旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・アリスト(JZS147型) 

110816a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110816a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110816a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110816a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110816a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110816a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年にトヨタから発売された初代アリスト(JZS147型)です。直列6気筒のツインターボエンジンが搭載された国産最速セダンとして“走りを忘れた大人たちへ”提供されたため、その暴力的ともいえる加速力によって“走りを思い出した大人たち”が世の中に増殖し、高速道路の追い越し車線をとんでもないスピードで駆け抜けていく中高年をよく見かけましたね。

 さて、この初代アリスト、ジウジアーロ・デザインの秀逸さのためか、すでに発売から20年経っているにも関わらず、今見ても素晴らしいデザインですね。せっかく素晴らしいデザインの高性能セダンなのに最近街で見かける初代アリストはあまり似合っていないキラキラのインチアップホイールが斜めに取り付けてあり、デザイン界の巨匠、ジウジアーロ氏にまるで挑戦状を叩きつけているかのようなエアロパーツで固められたアリストの比率が上がっていることはちょっと残念ですね。まああのように着崩しを施すことによってアリストを盗難から守るという意味合いがあるのかもしれませんが・・・。(もっとも、今時初代アリストなんて誰も盗難しませんけどね)

 1988年に“きっと、新しいビッグ・カーの時代が来る”というキャッチコピーとともに日産シーマが発売され、ハイパワー高級セダンの口火が切られました。そしてこの初代アリストで“最速セダン”という現在に至る高級セダンの基礎が確立されました。その後の流れは皆様ご存知の通り、大排気量化、高級化、大型化がひたすら進められ、今やこのクラスの上級セダンはどれに乗ってもアクセルを踏みさえすれば暴力的な加速がとても簡単に、そして上品に味わえるようになりました。

 圧倒的な加速力というものも最初は魅力を感じますが、何度も味わっているとだんだん感覚が麻痺してきます。現在の高級車のようにとても上品に信じられないような加速をするクルマになってくると、“走りを思い出した大人たち”も再び“走りを忘れた大人たちへ”逆戻りしてしまいます。

 行き着くところまで行ってしまったようにも思える現在の高級セダン、次なる魅力を提案するためかどうかはわかりませんが、日産フーガのように踏み込もうとするアクセルペダルを押し戻してくるという、ありがた迷惑な機能まで付くようになってきました。

 高級セダン市場に規範を提供してきたアリストの最新型はレクサスGSの新型としてもうじき登場するようですね。今度はどんな高級セダン像を提案してくれるのでしょうか。現行GSの存在感が少々薄いので、初代、二代目とインパクトのあったアリスト像を提案してもらいたいものですね。まあ私には縁のないクルマですが・・・。

アリスト・3.0V(JZS147型)
全長×全幅×全高 : 4865×1795×1420mm
ホイールベース : 2780mm
車両重量 : 1680kg
エンジン : 直6DOHCターボ 2997cc 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/08/16 16:05 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(13)
このアリストもジウジアーロデザインとは知りませんでした。ジウジアーロと言えば、パブリカ、フロンテクーペ、117クーペ、ピアッツアetcと思い浮かびますが、アリストやレクサスまで関わっているとは。
そういえば、国産唯一のロータリーバイク、スズキRE-5も確かジウジアーロ。メーター周りが茶筒と言われ、メインスイッチを入れるとカバーが開きます。賛否両論ありましたが、その守備範囲には驚きです。
[ 2011/08/17 18:36 ] [ 編集 ]
私もこのクルマがジウジアーロデザインというのは初めて知り、驚きでした!私のジウジアーロ像は、国産ではやっぱりピアッツァとアルシオーネ・・・今見ても斬新なデザインですね!!そう言われてこのアリストを見ると、「なるほど」と思える部分が結構あるかもです。

このクルマ、どうもクラウンの「派生モデル」というイメージが強いのですが・・・当時セドグロがグランツーリスモなるグレードを設定したり、その上のシーマもターボ積んだりで今思えばかなり無茶な日産に、トヨタとして「速いクラウン」を作って対抗した・・・そんなイメージです。

当時よくTVで見ていた「刑事貴族」という番組で、
寺脇康文や鳥越マリがこのアリストによく乗ってました(笑)!!
[ 2011/08/17 19:02 ] [ 編集 ]
ジウジアーロデザインにしてはやや消化不良な?所があり商品的にはマジェスタセダンで?終わってしまった感じがします。アリストはやはり2代目が私としては印象が強くとても完成された車だと思いますがトヨタが初代アリストを発売することによりメルセデスベンツもアバンギャルド仕様を出すなどハイパフォーマンス高級セダン市場を開拓して今のレクサスやクラウンアスリートに繋がったと思います
[ 2011/08/17 23:21 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
RE-5の茶筒、あれはまったくカッコいいとは思えませんでした。もしカタナのデザインをハンス・ムートではなくジウジアーロに依頼していたら、名車・スズキ・カタナは生まれなかったかもしれませんね。
[ 2011/08/18 11:14 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私はジウジアーロといえば真っ先に初代ルーチェが頭に浮かびます。
この時期のクラウンおよびマジェスタ(140型)がどちらもボテッとしたデザインだったので、個人的にはそれらが引き立て役となってこのアリストがとてもカッコよく感じました。
[ 2011/08/18 11:23 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
初代アリスト登場時には“国産最速セダン”などともてはやされていましたが、現在このクラスは300PSオーバーも普通に各社から販売されており、“最速セダン”などというキャッチフレーズが使われることもなくなってしまいましたね。
一昔前に4.1リッターの3代目シーマに乗っていた時期があったのですが(もちろん自分の車ではありません)、この手のハイパフォーマンス高級セダンの魅力が私にはいまいちわかりませんでした。
人に自慢できるシーマよりも、人から笑われるミラージュアスティのほうが運転がとても楽しかった記憶があります。
[ 2011/08/18 11:49 ] [ 編集 ]
当時中1でしたが、初代アリストがデビューした当時は国産最強のスペックにシビれました。


スタイルに惚れて、前期の焦茶と後期のシルバー(どっちもNAですが…)に二台続けて乗り継ぎましたが、乗り味は重い90マークIIって感じでしたね。90マークIIも日産R32スカイラインの影響を受けたらしく、完成度の高いクルマでした。

今のトヨタは嫌いですが、この時代のトヨタは良心を感じる造りで好きでした。
[ 2011/08/18 20:46 ] [ 編集 ]
追記:ちなみに、アリストのスタイルは基本はイタルデザインですが、ジウジアーロのデザイン案をベースにフロントとリヤはトヨタのデザイナーが手掛けています。


特徴的なグラスエリア以外は全く雰囲気の異なる別物に仕上がっています。
[ 2011/08/18 22:58 ] [ 編集 ]
みかん星人様

コメント、ありがとうございます。
アリストに二台続けて乗られていたなんてすごいですね。私はどうも高級セダン独特の、車内と車外が別世界になる感覚に馴染めないので、庶民カーばかりに目が行ってしまいます。まあ単に貧乏なだけなんですけどね。
それに100%MTグレードがありませんし・・・。
マークXやクラウンアスリートにMTグレードが設定されたら、結構売れると思うんですが、どうなんでしょうね。
[ 2011/08/19 11:02 ] [ 編集 ]
ジウジアーロ・デザインの初代トヨタ・アリスト、その斬新なグリーンハウス造形やカプセルをイメージしたボディ造形とは裏腹にフロントマスク周辺の大味で洗練されない造形が惜しまれ、他の方が言われていたように「未消化」な作品でもあったかと思います。
現に小生、このアリストのノウハウが生かされた一台であるレクサスIS350を所有しておりますがその318ps/38.7kgm也の大パワーを生かす機会になかなか恵まれず、街中や街道筋ではその全幅1.8mにも及ぶボディに木の枝やガードレールで傷を付けないようにソロソロと走らせるのが関の山という按配です(T_T)
結局この「トヨタを代表する激速セダン」の一員たるレクサスISも真価を発揮できず、周囲の皆の言う「路上の粗大ゴミ」たる2004年製ヴィッツ1300U-L/89791km走行の方が小パワーを使い切れる分はるかに生きた感動を味わえ、心豊かな毎日を味わえる辺り由々しき問題であるのと同時にkyuusyamania様のおっしゃる「人に自慢できるシーマよりも人から笑われるミラージュアスティの方が遥かに楽しい」という意味が心の芯から解ります!
by41歳・B型・山羊座・レクサスIS350+ヴィッツ1300U-L所有の身
[ 2011/08/19 11:52 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
現在の日本は、不景気なうえに大震災の影響もあってとんでもなく厳しい状態に置かれています。しかしながら、クルマの世界に限れば、メルセデス・ベンツやBMWが街にあふれ(私が住んでいる田舎でも!)、免許取ったばかりの子達が数十万で買える旧型のセルシオやシーマに普通に乗っている状態です。
かつては高級セダンに乗ることは人生の成功の証しでしたが、今はたとえベンツSクラスやレクサスLSに乗っていようとも、それほど威厳はありません。
それどころか、中途半端な高級車に乗って自慢していると嘲笑の対象となってしまいます。
“若者のクルマ離れ”ばかりがクローズアップされますが、実は中高年もクルマ離れしているのではないかと個人的には考えています。
私自身、現在の超高性能高級セダンを買うぐらいなら、そのお金で新型のトラクターを買います。
[ 2011/08/19 20:58 ] [ 編集 ]
この前はコメントありがとうございました。

実家で小学生時代に買ってもらった「決定版マイカー選び完全ガイド 91年春の新車購入大作戦」なる本を見つけました。昔の私はこれを読んで車の所有欲を慰めていたと思われます(まあ当時は軽自動車が好きな子供だった記憶がありますが)

で、情報ページに一部の車のAT占拠率が載っていたりするのですが、アルトが50%、シティが70%で「このクラスにしては高い」と評され、カローラが62%、コロナが78%とのことでまだまだMTも大きな顔をできていたと思われます。ちなみにクラウンが90%なのはタクシーの分も入っているからでしょう。ソアラは92%を超えておりその辺りはオシャレ車としての使命を全うしているのかもしれませんね。セルシオはしっかりAT率100%でした。
後当時出たばかりのNSXの800万円が「ちょっと特殊なクルマ」と評されていて復活したばかりのスカイラインGT-Rが445万円なのは高い車がこの20年伸び伸びと高くなっていたことをうかがわせますね。
更に日産のマキシマについて「このクラスで261.2万円~286.1万円の価格幅に納められている点は、ヤングエグゼクティブ指向の若者にはかなりの狙い目車と言ってよいだろう」などと言うことがさらっと書いてあるあたりが「バブル」なのかな、と「社会のことが分かる前にバブルが弾け、バブルのことは噂でしか知らん」という状況の私は勝手に思いました。
あと、当時出たばかりのエスティマの紹介記事に「「未来の乗用車はきっとこんな形になるのでは…」とトヨタが問いかけてくるよう」と書いたライターを私は尊敬します。

そんな私の今の愛車(人生初の愛車)は中古の初代フィット、「ジャンガリアンハムスター号」と名付け乗り回している状況ですが、「高速でもへたばらなくていい」と思っているのは20年前の若者と比べれば変わっているのかもしれないです。しかし本当にフィットっていい車ですよね。仕事柄高速道路に乗ることも多いですが100キロで巡航してもそんなにうるさくないですし…。
ちなみにこの前書いた「教員やっている父」の今の愛車はプリウスです。

余談ですが、当時やっていた特撮番組(金属製スーツで武装した警察官が主人公の話)でトヨタのセラが「スーパーパトカー」として使われていました。設定上は780キロ出るそうですが「780キロ出るセラ」に捕まるのは今思えばちょっと…という感じです。ちなみにその番組には「スーパー救急車」もあってそいつのベースはエスティマでした。
[ 2011/09/04 20:27 ] [ 編集 ]
ノエルザブレイヴ様

コメント、ありがとうございます。
500万円もする初代シーマが大ヒットして飛ぶように売れ、シーマ現象とまで言われていました。そこから500万円のクルマというのが普通の存在となり、現在ではもっと高価な国産車がいくらでもあります。
バブル期は株価や地価が高騰しただけではなく、ごく普通の会社員のボーナスも高騰したから結構若い子でも高級なクルマに乗っている方が多かったです。
しかしボーナスが高騰しただけで、毎月の給与が高騰したわけではありませんでしたから、バブル崩壊後、ごく普通の会社員の年収は減少していきました。
にも関わらず、高級車の価格帯はずっと高騰しており、現在では1000万円オーバーも珍しくありません。
指先、口先だけでお金を稼ぐ方ならそのような高級車を買うことができるかもしれませんが、額に汗してお金を稼ぐ人にとっては、たとえそれらを買うだけのお金があってもそのような大金をクルマにつぎ込むことはできません。
まあ結局のところ、自動車メーカーもビジネスでクルマを造っているわけですから、お金があるところから効率よくお金を引き出すためには高級車が必要、それも現在のような格差社会ともなれば、あるところにはとんでもなくあるので、とんでもない高級車を売ればまとめて大金を引き出すことができます。
国内に金持ちがいなくなれば海外の金持ちをターゲットにするだけですので、これからも高級車はどんどん価格が上がっていくでしょうね。
[ 2011/09/05 15:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。