旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ブルーバード(U13型) 

110726a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110726a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110726a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110726a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110726a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110726a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に日産から発売された9代目ブルーバード(U13型)です。この代のブルーバードは“ブルーバード×2計画”と呼ばれるよくわからない販売方針から、セダンの「SSS」とハードトップの「ARX」という、スタイルのまったく異なる2種類のブルーバードが存在していました。

 さて、まずセダンの「SSS」から。一言で表現するなら、“やっちまった!”ですね。カタログにも『クラスを超えた存在感、セダンの新しいかたちです』と書かれている通り、確かに存在感のあるセダンの新しいかたちでしたが、存在感がありすぎて、またセダンの新しいかたちすぎて、なかなか人々には受け入れられなかったようですね。

 当時勤めていた会社の営業車にこのブルーバードのSSSがありました。運転しているかぎりは走りもよく、とてもよいクルマだと感じていたのですが、商店のガラスなどに写るブルーバードの姿を見るたびに、ナマズに見えました。どうやら私のセンスでは日産の先進性に付いていけなかったようです。同僚に、このSSSがとてもカッコいいと言っていた方がいたのですが、彼はJフェリーもとてもカッコいいと言っていました。私には大ナマズ、小ナマズにしか見えなかったので、人それぞれ感じ方が異なるものですね。

 その点、もう一方の「ARX」については、「普通にブルーバード」だと感じました。しかしながら「普通すぎるブルーバード」で、いまいち印象に残らないスタイルでしたね。

 冒険しすぎたSSSと冒険しなさすぎたARX、日産は“ブルーバード×2計画”で何をしようとしたのでしょうか?新たなブルーバード像を模索しつつも『ブルーバード』という歴史あるビッグネームでの失敗は許されないから“保険”として二本立てにしたと考えるのが自然ですが、本当のところはどうなんでしょうね。

ブルーバード・2000SSS-G(HU13型)
全長×全高×全幅 : 4585×1695×1405mm
ホイールベース : 2620mm
車両重量 : 1200kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/07/26 10:32 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)
スーパースポーツセダンの略なのに、このSSSにはスポーツのかけらさえ感じられません。最初見たときには、日産の上層部はよくこのデザインでOKを出したなと感じました。
そういえば、歴代ブルーバードはデザインの評価で優と不可を繰り返してきましたね。私は、歴代の中ではこれが最も失敗したデザインだと思います。
昔、憧れの女性がこれに乗っていましたが、SSSでなくARKだったのがせめてもの救いでした。
[ 2011/07/26 12:51 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
“優と不可”、懐かしい響きですね。幸いなことに私は“不可”は一度もありませんでした。かといって“優”がたくさんあったわけでもありませんが・・・。
大学の卒業式の折、普段バカにしていたブsu女が卒業生総代でした。なんでも彼女は私が行っていた学部で全優の首席だったとのこと。その時、“あのブsu女に負けたのか!”と大いにショックを受けました。
学生時代に憧れていた女性(首席のブsu女ではありませんよ)は、変な新興宗教にはまっていて、よく勧誘を受けました。(今はどうかわかりませんが、昔は原理ストリートとか、いろいろありましたからね)
彼女がブルーバードに乗っていたら、私の人生はもしかしたらちょっと違ったものになっていたのかもしれませんね。
まあ、いろいろとあったうえで、今の人生が私にとって一番の宝になっているわけではありますが・・・。
[ 2011/07/26 22:11 ] [ 編集 ]
あのS13シルビアを作った方がチーフエンジニアとして造られた車ですね

SSSは北米主体でデザインされたので日本人には受け入れがたいデザインになったのはちょっと残念です販売のメインは北米で現地ではアルティマと言う名前で販売は好調だったみたいです


この代からブルーバードの迷走が始まり今は実質的には?ブルーバードはなくなってしまいました


沢田研二さんがコマーシャルしていたころが懐かしいです
[ 2011/07/27 07:54 ] [ 編集 ]
いつも更新を心待ちにして拝見しております。今回はじめてコメします。


うちの近所に後期ARXの2.4リッターと310型ブルーバードが現役で走っています。 今33歳ですが、歴代ブルの中では910が一番印象に残っています。
[ 2011/07/27 12:43 ] [ 編集 ]
ESTIMA-X様

コメント、ありがとうございます。
このSSS、今あらためて見てみると、当時ほど違和感は感じません。現行のティアナ、シルフィ、ラティオはみんなこんな系統の形をしているように思えます。この形でセダンを出すのは20年早かったのかもしれませんね。
[ 2011/07/27 16:07 ] [ 編集 ]
みかん星人様

コメント、ありがとうございます。
310型って、初代じゃないですか。現役で走っているなんてすごいですね。私はトヨタ博物館でしか見たことがありません。
910型、カッコよかったですね。910と聞くとすぐに赤・黒ツートーンのSSSが頭に浮かびます。
[ 2011/07/27 16:19 ] [ 編集 ]
ナマズ、言いえて妙で思わず笑ってしまいました!

Jフェリー然り、当時はこのセダンの「尻下がり」デザイン、北米ではうけてたらしい(?)ですが、日本でのセダンはやはり「直線基調」が基本というイメージがあって、このSSSのデザインはかなり画期的に思えました。確かにARXは、その意味で正統派を担保したのでしょうか・・・でもってこの後のU14は、プリメーラとベースが一緒になってしましたね。

当時日産セダンといえば、他にもQ45やプレセアで採用された「インバースグリル」も賛否両論。走りはともかく、こんな個性的なセダンオンパレードの日産、今ではあり得ません(・・・と言いつつ実は私は初代プレセアのオーナーでした!?)
[ 2011/07/28 20:55 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
現在は「個性的なセダン」どころか、セダン自体が少なくなっていますのでちょっと寂しいですね。日産のHPでも、カーラインナップの分類で、セダンが一番下になっています。かつてはクルマ=セダンだったのですが、時代が変わったものですね。
[ 2011/07/29 10:12 ] [ 編集 ]
こんにちは.

親の車がブルーバードARX-L-SVですが自分名義で新型プリウスを購入したため今月で廃車になります.
一時期通勤に使用しましたが乗り疲れはしなく装備も満足してましたがガソリンがなくなるのが早かったです.
[ 2011/12/03 15:18 ] [ 編集 ]
ルカ様

コメント、ありがとうございます。
プリウスご購入、おめでとうございます。このブルーバードを今月廃車されたということは、15年から20年近く乗られたことと思いますので、大往生ですね。
ぜひプリウスも大切に乗ってあげてくださいね。
[ 2011/12/04 15:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。