旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・ユーノスロードスター(NA型) 

110731a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110731a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110731a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110731a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110731a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年にマツダから発売されたユーノス・ロードスター(NA型)です。小型軽量2シーターオープンスポーツカーとして世界中で大ヒットし、ポルシェやBMW等の高級スポーツカーメーカーが後に類似のライトウェイトスポーツを出すきっかけにまでなったクルマです。現在3代目が発売されており、次期ロードスターは思い切ったダウンサイジングがされるという噂もちょくちょく耳にするようになってきましたが、クルマ好きならずともとても気になる存在ですね。

 さて、この初代ロードスター、クルマ自体のインパクト同様、カタログのキャッチコピーも刺激的です。

“だれもが、しあわせになる”、“2人しか乗れないし、バゲッジもそうは積めないし、ひょっとすると、人とは少し違って見えるかもしれないけど、走らせる楽しさは、これがいちばん。”、“このクルマを手に入れるほんの少しの勇気を持てば、きっと、だれもが、しあわせになる。”
 
 すばらしい文章ですね。“しあわせ”というキーワードを広大な車内スペースや豪華なインテリアと結びつけて紹介しているクルマはたくさんありますが、不便な点をわざわざ強調したうえで“だれもが、しあわせになる”と紹介しているのはこのロードスターぐらいだと思います。実際、何度か運転した限りでは、私自身は“しあわせ”になれました。しかしながら私には“このクルマを手に入れるほんの少しの勇気”がなかったので、“しあわせ”を何度か体験しただけでしたが・・・。

 “しあわせ”も人それぞれで、人によってはこのロードスターでは“しあわせ”にはなれないかもしれません。ある人にとっての“しあわせ”はお隣さんよりも大きなクルマに乗ること、またある人にとっては周囲から「おー、すごい!」と思われるクルマに乗ることかもしれません。そのような買い物を『conspicuous consumption(見せびらかしの消費)』と昔の偉い社会学者が言っていたことを急に思い出しましたが、現在の日本ではそちらの“しあわせ”のほうが優勢で、メーカーもそちらの“しあわせ”を実感しやすいような商品展開をしているように感じられますね。

 最近、電力会社や保安院の“やらせ”問題が新聞紙面を賑わわせています。日本を引っ張っていく指導的立場におられる方々にとっては、国中全ての人間が自分達の望む価値観を持っていてくれると助かるからあのような出来事が起きてくるのでしょうが、なんだか悲しい世の中ですね。もしかしたら我々が“しあわせ”と感じる瞬間の何割かは、“しあわせ”と感じさせられているだけで、本当は彼らにとっての“しあわせ”の肥やしでしかないのかもしれません。

 なかなか何を信じてよいのかわからない世の中になってきてしまいましたが、マツダにはぜひ“2人しか乗れないし、荷物も積めないけど、だれもが、しあわせになる!”と言い続けて、ロードスターをずっと造り続けてほしいものです。ロードスターを運転している時は本当に“しあわせ”ですからね。

ユーノス・ロードスター(NA型)
全長×全幅×全高 : 3970×1675×1235mm
ホイールベース : 2265mm
車両重量 : 940kg
エンジン : 直4DOHC 1597cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/07/31 15:47 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(6)
ロードスター、やはりこの初代が1番好きです!
自称「セダン好き」ですが、このクルマが出たときだけは、自分で購入して「駆ってみたい」と思いましたっけ・・・

しかし、うちは親が免許を持っていなかったので、実家にいる頃は親を乗せるシチュエーションを考慮する点もあって、当時のクルマ選びの基本はやはり「4ドア」でしたが、当時もし自分が「大金持ち」だったら(笑)、絶対私用で使う2台目としてエントリー・・・それほどこのクルマは衝撃的でした!!セダンに拘る私も、このクルマ、そしてマツダによい意味で「そう来るか!!」と当時思いましたよ(どうでもよいですが、大金持ちには未だになれていませんが・・・!)

テンロクあたりのライトウェイトスポーツで、ハンドルを握って「楽しい」とか「しあわせ」と思える若者が、今の市場を見ると少なくなったのでしょうかね・・・(あっ、オヤジ発言?!)






[ 2011/08/01 18:40 ] [ 編集 ]
私もこのNA型がベストではないかと思います。

’91年頃にこのNA型ロードスターを一日無料レンタルできるというキャンペーンを近所のユーノス店でやってまして、
中学時代からの友人を誘って一日中走りまわりました。

その友人がすっかりはまってしまって、当時乗っていたフォードレーザークーペ(1.5AT)の車検が切れたのを機にNA8型のVスペシャル(MT)に乗り換えてしまい、色々と手を加えながらいまだに乗っています。

時々運転させてもらいますが本当に痛快な車で、まさに「人馬一体」とはこのことだと痛感させられますね。
[ 2011/08/01 22:13 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
高級感があるわけでもなく、ハイパワーエンジンを積んでいるわけでもなく、さらに荷物も積めなくて2人しか乗れない・・・、でも乗りたい、走りたい、そしてしあわせになれる。
お手頃クラスでそんなクルマが充実してほしいものですね。フィットの1.3リッターエンジンと5MTを積んだ130万円のCR-Zとか・・・。
[ 2011/08/02 09:13 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
現行ロードスターもとても素晴らしいクルマですが、初代の“ゆるさ”、“お手軽さ”はちょっと影を潜めてきていますね。
次は思い切ったダウンサイジングとの噂がありますが、個人的には現行も残して二本立てという方向も考えて欲しいと思っています。
マツダの“思い切った何々”は極端な思い切り方をすることが多いので、20年かけて培ってきたロードスターファンを落胆させないような思い切り方をしてほしいですね。
[ 2011/08/02 09:32 ] [ 編集 ]
 ロードスター。車好きなら一度はハンドルを握ってみたいですよね。できれば、誰が見ても一寸と粋な格好で。
 5年ほど前、私の家族が乗った「カペラワゴン」の前にカップルが乗った一台の「ロードスター」。でも助手席の彼女は全然しあわせそうな顔をしていないのです。
 晴天の日曜の昼下がり、私は、「エアコン入れようか?」と言おうとしたその時、妻が一言「いくら自慢の車でも、12月に天井なしじゃ、そりゃさむいわ。」そうなんです。このロードスター、師走なのにフルオープン、彼氏は反対になぜかにこやかに、しょっちゅう彼女に話しかけていました。
「本領発揮のオープンロードスターなのかな?」と言う私に、妻が更にきつい一言「ありゃ別れるわ。」
[ 2011/10/08 00:05 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
このカタログに書かれている『だれもが、しあわせになる』というのは『(ロードスターを運転する人は)だれもが、しあわせになる』なんですよね。
そのカップル、きっと運転している本人は寒さなんてまったく感じていなかったんだと思います。ただ隣の彼女は大変でしょうね。ロードスターに限らず、スポーツカーを運転しているドライバーがしあわせを感じている時、同乗者はたいてい“ふしあわせ”を感じますね。ランエボで熱い走りをする友人の、後席に乗せていただいたときには私も“ふしあわせ”を感じました。
[ 2011/10/08 15:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。