旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・キャバリエ(TJG00型) 

110904a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110904a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110904a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110904a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110904a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110904a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年にトヨタから発売されたキャバリエ(TJG00型)です。言わずと知れた日米貿易摩擦解消のためにGMのシボレー・キャバリエを右ハンドル仕様にしてトヨタブランドで売り出した輸入車で、トヨタを代表する不人気車として有名ですね。

 さて、このトヨタ・キャバリエ、2.4リッター車としては破格のバーゲンプライスで販売開始したにも関わらずあまりパッとしませんでした。そこで今度はトヨタ得意のイメージ戦略として、アメ車通で有名な大御所タレントの所ジョージさんをCMキャラクターとして起用しましたが、それでも販売はパッとしません。最後は2.4リッター車で150万以下というちょっと異常な低価格を設定して巻き返そうとしましたが結局売れず、輸入は中止となりました。ぜんぜん日米貿易摩擦は緩和されませんでしたね。

 このように極めて不人気なクルマでしたが、個人的には結構カッコいいと思っていました。特にクーペは私好みで、現行トヨタ車の張りぼてのようなクルマ(例えばルミオン・オーリス等)よりもずっと洗練されていると思います。とはいえ、いくら私が個人的にカッコいいと思っていても売れなければトヨタも販売を続けられないわけで、なかなかかわいそうな運命を辿ったクルマでしたね。

 低価格戦略も通用せず、著名タレントによるイメージ戦略も通用せず、何をやっても売れないクルマ。日産のVWサンタナや三菱のカリスマ等、この手の海外メーカーとの協業によるクルマはほとんどが同じ運命を辿っているようですね。

 ところでシボレー・キャバリエ、このクルマの初代は初代いすゞ・アスカと姉妹車関係にありました。そして2代目アスカはなぜかスバル・レガシィになりました。さらに3代目と4代目はホンダ・アコードとなったところでいすゞが乗用車から撤退したためにアスカはなくなりました。大人の事情とはいえ、いすゞ・アスカってなんだったんでしょうね?

 キャバリエとは関係ない話ですが、先日アメリカの方からメールが来ました。英文メールだったので良く来るスパムメールかと思いましたが、内容を読んでみると、クルマのホームページを運営されておられる方だそうで、参考にしたいから私のWeb版サイトのある車種について、諸元表の拡大ページをアップして欲しいとの依頼でした。
 依頼通り指定車種の諸元表をアップしてその旨メールで連絡したところ、またご丁寧なお礼のメールを頂きました。日本車が国境を超えて世界各国で親しまれていることを再認識したと同時に、インターネットの世界も国境がないという当たり前のことも再認識しました。なんだかすごい時代になったものですね。

 健康で文化的な最低限度の生活を送っていくためには田舎の百姓でも英語とコンピュータの知識は必須になっているようです。ちなみに彼が依頼してきたクルマというのはサンタナです。どこの国にでもマニアはいるみたいですね。

トヨタ・キャバリエ・クーペ2.4Z(TJG00型)
全長×全幅×全高 : 4600×1740×1355mm
ホイールベース : 2645mm
車両重量 : 1310kg
エンジン : 直4DOHC 2392cc 150PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/09/04 16:37 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(10)
一般のお客さんが乗っている事はほとんど見たことがなく販売の担当店だったトヨタ店の営業マンや会社の社用車として?乗られていたケースが多かったみたいです

あの販売状態ならトヨタの名前を付けずにシボレーのまま右ハンドルで販売した方がよかったかも?
[ 2011/09/04 17:14 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
クルマって新車、中古車問わず、車格に相応の維持費がかかりますから、安ければいいってものでもないみたいですね。
それに直4の2.4リッターというのもなんとなくアメ車のイメージじゃないですし・・・。
どうせならもっとでかいクルマを選定したほうがよかったのかもしれませんね。
[ 2011/09/05 14:31 ] [ 編集 ]
2.4Lで、馬力も価格も「150」という数値も驚きですが、スタイリングだけに関しては「ミニカマロ」と思ったのは言い過ぎでしょうか(苦笑)

インテリアの写真ですが、オーディオ部分が明らかに当時の「トヨタ純正」でなさそうなあたりが、シボレーOEMを感じさせますね・・・

OEMといえば、わたくし所有のラフェスタの新型は、「ハイウェイスター」というグレードのみマツダの現行プレマシーのOEMになりました。商用車では既に国内メーカー間でのOEMは進んでいますが、乗用車レベルでもこれからこんなふうになるのでしょうか(間違ってたらごめんなさい、FT86ベースで富士重がボクサー積むって言う噂聞いたことありますが、本当ですか?)



[ 2011/09/06 21:09 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
日産のラフェスタ、プレマシーとの差別化を図るために新型の特徴だった五角形グリルと流れデザインのドアをなくしたので、なんだか先代プレマシーみたいになっちゃいましたね。
FT86はOEMというよりトヨタとスバルの共同開発で、生産はスバルが担当とのことですから、トヨタ版もスバル版もボクサーだと思います。
[ 2011/09/07 10:51 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございました。
それから追記ですが、「サンタナ」に関するアメリカからのオファーの件、もう脱帽です!

クルマってきっといろんな国の人の「共通言語」だと思ってますが、このサイトはもはや「グローバル」なのですね!!

このサイトを知ってから、わたくしも自分が子供の頃から気になっていた、いろんなクルマの詳細、当時知り得なかった情報を含め、ここに来ればかつての「謎?!」を知ることが出来て、毎回楽しみです。こんなふうに情報をすぐに共有できるこのご時世、ネットの世界の凄さを、あらためて感じてます。

ですからこれからも、わたくしが今「忘れて(笑)」いるような旧車情報のアップ、楽しみにしてます。

そして、沢山の国境を越えた人たちがアクセスされるのを期待してます!

[ 2011/09/07 20:46 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私のサイトがグローバールかどうかはわかりませんが、
http://en.wikipedia.org/wiki/Nissan_Junior
の、Referensesの2.、なんかを見たときにはびっくりしました。

これからもできる範囲で、マイペースで細々と更新していくつもりですので、何卒よろしくお願い申し上げます。

(英語かドイツ語ならなんとか対応できますが、それ以外は対応できません。私のサイト、ロシアからのアクセスがとても多いようなので、ちょっと心配です。)
[ 2011/09/07 21:19 ] [ 編集 ]
wiki、拝見しました。

確かに「そのまま」でアップ・・・凄いです!!
日本語版のwikiサイトは、たまに辞書代わりに見ますが
ワールドワイドに紹介されているのは、読者ながらちょっと自慢したくなるかもです!!これからも「マイペースで細々」でも、更新を楽しみにしております!
[ 2011/09/08 17:32 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
自分のサイトが引用されていたことにもびっくりしましたが、日本語版wikiには存在しない日産ジュニアの項目が英語版wikiには存在していたことにもっとびっくりしました。
[ 2011/09/09 14:02 ] [ 編集 ]
このトヨタ・キャバリエ、何とも鳴かず飛ばずの一台でしたね。所ジョージのCMこそ盛んにTVで流れていましたが。
小生も同車を運転したことがありますが、エンジンはガーガーうるさく、それでいて踏めば弾けるようにダッシュする何とも形容しようのない代物、一方で乗り心地は自然体で突き上げこそストレートに伝わるものの不快な横揺れや取って付けたようなソフトさがなく「ジーンズ感覚の疲れない」ものと全般に好みが分かれる存在だったと記憶しております。
この1990年代末~2000年代初頭に小生は1992年式のメルセデス・ベンツ260Eに乗っておりましたがすでに型落ちモデルになっていたこのメルセデス、トヨタ・キャバリエとほぼ同寸ながら月とスッポンも出来が違い、他にも同じGM製のポンテアック・グランダムやクライスラーのストラトスとの比較でも同じことが言えると確信しました。
いわばキャバリエを始めこれら中小型のアメリカ車群が当時乗っていたメルセデス260Eの引き立て役となった格好で、この260Eの代替として予定していたメルセデスE430やE320の購入が予算の都合で不可能になって腐って?いたものが一転「旧式メルセデスは最新のアメ車より100倍素晴らしい!」と新たなpride and joyを感じる原動力となったものです。
[ 2011/09/10 19:47 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
欧州車、アメ車、日本車、それぞれに各地域に応じた特徴があり、それぞれに個別のよさがあると思います。また人の好みの問題もありますから、いろいろな乗り味のクルマがあっていいと思います。
しかし最近はアメ車、日本車も欧州基準になりつつあるようですね。私に身近なCセグメントでは、どのクルマも必ず“VWゴルフと比べてどうか”ということが問題になってきます。
欧州車が素晴らしいということももちろんあるのでしょうが、おそらく欧州車メーカーが目指していた方向性が現時点においては正しかった、ということだと思います。
[ 2011/09/11 15:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。