旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・ダイナ(RU20/30/BU20/30型他) 

110630a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110630a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110630a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110630a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110630a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110630a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1977年にトヨタから発売された4代目ダイナ(RU20/30/BU20/30型他)です。先代まで続いたセミキャブオーバー型が改められ、この代からは現在のトラックと同様のキャブオーバータイプとなりましたので、古いクルマとはいえ、パッと見は現代的なトラックとなっていますね。このカタログは1980年にマイナーチェンジされ、ワイドキャブ車が追加されたときのものなので、ラインナップには少々大きなグレードもありますが、基本的には小型トラック。にも関わらず、大型トラックのようなチルトキャブが装備されているのは、メカ好きにはたまりませんね。

 さて、このダイナ、一部に車両総重量が5トンを超えるものがありますので、それらは除外しなくてはなりませんが、大部分のグレードは中型免許ができた現在でも普通免許で運転が可能です。全長5990mm、全幅1995mmともなれば結構大きなトラックですので、免許制度が変わった現在においても、普通免許の守備範囲は意外と広いんですね。

 逆に、中型免許ができる前は普通免許で車両総重量8トンまで運転可能でしたから、全長12メートルの4t積みスーパーロングのトラックまで運転可能でした。クラウンコンフォートで教習を受けた人間が、全長12メートル、幅2.5メートルの4トントラックを運転するのはやっぱりちょっと無理があったみたいですね。個人的には中型免許の設定はとても妥当だったと思います。

 ちなみに私は大型免許を持っていますが、取得したのは中型免許ができる前です。教習車は確か5.5トン積みトラックでしたから、現在では中型にあたる車両です。免許取得後、大型トラックはもちろん、4トントラックすら一度も運転したことはありません。“昔とった杵柄”という諺がありますが、少なくとも私は現在10トン積みトラックを運転する自信はまったくありません。もし何らかの理由で大型トラックを運転する必要に迫られたときには、もう一度教習所へ行って練習しなくてはなりませんね。

 現在、東日本大震災の被災地では、大型免許取得のために教習所へ通っておられる方が急増しているそうです。津波で職場が消滅してしまったから失業してしまい、新たに生まれた雇用が瓦礫撤去作業のため、ダンプを運転できるように大型免許を取得されているそうです。

 大型免許を取得され、瓦礫撤去作業で活躍された方々の“大型免許”は、私が持っているような“ペーパー杵柄”ではなく“本物の杵柄”になることと思います。お体には十分気をつけて、取得された大型免許をフル活用して復興のため存分にご活躍ください。

ダイナ・ワイドキャブ・ジャストロー・ロング(BU35型)
全長×全幅×全高 : 5990×1995×2120mm
ホイールベース : 3290mm
車両重量 : 2280kg
最大積載量 : 2.0t
エンジン : 直4ディーゼル 2977cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/06/30 10:47 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(6)
日野自動車のデュトロと共に先月フルモデルチェンジされ、ストロングハイブリッド車とクラッチレスの5MTが新たに設定されましたね なお新型はトヨタ自動車から生産はなく日野自動車の羽村工場で生産するOEM車となり1~3トンクラスのトラックは日野自動車といすゞの二大勢力に分かれましたね
[ 2011/07/01 13:57 ] [ 編集 ]
折りしも、本日の新聞に日野デュトロのハイブリット車の広告が出ていました。トラックもハイブリットに突入ですね。(そういえば、宅急便の車は以前からそうでしたっけ)これから30年後はどうなっているのでしょうか。この目で確かめられるかどうかは微妙です。
私も大型免許保持者ですが、時々マイクロバスで高齢者の送迎をしていますので、一応は役に立っています。勿論、中型免許制度になる前にとりました。今の人は大変ですね。この前知人から聞いたのですが、アルミボディーのトラックの一部には2トン積みでさえ、中型が必要とか。それを知らずに新入社員に運転させたら、後でそれに気付き青くなったそうです。私の周りでも今の区分がよく分からない人が大勢居ます。この辺はもう少し周知が必要ですね。
[ 2011/07/01 14:04 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
この4代目ダイナは、確か初めて日野自動車へOEM供給されたトヨタ(ダイハツ)のトラックだったと記憶しています。現在では立場が逆転してしまいましたね。まあ逆転というよりも、自動車業界が適材適所を突き詰めた結論が今の姿なんでしょうね。今後、もっと変わっていくと思うのですが、いったいどんな業界地図になっていくんでしょうね。
[ 2011/07/01 21:04 ] [ 編集 ]
カルロス様

日野デュトロの広告って、佐々木蔵之介さんの広告じゃないですか?中日新聞でも1面使った大きな広告が出ていましたよ。
免許制度の区分は積載量や車両総重量で決まっているようなので、車体の大きさはあまり関係ないみたいですね。土砂を積むダンプやコンクリートを積むミキサー車は全長が短いですが、製紙工場からトイレットペーパーを運ぶトラック等は、軽くても大きくて長いです。
衝突時のエネルギーは質量が大きな影響を及ぼしますので、車両重量で区分けするのも分からないではありません。しかしながら、個人的には免許の区分が間違っているような気がします。大排気量の大パワー車にはそれなりのブレーキが付いています。
運転技術という意味では、全長6メートルの10トンダンプよりも、全長12メートルの4トンロングのほうが難しいような気がします。大型免許所持者には“深視力検査”なるものが課されていますが、これは全長の長い車両を運転するためのものと思っています。
免許制度というのも、つつけばいろいろと問題点が出てきそうですね。
[ 2011/07/01 21:37 ] [ 編集 ]
今、仕事で扱っている商品を顧客へ納品する際、グループ会社が物流手配して配車されるのがこのダイナの「最新型?」のようで、最近よく出くわします。実は昨日もそうで、アップを拝見しタイミングに思わず驚いてしまいました(笑)

商品が100Kg前後なので、だいたい2人の運送業者で来るのですが、客先によっては最近ビルのセキュリティが厳しく、搬入時は地下にある駐車場の荷捌きから、営業の私が物流業者と同行して納品、そして退出まで営業同行せねばならないケースがよくあります。

そんなときは、ビルに入館する前に物流業者と地上のビル前の道路あたりで落ち会って、「すみません、地下まで案内しますので・・・」と、そそくさにこのダイナに乗せてもらい、面倒くさいビルの地下セキュリティゲートを突破しています。最新型(?)は、運転席と助手席の間の「コンソール」が、折りたたみ式のシート(背もたれがコンソール)になり3人乗車が可能になっていますね。なので、乗り込むときはあっという間に「3列シート」に早変わり・・・

この初代ダイナのカタログを拝見し、インパネ周りやシートのイメージで小学生のときミョーに興味を抱いた、初代タウンエースをなぜか思い出してしまいました。カセットが付けられるのが、変な意味で驚きでした?!
[ 2011/07/02 18:54 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
3人乗りトラックのシートは、横になって仮眠もできるようにパーキングブレーキやシフトノブが可倒式になっているものもありますね。
ハイブリットシステムや2ペダルMT等の走行性能だけでなく、快適性・利便性も最近のトラックはすごいですね。
[ 2011/07/03 12:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。