さえ抜けました。
 でも、カペラ系統所有暦19年。まだまだ乗って行きますよー。
[ 2011/10/17 23:39 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
『マツダ地獄』って、大幅値引き販売、およびマツダ系ディーラー以外での低下取り価格のことを言っていたと思うのですが、現在はどうなんでしょうね。
例えば、今私がアクセラを全損し、同クラスの車種を購入するとするなら、オーリスやフィールダー、日産ティーダ等では物足りません。強いて言えばインプレッサなら迷うと思いますが、やっぱりアクセラを選ぶと思います。
マイナスの意味での『マツダ地獄』ではなく、プラスの意味での『マツダ地獄(天国?)』ですね。
[ 2011/10/18 10:55 ] [ 編集 ]
1800ccの12バルブインジェクション仕様にして「たった」97馬力のマツダ・カペラ。
この1988年式マツダ・カペラを買うにあたって、1800ccあって「たった二桁」馬力であることに気づいて、それでもあえてカペラを選んだ人間の見識と勇気に感服するものです―要はそのぐらい通人という意味です。
この1988年にはサニー1500や90型カローラ1500など、一クラス下の車種がインジェクション付きなら97/94psとカペラと近接した馬力になっており、それ以前に二クラス下であるダイハツ・シャレード1300EFIが94ps.....こんな中にあって、彼らの1.5-2倍近いお金を出してカペラを選ぶのはマツダと強力なコネがある人間かよっぽど勇気のある人間とさえ言われたほどです。
反面ヨーロッパ車ではアウディ80 1.8Sが90ps、フランスのルノー21GTS用の1721cc/インジェクション付きユニットが94ps、またVWパサートの1.8シングルポイント・インジェクションで90ps、同マルチポイント・インジェクション版ではじめて107psとなっており、2000ccのドイツフォード・シエラでさえ101ps、同じく2000ccのフィアットクロマCHT(イタリア)で90psという時代であり、彼らは全てハイオクガソリン仕様なのに対して1800ccのレギュラーガソリン仕様で97psを発揮していたカペラはそれでも一定の熱効率を実現していたのではないでしょうか。
この通り、1800ccもあって100ps未満に抑えて、その代わり中低速の常用トルクを太らせて日常の乗りやすさを重視したカペラはヨーロッパ車的設計意図の持ち主であったのと同時に、「実用車とは何か」と当時我が国に蔓延していた「見せかけのパワー競争」に静かに一石を投じていたことがわかります。
それにしてもスカイアクティブ搭載のマツダデミオや同アクセラに是非乗ってみたい―現在の愛車92141km走行の2004年式トヨタヴィッツ1300U-Lの後釜に軽自動車のダイハツイースと並んでスカイアクティブのデミオ1300を候補に入れているぐらいです。
[ 2011/10/18 20:52 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
今、マツダのディーラーではJDFキャンペーン(JAPAN DRIVE Fest)なるものをやっていて、スカイアクティブ・アクセラとスカイアクティブ・デミオの2台を連続して試乗させてくれますよ。
2台乗り比べると、デミオのCVTももちろん良く出来ていると思いますが、アクセラのATの出来のよさがとても際立ちます。
クルマにお詳しい真鍋清様なら、2台の魅力がすぐにお分かりになると思います(特にスカイアクティブ・アクセラ)。ぜひ試乗してみてください。
[ 2011/10/19 10:37 ] [ 編集 ]
この2枚目のセダンの写真、スタイリング的にはひとクラス上のセダンと言っても通用しそうなくらい、よい意味ですごくまとまってますね。先代より少しハイソな要素を取り入れながら、それでも「基本」を重視した直線基調・・・、カッコイイと今見ても思います!

これにロータリーモデルがあったら・・・



[ 2011/10/22 19:02 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
ちょっと地味でパッと見で惹きつけられる部分はないかもしれませんが、それゆえに飽きる部分もなく、長く乗れそうなスタイルですね。
“オーソドックスな落ちつき、というのも、またいいものです。”カタログの文面通りですね。
[ 2011/10/23 07:32 ] [ 編集 ]
はいはい、呼ばれてもないのに現役のカペラ乗りがやって来ましたよw  こうやって見ると私の7代目につながるエクステリアデザインですねえ。すっきりとした、日本人離れした欧風イケメン(でもって中身も秀でていて)。

私の住む地域にはカペラはどちらかというとワゴンの方が多く棲息しています。「自動車」の域を超えた実用品の類なんでしょうね、カペラワゴン(カーゴ)は。マツダヲタとすれば嬉しく思います。

あと常々思っているのですが、カペラの後継車は排気量や車格、実用性からいってアクセラだと思うのですがいかがでしょう(ファミリアの後継車がデミオ)。いえ、海外の名前からいってカペラ=アテンザというのは重々承知しております。しかし今の(特に3代目)デミオのパーソナリティを見れば昔のファミリアと非常に重なって見えるんです。マツダのエントリーモデル(軽を除く)という意味でも。なので、その上のアクセラがカペラ、ルーチェがアテンザと私の中ではそう見ております。マツダヲタの妄言なのでそう深刻に取らないでくださいませw
[ 2011/10/23 17:55 ] [ 編集 ]
カペラ乗り(現役)様

コメント、ありがとうございます。
各メーカーのほとんどの車種が上級移行していますので、貴兄のおっしゃる通り、メーカーの考える各車の系譜とユーザーにとっての各車の位置付けがだいぶずれてきていますね。
私が子供の頃、親父は初代ルーチェSSに乗っていました。今、私は先代(初代)アクセラに乗っています。マツダの序列では2段階降格ぐらいですが、実際の車格は2段階昇格しているようにも感じられます。
これも時代の流れなんでしょうね。
[ 2011/10/24 11:27 ] [ 編集 ]
kurumaniacs様もおっしゃるように「昔のクラウンは今のカローラ並かそれ以下」―まさに言い得て妙ですね!
現に小生も愛車2004年式ヴィッツ1300のハンドルを握りながら、そうした思いを体感している最中なのです。
そんな要領で言えば、もう一台併用しているレクサスIS350=3456cc/318psなど1980年代で言うならトヨタ自身のセンチュリーなど遠に踏み越えてベンツ500SEL(4973cc/231ps V8)や同560SEL(5547cc/300ps V8)さらにBMW750iL(4988cc/300ps V12)にロールスロイス・ベントレーのミュルサンヌターボ(6750cc)らを圧倒する高性能・安全性を備えている辺り技術の進化とは素晴らしいものなのか、恐ろしいものなのか.....考えてしまいますね。
[ 2012/04/18 00:19 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
技術の進歩は高級車から大衆車に至るまで等しくもたらされますので、“絶対性能”は時代が進むにつれて徐々にかさ上げされていますね。
技術の進歩によって、本来大衆車は自然と高級車になるはずなのですが、いかんせん“絶対性能”ではなく“相対性能”によって序列が決められるので、大衆車はどれだけ性能が上がってもやっぱり大衆車です。
しかしアナログ電話回線からADSLや光回線のように道路自体が劇的に変わればクルマ社会もがらりと変わるかもしれませんが、街中の道路も高速道路もここ数十年それほど変わっていません。
ゆえに“相対性能”で差を付けることにだんだん無理が出てきているのではないかと思います。まあ、この先どんな方向へ進むのかはわかりませんが、仮に1000PS級のスーパースポーツ発売!と言われても、あまり興味持てないですものね。
[ 2012/04/18 16:58 ] [ 編集 ]
こんばんは!
小生もまさにそうなんですよ!
痛い所突いてくれてどうもありがとう。
なるほどイタリアのブガッティ・ヴェイロンは8.0リッター16気筒の1001馬力で世界一ハイパワーを誇っており、「すごいなあ」と技術者の力量に畏敬と驚きの念こそ抱きこそすれ、余りに現実生活とかけ離れているだけにあくまで「見て楽しむ」だけのアイドル的存在に過ぎず、「自分もいつか二億円宝くじを当てて手に入れたい!」といった憧れとはやはり別の座標軸に位置するものになってしまうものかと思いますが如何でしょうか。
同様なことは大なり小なりフェラーリやロールスロイス/ベントレーについても言え、我々モーターファンに向けてのアドバルーン的意義はあっても(現代のカーテクノロジーの集大成/到達点といった)、実際に自分で一生のうちに乗りたい・買いたいという欲求につながるかはどこか微妙なのではないでしょうか。
ともあれ当方は目下の愛車ヴィッツ1300U-L/2004年式(97715km)のラジエターの洗浄やファンベルト交換を行って10万km超えに向けてエンジンパワーを回復させて「ベンツB200やVWゴルフ1.2TSIと互角に走れる」水準まで持って行こうという目論見がある一方で、来る7月にオーストラリアからのペンフレンドを信州・伊那市にある叔母の実家へ招く機会にレクサスIS350を使用し、「VWゴルフRの価格で買えるポルシェ・パナメーラSの加速性能」をせめて味わってみようと考えております。
[ 2012/04/19 22:41 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
現時点でブガッティ・ヴェイロンは価格も性能も飛びぬけていますが、もしトヨタ、日産等があの手のクルマを造ろうと考えるのなら、おそらくそれほど時間をかけずに同等の性能のものを10分の1の価格で生産してしまうと思います。
ただ個人的には、仮に200万円程度で1000PS、最高速度400km/hのクルマが発売されたとしても、まったく興味が沸きません。ヴェイロンの記事を自動車雑誌で読んだとき、ボスホスというアメリカのバイクを見たときと同じ感覚を持ちました。あまりに度が過ぎるとすごいとも感じなくなってしまうんですね。
[ 2012/04/20 16:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。