旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・日産・レパード(JY33型) 

110927a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110927a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110927a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110927a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110927a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110927a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年に日産から発売された4代目レパード(JY33型)です。ひと目見ればわかるように、Y33型セドリック/グロリアを少し意匠変更しただけの姉妹車です。迷走期の日産を象徴する一台で、高級パーソナルカーとして誕生したレパードは4代にわたってキャラクターをコロコロ変えながら、最後はセド/グロの姉妹車としてその生涯を終えました。

 さて、この4代目レパード、少々セド/グロとは顔が違うと言っても、パッと見はセド/グロそのもの。中身も同じ。レパード4代を振り返ってみると、初代F30型は車名通り『豹』。2代目F31型はさらに研ぎ澄まされて獲物であるソアラを追い掛け回そうと張り切っていましたが少々息切れ。3代目JY32型になると豹の世界に新しく設定された『祝日(J・フェリー)』にのんびり遊んでしまったことを機に獲物を追いかけることをやめ、贅沢を覚えてしまいました。そして最後の4代目は自分が『豹』であることも忘れ、豹の分際で『伯爵家の跡取り息子(セドリック)』と兄弟になって『栄光(グロリア)』を掴んでしまいました。しかしその後、伯爵家に自分が豹であることがばれ、人間社会(日産ラインナップ)から追放されてしまいました。

 その時代時代によってキャラクターが変わるのは致し方ないことですが、やっぱり豹と伯爵家を兄弟にしてしまうのはちょっとやりすぎだったのかもしれませんね。どうせなら豹に祝日を与えた時点で豹の役目を終わらせたほうが良かったのかもしれませんね。

 やりすぎといえば社長(プレジデント)と頂上(シーマ)がいなくなった現在、日産のフラッグシップである、青年となったセドリック少年(フーガ)がスリーダイヤのバッジを付けることが決まったようです。イギリスの伯爵家の方ですので血筋は文句なしですから日本の大財閥のフラッグシップになっても決して見劣りすることはありません。とはいえなんだか自動車業界、つまらなくなってきましたね。セドリックとレパードぐらいの意匠変更でもあればまだ救われますが、三菱の場合、デリカD:2のようにそのままで出しそうですね。まあ日本では長い間セドリック、グロリアというそっくりさんが存在し続けていた過去がありますから日産フーガと三菱版フーガ2台が共存しても特に違和感なく受け入れられるのかもしれませんが・・・。

レパードXV-G(JHY33型)
全長×全幅×全高 : 4895×1765×1425mm
ホイールベース : 2800mm
車両重量 : 1600kg
エンジン : V6DOHCターボ 2987cc 270PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/09/27 17:57 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)
初代レパード、好きでした、憧れでした。2代目、ソアラを意識しすぎ。3代目、どうしちゃったの?病気。4代目、もう死に体。
時代の流れか、嗜好が変わったのか。ブルーバードは乱高下が激しかったのに、ここまで私の中で一直線に下がった車種は数少ないです。
[ 2011/09/27 19:05 ] [ 編集 ]
これほど車のコンセプトや成り立ちが変わった車も珍しいですね


私はレパードは2ドアが無くなった3代目で実質的に終わった感が?あります


所で生産中止になったシーマですが来年にも?フーガをベースにして新たに復活するみたいです。フーガにあるハイブリットも搭載し社用車や公用車需要に対応するみたいです
[ 2011/09/27 21:22 ] [ 編集 ]
レパードは初代F30型(個人的にはTR-Xが好きでした)が出たときは衝撃的でした。しかしその後、トレンド志向に振った感の2代目、ここまではまだクルマの魅力を保ってたと感じましたが、3代目以降は・・・あり得ませんね。なぜとレパード」と名乗るのかすらわからないラインナップ・・・

でも、当時子供だったので(笑)初代やS110シルビア(ガゼール)の当時なりの「ハイテク装備」は、かなり心注がれました!
[ 2011/09/27 23:25 ] [ 編集 ]
渋いの来ましたね!なにかと否定的に言われがちなクルマかと思いますが、個人的にはなかなかイケてると思ってます。新車の某安物リッターカー買うくらいならこいつの中古を整備したほうがよっぽど良いと思うのは私だけでしょうか?

区分が「旧型車」となっていますが、来年からはもう「旧車」と呼んで差し支えないでしょう。最終年式でも国が定める“抹殺奨励ライン”に達することですし・・・・
[ 2011/09/27 23:39 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
クルマとしてはどんどん立派になっていったんですが、レパードとしては?でしたね。ラインナップを揃えるための最近のOEM戦略を見ていると、いつもこのレパードの運命が頭に浮かびます。
[ 2011/09/28 12:43 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
豹は多少太っても豹でいて欲しかったですね。復活するシーマってどんな感じになるんでしょうね。日産とダイムラーが高級車のプラットフォームを共有化するなんて話も出ていますから、日産の高級車も一皮むけた存在になるかもしれませんね。
[ 2011/09/28 12:49 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
3代目からは“レパードの位置”を埋めるためにあてがったクルマでしたからレパードとしてはしっくり来ませんでしたね。レパードと名乗らなければもっと受け入れられたことと思います。
[ 2011/09/28 12:52 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
評判の悪い4代目レパードとはいえ、実質はV6エンジンを搭載した高級車セドリックですから、いくら古いといっても最近のリッターカーとは次元が違うと思います。
でもこのクルマ、もともとそれほど販売されていないのでめったにお目にかかることがありませんね。
[ 2011/09/28 12:58 ] [ 編集 ]
 この車、確かに出たときはすごく格好よかったです。
初代の、あの鋭角的なデザインは、当時の日産車の中でも際立っていたと思います。
 私的には、2代目のほうが好きなのですが、3代目が出たときは「???なんじゃこりは!」でした。
 「Jフェリー」が好きな方には誠に申し訳ないのですが、私の車観(デザイン上)のなかでは「NO」以外ありませんでした。他の諸兄同様、これほど好き嫌いが分かれた車は、私の中ではあまりありません。
[ 2011/09/29 19:19 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
私もJフェリーのデザインはちょっと受け入れることができませんでした。でも知り合いにはとてもカッコいいという方もいましたので、感じ方は人それぞれなんですね。
[ 2011/09/30 09:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。