旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型アクセラ・スカイアクティブに試乗してきました。 

111010a01.jpg

111010a02.jpg

111010a03.jpg

 先日マツダから発売された新型アクセラのスカイアクティブに試乗してきました。試乗したのはスポーツの上級グレード、20S-SKYACTIV、215万円也のクルマです。デミオに引き続き、青いエンジンカバーがSKYACTIVの存在感をアピールしていますね。

 デミオではスカイアクティブ技術としてエンジンのみが採用されましたが、このアクセラではさらにスカイアクティブ-ドライブとして新開発の高効率6速ATが採用されています。“かつてないクルマとの一体感、新世代の高効率6速AT”とカタログでは謳われていますが、はたして実際に運転してみるとどうなのか?とても興味があったので今回の試乗はATの機能に神経を集中して行ってきました。

 結論から言うと、このATにケチを付ける人はおそらくいないのではないか、と思うぐらいによくできたATでした。まず変速ショックがありません。Dレンジで普通に走っていると、いつ変速したのかは全然わかりません。ステアリングシフトスイッチを操作して変速すると、エンジン音から変速したことはわかるのですが、ショックがまるでありません。それにとても迅速に変速します。DCTとCVTのいいとこ取りとメーカーが説明しているのも納得できます。

 アクセル操作と車速の変化もとても自然で、“MTのようなダイレクトフィール”も確かに実現されています。まさに非の打ち所のない高効率6速AT。マツダのSKYACTIV-DRIVEってすごいですね。

 それにi-stopも以前のものよりもずっと強化されているようで、かなり頻繁にアイドリングストップ状態となりました。クルマ全体としてもマイナーチェンジ前のアクセラからずいぶん進歩しています。いやあ、マツダの技術者の方々には頭が下がります。すごいっ!

 と、ここまでべた褒めしてきたように、このマツダのスカイアクティブ・アクセラ、本当に素晴らしいクルマでした。

 じゃあ買い替えるかと言われると、自信をもって断言できます。買い替えません。

 私が現在乗っている先代アクセラよりもあらゆる面で進歩していることは確かですが、買い替えを考えるほど劇的に進歩しているとは思えません。それに“MTのようなダイレクトフィール”が実現されていても、やはり“MTのダイレクトフィール”にはかないません。

 スカイアクティブ・アクセラに限ったことではありませんが、現在の自動車業界って“限界効用逓減の法則”に苦しめられていますね。各社とも新しい技術を導入して新型車を開発していますが、新規にクルマを購入される方やよほど古いクルマに乗られている方ならともかく、現在何らかのクルマに乗られている方にとって、わざわざ買い替えを考えるほど魅力的に見えるクルマってあるんだろうかと常々疑問に思っています。

 今までは“より上級車種へステップアップ”という暗黙の買い替え理由がありましたが、現在はコンパクトカーへのダウンサイジングがごく普通に行われ、クラウンからプリウスやフィットに乗り換えても誰も「あの人落ちぶれたね」なんて思いません。それどころか、「環境意識の高い人だね」と思われるほどです。

 エコ意識がさらに高まり、今後は一台のクルマを数十年大切に乗り続ける人が「とっても環境意識の高い人だね」と思われる時代が来るかもしれません。そうなったら困るので政府やメーカーもいろいろと対策を考えなくてはなりませんね。素晴らしい出来のスカイアクティブ・アクセラを試乗しながら、素晴らしいにも関わらず、現在の自分の状況では買い替える理由がないと冷静に考えてしまうと、こんな皮肉っぽい思いが頭に浮かんでいました。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/10/10 18:49 ] 2000年代マツダ | TB(0) | CM(10)
私も今、乗っている50エスティマと90ヴィッツは何かなければ乗り換えないかな?

ハイブリットも走行距離をメチャメチャ走らなければ無用の長物になるし


正直今、新車が出てもワクワク感がない たぶんスクープ記事を見すぎなのと新車の魅力があまりないからか?
[ 2011/10/10 20:42 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
それぞれの新型車には、それぞれの魅力はあると思います。ただ魅力の度合いがだんだん小さくなってきたのかもしれませんね。

パワステがないクルマにパワステが付きました。わぁ、すごい!こんなに違うんだ!
パワステ付きのクルマに新開発パワステが付きました。前のよりちょっと使いやすい気がするね、たぶん?

こんな感じですかね。
[ 2011/10/11 10:47 ] [ 編集 ]
kurumamaniacsさんのコメントをお借りして、
エコ意識がさらに高まり、今後は一台のクルマを数十年大切に乗り続ける人が「とっても環境意識の高い人だね」と思われる時代が来るかもしれません。そうなったら困るので政府やメーカーもいろいろと対策を考えなくてはなりませんね。

と、あるように私も時代を先取りして15年も前のステージアに乗り続けていますが、メーカーや政府からの重加算税という対策に苦しめられています。

そういえば、パワステ、パワーウインドウ、集中ドアロックを始めて味わったハイラックス・サーフを買ったとき、嬉しかったなあ。
[ 2011/10/11 17:28 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
重加算税って、おかしな制度ですよね。今や世界各国が規範としている日本車の完成度・安心感を、母国自らが“日本国のクルマは長く乗ると問題が出ますからある程度乗ったら買い替えましょうね!”ってPRしているようなものですから。
昨今のエコカー補助金、エコカー減税もそう。雇用対策だかなんだかわかりませんが、とにかくカネの流れを作ろうとしていますね。
もうそろそろ、政府もメーカーも、自動車産業が日本の基幹産業だという時代は終わったと気付いて欲しいと思います。まあ、おそらく政府もメーカーもわかっているうえでその先がわからないから今のような状態となっているのだとは思いますが・・・。
[ 2011/10/11 20:51 ] [ 編集 ]
スカイアクティブシリーズはMTもあるはずなんですが、どの車に搭載されるのですかね?

マツダのサイトを見る限りではFF車用のMTなんですが、ひょっとしたら欧州向けのみなのでしょうか?
[ 2011/10/11 23:53 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
海外向けではアクセラに限らずプレマシーにも普通にMTがラインナップされているようですから、あらゆる車種にスカイアクティブMTが搭載されるでしょうね。
日本にいながら日本で造られているMTのクルマに乗れないなんて、ちょっと寂しいですね。
[ 2011/10/12 11:03 ] [ 編集 ]
 諸兄のコメント色々と拝見させていただきました。
 私も、自分のアテンザ25Sは、少なくとも、あと7年以上手放す気は毛頭ありません。
 本来であれば、私も、MTで乗りたいところなのですが、運転者構成(ATの妻)とセカンドカーを所持できない経済事情からすればこれ以上のわがままはちょっと・・・。
 HVにEVさらには「第3のエコカー」といわれる高効率エンジン搭載車どれも、すごい車と技術だと思います。でも、今の車を手放して買い換える気持ちは、たとえ懐具合が良くても「NO!」です。「原発は100%安全」と謳っていた日本国政府には、「俺の車には手を触れるな。」と言ってやりたい気持ちです。が、今度ディラーに点検に行ったときは、新型アクセラ試乗させてもらおうかなー。
[ 2011/10/13 22:43 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
新型アクセラ・スカイアクティブ、本当に素晴らしいクルマでしたからぜひ試乗してみてください。
次々と開発される新型車、どれも素晴らしいものばかりですから、それらを次々と乗り換える方は乗り換えればいいと思います。
一方で、一台を長く乗り続けるユーザー、こちらもメーカーにとっては本来感謝の対象であるはず。買い替えを促すばかりではなく、メンテナンスパーツの長期安定供給等で、万全なバックアップをしてほしいものですね。
[ 2011/10/14 12:40 ] [ 編集 ]
小生のヴィッツ1300U-L/2004年式は目下91961kmに達し、燃費がここ一週間ほどそれまでの16.3km/lから11.84km/lへの悪化に悩まされつつも必要な消耗部品は定期的に交換して15万kmまで乗ろうと考えております。
小生の乗り方に照らして計算するとヴィッツはあと二回車検を通した辺りが潮時という感じですが、CVTミッションこそデリケート(∴だからこそ燃費の変動が大きいのだ)な反面エンジンは80000kmを超えた辺りから良い味を見せ始め、軽快な加速フィーリング、人車一体のサイズと合わせて最新ヴィッツ(フィットも然り)の薄らデカさと好対照を成す弾ける軽快感が満喫できて日増しに愛着が深まっております。
次はそんなヴィッツとレクサスIS350をまとめて売却してダイハツイース(低燃費の軽自動車)かと予測しております。
[ 2011/10/15 18:51 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
2004年式で9万キロということは、かなり距離を乗られるほうですね。私のは2005年式でまだ2万キロちょっとなので、当分今のクルマで大丈夫そうです。
私のペースで15万キロまで乗るとするなら、あと30年以上乗れますね。クルマよりも先に私の寿命が尽きるかもしれません。
[ 2011/10/16 12:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。