旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・MR-S(ZZW30型) 

110803a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110803a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110803a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110803a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110803a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1999年にトヨタから発売されたMR-S(ZZW30型)です。MR-Sという新たな名称になったとはいえ、初代MR2から始まったトヨタ・ミッドシップスポーツカーの3代目にあたるクルマですね。2007年にこのMR-Sが生産終了となってから、現時点ではトヨタブランドのスポーツカーは一台もラインナップに存在していません。何かと噂の多いFT-86が久しぶりのトヨタ・スポーツカーとなりそうですが、いったいどんな形に仕上がってくるんでしょうね。

 さて、このMR-S、発売当時、ネッツ店で行われていた“有料試乗”なるものを利用し、営業マンの同乗なしで遊んだ記憶があります。10年以上前のことなので細かなことは忘れてしまいましたが、確か5~600円の料金で、30分か1時間(ちょっと記憶が曖昧です)自分の好きなコースを走ってよいという制度だったと思います。ごく短時間のレンタカーのような感じですね。なかなかよい制度だったんですが、今でもやっているんでしょうかね?なにぶんこの制度を利用したのはMR-Sが最初で最後、理由は単純明快、このMR-S以降、お金を払ってまでじっくり乗ってみたいと思ったトヨタ車がなかったからですけどね。

 ミッドシップのオープンスポーツカーとはいえ、このMR-Sに積まれているエンジンはプレミオやカローラに積まれているものと同じ1.8リッターの、ごく普通のエンジンです。にも関わらず、運転の楽しさはプレミオやカローラとは比べ物になりません。2人しか乗れず、荷物もあまり積めず・・・、というマツダ・ロードスターと同様の欠点(荷物の積めなさはロードスター以上だと思います)があっても、やっぱりこの手のクルマは運転しているとしあわせになれますね。個人的にはマツダ・ロードスターのほうがずっと好きでしたが、背中の後ろにエンジンがあるというMR-Sならではの特殊な運転感覚はそれなりに捨てがたいものだと感じました。

 MR-Sにしてもロードスターにしても、特別な高性能エンジンが積まれたハイパワースポーツカーではありません。どちらかというとゆるいお手軽なスポーツカーです。このMR-S、ベースグレードの価格が168万円ということからもわかるように、経済的にもお手軽です。(それにしてもミッドシップのオープンスポーツカーが168万円で購入できるというのもある意味すごいことですね。コペンよりも安価です。)

 これほど魅力的なスポーツカーが安価に販売されていても販売不振から生産終了となるご時勢ですから、FT-86って、大丈夫ですかね?2009年の発表時にはかなりの期待を持ってFT-86の情報を追いかけていましたが、最近はまだ発売前だというのにもう飽きが来てしまいました。ターゲットが40~50代、価格が250万円~というような情報をどこかで見た記憶がありますが、もうこうなってくると“86コンセプト”というより、“スープラコンセプト”のような気がしてしまいます。

 新技術など使わずとも、そしてドリフト性能世界一でなくとも、ヴィッツのエンジンやコンポーネントを利用して“ターゲットは20代前半、価格が125万円~”というようなスポーツカーのほうが多くの方から求められているような気がするのは私だけですかね?どうもFT-86については、「開発目標はドリフト性能世界一」という記事を読んでから興味が一気になくなってしまいました。40~50代ともなれば社会的な立場や責任が自然とアクセル操作にリミッターをかけると思うのですが・・・、まあ人によっては思い切り踏み込んでカウンターをあてる方もおられるかもしれませんね。考え方は人それぞれですから。

MR-S(ZZW30型)
全長×全幅×全高 : 3885×1695×1235mm
ホイールベース : 2450mm
車両重量 : 970kg
エンジン : 直4DOHC 1764cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/08/03 18:22 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(4)
初代ロードスターにあれ程ときめいたのに、MR-Sには、正直あまり心がなびきませんでした。今思えば、ミッドシップの別格NSXは置いといて、手が届く日本の貴重なMRスポーツカーでしたが、なぜか興味が向かなかった・・・よいクルマなのでしょうが、個人的にはあらためてこのアップで、ロードスターの存在感を感じてしまった(カタログ表紙が「絵」になっているのを見て、NA型の2ページ目を意識したのかと思ったのは考えすぎでしょうか?)

FT-86も本来のコンセプトからだいぶ逸脱しているようですが、やっぱり100万円代前半くらいで購入できる「ゆるい」スポーツカー、今後出ませんかね?その為には、マーケティング的にやっぱり20~30代の世代に、クルマの「楽しさ」を浸透させねばとは思いますが・・・

今日も入社3年目の部下から、「自分でクルマ買うならやっぱりオートマしかあり得ないっすよ!」くらいの発言を昼メシ時にされて、ちょっと(怒)でした(・・その後心は泣!)
[ 2011/08/03 21:38 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
サーキットやワインディングロードを頻繁に走る方なら高性能なスポーツカーでないと堪能できないのかもしれませんが、そんな方はごく少数派で、ほとんどの方は普段街乗り、たまに高速道路、程度だと思います。
近所のスーパーへ買い物へ行き、運転が楽しいから帰りはちょっと大回りして帰ろう、という感じでドライブが楽しめるスポーツカーが充実して欲しいものですね。
[ 2011/08/04 10:19 ] [ 編集 ]
 MR-Sが発売されたころ、自分はまだ中3でしたが、広告ではじめてこの車を目にしたとき、「いいなぁ」と思いました(下の動画で、久しぶりにCMを見たんですが、もう10年以上も経つんですね)。
 
 内装はというと、ホワイトメーターとかアルミのシフトはいいとして、全体的に、もうちょっと色気があってもいい気がします。

 ちなみにロードスターとMR-Sとでは、自分もロードスターの方が好きですね。
[ 2011/08/15 17:35 ] [ 編集 ]
ゆうすけ様

コメント、ありがとうございます。
残暑が大変厳しい中、私にとってもっとも憂鬱なお盆(顔も見たくない連中が我が物顔でたかりにくるので)ということもあり、頭の中がとてもヒートアップしています。なぜかうちの親戚連中は“おまえのものはおれのもの、おれのものはおれのもの”というジャイアンのような人間ばかりいるんです。自分の晩酌用に冷やしておいたビールを全て飲まれてしまったときにはぶん殴ってやろうかと思ってしまいました。
こんなときにはロードスターやMR-Sのようなクルマでスカッとしたいものですね。有料試乗というもの、マツダもやってくれるといいのに・・・。
[ 2011/08/16 12:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。