旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・AD MAXワゴン(Y10型) 

110920a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110920a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110920a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110920a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110920a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110920a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年に日産からADバンのバリエーションとして発売されたAD MAXワゴン(Y10型)です。“スタイルに新しい遊び感覚を盛り込んだMAXワゴン”とのことですが、日本ではこのようなフルゴネットは一般的ではありませんのでずいぶん違和感を感じるスタイルですね。街で実車を見かけたことはほんの数えるほどしかありませんでしたが、そのときの印象は、“ケンシロウに北斗神拳で秘孔を突かれた悪党の顔”のようだと感じていました。

 さて、このAD MAXワゴン、当時はとてもカッコ悪いクルマだと思っていましたが、今あらためてカタログ画像を見てみても、やっぱり不恰好なクルマですね。とはいえ、各社から似たり寄ったりのトールワゴンが発売されて街に同じようなクルマが溢れている現在においては、ある意味新鮮に感じられないこともありませんね。

 ところでAD MAXワゴンのこのスタイル、ADバンクラスの小型車ではあまり見かけませんが、もう少し大きな車体でこういうスタイルをしたクルマって、よく見かけませんか?地域によって違いがあるかも知れませんが、私が住んでいる地域ではセンチュリーをこのスタイルにしたものをよく街で見かけます。一昔前までは金ぴかの立派な屋根のものが多かったですが、近年はもっとすっきりした、ちょうどこのAD MAXワゴンのような感じのものが多くなってきましたね。私もいつの日か乗せていただくことがあると思いますが、残念ながらその試乗記を書くことは絶対にできないクルマ、もうお分かりですね。

 そんなことを考えながらこのカタログを見ていたら、AD MAXワゴンが秘孔を突かれた悪党というよりも霊柩車に見えてきました。まあそんな話はさておき、90年代初頭という時期は現在主流となっているミニバンやハイトコンパクトの準備段階とも言えた時期で、AD MAXワゴンだけではなく、三菱のミニカトッポやスズキのアルト・ハッスル等、各社“上へ”のスペース確保を試行錯誤していた段階でした。93年に初代ワゴンRが発売されて大ヒットし、ひとまずスタンダードとなるスタイルが確立したわけですが、そういう流れからAD MAXワゴンを見てみると・・・、これがスタンダードにならなくて良かったですね。

AD MAXワゴン・SLX(Y10型)
全長×全幅×全高 : 4270×1680×1810mm
ホイールベース : 2470mm
車両重量 : 1110kg
エンジン : 直4DOHC 1497cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

今日、本当に偶然なのですが、晩酌のつまみを買いに行ったスーパーの駐車場でAD MAXワゴンの実車を見ました。改めて(すごく久しぶりに)実車を見ましたが、やっぱり不恰好なクルマですね。全体的に車高が高くなっている現在においては、クルマの前半分が潜水艦のようなイメージでした。

[ 2011/09/20 12:28 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(6)
 初めて見ました。
 ADワゴンは、しょっちゅう街中でも見る車ですが、この、MAXタイプは初めて見ました。というより、私の中では、日産が作った車なので、SカルゴのAD版ぐらいにしか理解できず記憶の中にとどまっていなかったのかも知れません。
 私が、今、住んでいる所の近くにある「道の駅」には、温泉施設もあり、休前日には数台のキャンピングカーがパーキングに駐車しています。
 コースター改造の本格版から、軽トラ改造お二人様用まで色々な種類がありますが、この車の屋根をフリートップに改造してキャンプしたら、結構ウケるんじゃないでしょうか。
[ 2011/09/20 23:28 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
日産としてもおそらくそのような用途(車中泊)を想定していたと思います。しかしながらキャンパーとして考えると、少々スペースが足らずに中途半端。ということでMAXワゴンを存続させずにセレナ・ラルゴを充実させていったんでしょうね。
現行のNV200バネットはAD MAXで感じられた不自然さを全て取り払ってうまくまとめた現在のAD MAXのような存在ですね。
[ 2011/09/21 11:04 ] [ 編集 ]
ADMAXは、かつて実家近くの「弁当屋」の商用車(デリバリー車)として、よく見かけました。しかし、今あらためてこのカタログを拝見して、当時はなんとも感じなかったのですが何故弁当のデリバリーにトールワゴンが必要だったのか・・・
山積みするほど売れていたとは思えない弁当屋だっただけに、今更ながら深い疑念を持ってしまいました!?

このAD「バン」の方は、仕事で一時期何度か乗ってました。
荷物積んでもそこそこのキビキビ感でしたが、燃費は・・・かつてコメントしたリベロカーゴよりは悪かったです。
[ 2011/09/23 16:58 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
そのお弁当屋さん、きっと“山積みするほどの注文を受けても大丈夫なように”トールワゴンを導入されたんでしょうね。たまたまその機会がなかっただけで・・・。
というのは冗談で、荷室に乗ってなんらかの作業をする必要がある場合には、荷物を山積みにする機会がなくとも天井が高いと何かと楽かもしれませんね。
[ 2011/09/24 10:47 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございました。

この弁当屋は法人向けだったので、確かに「弁当山積み(笑)」はなくても、デリバリー時に一緒に積んでいた台車などに移し替えることを考えたら、一人が荷室に乗って弁当を降ろして別な一人が台車に積む・・・そんなシチュエーションからこのクルマのチョイスはありだったかもですね(・・でもそこまで考えてたとは決して思えませんが・・!?)

あらためてこのカタログ拝見してさらに気になってしまったのですが、よく拝見するとMAXのサイドは「2ドア」だったのですね・・・ワゴンと謳っていながら、リアシートへは「助手席ウォークイン」ですか・・・笑えます!

それとこのリアシート、下位グレードのLEの生地がトリコット、そして上位SLXは「プリント」トリコット??どう考えても「プリント」のほうが安っぽいイメージに思えるのですが・・・

きっと弁当屋的には、「どうせ2ドアならリアシート外せ!」と思ったかどうか(笑)


[ 2011/09/26 20:45 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
そうなんです。これ、おかしなことに2ドアなんですよね。きっと強度的にドアを作ることができなかったんだと思いますが、せめて片側だけにでももうひとつドアがあれば用途も広がったことと思います。
[ 2011/09/27 13:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。