旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・サファリ(Y60型) 

110721a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110721a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110721a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110721a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110721a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110721a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年に日産から発売された2代目サファリ(Y60型)です。当初は1ナンバー貨物車のみのラインナップでしたが、1991年に3ナンバーワゴンも追加されました。このカタログはそのときのものです。四駆ブームの当時とはいえ、パジェロやサーフはそこらじゅうで見かけましたが、このサファリは流石にあまり見かけませんでしたね。

 さて、この日産サファリ、歴史を遡れば1951年に発売された日産パトロールからの流れを汲んでいますので、かなりの長寿モデルですね。現在国内販売は終了してしまいましたが、今もこの次の代であるY61型が日産パトロールとして輸出されています。最新型のY62型はアラブ諸国のセレブ御用達カーとなっているようで、元気のない日本での販売は念頭に置かれていないようですね。

 それにしてもこのサファリというクルマ、成り立ちからして当然といえば当然ですが、硬派なクルマですね。『「機械式」と「電動」を用意、いずれのウインチも牽引力は強力です・・・自己脱出や他車レスキューに威力を発揮』なんていう文言がカタログに載っているようなクルマはそうそうありませんね。カタログによると、機械式は3000kg、電動は3600kgの牽引力があるそうですから、さりげなく紹介されてはいますが、きちんとした玉掛けの資格を持った方でないと操作がかなり危なそうですね。まあいくら四駆ブームの時代とはいえ、ウインチ付のサファリにファッション感覚で乗られる方はいなかったとは思いますが・・・。

 国内販売が終了した日産サファリですが、現在でも警察や消防で相当数が活躍しているようですね。いざと言うときに頼りになるクルマではありますが、できることならなるべくこの手のクルマが活躍する機会は少ないほうがいいですね。最近は今までお目にかかったことがないような特殊車両ばかりテレビに映っていますから、西部警察で活躍していたサファリの放水車がかわいく思えてしまいます。二度とあのような特殊車両群がテレビに頻繁に映るような出来事が起きないでほしいものですね。

サファリ・ワゴン・エクストラハイルーフ・キングズロード(WGY60型)
全長×全幅×全高 : 4845×1930×1985mm
ホイールベース : 2970mm
車両重量 : 2130kg
エンジン : 直6OHV 4169cc 175PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/07/22 11:01 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(6)
このサファリは、硬派さることながら「無骨」ですね!
スクエアなボディに「丸灯」というところが結構気にいっています!!

かつて、実家近くの月極駐車場で、ソアラやマークⅡに隣接して駐車している姿を毎日のように見ていました。
当時のトレンドとのあまりのギャップに、かえって新鮮に目に映ってましたっけ・・・

日産はこの頃、もう少し庶民的(?)な「テラノ」もラインナップしていましたが、今で言えば「ムラーノ」やら「エクストレイル」やらのSUVモデルに比べれば、まだ4駆としての存在感はありましたよね・・・

というか、メガクルーザーのような特化モデルは別として、「SUV」というカテゴリーが、今後淘汰されるのではと思うのは自分だけでしょうか・・・
[ 2011/07/23 16:40 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
トヨタのランクルにしても、日本未発売の最新型サファリにしても、走破性が高められるのと同時に、高級感もずいぶん高められ、クルマの位置付けが以前とは変わってきていますね。バンの設定もありませんし。
SUVがなくなることはないでしょうけど、海外向けに設計したものをついでに日本で販売するという形にはなるでしょうね。(もうすでになっていますね)
[ 2011/07/24 11:40 ] [ 編集 ]
このY60は前の160型と共通部分が多いものです。
それを無理矢理当時はやりのオーバーフェンダーしかも
ダブルで付けてしまい、幅の割に室内が狭いと有名でしたね。
しかしサスペンションは最高で、スタビライザー解除機能を
持ち、クロカンでは最高のストローク量を稼いでいました。
マニアはワザとオーバーフェンダーを外し、細身大径タイヤを履かせて遊んでる方をよく見かけました。
遊ぶには良い車ですよ。
[ 2011/08/03 20:43 ] [ 編集 ]
英語でcarlos様

コメント、ありがとうございます。
私は四駆でクロカンをしたことはありませんが、農家なのでトラクターでそれに近いことを(必要に迫られて)普段からしています。道路から畑に入るとき、畑から道路へ出るときには毎回緊張して冷や汗タラタラ。
サファリのような大柄な四駆で遊んだらきっと楽しいでしょうね。
[ 2011/08/04 09:59 ] [ 編集 ]
 真摯なるReをいただき、調子に乗って投稿してしまいました。
 私が原体験で、このサファリに接したのは、20年ほど前の通勤途上でした。
 いつも、同じ時間帯に、私が当時所有していた、3代目オースター1.8i5MTをあおり、挙句「ドヒャー」と追い越してゆくのです。バックミラーで見て迫ってくる姿は「戦車」そのもの、これに対抗するには、やはり当時の勤務先の「日産UDの大型車しかない。」と思ったほどの強烈さでした。
P.S 後日、件のサファリは私の運転する日産UDの大型車をやはり「ドヒャー」と抜いてゆきました。完敗。
[ 2011/10/06 23:25 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
サファリのような大型四駆にべったりと後ろに付かれると気分が悪いですね。最近ではアルファード等の大型ミニバンでそのような運転をする輩が多いような気がします。
視点が高いから偉くなったような気になるんでしょうね。その点トラックの運転手さんはマナーがとても良い方が多いですね。まあ彼らにとっては道路上の無意味な優越感よりも積荷を傷つけずに運搬することのほうが重要ですからね。
[ 2011/10/07 12:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。