旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・ソアラ(MZ11/GZ10型) 

090203a01.jpg

090203a02.jpg

090203a03.jpg

090203a04.jpg

090203a05.jpg

 1981年にトヨタから発売された初代ソアラ(MZ11/GZ10型)です。当時のトヨタのイメージリーダーとなるべく、最先端の技術を盛り込んで開発された高級スペシャリティクーペです。カッコいいですね。当時ずいぶん憧れていましたが高級車なので庶民が買えるようなクルマではありませんでした。なんといっても2.8リッターの上級グレードはクラウンよりも高かったですから。
 四半世紀の時間が流れ、現在のソアラであるレクサスSC430もやっぱり庶民が買えない高級車です。定価710万円也、時代が変わってもカッコいいこととクラウンより高いことは変わっていませんね。さらにSC430には廉価版の下位グレードは存在しません。710万円の車種のみです。でもそのほうがいいんです。中途半端なグレードの廉価版が存在すると憧れるあまり無理なローンを組んで買ってしまうかもしれないから。トヨタのイメージリーダーたるソアラは選ばれた大人しか乗れないクルマなのです。誰もが憧れるけど大部分の人間には縁のないクルマ、それがソアラなのです。
 個人的な考えなのですが、そもそも「レクサス」という高級ブランド戦略は正しかったのでしょうか?「ソアラ」というすばらしいネーミングと人々が「ソアラ」に抱くイメージが、現在は「SC430」という味気ない型式になってしまいました。「ソアラ」といえば誰もがトヨタの高級クーペと頭に浮かびますが「レクサスSC430」といってもクルマに詳しい人でないとなかなかイメージできません。
 レクサス各車のオーナーはLSやGS、ISといえばすぐにイメージできるのかもしれませんが、私は「レクサス」=「セルシオの新型」という感じで、頭の中にはLSしか浮かびません。「ソアラ」や「アリスト」といった、長い時間をかけて築き上げてきたブランドが、「レクサス」の仲間入りをしたことで一気に影が薄い存在になってしまいました。残念というより、ちょっともったいない気がしています。

ソアラ2800GT
全長×全幅×全高 : 4655×1695×1360mm
ホイールベース : 2660mm
車両重量 : 1300kg
エンジン : 直6DOHC 2759cc 170PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ

[ 2009/02/03 18:17 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(12)
実はマツダ好きになったのは、免許をとってから。
子供の頃はトヨタ・日産が大好きで、マツダなんて3流メーカーと認識して眼中にありませんでした。(現在ものすごく後悔)
初代ソアラ!
大人になったら所有したいクルマNo.1でした。
SCはソアラじゃない。トヨタのばか。
そんなソアラにあこがれた野郎が乗っているのは、現代のクルマ好きの子供とってソアラかもしれない、RX-8!
マツダにお願い。10年後も20年後もずっとZoom-Zoom忘れないで。
[ 2009/02/07 00:51 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
RX-8にお乗りでしたか。羨ましい!RX-8はクルマ好きの子供どころか、クルマ好きのオヤジにとってもソアラですよ。
ちなみに私は1.5リッターのアクセラスポーツで、MTを駆使してZoom-Zoomしている愛知県民です。
[ 2009/02/07 09:22 ] [ 編集 ]
やはり愛知のかたでしたか。(中日新聞がでてきたので)
私は岐阜出身で、神奈川在住です。
アクセラスポーツ納得です。だからアクセラに関する記述があるのですね。
ごめんなさい。私は限定免許ではありませんが、エイトでAT乗りです。マジかよって感じですが、地味に進化した6速ATとパドルシフトで、回転運動を味わっています。
初マツダ車はファミリアSワゴン。当時ホンダS-MXとで悩んで、助手席の女の子にはちょっかい出しづらいけど、運転が楽しそうと考えたのがきっかけでした。そのとき、RX-7やロータリーエンジンには全く興味なくかったのですが、それが今では…

次期アクセラ。オートサロンで実車見てきました。現行も完成度が高いですが、次期型もいいですね。


[ 2009/02/07 10:44 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
次期アクセラを生でご覧になられたとは羨ましい!私も大変興味を持っています。
最近マツダのディーラーさんからよく電話がかかるようになりました。ひょっとしたら私のクルマ好きを見抜かれて次期アクセラ受注の頭数に入れられているのかもしれません。
お金を貯めておかねば・・・(完全に営業マンの魔の手に陥っています)
[ 2009/02/07 13:27 ] [ 編集 ]
お膝元愛知で、マツダ車乗りとはスバラスィ~!
実は何となくトヨタ車にしている人が相当数なのでは?
その牙城を崩すべく、我々も布教活動を怠ってはいけません。
マツダもそこのところを十分理解して戦略を練れば、答えは簡単なのに、経営陣、相変わらず他社マネで右往左往。
[ 2009/02/07 18:16 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
愛知県というのはトヨタのお膝元だからか、県民性なのか、名古屋嫁入り物語の影響なのか分かりませんが、妙にブランド志向が強くて見栄っ張りな方が多いと長年住んでいて感じています。もちろん地元に愛着を持つことは好ましいこととは思いますが。
私の周りだけかもしれませんが、マツダ車に乗っていると「貧乏人」と思われる風潮があるようにも感じます。しかし思いたい方には思わせておけばいいんです。幸いなことに私はトヨタ関連の仕事はしておりませんので、付き合いでトヨタ車を買う必要はありません。自分の目で色々なメーカーのクルマを見て、実際に乗ってみて、一番いいと思う車を買える立場にあります。
クルマ好き人間が何のしがらみもなくクルマを選ぶと、現時点ではマツダかスバルがいつも最終候補に残ります。
個人的にはトヨタも日産もホンダも最終候補に残り、毎晩各社のカタログを見比べながら眠りにつけるような状態になってほしいなと思っております。
[ 2009/02/07 21:27 ] [ 編集 ]
保守王国岐阜出身で、愛知にも親族がおり、よくわかります。
地元や日本人の国民性である、右にならえ的風潮、クソくらえです。

私の子供の頃のマツダの印象、故障でした。たぶん周りの大人が言っていたのでしょう。でもなんだか輸入車っぽいですね。幻の名車は2000GTと深く信じ、(こらっ、コスモスポーツだろ!)、初代SAサバンナRX-7もマツダ車という色眼鏡で見てしまい、正当な評価ができませんでした。
行けるものなら、子供時代の自分に説教に行きたい心境です。君が大人になったら、それらのクルマの血を受け継ぐ、孫・ひ孫のクルマに乗ることになるのだと…

海外のクルマ好きにとって、安価でマツダ車に乗れる日本人は幸せだそうです。その上、悪しき風潮のディーラー大幅値引きもありますからね。ダブルで幸せなことになります。

貧乏人のクルマだと思って、Zoom-Zoomを知らずに死んでいく人生ってつまんないでしょうね。そういう人って結局たいしたことない大衆車にしか巡り合えず、運転の楽しさを知らないまま人生を終えるのでしょう。

これでもAT車ですが、人馬一体という感覚がどんなものかRX-8に教えられました。
現在、さらに進化したMC後ですが、乗るたびにわくわく、どきどきです。
[ 2009/02/07 23:21 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
「悪しき風潮のディーラー大幅値引き」・・これ、大歓迎です。これのおかげで軽自動車並みの金額でボルボと同じ車台を使ったクルマを楽しむことができています。いくら「貧乏人」と思われようが、クルマ好きにとっては笑いが止まりません。私はマツダのディーラー大幅値引きを「残価差引型販売」と名付けています。
[ 2009/02/08 09:05 ] [ 編集 ]
国産車史上空前絶後の大スター・トヨタソアラですね!
このクルマがなければセルシオもスカイラインGT-Rも、そしてレクサスも生まれ得なかったことを考えるに、ソアラってつくづく偉大だと感じております。1981年、日本の自動車生産台数が世界一になった翌年、排ガス規制を克服して新たなパワー・テクノロジー競争に突入していくその火ぶたを切ったのはソアラです。170psの2.8Lツインカムをひっさげて時速200km/hオーバーの世界に導いたこのソアラは、長らく暗黒の排ガスや省エネ問題に悩まされた自動車業界と何よりモーターファン達に光明を与えてくれた存在として鮮烈などという言葉では言い表せぬ「奇跡」をもたらしたものかと思います。
もっとも時速200km/hオーバーの実力こそあれ、ヨーロッパのアウトバーンでは180以上ではサスペンションが浮き足立ち、緊張感で乗り手の目は血走っていたという報告があったぐらいだからメルセデスベンツ、BMWにはまだまだ一歩も二歩も譲っていたことも事実です。まあハードウェアの評価は「あわよくばBMWと並びたいが」掛け値無しに言えばフォードやオペルの世界を出ていないというものでしたが同車のもたらした社会的意義という点では偉大で名車といえるのではないでしょうか。
そんなソアラの独走に待ったをかけようとフォロワーが出るのは世の常、まず日産は1981年末にスカイライン2000RSで、翌1982年にはマツダから三代目コスモのロータリーターボが登場し、テストコースの周回平均で211km/h!!!をマークしてトヨタソアラより5-10km/hも速く国産最速の名を欲しいものとしたものです。こちらはソアラのCd値0.356に対して0.32を誇り、フランスのシトロエンを思わせる前衛的な内外装で我々の目を瞠目させてくれました。お陰でソアラの内外装は重厚かつ荘厳なもののどこかクラシックすぎるとさえ感じられたものです。
しかし小生はさておき多くの日本人ユーザーはその「長い物に巻かれろ」主義と保守的な国民性ゆえマツダという記号を「メーカーが小さいから」という理由だけで敬遠し、何となくトヨタを選んでしまうという傾向が強く、当然力作だったコスモロータリーターボもソアラと日産側のスカイラインGTの板挟みにあってニッチ市場にのみ甘んじていた有様でした。それはある意味正しいですし、トヨタの品質管理は他の追随を許さぬ鉄壁のものであることは認めざるを得ませんがどこかマンネリ過ぎるし、視野狭窄につながるのではないでしょうか。
今思えばあの頃のマツダはヨーロッパ的先進性を設計ポリシーに盛り込んだ希有な国産車メーカーで、それは今も続いているキャラクターですが反面その耐久力や工作精度は今日のそれとは比較にならないほど粗悪で、3万㎞ほどで電気系統を中心にトラブルが発生し、ボディの軋み音や内装のやれが多発したという話が多く聞かれたものです。それゆえ下取り価格も落ち、会社の信用も落ちそれが今日も尾を引いているのは事実だと思います。しかしあの頃とは隔世の品質・信頼性を得たマツダ車がその意欲的な設計・メカをかつてのイメージダウンに端を発した値引きで安く買えて我々買い手=ユーザー側としてウハウハというのはクルマという商品の皮肉さというか面白さではないでしょうか。
現状の小生はトータルバランスと比類無き精度・耐久性を買ってレクサスIS350+ヴィッツ1300のトヨタ車2台を所有していますが、こうして何回もトヨタ車を乗り継いでいくうちに冒険をしたくなって他の粋で通人向きのブランドに挑戦する、そんな場合にちょうど良い位置にあるのが現在のマツダ車かと思うと今後マツダがバリエーションを拡充して、トヨタ・日産に対する強力なアンチテーゼに成長していくことを期待したい限りです!
[ 2009/09/04 01:24 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
ソアラはトヨタが造ってこそソアラ、クラウンもトヨタが造ってこそクラウン。同様にロータリーはマツダが造るからこそ根強いファンが生まれるのだと思います。
今や世界一の大トヨタですが、マツダでは充実しているスポーツカーがトヨタにはありません。逆にトヨタでは駒がありすぎるぐらい揃っている高級車はマツダには一台もありません。
意外と各メーカー間でバランスが取れているような気がしています。そんな中で、『軽ナンバーワンのスズキ』が出そうとしている「キザシ」ですが、どうなるんでしょうね。個人的には誰もスズキに高級セダンなんて求めていないような気がしているのですが・・・。
[ 2009/09/04 10:31 ] [ 編集 ]
社会人2年目に、どうしても初代ソアラの後期型が欲しくて、真剣に購入を考えました。1年上の先輩が出張の帰りに、真っ白なボディのまぶしいソアラを中古で買ってきて、私の計画はもろくも崩れ去りました。予算もだいぶオーバーしてたし・・・そこで、ソアラに対抗できるのはプレリュードしかないと考え、探し回って3年落ちの紺・ガンメタのXXを購入したのです。それでも当時200万円くらいかかったなあ。今でもお金と手間をいくらでもかけていいから1台選べと言われたら、85年式のスーパーホワイトのソアラを選ぶでしょう。今見てもかっこいい!プラモにも後期型は存在しません。
[ 2012/01/03 21:20 ] [ 編集 ]
ぽちくん様

コメント、ありがとうございます。
やっぱりソアラはフェンダーミラーよりもドアミラーのほうがカッコいいですよね。
私、昔ソアラのプラモデルを買ったことがあります。たしかスクーターがセットで入っていたやつだったような記憶があります。結局作らずにずっと押入れに入れてあり、数年前に甥っ子にあげてしまいました。
後期型は存在しないとのことなので、きっとあれも前期型だったんでしょうね。
[ 2012/01/04 10:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。