旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・ユーノスコスモ(JCESE/JC2SE型) 

110715a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年にマツダから発売されたユーノスコスモ(JCESE/JC2SE型)です。初代コスモスポーツから数えるとコスモとしては4代目となりますが、バブル期という時代背景もあり、初代以上にインパクトのある(ぶっ飛んだ)クルマですね。ユーノスコスモならコスモスポーツ同様、ウルトラ警備隊に配備されていてもまったく違和感がありません。世界初のGPSカーナビまで搭載されていますから、隊員さん達も迷うことなく目的地まで行けますしね。

 さて、このユーノスコスモ、なんと言っても一番の特徴は3ローターの20B-REWなるツインターボエンジン搭載車の存在ですね。あまりのハイパワーゆえ、市販するには当時の自主規制値であった280PSに収まるようにデチューンしなくてはならなかったほどのエンジンが搭載されたクルマ、私はこのクルマは一度も運転したことがありませんのでどんな運転感覚なのかはわかりませんが、さぞ凄かったことでしょうね。

 3ローターのツインターボエンジン、世界初のGPSカーナビ、高級クーペとしての素晴らしいスタイリング、豪華な内装、2~3km/Lとも言われるしびれる燃費性能、良くも悪くもあらゆる意味で話題満載のクルマだったのですが、当時の存在感はいまいちだった記憶があります。やっぱり“ユーノスコスモ”という名前と当時の販売体制がまずかったんでしょうね。ストレートに“マツダ・コスモ”なり“マツダ・コスモスポーツ”とすればもっと注目度が上がっていたことと思います。あのマツダ5チャンネル体制は全てのマツダ車の存在感を一斉に小さくしてしまいましたね。

 昨今の時代背景を考えると、今後このようなクルマが世に出されることはまずないでしょうから、当時ユーノスコスモに試乗しなかったことをちょっと後悔しています。とはいえ、程度の良い安価な極上中古車が見つかったとしても、乗ってみたいとは思いますが、買いたいとは思いません。燃費性能が全てとは考えていなくとも、やはりハイオク仕様でリッター2~3キロしか走らないクルマでは財布の中身が気になってエンジンのフィーリングを心の底から楽しむことができませんからね。

ユーノスコスモ・20B・Type-E(JCESE型)
全長×全幅×全高 : 4815×1795×1305mm
ホイールベース : 2750mm
車両重量 : 1640kg
エンジン : 水冷直列3ローター 654cc×3 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/07/15 14:22 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(20)
ユーノスコスモ
歴代のマツダ車の中で一番大好きな車です
マツダでは無理だと思いますが
レクサスやインフィニティ(日本では日産)で
初代 2代目 3代目ソアラ
初代レパード2ドア 2代目レパード
みたいな高級クーペ出してほしいです。
[ 2011/07/15 22:50 ] [ 編集 ]
このスタイリング、かっこいいですね。
そしてこの内装、なんか「ペルソナ」っぽい雰囲気です。
(あっ、ペルソナってユーノスブランドにもありましたっけ?)

ユーノスブランドといえば、当時のマツダはアンフィニとかオートザムとか、いろんなチャンネルがありましたよね。ユーノスといえばロードスターがメジャーですが、コスモをユーノスチャンネルで販売していたのは、ユーノスはスポーツブランドだったように思えますが・・・

確かに「買おう」とは思わないクルマですが、「乗ってみたい」と思わせるのはわかるような気がします!?

[ 2011/07/16 02:18 ] [ 編集 ]
シークレット様

コメント、ありがとうございます。
現在、この手の高級クーペは輸入車が主流となっていますね。街中でもちょくちょく見かけますから決して需要がないわけではないんですよね。
ソアラにしてもレパードにしても流れを絶やしてしまったのはもったいなかったですね。
[ 2011/07/16 09:33 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
ユーノスブランドのペルソナはちょっと意匠変更された姉妹車のユーノス300ですね。
影が薄かった当時のマツダ車のなかでも、ロードスターだけは存在感が大きかったですね。
[ 2011/07/16 09:39 ] [ 編集 ]
コメント頂きありがとうございました。
でも、このコスモもそうですが当時のマツダは結構「個性的」なクルマが多かったような気がします。

個人的にはランティスが気に入ってましたっけ・・・コンパクトなセダンとハッチバック、結構「速い」イメージがありました。それとMS-8、あのコラム+ベンチシートがある意味当時「斬新」でした。ともにロータリーではなかったですが、それなりに魅力的なモデルが多かったです。

時代の背景もあり仕方なかったのでしょうが、マツダがあの時きちんとした販売戦略を立てていたら、ロードスター以外にもメジャーなクルマをもっと輩出できたような気がしてなりません。

あっ、そう言えばランティスのハッチバックでも大きな「リアウィング」付いていたヤツをかつて見た記憶が・・・?!
[ 2011/07/16 15:37 ] [ 編集 ]
ユーノスコスモ。3ローターは知っていましたが、世界で初めてGPSナビを装備してたことは初耳です。
リッター2、3kmは凄いですね。父の乗ってる初代エスティマでも、その倍は走るんじゃないかと。

インパネのデザインは未来的で、ちょっとビスタ・アルデオに似てるような気がします。当時であれは、たしかにインパクトがありますね。
[ 2011/07/17 00:06 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、個性的なクルマが多かったですね。それゆえ、多チャンネル化のために似たような姉妹車を乱発してそれぞれが中途半端な存在になってしまったことが残念でなりません。
ルーチェ後継として発売されたセンティアも結構カッコよかったですね。
[ 2011/07/17 10:17 ] [ 編集 ]
ゆうすけ様

コメント、ありがとうございます。
インパネのデザイン、未来的といえば未来的ですが、未来的にしすぎて、エアコンの操作もナビの液晶パネルからしかできなかったようです。ちょっと不便そうですね。
[ 2011/07/17 10:27 ] [ 編集 ]
 若い友人がこの車を買ったというので乗せて貰った事があります。
その加速たるや、ジェットコースターに乗せられた様な恐怖感さえ感じ、とても自分でハンドルを握る気にはなれませんでした・・・(^^;)

 マツダも5チャンネル化は銀行屋さんが『販売拠点と品数を揃えれば売れる』という浅はかな考えで名前も覚えきれない位の車種を乱造して自分の首を絞めてしまいましたね。
 レシプロの様に単に1気筒足すのとは訳が違う3ローター・・・
もう二度と市販される事は無いでしょうねぇ・・・
惜しい車です。
[ 2011/07/21 22:53 ] [ 編集 ]
藤重行様

コメント、ありがとうございます。
ユーノスコスモの加速を体験されたことがあるとは、羨ましい限りです。3ローター、すごいんでしょうね。もうひとつローター増やしたらルマンで優勝してしまうぐらいですものね。
[ 2011/07/22 08:34 ] [ 編集 ]
 今さら、コメントしてもどうかとは思いましたが、やはり書き込まずにはいられなかったので、失礼して。
 見ました。昨日!仕事の都合で外に出ていたとき、このユーノスコスモを。
 懐かしいとか、驚愕とかの次元ではなく、ただ「へぇー」という感じで。
 オーナーの方は余程この車に惚れているのか、結構綺麗でした、ガソリン価格は相変わらず下落しませんが、「燃費なんかクソくらえ、速い車はガソリン食うに決まっとる。」ぐらいの心意気が無いと、ここまでは乗れないでしょうね。(羨)
[ 2011/10/06 15:02 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
「今さら」なんてとんでもないです。どの記事に対するコメントでも、頂いたコメントは楽しく拝見させていただいています。
私事ですが、このところ耕作面積が増えてきて(貸していた農地が次々に戻ってきて・・・。これも農家の高齢化、そして後継ぎ無し、っていう地方の問題点のひとつなんですがね。)、なかなか今まで通りのペースで更新できなくなってきたことを申し訳なく思っております。ウォール街では若者がデモをしているそうですが、職がないなら種蒔き手伝ってくれないかなぁ、なんて思っています(もちろん激安賃金で!)。
ユーノスコスモの極悪燃費を正当化するつもりは毛頭ありませんが、ハイブリットやEVにしても、『ガソリンを使わない』というだけでその代替エネルギー(電気)は使っているわけです。『速い車はガソリン食うに決まっとる』というのは現時点ではもっともなことですよね。
最近、光より速く動く粒子があったとかどうとか・・・、という話題があがっています。もしそれが本当なら、『エネルギー保存の法則』も根底から覆ることとなりますから、ある意味、楽しみですね。
リッター30kmの3ロータリーユーノスコスモが生まれるかもしれませんね。
[ 2011/10/06 20:48 ] [ 編集 ]
先ほど、ヤ○ーのニュースで見つけたのですが、マツダがロータリーエンジン搭載車の生産を休止するとの事。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111007-00000527-san-bus_all
現実には購入できませんが、なんとなく寂しい気がします。一度はロータリーエンジンの車を運転してみたいですね。
[ 2011/10/07 16:10 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
先ほど、早速マツダ販売店の店長からRX-8最終特別仕様車についてのセールス電話がありました。ロータリーのRX-8、試乗は何度もしましたので、その魅力は十分すぎるぐらいわかっているつもりです。
ロータリーを生産中止するのではなく、ロータリーは欠点もあるけどそれ以上の魅力がある、ということで、たとえ受注生産となろうとも顧客の要望に応えてほしかったですね。
今の日本で“売れるクルマ”を各メーカーが集中して造る様になると、きっと近い将来に“売れるクルマ”はなくなると思います。大量生産・大量消費のビジネスモデルから少しでも速く脱皮したメーカーがこれからは生き残るのではないかと個人的には考えています。

単車に詳しいカルロス様だからちょっと書きますが、昨日発表になったホンダのゴールドウィングのモデルチェンジ情報(http://www.honda.co.jp/news/2011/2111006-goldwing.html)って、ちょっとおかしいですよね。国内生産になったうえに価格はすっごく大幅に下落。円高で苦しんでいるんじゃなかったんですかね。
[ 2011/10/07 21:05 ] [ 編集 ]
ロータリ好きでFC-3Sを2台乗り継ぎ、無謀にも3ローターのコスモを中古で買いました。

10年前当時のガソリン価格がハイオクでもリッター90円でしたが、維持出来ずに半年で手放しました。

さすがにリッター2kmはしんどかったです・・・

友人には外車に間違えられたり、乗っていて優越感に浸れる車でした。

修理代も結構かかりましたが、それが逆に愛おしく思える程、ロータリー中毒に陥ってました。

もう一度乗ってみたい車は、後にも先にもコスモぐらいです。

エコ時代に逆らってでも、こんな車を待ち望んでます。
[ 2012/01/25 01:57 ] [ 編集 ]
すみれパパ様

コメント、ありがとうございます。
半年とはいえ、このクルマに乗られていたなんて羨ましい限りです。
しかしながらリッター2kmとなると、3ローターモデルはタンクが85Lですから、単純計算で170kmしか走れないことになりますね。走行性能と引き換えだとしても、EV並みの航続距離しかないというのはちょっと厳しいですね。
[ 2012/01/25 14:04 ] [ 編集 ]
はじめまして、コスモのリンクを辿ってるとこのサイトに辿り着きましたコスモは二台目で20年ぶりに乗りました。
子供もでかくなったので趣味車いいかなと。今みても素晴らしいスタイリングとエンジンだと自画自賛しております。燃費は極悪ですがw
ミニバンやエコカーもいいですがコスモに乗ると20代の自分にもどった様なきがします
[ 2015/08/23 16:51 ] [ 編集 ]
シゲタ様

コメント、ありがとうございます。
現時点でコスモに乗られているとのこと、本当に羨ましい限りです。燃費とか衝突安全性とか、今の基準で考えるといろいろと劣る部分もあるかもしれませんが、このクルマはそんな些細な部分など超越した存在だと思います。
最近好調なマツダですが、おそらく今後このようなぶっ飛んだクルマを世に出すことはないと思いますから、ぜひ、いつまでも「20代の自分」を堪能していただきたいと思います。
個人的には、ベンツやBMWの新型よりもこのコスモのほうにずっと惹かれてしまいます。

[ 2015/08/25 20:34 ] [ 編集 ]
今後出るかもしれませんよ?

4気筒2リッターのターボで16km/L走るとか。
うかうかするとディーゼルになるかもですw
[ 2015/08/26 21:30 ] [ 編集 ]
Anna様

コメント、ありがとうございます。
先のことはどうなるのかわかりませんが、ロータリーに限らず、マツダらしいカッコよくて楽しいクルマがどんどん出てくると面白いですね。
[ 2015/08/31 17:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。