旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・グランビア(H11/10/16型) 

111008a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111008a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111008a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111008a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111008a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1995年にトヨタから発売されたグランビア(H11/10/16型)です。当時のトヨタ最上級ワンボックスワゴンという位置付けのクルマですが、内容は欧州向けのハイエースです。国内版ハイエースと異なり、エンジンをボンネット内に収めてクラッシャブルゾーンが確保されたスタイルになっていますね。

 さて、このグランビア、個人的には従来のハイエースと少々スタイルが異なっているとはいえ、ハイエース伝統の質実剛健さが感じられてなかなか親しみの持てるワンボックスワゴンだと思っていました。フロントはエンジンを前方へ移動させたから出っ張っていますが、リアはハイエースそのもの。“これからの1BOXは、こうなる。”というキャッチコピーの通り、これからのハイエースは商用も含めてこうなっていくのかなぁなんて思っていました。

 しかし、日産からエルグランドが発売され、たちまちそれが大ヒットすると、“これからの1BOX”の方向性がちょっと軌道修正されることとなりました。
 まず手始めに、マイナーチェンジですっきりして親しみの持てたグランビアのフロントマスクが、なんとも不恰好な巨大ヘッドライトと巨大グリルが貼り付けられた下品な顔に整形されてしまいました。いくら押し出しの強いエルグランドに対抗するためとはいえ、ちょっと安直なマイナーチェンジでしたね。現在でも欧州ではマイチェン後の下品なグランビアがハイエースとして販売されています。欧州でトヨタが弱いのはこれが原因なのかもしれませんね。

 そしてフルモデルチェンジで、全身を隅から隅まで下品さで固めたアルファードとなりました。馬鹿でかいヘッドライトと巨大グリルは後期型グランビア以上に嫌味のある下品さを醸し出し、ドアを開けて車内を覗いて見れば、ひと目で偽物とわかる品のないテカテカの木目調パネルがそこかしこに使われており、擬似高級感オーラをプンプンさせています。

 初めてアルファードを見たときには、“これはないだろっ!”と思いましたが、個人的な思いとは裏腹に一気にエルグランドを逆転し、今や“最上級ミニバンの代名詞”となっています。世の中、わからないものですね。トヨタがグランビア発表時に用いていたキャッチコピーの“これからの1BOXは、こうなる。”の意味は、現在のアルファードのように虚飾で満たされた1BOXのことだったんでしょうかね?

 “学ぶ”の語源は“真似る”だと口癖のように言っていた小学校の恩師がいました。現在、日本だけでなく、いわゆる“先進国”と呼ばれている国がことごとく元気を失っているのは“真似る”対象がないからなんでしょうね。OEMによるラインナップ拡充を進めていくと身内においてもさらに“真似る”対象はなくなっていくでしょうね。そして現時点で“真似る”対象とされている先進国を、より元気のある国々がどんどん“真似て”いきます。

 その小学校の恩師、あまりにも“学ぶ”は“真似る”だとうるさいので、図画工作の夏休みの宿題で、地元の有名画家の絵画をそっくりそのまま“真似て”描いてやりました。自分で言うのもなんですが、現在のカラーコピーと同等以上の精度でコピーできたと思います。実物に習字紙をあて、下絵をそっくり写しなおし、同じ絵の具で、実物を描いた本人から指導を受けながら描いたので精度が高いのも当然です。

 とても小学生の作品とは思えないものでしたので(当たり前ですね)学校中は大騒ぎですが、描いたのは紛れもなく私です。しかしあれだけ“学ぶ”は“真似る”だと言っていた恩師から、“某君(私のこと)の絵は何かが足りないんだよね”と言われてしまいました。

 今、日本だけではなく、欧米先進諸国も、その“何か”を探しあぐねているんでしょうね。“学ぶ”は“真似る”というのは私も同感ですが、真似るのは小学生でもできてしまいます。

グランビア・G(CH11W型)
全長×全幅×全高 : 4715×1800×1965mm
ホイールベース : 2985mm
車両重量 : 1810kg
エンジン : 直4DOHC 2693cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/10/08 19:32 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(12)
今でも現役なので実質的にはモデルチェンジはしていませんね~


私はやはり初代エスティマの方がインパクトがありましたね~ワンボックス車の未来形と呼ぶのにはピッタリの車です それに比べると初代グランビアは今のハイゼットカーゴのレイアウトを大きくしたような?車だったのも不人気の一因だったかも?


今はアルファードもエスティマもレイアウト的には普通のFF車になって走りの面ではつまらない車になりましたが造り手側は大幅にコストダウンしてウハウハなんでしょうね
[ 2011/10/08 21:58 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
4ナンバー、1ナンバーという区分がなければ日本のハイエースもおそらくグランビアになっていたでしょうから、その意味では今のハイエースがあるのは4ナンバー枠のおかげですね。
金をかけて、新しいアイデアを盛り込んで開発した初代エスティマはなかなか大ヒットにならず、無難にまとめたアルファードはすぐに大ヒット。トヨタもウハウハの一方で複雑な思いもあるかもしれませんね。
[ 2011/10/09 09:22 ] [ 編集 ]
個人的には、グランビアではなく「ハイエース」という意匠を、ワゴンでも継承して欲しかったですね。

今ではアルファードやベルファイアが後継車(言われてみればそうなのか・・・と思いました!)ですが、確かにあのハイエースの「質実剛健」な感じがあまり感じられませんね。

ところで話題から反れて恐縮ですが、先日マツダは来年RX-8を販売中止、いよいよロータリーエンジンの生産を止める・・・という新聞記事見ました。

それでも「研究開発は続ける」とありましたが、真相はどうなのでしょうか・・・




[ 2011/10/09 18:06 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
現在、国内においてはハイブリット、EVといった流れが次世代の主流のような雰囲気がありますが、まだどうなるのかは誰にも分かりません。
マツダは水素ロータリーの研究をずっと続けており、現にリース販売もしていますので、RX-8の販売中止=ロータリーの研究開発中止ではないのだと思います。
[ 2011/10/10 08:31 ] [ 編集 ]
グランビアはハイエースの類似車種だと思われたのが敗因ですね。
専用のシャシーまであつらえたのに…。
たしかトヨタのFR車にV6が載ったのはこれが初めてだったはずです。
[ 2011/10/14 00:00 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
トヨタのいつものパターンですが、車名が定着する前に次々と別の車名の姉妹車を連発し(この場合レジアスやグランドハイエース等)、印象が薄くなってしまうんですよね。
その反省からアルファードに一本化してエルグランドに対抗したのですが、2代目になってまたヴェルファイアという姉妹車が誕生しました。この先どうなるのかはわかりませんが、トヨタって、ずっとこの流れを繰り返していますよね。
[ 2011/10/14 13:13 ] [ 編集 ]
♪グランワゴン グランビア♪~
そんなCMソングが脳裏に条件反射するトヨタ・グランビア―目下大盛況の大型ミニバン=アルファード/ベルファイアの祖先様ですね。
このグランビアという奴は当時の大ヒット車たる初代日産エルグランドに歯が立たず、どこか影が薄かった一方で同車の2tの巨体を健気に引っ張る2700ccのRZ型4気筒エンジンの実用トルク、驚異的なものだったと思います。何ならある日常磐道で当時乗っていたメルセデス260Eで追い越し車線をバカ飛ばしするグランビア2.7G(145ps)を追走した折、補正済みのメーターは180-185km/h!!!!を示して馬力荷重+前面投影面積からは信じがたい伸びを示すことを目で見る格好でした。
ともかく欧州向け商用バンだった1.5ボックスの後輪駆動ハイエースを母体としたグランビアのノウハウは、今日の横置きFFワンボックスたるアルファード/ベルファイアのための大いなる養分となり、「日産エルグランドに惨敗」の屈辱の先には「雨降って地固まる」「終わりよければすべてよし」の結果が待ち受けていたのではないでしょうか。
[ 2011/10/16 20:22 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
背の高いグランビアでそのような高速走行をされていたとは、グランビアのドライバーも勇気があるお方ですね。
私も東京で仕事をしていたときに常磐道はよく走りましたが、あの道路は平均速度が速いですね。ジェットコースターのような首都高と滑走路のような常磐道、そして自転車のほうが速く移動できる一般道と、首都圏の方は運転も大変ですね。
[ 2011/10/17 10:22 ] [ 編集 ]
こんばんは。

初書き込みさせていただきます。

カタログから過去の日本車の歴史を知る事の出来るブログとして、更新を楽しみにしている20代後半の若造です。

グランビアやエルグランドなど高級ワゴンが発売された90年代後半、我が家では父親の仕事兼用車としてサンバーディアスバンに乗っていました。
当時、家が貧乏なのは分るが、なぜこんなにも貧相な車に乗っているのかと嘆いたものでして、友人達のお父さんの乗るデリカスペースギアやエルグランド、エスティマなどに猛烈な憧れを抱いていました。

現在、日本のクルマの歴史を少し垣間見てみるとサンバーバンに乗っていた親父には、家計の許す限りの範囲でクルマに相当な拘りがあった事が分りました。

余談ですが、遠出する時には叔父のタウンエースワゴンを借りていまして、当時の1ボックスに対する旅の想い出もあってか現在は自身100系ハイエースのワゴンに乗っています。

しかし、当時のワゴン車(ミニバン?)ってカラフルな2トーンカラーが多くて子供ながらにそれがすごく魅力的でした。叔父のタウンエースはベージュの2トーンですごく気にっていました。車名の入ったストライプステッカーもよく似合っていました。

現在の小型のシエンタから大型のアルファードなどのミニバンを見ると、それぞれ可愛さや威圧感はあるけど単色ばかりで何か味気ないですね。
現在乗っているハイエースはグレー2トーンでして、地味ですが個人的にはすごく好きです。

umamaniacsさんの言われる新しいワゴン車や高級車の下品さと言うのも少し分る気がします。今の大きなクルマは見た目の威圧感に価値をおいている気がします。(自分はスゴイんだ!ってクルマの威を借りている気がします)
VIPと称される改造高級車にも自分は日本の文化の美的感覚を感じません。(しかし、日本男児を思わせるカッコよい旧車は見たことあります)

メーカーはクルマをユーザーの意見を一番にして車を作ると聞きます。皆が求める最高のおもてなしをしていても、高級ワゴン車のユーザーレヴューを見ると文句ばかりが目立ち正直吐き気がします。
無惨に改造されたセルシオなどの車を開発者が見たらどう言った気持ちになるのか...。想像しても何かとても悲しくなりますね…。
どデカイホイールや爆音排気管装着のアメ車の方がまだ潔さを感じます。

私観や皮肉が多く長いコメントになってしまいましたが、旧車ブログこれからも貴重な勉強の場として楽しみにしております!



[ 2011/10/20 02:04 ] [ 編集 ]
カツヲ様

コメント、ありがとうございます。
人とクルマって不思議なもので、本当にすごい方が高級車に乗られていると、そのクルマが高級車に見えないんです。きっとクルマの存在感よりもその人自身の存在感のほうが勝っているからなんでしょうね。
その一方で、クルマだけがやたら存在感をアピールしている方もおられます。近所に典型的なその手の方がおられるんですが、案の定、借金まみれのようです。
個人的な考えですが、本当にすごい方って、巷で人気の最高級ミニバンとか呼ばれている類のものは選ばないような気がします(多人数移動用のセカンドカーとしては別ですが)。あの手のクルマが演出している“高級感”を“高級”とはきっと感じないでしょうからね。
[ 2011/10/20 07:43 ] [ 編集 ]
はじめまして。
ご存知だと思いますが、そもそも90年代からセミキャブオーバーが増えたのは衝突安全対策です。フルキャブ車は現在の欧米の安全基準に適合できません。グランビアの実態はハイエース欧州仕様です。日本でのセミキャブへの誘導はタウンエースはそれなりに出来ましたが、レジアスは失敗でしたね。

どのメーカーも荷室空間よりも安全性を優先したい様ですが、安全性は基本的にどうでも良いと思っているのは他ならぬユーザーの様で。

アメリカのバンも迫力を重視してデザインされていますが、あちらの押し出し感はあくまでトラックの延長線上だと思います。

アルファードの流れは「スーパーカスタム」やら「GTクルーズ」やらマスターエースで既に出来上がっていたと思います。キャラバンが「GT」を名乗っていたのが依然として理解不能であります。
[ 2011/12/24 07:04 ] [ 編集 ]
llll様

コメント、ありがとうございます。
“どのメーカーも荷室空間よりも安全性を優先したい様ですが、安全性は基本的にどうでも良いと思っているのは他ならぬユーザーの様で。”
この部分、私もよく思うことがあります。室内空間を目一杯確保した軽自動車や、小型の3列シート車によくある、リアウィンドウすれすれの背もたれ等を見ると、ぶつかったとき大丈夫なのかな~と思います。
知り合いのシエンタの3列目に乗せていただいたときには、生きた心地がしませんでした。
[ 2011/12/24 11:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。