旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・カローラFX(E90/91/92型) 

110913a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110913a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110913a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110913a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110913a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110913a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年にトヨタから発売された2代目カローラFX(E90/91/92型)です。姉妹車のスプリンターを含め、多彩なボディタイプを揃えていたカローラシリーズの中でもひときわ影が薄かった2ボックスタイプのカローラですね。後にランエボやインプレッサと並んでWRCに出場することになるのですが、悲しいことにその代だけ国内販売されず(次の代はランクスとして復活)、代々国内ではパッとしませんでしたね。

 さて、このカローラFX、もともと欧州向けに開発されたものです。欧州ではVWゴルフを始めこの手の2ボックスが確固たる地位を築いているようで、現在でもオーリスのみ販売されている国が多いようです。それもこのカローラFXのように3ドアと5ドアの両方が用意され、心臓部もディーゼル、ガソリン、ハイブリットと多彩なラインナップが揃っているそうです。お国柄に合わせてメーカーもいろいろと戦略を立てているんですね。
 
 ところで、カローラFXの後継に位置づけられている現在のオーリスは、カローラの名称が付いていないことからもわかるように、カローラとはプラットフォームが異なるんですね。ランクスまでは見るからにカローラシリーズの一員というスタイルでしたが、オーリスは本家カローラとずいぶんイメージが違います。本家とのイメージがさらに異なるルミオンもやはりカローラとはプラットフォームが異なりますが、こちらは“カローラルミオン”が正式名称のようです。メーカーの商品展開もずいぶんいい加減なものですね。

 日本のモータリゼーションを引っ張ってきたカローラですが、現在の状況ではカローラ自体が当時のカローラFX並みに影が薄いですね。商用車の代表格であったカローラバンがプロボックスに取って代わられたことが大きいのかもしれませんが、カローラシリーズが販売台数上位に入っているにも関わらず、街であまりカローラを見かけません。

 カローラセダン、ワゴンともにサブネームが付くようになりましたから、カローラFXやカローラランクスからひっそりと“カローラ”の抜けたオーリスになったように、“カローラ”という響きがなくなるのも時間の問題かもしれませんね。ひっそりと“コロナ”がなくなったように・・・。

カローラFX・3ドア・FX-GT(AE92型)
全長×全幅×全高 : 3995×1655×1360mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 1020kg
エンジン : 直4DOHC 1587cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/09/13 15:23 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(8)
 私が、20代前半の頃、会社の同僚が確か、乗っていました。
 あの頃の「トヨタ車」って、このクラスの車に、上級車種の何かが、付けられていた感じで、この車のインパネも当時の「ソアラ」的な感じがします。
 でも、私は、この頃のトヨタ車は皆好きです。今、個人的に好きなトヨタ車は、「新型カムリ」以外にはあまりありませんねー。
[ 2011/09/15 09:46 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
当時はカローラクラスでも上級グレードにはバブリー内装が施されたものもありましたね。私自身は好景気とは裏腹に、日々背が高くなる新宿の都庁ビルを横目で見ながらクルマ無しの自転車生活を送っていました。
新型カムリ、これ見よがしなハイブリット車じゃないところがいいですね。これからのトヨタ車はきっとカムリのように“さりげなくハイブリット”になっていくんでしょうね。
[ 2011/09/15 12:55 ] [ 編集 ]
プリウスの台頭によりかなり影が薄くなり次期型は現行ヴィッツのプラットフォームをベースに開発しています。次期セダンには1300が復活するのでベルタは一代限りで消滅するかもしれません


オーリスはルミオン、ブレード、マークXジオ、プリウス、プリウスαとプラットフォームを共有しているから厳密に言うとカローラではないですね


今のカローラはちょっと死に体状態かな?日産もサニーを廃してティーダを作ったくらいだからトヨタもそろそろカローラの世代交代を迫られていると思いますし担当販売店のカローラ店も統合や名称変更もあるかもしれませんね
[ 2011/09/15 19:14 ] [ 編集 ]
実は私も、当時学生の頃の友人の実家のクルマがこのE90系のセダン、1.5のSE-Limitedでした。
友人いわく「限定仕様?」で、サイドモールが白に塗装されてるんだ・・・と
自慢されましたっけ?!

何度か運転しましたが、今では懐かしい(笑)当時の「ハイソホワイト+ワインカラー内装」仕様、
しかし思いの他見切りもよく、運転しやすかったイメージが・・・

かつての王道「カローラ=大衆車」という図式、
コンパクトカーのカテゴリーが確立された現代では、すっかり影が薄い印象ですが、
国内レースのSUPERGT300クラスでは、現行の「AXIO」ベースのミッドシップマシンが、
ランボルギーニ、フェラーリ、ポルシェなどのスーパーカー相手に闘っています。
レースの世界とはいえ、カローラがポルシェを抜くシーンは、ちょっとドキドキしてしまいます!
[ 2011/09/15 22:08 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
現在、他社も含めて車名を冠した販売店というのはカローラ店だけだと思いますが、トヨタもカローラの扱いに苦慮しているのではないかと思います。
ひいき目で見ても、現行カローラを積極的に選択する決め手って価格的にも内容的にもそれほど見当たりませんからね。
[ 2011/09/16 11:49 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
アクシオのスーパーGTマシンは“どの部分がアクシオなの?”っていうぐらいカローラの面影がありませんね。まあそれを言い出したらレガシィB4も似たようなものですが・・・。
スーパーGTマシンの面影が感じられるグレードがアクシオに用意されていたらカローラのイメージも変わったかもしれませんね。
[ 2011/09/16 12:19 ] [ 編集 ]
車名って本当に面白いですね。このテーマだけでも本が1冊出来そうです。
新型のカムリが話題になっているようですが、初代カムリはセリカ・カムリという車名で、セリカのセダンバージョンとして発売されたました。初代のカムリのリア・ピラー・ウインドウに小さく、CELICA CAMRYと表示されていたのを記憶しています。しかし2代目では”ひっそりと”セリカの文字が消えていましたね。
[ 2011/09/16 12:35 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
セリカ・カムリ、パブリカ・スターレット、コロナ・マーク2、コロナ・プレミオ、チェリー・バネット、バネット・セレナ・・・、おっしゃる通り、車名を辿っていくと面白いですね。
ちなみに私の愛車、アクセラのグローバル名は“松田さん(Mazda3)”。結構気に入っています。
[ 2011/09/16 19:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。